大統領令

チェックメイト! 大量逮捕の用意は全ての面で整っている

K33リポート
2020 年6月9日

以下の記事では米国で待たれている大量逮捕の用意が全ての面で整い、逮捕者達は通常の裁判ではなく、戦時中の犯罪、反逆罪として軍事裁判にかけられる、と言うことです。ディープステーツのトップレベルの犯罪者達は、すでに1年以上前から徐々に逮捕されダブルに切り替えられていたようです。軍事裁判にかけられ処刑されたようです。グアンタナモ基地にも大量に収監され裁判を待っている犯罪者達もいるようです。しかし、米国で進行中であったロシア疑惑、スパイゲートが、トランプ大統領を打倒する目的で影の政府を設置し、トランプ政権をスパイしていたオバマ前大統領のスパイゲートになった。ダーラム連邦検事長によって捜査が進行中であり、これら、FBI、CIA、民主党の政府高官達の有罪がますます確実になりつつあり、この捜査終了後には大量逮捕になるものと思われます。これらは長続きしていますが、テレビや主流メディアの嘘から、アメリカ人を目覚めさせる目的があります。

5E0807B9-F7E4-4048-B992-3BF70019415D

PANIC (Patriots are Now in Control): 
パニック(愛国者は今支配している):チェックメイト!

 202068日)

ジョン・グプタ

パニック=愛国者は今や支配している......

このQAnonの問題全体と大規模な大量逮捕は完全な茶番劇だと思う人たちのために、法的正当化について間もなく行われることについて説明させてください。 過去19年間、私たちの国は軍事諜報機関と陰謀団(新世界秩序)の間でサイレント戦争を経験してきました。 詳細については説明できませんが、アメリカは「テロとの戦い」にいるだけでなく、自国で活動している組み込まれたルシフェリアンテロリストとも戦っています。私が共有しようとしているのは、アメリカと世界の歴史におけるこの微妙な点に私たちを導いた法的操作の歴史的な内訳です。

2001911日以降、アメリカは現在「宣言された戦争状態」にあることをご存知ですか。

その宣言は決して停止していません。それは過去19年間継続しています。 「テロとの戦い」は、ジョージWブッシュの時代と世界貿易センターの崩壊以来、進行中の戦争でした。実際、この進行中の宣言された戦争状態には特定の敵国はありません。それは非常に広範囲にわたる非特定的な「テロとの戦い」でした。この「テロとの戦い」の非特定宣言状態は、イルミナティとそのロスチャイルド人形(ブッシュとオバマ)が中東を侵略して略奪し、何十万もの無実のアフガニスタン人、イラク人、シリア人、およびリビア人を殺害し、彼らの国の資源、そしてそれらの国でロスチャイルド中央銀行を設立するために明らかに使用されました。

stitutioncenter.orgによると

https://constitutioncenter.org/…/when-congress-once-used-it…

「宣戦布告は、大統領および行政府に特別な権限を付与する多くの法令、特に国内に影響を与える措置について」を自動的に実施します。これには、大統領に直接権限を与えて事業を支配することが含まれます。戦争への取り組みの一環としての輸送システム;外国人を排除する能力;国内でいかなる保証もなしにスパイ行為を行う力;そして、公有地で天然資源を使用する力。」

多くの国を略奪し、ロスチャイルドの欲望をすべて一挙に満たすための法的正当性のこの巧妙なビットは、ブッシュやオバマなどのイルミナティの人形の下では素晴らしいと思われました。彼らは世界中で掘り出し物を買い、イラクから石油を盗み、カダフィのリビアの金を略奪し、CIAの麻薬取引業務のためにアフガニスタンのケシ畑を支配し、同時にこれらの同じ国でデルタ6の情報を得るために子供奴隷を調達しました。 / デルタ6インテリジェンス/暗殺作戦。

しかし、非イルミナティ大統領、ドナルドJ.トランプのような人物がこの国で権力を握った場合はどうなるでしょうか。彼はすでに裕福な男なので、彼は特別利益団体によって買われることができませんでした。賄賂やハニーポット・セックストラップは、政治家を脅迫に巻き込むための選択のフックでしたが、世界で最も強力な人物が非売品である場合はどうなりますか?

