酸化グラフェン

日本、ファイザー・新型コロナウイルス・ワクチンから「磁性」物質を発見、ジャーナリストは彼らが押し付けたワクチンにより死に始める

2021年8月27日
マイク·アダムス 
image

(ナチュラル・ニュース)私たちはワクチン論争の峠を越えました。 ファイザーワクチンは急速に失敗しており、現在、ほとんどの感染、入院、死亡が「完全予防接種」を受けた人々の間で起きている。 ワクチンを推進したジャーナリストは文字通り同じワクチンで死にかけている。そして、爆弾の新しい研究によると、自然免疫はワクチンによる免疫の約13倍の「デルタ」変異に対する保護を提供している。

一方、日本は数百のワクチン注射部位で数百万回の注射に影響を及ぼす汚染物質を発見し、保健省の関係者は汚染物質を「磁性」と「金属」と表現した。 これは実際、人々が磁石に反応する物質を注入されていることを意味します。これは明らかに、なぜ新型コロナウイルス(covid)ワクチンが人々の体に磁石を付着させるのかを説明しています。

EpochTimesより

8月26日,日本は汚染の報告のため,モデルナCOVID-19ワクチンの約163万回の使用を停止すると発表した。

日経アジアによると、同省の関係者は「磁石に反応する物質で、金属かもしれない」と述べたという。

日経アジアはさらに次のように報告する。

武田薬品は、米国が開発したモデルナ・ワクチンを日本で販売している。

ナスダック上場のモデルラは、日本で流通しているワクチン瓶から「粒子状物質に対する数件の苦情」を受けていることを確認したが、これらの報告書と関連した「安全性や効能に問題はない」と明らかにした。

あなたはそれを正しく読みました。 ワクチンには何らかの磁気汚染や金属汚染があるかもしれないが、ワクチンメーカーは「安全性や有効性の問題はない」と主張している。

彼らは他に何と言うつもりですか。 ワクチンには磁石や外部電磁界に反応するグラフェンオキシドが投与されているのですか? もしそのような真実が認められれば、それは議題全体を放棄するだろう。

日本の保健当局者へのメッセージは明らかだ。 瓶を見るのはやめなさい! 言われた通りに日本人に中身を注入しなさい!

BBCのジャーナリスト、リスト·ショーがワクチンによる脳内凝固で死亡したことを確認

ワクチン業界のために宣伝してきたジャーナリストが全く同じワクチンによって殺され始めることはいつも分かっていました 。ワクチンの設置について質問する気がないのに、どうして「ジャーナリスト」と名乗ることができるのだろう。 定義上、牽制すべき機関そのものに盲目的な信頼を表明すれば、あなたはジャーナリストではありません。 そして、今日の「ニュース」産業はジャーナリズムとは関係ない。 彼らはほとんどがビッグファーマとCIAのプロパガンダ部門にすぎない。

英国でBBCの記者リサ·ショーがアストラゼネカ・ワクチンによる血栓によって死亡したことが確認された。

アストラゼネカ·コロナウイルスワクチンの合併症にかかってBBCラジオのプレゼンターが死亡したと、検死官が結論づけた。

BBCラジオ·ニューカッスルで働いていたリサ·ショーは、オックスフォード大学の学者たちが開発したワクチンを初めて服用してから3週間が過ぎた5月、ビクトリア市のロイヤル·ヴィクトリア病院で死亡した。

44歳のショーが頭痛の症状を調査した結果、脳出血を患っていることが明らかになり、入院したという。

このような「血栓注射」を受けた後、頭痛がする理由は、血栓が正常に脳に血液を供給する脳血管を塞いでいるからだ。 心臓がまだ鼓動しているので、血栓の後ろに圧力がたまる。 血管の「吹き出し」や「脳出血」脳出血を引き起こす人もいる。 ガーディアン紙が報じたように、「彼女はロイヤルビクトリア病院に移送され、脳への圧力を軽減するために頭蓋骨の一部を切除するなど、多くの治療を受けたが、5月21日に亡くなった。

「頭蓋骨の一部を切り取る」ことは、ワクチン接種の副作用としてショーに言及されたことはないと思います。 世界中で緊急脳手術を受けたワクチン接種者は何人ですか? これらのレポートは衝撃的なほど一般的であり、その理由は明らかです。 「血栓注射」は脳、心臓、皮膚、その他の臓器への血液供給を妨げる血栓を引き起こす。 これもまた、一部の人の顔や体からcovidワクチンの注射が皮膚を死滅させ、腐らせている理由です。 「全身皮むき」とも呼ばれるこの状態はやけどと誤診されることが多いため、皮膚が腐っているワクチン被害者の多くはワクチン損傷として記録されない。

ワクチンで殺されそうになったジャーナリストは、ストックホルム症候群の犠牲者なので、彼らを宣伝し続けています。

ワクチンによってまだ死んでいないが、負傷したジャーナリストの中には、どうにかして新型コロナウイルス・プロパガンダを推し進めるために完全に洗脳されたままである者もいる。 Yahoo Australiaは、ワクチンによって明らかに殺されそうになったワクチン賛成のジャーナリストについて報告しているが、医師が彼に話すとき、それでもなぜか信じている。
彼は「心臓がドキドキし始めた2週目の終わり頃、腕に針と針が刺さって極度の疲労感と非常に奇妙なめまいがした」と書いた。

