負債ジュビリー

グローバル通貨リセット(GCR)を介して共和国を復元特別リポート


D1DD806B-564E-46C3-B3ED-A16F037C9CF3
2021315

出典:ディナール・クロニクル

ジュディ・バイイントン、MSWLCSW、セラピスト、ジャーナリスト、著者、「22の顔:ジェニーヒルと彼女の22の複数の個性の並外れた生活の中で」によって編集されました。

(抜粋)

見かけのスケジュールに関するジュディノート:

1914年、イルミナティ・ブラッド・ライン・ファミリーは、中国の長老の金と違法に洗濯された米国の納税者の金銭について、個人所有の連邦準備制度、IRS、税務署、中央銀行、企業(ワシントンDC、ロンドン市、バチカン市)を通じて99年間のリースに署名しました。

バチカン銀行は、銀行家、政治家、その他のエリートがポケットを埋めるマネーロンダリングを担当していました。これらのバチカン銀行口座は、バチカンが運営する小児性愛人身売買リング、麻薬密輸入、発砲火薬の密輸入とともに、カバルの入札を行い、世界の人口を管理するために政治エリートにブラックメールを送るために使用されました。

20年以上前、アライアンス*は、グローバル通貨のリセットを通じてこれらの金銭を人々に返還するために結成されました。同盟は、スイスとイスラエルの両方に通じる広大なバチカンの地下トンネルを襲撃することに成功しました。

アライアンスの国際軍は、チームが金と貴重品を確保したチャーリー・ウォード博士によると、バチカンから650機の金と現金を米国財務省に送還しました。 「軍はまた、バチカンで13人の悪魔の血統の家族、マフィアの首長、教皇、350人の職員を逮捕した。それから彼らはバチカンから650機の飛行機の荷物で現金、金、貴重品を一掃し、それをフォートノックスや他の米国財務省の場所に飛ばしました」とワードは続けました。

米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、アジア、そしてヨーロッパ中を走る深部地下軍事基地(DUMBS)の洗練されたネットワークで、数万人の拷問された、栄養不良の子供達と亡骸が見つかりました。米国の特殊部隊は、カリフォルニアのチャイナレイク海軍施設の下で2,100人以上の檻に入れられた赤ちゃんと子供たちを救助することで、20191016日に始まった救助任務のために1年以上訓練を続けてきました。

子供達は、人体実験、臓器摘出組織、拷問、マインドコントロール、性的搾取、アドレノクロム生産(トラウマを抱えた子供の血を飲むことは老化を止め、若返ると信じられていた)のためにケージに入れられました)と悪魔主義者犠牲儀式のために。

世界中の広大な子供救助任務は、トランプ大統領、国防総省の小児性愛タスクフォース、インターポールと協力した米国の特殊部隊と海兵隊、およびさまざまな国の特殊部隊によって率いられました。それらには、組織者、愛好家の加害者の逮捕と、小さな地震を引き起こした爆弾による地下トンネルと基地の破壊が含まれていました。

キャピトルヒルの2マイル下に広大な地下トンネルシステムが埋められていたため、120日の就任式の前から、キャピトルヒルは高さ8フィートの有刺鉄線の柵に囲まれ、3万人以上の州兵によって守られていました。

2021119日、Intelは、2020年の不正選挙が、以前の米国の選挙と同様に、陰謀団によって発生しようとしていることを示しました。トランプ大統領は、米国政府を軍に引き渡しました。つまり、米国は現在戒厳令の下で機能していました。国を元の憲法の概念に戻すことで起訴されました。

水曜日2021310日、暫定軍政は7週間の防衛省2020選挙調査を終了し、2020年選挙で実際に外国の干渉と不正選挙があったことを報告しました。これは関係者全員の反逆行為です。レポートはまた、トランプ大統領が80%以上の投票で選挙に勝ったことを確認しました。

木曜日311日、ジーン・デコード(Gene Decode)は、特殊部隊がまだキャピトルヒルの2マイル下にある広大なトンネルネットワークシステムから子供たちを救出していると報告しました。

金曜日312日深夜の流動性支払いがリリースされました。

314日の夜通し、外国為替と完全に統合された量子金融システム(QFS)は、USNに固定されたすべてのグローバル通貨を取引していました。

315日月曜日いくつかの交換/償還。

315日月曜日NESARAプロトコルは、(1)償還センターを通じてリリースされた金で裏付けされたUSN通貨紙幣を通じて実装され、(21.9兆ドルの刺激法案$ 1,400の直接預金と小切手が交換のカバーとして出されます。

あなたはそうです。 316日以降、Tier 3-4ABの通知メールと電話で、ジンバブエの償還と外貨両替の予約を特別料金で取得します。

317日聖パトリックの日は、アイルランドの守護聖人であるパトリックにちなんで名付けられました。パトリックは、西暦5世紀にアイルランドからヘビ(陰謀団)を追い出したとされるキリスト教の宣教師です。