イルミナティは、新世界秩序以外の大統領が政権を握っていて、彼らが王室でねじ込まれていることを知っていました。彼らは暴露された。彼らはトランプがブッシュ大統領の下で始まった宣言された戦争状態全体を巧妙に逆転できることを知っていました。彼らは、トランプが新世界秩序、我が国のディープステートの裏切り者、中央銀行エリート、アルファベット情報機関のその他の人身売買の子分、ビッグテックと主流メディア多国籍企業、そしてビックフアーマの悪魔科学者に対してあらゆることを逆行できることを知っていました。本質的に、彼はすべてのイルミナティが買った裏切り者を国家の敵であり、さらに重要なことには、法的には敵戦闘員であると宣言することができました。

適切な法的パラメータを使用して適切にトリガーされた場合、この宣言された戦争状態は全カバルに対して対抗され、この20年近くの宣言された戦争状態から利益を得ていたすべての人々および国境を越えた大企業を大量逮捕することができます。

戦争宣言からAUMF制定法(軍事力の使用許可)までこれらすべてをトリガーする必要があるのは、国家緊急事態の宣言だけです。

トランプはこれまでに国家緊急事態宣言を発行しましたか?

はい!

201712月、トランプ大統領は国家緊急事態を宣言する大統領命令を出しました。

https://www.federalregister.gov/…/blocking-the-property-of-…

その大統領令では、「汚職」というタイトルのセクションで、バラク・オバマ、ジェームズコミー、ロバート・ミューラーの犯罪について説明しました。この命令はまた、イランに核兵器を与えたオバマの数十億ドルのマネーロンダリング作戦、ヒラリー・クリントンのウラン1スキャンダルなど、他のさまざまなスキャンダルについての手がかりを与えます。

この特定のトランプ大統領の命令は、「国務長官(POMPEO)および司法長官(BARR)と協議して財務省長官(MNUCHIN)が決定したすべての外国人を現在または以前の政府当局、またはそのような公務員のために、またはその代理として行動し、直接または間接的に責任を負う、または共謀する腐敗行為、国有財産の小流収、個人の利益のための私有財産の収用、政府に関連する腐敗契約または天然資源または贈収賄の抽出

これは、クリントン、コミー、ミューラー、オバマ、ブレナン、マッケイブ、および他の裏切り者が、宣戦布告の期間中にオバマ政権下で何を行ったかを正確に説明したものです(それについて忘れましたか?)。

彼らは反逆行為を犯していた。法的にそれらを敵の戦闘員として構成します!この大統領令(NATIONAL EMERGENCY DECLARATION)は、合衆国政府が人権侵害または腐敗に関与する個人または企業の資産を押収することを合法的に許可しました。

これらの犯罪は単なる連邦重罪ではなく、アメリカ合衆国に対する反逆行為であり、宣言された戦争状態の期間中に犯されたのです! (大統領ブッシュに感謝!)

これは、トランプ大統領による国家緊急事態宣言の推進力でした。

「したがって、私は、世界中の深刻な人権侵害と汚職が、米国の安全保障、外交政策、および経済に対する異常で並外れた脅威を構成していると判断し、その脅威に対処するために国家緊急事態を宣言します。」

しかし、トランプは、アメリカの情報が反逆的なディープステートの主流メディアによって制御されている場合、これらのエリートトレーラーの犯罪を暴露し、これらの大量逮捕をどのように行うのでしょうか。それは実際には非常に簡単です。オバマは無法な傲慢さの中で、たった数日で何が起こるかについての先例となる201276日に大統領命令を出すことを決定しました:(https://www.federalregister.gov/…/assignment-of-national -se…)。

オバマ大統領はこの大統領命令を使用して、修正条項2の権利を無効にするように設計された、一見ノンストップのように見える偽旗作戦の急増を実行しました。これらの心理作戦は、危機的俳優(34回の大量射撃イベントに同じ危機的俳優を使用することもある)と、誤解、ドラマ、ヒステリーといった通常の仕事をしている主流のメディアが、アメリカ国民の憲法上の保証されている権利を引き渡させようとした。