「私はヌロフェンを連れて働き続けました」

しかし、ワクチン接種後3週間が終わる頃、ヒッチコック氏は「徐々に悪化している」と話した。

彼は「激しい胸の痛み-寒さと寒さ-そしてめまいがひどかった」と話した。

「注射から25日後、恐らく少し遅れて病院に行くでしょうが、ファイザーワクチンによる心膜炎や心臓の炎症と診断されました。

…いつかは消えることを願う絶え間ない苦痛に慣れるのに少し時間がかかるだろう。

興味深いのは、ストックホルム症候群の犠牲者のように見えるジャーナリストが、彼を殺そうとしている人々そのものに忠実であることです。 最後の文章である「いつかは消えることを願う絶え間ない痛みに慣れるのに少し時間がかかるだろう」は、彼のインスタグラムの投稿から削除されたようだ。 ワクチンが「絶え間ない痛み」を引き起こしていることを認めれば、解雇されると脅されたのかもしれない。

今後1年で、故意にうそをついてワクチンを推し進めたジャーナリスト、医師、薬剤師の間で死の波が起こるだろう。

注目に値するのは、今後数カ月間で、ワクチンを推進したジャーナリスト、医師、看護師、薬剤師、官僚などのワクチンの死傷者が急増することです。 完全予防接種を受けた人は、自然免疫を持つ人に比べて「デルタ」変種によって負傷、入院、死亡する確率が13倍も高いので、これらすべてについて計算することは難しくありません。 来るべき死の波は予防接種を受けた人々の中にあるだろう。彼らの多くはワクチン業界のプロパガンダでもあった(カルマは確かにひどい)。

これは、多くの保健専門家が冬のインフルエンザシーズンに影響を及ぼすと予測している抗体依存性強化効果も考慮していない。 もしその現象が定着すれば、ワクチン接種後1~3年間で文字通り数百万人が死亡するのを見ることができ、伝統的なインフルエンザシーズンに発生する可能性が高い。

保守派も左派も、多くの主流ジャーナリストは、単に毒を他人に押し付けるほど倫理に反するだけでなく、自分たちで毒を飲むほど愚かでもある(一方、情報通のグローバリストは愚者ではないので塩分注射を打っている)。 結果は単純な原因と結果です。 全身の血液凝固を誘発する毒性生物兵器を自ら注射すれば、体に血栓がいっぱいになっていることを知って驚くことはない。 また、高いビルから降りても、地面に落ちても驚くべきではありません。なぜなら、メディアのプロパガンダは、今やどれほど強烈であろうと、まだ物理学(または生化学)の法則を変えることはできないからです。

毒を押す者は毒によって死ぬだろう

ワクチンを推し進めて自殺したプロパガンディストにとって、彼らのうそは見逃せないだろうし、CIAやビッグファーマのロビイストが書いたテレプロンプターの台本を読むだけなので、いずれにせよすぐに取り替えることができる。 彼らが死んだだけでなく、彼らの人生全体が他人に危害を加え、ワクチン、栄養、ビタミンD、イベルメクチンなどについての真実を誰も知らないようにすることに専念したのです。

今日の状況更新ポッドキャストで、これらすべての詳細をご覧ください。このポッドキャストは、これらすべてについて真実を報告するパンチを一切行いません。

Brighteon.com/2c141a10-9693-4117-8e97-650a2c72eba4

https://www.brighteon.com/channels/hrreport
https://www.naturalnews.com/2021-08-27-japan-discovers-magnetic-substance-in-pfizer-covid-vaccines-journalists-start-dying.html

元ファイザーの従業員が、致命的なCOVID ワクチン「生物兵器」について語ります:「彼らは、死ぬ前にどれだけ人々に感染できるかを見ているだけです。」-

2021729


1B8DCC16-7DCC-46A0-A0A2-5764D936FC16

COVID-19の「ワクチン」はすべて生物兵器です。酸化グラフェンは、人体に有毒であり、ブレイン・コンピューター・インターフェースやドラッグ・デリバリー・システムの作成に使用できるヒドロゲルの主成分であるため、特許出願には記載されていません。COVID-19ワクチンには4つの「脂質」ナノ粒子があります。酸化グラフェンは、チタンの4,000倍の強度があり、華氏1,700度の温度に耐えることができ、優れた電気伝導体であり、磁場をホストすることができます。電磁放射、無線周波数、無線デバイス、5Gなどの無線ネットワークなどによってワクチン中の酸化グラフェンが正に帯電すると、接触したものはすべて消滅するため、場合によっては大きな損傷と死を引き起こす可能性があります。それのどれだけが体内に存在し、どこにあるかについて。複数のCOVID-19「ワクチン」とブースターショットは、体内の酸化グラフェンの量を増やす可能性があります。 COVID-19ワクチンの研究は、マウスを使った研究中に80%が24時間以内に死亡し、残りが数日以内に死亡したときに中止されるべきでした。このラウンドのワクチンで、彼らはこのことを急いで出しました、そして彼らは彼らが死ぬ前に彼らが人々にどれだけ入れることができるかを見ているだけです。」


〜ファイザーの元従業員であり、製薬および医療機器業界の現在のアナリストであるカレン・キングストン

95152082-EF6B-44A6-8430-3295947C7F64


https://ascensionavatar.wordpress.com/2021/07/29/former-pfizer-employee-speaks-out-on-deadly-covid-vax-bioweapons-theyre-just-seeing-how-much-they-can-put-into-people-before-they-die/

http://hanakosakamoto33.blog.jp/

ギャラリー
  • 米海軍E6B原子力司令部上へ!コールサイン「SCROW17」
  • GCRによる共和国の復元特別リポート
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
カテゴリー
  • ライブドアブログ