317日に報告できる3つのイベント。 

グローバル通貨のリセット:すべてが水曜日317日に交換/償還を開始するTier4Bに向けられていました。 政府は水曜日の口座で活性化した刺激金を送っていた。 https://finance.yahoo.com/news/why-stimulus-check-might-still-103025719.html

プロジェクトODIN:モサド悪魔主義者衛星を停止し、破損のない量子(Quantum)インターネットをアクティブにします。

水を見る:三峡ダム(3GDam [3 Gorges Dam]が中国で決壊し、34の建物がロッド・オブ・ゴッドで攻撃されるこれらの空軍の「ロッドオブゴッド」:大陸間弾道ミサイルの爆発力で都市を攻撃する可能性のあるタングステンロッド。

320日(土)は、春分点の主要な悪魔主義者の祝日であり、性的乱行またはバージンで、動物または人間、男性または女性を問わず祝われました。組織/子供人身犠牲儀式 で最高潮に達しました-無実であるほど良いです、続いて食べる。彼らの新鮮な子供の血とアドレノクロムを飲むが続きます。

木曜 325日と遅くとも水 331Tier4B交換の予約は終了する予定でした。

20213月末に、軍はバイデンを米国大統領から外し、2020年の不正選挙のために新たな選挙は行われないと決定しました。

木曜41日トランプ大統領は私たちの唯一の合法的に選出された米国大統領として戻ってくるでしょう。

木曜41日グローバル通貨リセットの発表

木曜41NESARA / GESARA 負債ジュビリー

木曜41日は、新しい金/資産担保米国債の会計年度の始まりでした。

木曜41日、新しい国際レートでの一般公開Tier5外貨両替が進められます。

近いうちに、軍は新しいスターリンク通信システムを使用して、世界中のすべてのメディアを引き継ぐようになりました。ケープカナベラル、フロリダ州。 --SpaceX Falcon 9ロケットは、60個のスターリンクインターネット衛星の新しいバッチを日曜日の初め(314日)に軌道に投入し、記録的なミッションを締めくくるために海に着陸しました。 https://www.space.com/spacex-starlink-21-internet-satellites-launch-rocket-landing-success

ディーステーツが後援するBLMAntifaからの報復と暴力への恐れから、愛国者は通りから離れ、州議会議事堂から離れるように促されました-愛国者の信用を傷つけることを目的とした偽旗作戦が計画されていることが知られていました。非暴力は不可欠でした。法律に従い、イベントの進行を許可します。

ミリタリー・インテリ・コンタクトによって報告された新しいグローバル通貨リセット率(私はそれらを理解しているだけです-そして私は間違っている可能性があります)。これらは、Zimのリディーマーが任命前に、デフォルトのレートが必要か、プロジェクトを提示してレートを交渉するかを決定できるように出されました。保留、上限、および償還/交換に対する税金はありません。

あなたが受け取ったジンバブエのデフォルト率は、あなたが持っていた金額、長期の支払い時間枠、そして国際的な人道プロジェクトへの投資に依存していました= 100Tごとに$ .11から$ .33

長期の人道的プロジェクトに長期の支払いを行う場合のジム契約率= $ .94

国際ディナールレート= 3.71ドル

デフォルトレートディナール= $ 16.00

ジムがなく、人道主義者に30%を捧げる場合のディナール契約率= $ 22.00

ドン国際レート= $ .47

ドンのデフォルト率= 15.00ドル

ジムがなく、人道支援に30%を捧げる場合のドン契約率= $ 20.00

(以下省略)


https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2021/03/restored-republic-via-gcr-special_15.html


ジム・ウィリー-借金ジュビリー&リセットは近いのだろうか? パート1、2、3

以下の記事はドクター・ウイリアム・マウントのジム・ウイリーとの株式市場、EUの崩壊状態、特にニューヨークの物件取引所(COMEX )の崩壊状態、主にゴールマンサックス銀行、フランスのソシエテ・ジェネラル銀行や2つの英国の銀行などがすでにブレーク状態であり、グローバル通貨リセットが必要があることを話しています。特に2番目と3番目のビデオは興味深いです。日本語の字幕機能が動画にあります。3番目の動画のPC上に新アメリカ紙幣らしきものが見えます.来る61日にアメリカで共和国の復興があると噂されています。以下のアメリカ合衆国共和国新紙幣の写真もネットに出ていました。動画の中ではジム・ウイリーはEUでもヨーロッパ各国はすでに各々のマネーに戻る準備をしていると述べています。

グローバル通貨リセットと負債ジュビリー(帳消し)にますます近づいているのが分かります。


807CE5B5-B954-4097-BD68-FE11094EB6AC


ジム・ウィリー-借金ジュビリー&リセットは近いのだろうか? パート123 


2020527

ウイリアム・マウント大使

パート1




パート2


パート3


https://youtu.be/_GTUfi0zSXg


https://beforeitsnews.com/politics/2020/05/jim-willie-debt-jubilee-almost-here-part-123-3193025.html

ギャラリー
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • 我々の「指導者」は血の誓いを立てた
  • 我々の「指導者」は血の誓いを立てた
カテゴリー
  • ライブドアブログ