2021727

Divina Ramirez

265739B6-524F-4FCE-84B0-F55A857F7F5C

(ナチュラルニュース)日本の研究者によると、納豆は、日本で朝食によく使われる大豆の発酵皿で、COVID-19の原因となるウイルスであるSARS-CoV-2が健康な細胞に感染する能力を阻害する可能性があります。

713日火曜日にジャーナルBiochemicaland Biophysical Research Communicationsで発表されたこの研究は、加熱されていない納豆抽出物が、SARS-CoV-2の外面をちりばめたスパイクタンパク質の重要な領域である受容体結合ドメイン(RBD)を分解することを示しました。 

RBDは、ウイルスが感染する前に特定の細胞の表面にある受容体に固定するために使用するため、特に重要です。

さらに、研究者らは、加熱されていない納豆抽出物が、SARS-CoV-2の変異株のいくつか、特にアルファ変異体のRBDに同じ影響を与えることを確認しました。この亜種は、20209月に英国で最初に検出されました。その後、3か月後に米国で検出されました。

納豆エキスはSARS-CoV-2スパイクタンパク質の重要な領域を分解します

納豆は、土壌や植物によく見られる枯草菌で大豆を発酵させた伝統的な日本料理です。脳卒中や循環器疾患で亡くなる可能性が最も低い人々の食生活の主食であるため、日本全国でより長く健康的な生活を送ることができると考えられています。

彼らの研究のために、研究者らは、納豆がSARS-CoV-2および重度の呼吸器感染症を引き起こす牛の主要な病原体であるウシヘルペスウイルス1型(BHV-1)による感染を損なう可能性があるかどうかを調べました。

研究者たちは2つの納豆抽出物を準備しました。抽出物の1つを摂氏100度で10分間加熱しました。彼らは、牛と人間からの実験室で培養された細胞のセットに抽出物を適用しました。 1セットのヒト細胞はSARS-CoV-2に感染し、1セットのウシ細胞はBHV-1に感染しました。

結果は、SARS-CoV-2BHV-1が非加熱納豆抽出物で処理されたときに細胞に感染する能力を失ったことを示しました。しかし、加熱した抽出物でウイルスを処理しても効果はありませんでした。

研究者らは、加熱されていない納豆抽出物がウイルスに及ぼす影響を、抽出物中のプロテアーゼ(他のタンパク質を代謝するタンパク質)に起因すると考えましたが、これを確認するにはさらなる研究が必要です。

東京農工大学感染症疫学予防研究センター所長の水谷哲也氏によると、抽出物中のプロテアーゼは、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質のRBDを「消化」しているように見えた。 

抽出物を加熱するとプロテアーゼが分解され、RBDを消化する能力が失われ、それによってウイルスが感染性を維持できるようになると水谷氏は付け加えた。

SARS-CoV-2がヒト細胞に感染するためには、スパイクタンパク質のRBDがアンジオテンシン変換酵素2ACE2)と呼ばれる宿主受容体タンパク質に固定されている必要があります。 ACE2は、腸、腎臓、胆嚢、心臓の細胞膜に付着する酵素です。また、肺細胞の表面にも見られます。これは、呼吸する酸素を取り込む肺(肺胞)の小さな気嚢の内側を覆う細胞です。

さらに、ACE2は、動脈、毛細血管、静脈に存在する内皮細胞の表面に見られます。 (関連:キュウリは血管内皮細胞の炎症を抑制します。)

納豆抽出物は、スパイクタンパク質のRBDを分解することにより、ウイルスが細胞に感染する能力を損ないます。

彼らの有望な結果にもかかわらず、水谷は、SARS-CoV-2に対する非加熱納豆抽出物の影響の背後にある正確な分子メカニズムを特定するために、より多くの研究が必要であると警告しました。彼は、彼らの研究は納豆を単に食べることがCOVID-19感染を防ぐという証拠を提供しないことを強調しました。

COVID-19のワクチンはありますが、SARS-CoV-2のすべての亜種に対して有効かどうかは不明ですと水谷氏は述べています。完全にワクチン接種されているにもかかわらず、まだ感染しているという報告もあります。 [私たちは] COVID-19を発症した人のために治療を行う必要があります」と彼は付け加えました。

FoodScience.newsにアクセスして、ウイルス感染との闘いに役立つ食品の詳細をご覧ください。

https://www.naturalnews.com/2021-07-27-fermented-japanese-dish-inhibits-covid-infection.html

http://hanakosakamoto33.blog.jp/