オバマは彼の最も荒々しい夢の中で決して彼に続く非新世界秩序大統領がいることを期待していませんでした。計画はヒラリー・クリントンに統治権を引き渡すことで、彼女がキルショットをアメリカに届けられるようにすることでした...しかし、それは明らかに計画どおりに機能しませんでした。

この特定のオバマ大統領の命令により、トランプ大統領は、GoogleFacebookTwitterYoutubeなどのインターネット技術の巨人をはじめ、ニュースネットワークやニュースウェブサイトなど、米国のすべてのメディアを完全に統制できます。

以下は、その特定の行政命令の言語の一部です。

政府の継続性をサポートするコミュニケーション。連邦、州、地方、領土、部族の緊急事態への準備と対応のコミュニケーション。非軍事行政機関の通信システム;重要なインフラストラクチャ保護ネットワーク。そして非軍事通信ネットワーク、特に優先順位付けと復元に関して

つまり、オバマ大統領の命令により、トランプは合法的に主流のメディア、大手テクノロジー企業、ソーシャルメディアを統制し、これらの通信手段を使用して、エリートの反逆罪を広めることができます。

しかし、大量逮捕はどうですか?

そのための法律はどこにありますか?

よろしくお願いします!

201831日、トランプ大統領は、軍法会議のマニュアル(MILITARY TRIBUNALS ..... GITMO)の修正に関する大統領令に署名しました。

https://www.federalregister.gov/…/2018-amendments-to-the-ma…

この大統領令は、アメリカに対する反逆罪と衝突の犯罪を起訴する政府の権利を確立します。これらの犯罪はすべて、米国法に基づいて軍事法廷で起訴される可能性があります。

これは、自国の敵(敵の戦闘員...宣言された戦争状態を覚えていますか?)が軍の警察によって大量逮捕され、明らかに反逆罪を犯している、オバマ大統領が任命したディープステート裁判官、腐敗した連邦裁判所制度を迂回して国防総省が運営する裁判所に裁判にかけられることを意味します。

私たちは現在、すべての法的パラメーターが満たされ、国家の非常事態権限を通じて活性化された段階にあります(201712月)。 この継続的な宣言された戦争状態(終わらない)により、エリートの犯罪を合法的に公開するだけでなく、それらを大量逮捕してGITMOに送るための完璧なフレームワークを手に入れました。

だから誰かが大量逮捕は不可能だとあなたに言ったら...アメリカ政府は神とのかつ迅速な司法会議にルシフェリアのエリートを決して送らないだろうということを、トランプ大統領が行ったこれらの特定の執行命令を彼らに知らせてください 。沼を排水するために作成されました。


チェックメイト
✔️


https://www.facebook.com/biohackerjohn/posts/10221094578889342


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/06/panic-patriots-are-now-in-control.html

オンライン検閲防止に関する大統領令

TwitterYouTube、ブログ記事、etcなどのオンライン検閲が、偽のコロナウイルス騒動でますます酷くなって、我々は自由な民主主義の世界にいるのだろうかという感じでしたが、今回はトランプ大統領政権が10日ほど前にGoogleをアンチ・トラストで訴え、さらに「オンライン検閲防止に関する大統領令」を出しました。内容が素晴らしいです。偽のコロナウイルスで、YouTubesが世界中で多くの動画を削除しまくっているとの情報が出ています。以下の大統領令に明記しているように、言論の自由は民主主義の基盤です。アイデアを表現し、議論する自由は、自由な人々としての私たちのすべての権利の基盤です。トランプ大統領ありがとう!



