太平洋ゴミベルト

地球で最も有毒な場所

台風や強い風の翌日には海岸地帯にたくさんのゴミが押し上げられます。太平洋ゴミベルトも凄いですが、日本人は自分の家の前は良く掃き綺麗にしているようで、日本人は清潔だなどと良く自慢する動画も出ていますが、実は、?%の日本人の本当の習性は、町や村の外れの道路脇に行くと垣間見れます。山道、道端にもう数年も草陰で積もっている販売機のペットボトル、スーパーやコンビニから買って食べた後走る車からポイ捨てしたプラスチック製ゴミがたくさん落ちています。沢山あるので美しい自然の中で歩いていると、すごく臭いです。これらは全て車の窓からポイ捨てされたもののようです。私は自然を歩く人間ですので、それらは至る所にあります。車から見えません。道路には捨てないで道端の草のある所にわざと捨てます。中には車で運んできたゴミ袋も投げ捨ててあります。日本は「ゴミは持ち帰れ」と言うことになっていて、道端や街でも普通にゴミ箱が(外国では置いてある)ありません。人目のある、人が歩く街や村で人前では絶対捨てませんが、人目のない所ではエゴになり捨てるようです。自然に落ちているゴミの殆どは、ビールの空き缶、スーパーやコンビニのプラスチック製品です。日本人がマナー無しの自分勝手な人間なら、飲料販売機やスーパー、コンビニのこれらの販売は避けるべきです。日本人は清潔好きだと信じている人々は車を降りて町外れの自然を歩いて確認するべきです。(車を運転して歩かない人が増えていますし、自然の中を定期的に歩くことをする人は少数です。ですから美しい自然の草元に隠れて沢山のゴミがあることを気づいていません。また、街を管理する市役所や政治家も知らない?問題です。)(花子)


地球で最も有毒な場所


過去100年ほどの間、人類は圧倒的なペースで驚異的な技術の進歩を遂げてきました。科学技術のこれらの進歩は私たちの生活をより簡単でエキサイティングなものにしたかもしれませんが、私たちが残した(そしてまだ残し続けている)廃棄物の痕跡は単に恐ろしいものです。化学物質、核物質、基本的なゴミ、電子廃棄物など、あらゆる種類の汚染物質が私たちの環境を深刻に破壊しています。多くの場所は非常に大きな影響を受けているため、そこに住むことはほぼ不可能です。ウクライナのチェルノブイリはその好例であり、この町は人類史上最悪の原子力発電所事故を目撃し、それ以来、人が住めない幽霊の町となっています。

このリストには米国内の場所は含まれていませんが、存在します。ニューヨーク州ラブカナル、オクラホマ州タークリーク、ニューヨーク州ゴワヌス運河など、非常に有毒であると宣言されているサイトがいくつかあります。最近の警報の事例は、水圧破砕、またはフラッキングと呼ばれる慣行です。これは、水と空気の汚染に関連している現代の方法の完璧な例です。山頂除去は、地元の水や野生生物を傷つけることが知られているもう1つの物議を醸す慣行です。

ビデオで言及された10の場所に加えて、ここに(不)名誉ある言及に値する世界の他の有毒な場所があります。

中国、臨汾:

ロサンゼルスのスモッグは、臨汾の大気汚染と比較して「良い日」と見なされ、「世界で最も汚染された都市」と見なされます。汚染の背後にある理由は、工業生産と自動車汚染に起因しています。ここの空気は明らかにひどいので、衣服を空気乾燥させておくと黒くなることがあります!

太平洋ゴミベルト:

主にプラスチック廃棄物で構成され、テキサスの2倍以上の大きさの島で、太平洋に30フィート以上の深さの浮きがあります。

ブラジル、ロンドニア:

これはアマゾン熱帯雨林の中で最も森林破壊された地域です。数千エーカーから数千エーカーの面積の木が伐採され、全焼しました。かつての緑地は現在、牛に取って代わられています。

ヤムナ川:

政府はそれを浄化するために真剣な試みをしましたが、インドのヤムナ川は廃棄物によって汚染され続けています。ニューヨーク市だけでも、1日あたり約3,296MLDの下水が発生しています。資金不足の処理施設が処理するには多すぎる量。

ペルー、ラオロヤ:

北米の企業であるDoe Runが運営するこの町の鉛製錬所は、都市を汚染した大量の鉛の原因となっています。近所に住むほぼすべての子供たちがテストされ、彼らの血流中に非常に許容できないレベルで鉛が発見されました。

ロシア、カラチャイ湖:

核廃棄物投棄からの放射線量は非常に強いため、この地域にいる1時間以内に致死量を得ることができます。がんは原子力施設の労働者の間で大きな問題です。周辺地域では出産不良や白血病の症例が多い。遠方の大気や河川水への放射能の拡散も懸念されています。

宇宙:

人間はまた、宇宙に巨大な汚染の痕跡を残しました。現在、400万ポンドを超えるスペース・デブリとさまざまな空の宇宙船が地球を周回しています。これは、衛星と通信が失敗する原因となる可能性のある潜在的な事故に対する大きな懸念を引き起こしました。


https://www.newszoom.com/mens-health/toxic-places-world/
 
http://hanakosakamoto33.blog.jp/


太平洋ゴミベルト、巨大浮遊洗浄機械で海洋のプラスチック汚染洗浄


 浮遊プラスチックなどが北大西洋循環の海流の影響により、世界中の海域に存在し、海洋の深刻な環境問題として取り上げられている。海洋汚染海域では巨大な浮遊機械の太平洋ゴミベルトで洗浄が始まりました。しかし、一番の問題は、プラスチック汚染の原因である、プラスチック産業製品の製造を禁止した方が良いのではないか?亜麻などの自然交替物質はある。日本でも海岸地帯に住んでいると、台風、嵐で海が荒れるごとに、岸に大量の海のゴミが打ち上げられ、海の汚染がとても深刻であるのが分かります。



エリアス・マラット

2019103

TheMindUnleashed Webサイトから

出典:Bibliotecapleyades

98004C12-E55F-4A65-8B40-11C836B675A6

歴史的な最初に、

巨大な浮遊機械が

海からプラスチックをきれいにするように設計され

ゴミを集めています

太平洋ゴミベルト


歴史的な最初の例で、海洋からプラスチックをきれいにするために保護主義者によって設計された大規模な浮遊装置が、巨大太平洋ゴミベルト(グレートパシフィックガベージパッチ)からゴミを収集することに成功した。


25歳のオランダ人の発明家でエンジニアのボヤン・スラットによって発明されたこの機械は、下のゴミを閉じ込める巨大なスカートを保持するコルクフロートの巨大なラインで構成されています。


水曜日に、海洋洗浄船(オーシャンクリーンアップ)は、このシステムが目に見えるプラスチックの破片から「ゴーストネット」として知られる大きな放棄された漁具、さらには1ミリという小さなマイクロプラスチックに至るまで、ゴミを捕捉して保持できると発表しました。

076915D4-729F-4509-ACF4-B12AB9E6E678

声明で、スラットは言った:


「許されない環境で、7年前にこの旅を始めてから、この最初のテストは、私たちのビジョンが達成可能であり、数十年にわたって蓄積してきたプラスチックゴミを海から取り除く使命の始まりであることを強く示しています。 私たちの視界内にあります。


私たちのチームは、この時点に到達するために計り知れない技術的課題を解決する決意を堅持しています。


まだまだやるべきことがありますが、チームの使命への深い関与と献身に永遠に感謝しており、次の開発段階の継続を楽しみにしています。」


83019AE3-3E41-4A80-960D-74B30B5ED05A

https://twitter.com/TheOceanCleanup/status/1179430600337428482


6月にバンクーバーから開始された海洋洗浄プロジェクトのハイテクシステム001 / Bには、次のようなさまざまなデバイスが装備されています。

太陽光発電ライト

センサー

カメラ

衛星アンテナ、

...これにより、海洋洗浄機械はGPSを使用してタブを保持しながら、専用のサポート船を使用して、閉じ込められたプラスチックを数か月ごとに収集してから乾燥した土地に戻します。




システム001 / Bは海岸線をシミュレートし、海の力を使用して、ベルト内で渦巻くと推定される無数のプラスチック破片を捕獲します。


海洋生物は巨大なブームの周りを安全に泳ぐことができ、システムを追跡した海洋生物学者によると、システムの展開による環境への悪影響はありません。


スラットはツイートで、システムは支援船とともに乗組員の変更のために現在港に移動中であり、1017日(2019年)にゴミの収集を再開すると述べた。


https://twitter.com/BoyanSlat/status/1179836477104099328


1997年、海洋研究者のチャールズJ.ムーアは、巨大海洋ゴミベルトを発見しました。このベルトは、現在、世界の海洋でプラスチックの最大の蓄積ゾーンとして拡大しています。


数年後、彼はCBSニュースに、プラスチックは世界中の環境破壊の主な原因であると語り、


「人類のプラスチックの足跡は、おそらくカーボンの足跡よりも危険です。」


近年、専門家と環境保護論者は、世界の海洋と水供給を浸水させ、発ガン性毒素と化学物質を海洋環境に浸出させるプラスチックとマイクロプラスチックについて警鐘を鳴らしています...


その間、漁師が使用するプラスチック製の飲料容器やゴミは、鳥や魚などの海洋野生生物を閉じ込め、最終的には殺している。


プラスチック汚染非常に大きな割合に達しており、国連によれば、現在では推定1億トンが世界の海洋で発見されており、観光や漁業などの産業を破壊しつつ、あらゆるレベルの食物連鎖に組み込まれています。


海洋のプラスチック廃棄物の8090%は、陸上の発生源から発生しています。


そして、スイスのダボスで開催された2016年の世界経済フォーラムで2050年までに準備された報告書(The New Plastics Economy-Rethinking the Future of Plastics)によると、2050年までに海洋のプラスチック廃棄物はすべての魚を上回ると推定されています。
0952D094-D325-47ED-B759-0C8C236661FC
 


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2019/11/a-giant-floating-machine-is-cleaning-up.html

関連記事

廃棄子供達は未来の海洋に気づく : 衝撃的なビデオ


物減少のための6つのエコロジー解決


子供達は未来の海洋に気づく : 衝撃的なビデオ


環境ニュース:福島の進行中大災害、ロシアの核爆発、マイクロプラスチック汚染

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

 

ギャラリー
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • 我々の「指導者」は血の誓いを立てた
  • 我々の「指導者」は血の誓いを立てた
カテゴリー
  • ライブドアブログ