94CD0D72-6DB5-4352-908E-8DFAB70A1B92

ECETIからの最新情報


ECETI.ORG


オンライン検閲防止に関する大統領令


whitehouse.govから


発行日:2020528


憲法およびアメリカ合衆国の法律により大統領として私に与えられた権威により、これは次のように命じられます。


セクション1.ポリシー。言論の自由はアメリカの民主主義の基盤です。私たちの創設者たちは憲法修正第1条でこの神聖な権利を守りました。アイデアを表現し、議論する自由は、自由な人々としての私たちのすべての権利の基盤です。


表現の自由を長年にわたって愛してきた国では、限られた数のオンラインプラットフォームが、アメリカ人がアクセスしてインターネットで伝えることができるスピーチを手動で選択することはできません。この慣習は基本的に非アメリカ人であり、反民主主義的です。大規模で強力なソーシャルメディア企業は、意見の相違がある意見を検閲すると、危険な力を行使します。それらは受動的な掲示板としての機能を停止し、コンテンツ作成者として表示および処理する必要があります。


近年のオンラインプラットフォームの成長により、憲法修正第1条の理想を現代の通信技術に適用することに関して重要な問題が生じています。今日、多くのアメリカ人がニュースをフォローし、友人や家族と連絡を取り合い、ソーシャルメディアやその他のオンラインプラットフォームを通じて時事問題についての意見を共有しています。その結果、これらのプラットフォームは、21世紀の公共広場に相当するものとして多くの点で機能します。


TwitterFacebookInstagram、およびYouTubeは、前例のないものではないにしても、公共のイベントの解釈を形作る巨大な力を発揮します;情報を検閲、削除、または消滅させること。 人々が見るものと見ないものを制御する。


私は大統領として、インターネット上で自由で開かれた討論への私の責任を明確にしました。 このような議論は、大学、市役所、家庭でのことと同じくらいオンラインで重要です。民主主義を維持することは不可欠です。


オンラインプラットフォームは、国の言説に害を及ぼす選択的検閲を行っています。 何万人ものアメリカ人が、他の厄介な行動の中でも、明示された利用規約に違反していないにもかかわらず、オンラインプラットフォームがコンテンツを不適切であると「報告」していると報告しています。 特定の見方を好ましくない影響を与える会社の方針に、未発表および説明のない変更を加える。 また、コンテンツやアカウント全体を警告なし、根拠なし、リソースなしで削除します。


Twitterは現在、政治的偏見を明確に反映する方法で、特定のツイートに警告ラベルを付けることを選択的に決定しています。報告されているように、Twitterが別の政治家のツイートにそのようなラベルを付けたことはないようです。先週と同じように、アダム・シフ議員は長く反証されたロシアの共謀デマを行商することによりフォロワーを誤解させ続けており、ツイッターはそれらのツイートにフラグを立てませんでした。当然のことながら、いわゆる「サイトの整合性」を担当するその役員は、彼自身のツイートで彼の政治的偏見を見せびらかしました。


同時に、オンラインプラットフォームは一貫性がなく、非合理的で根拠のない正当化を呼び起こして、ここでアメリカ人のスピーチを検閲または制限している。いくつかのオンラインプラットフォームは、中国などの外国政府による攻撃と偽情報の拡散から利益を得て促進している。たとえば、ある米国企業は、中国人共産党向けに「人権」の検索をブラックリストに載せる検索エンジンを作成し、中国共産党にとって不利なデータを隠し、追跡に適すると判断されたユーザーを追跡しました。また、中国軍に直接的な利益をもたらす研究パートナーシップを中国で確立しました。他の企業は、中国政府による代金の支払いを受けて、中国の宗教的少数派の大量投獄に関する虚偽の情報を広め、それによってこれらの人権侵害を可能にしている広告を受け入れました。また、中国政府当局者がプラットフォームを使用してCOVID-19パンデミックの起源に関する誤った情報を広めたり、香港での民主化抗議活動を弱体化させたりすることを含め、海外での中国のプロパガンダも拡大しています。


国家として、私たちはすべてのアメリカ人が発言できる、そして発言すべきである今日のデジタル通信環境における多様な視点を育成し保護しなければなりません。私たちはオンラインプラットフォームから透明性と説明責任を求め、アメリカの言説の完全性と開放性と表現の自由を保護および維持するための標準とツールを奨励する必要があります。


セクション 2.オンライン検閲に対する保護。 a)インターネット上での自由で開かれた議論を促進する明確な基本ルールを促進することは、米国の政策です。討論が通信品位法(セクション230c))のセクション230c)によって作成された責任からの免除であることを規定する基本ルールの中で際立っています。 47 U.S.C. 230c)。免責の範囲を明確にすることは、米国の方針です。免責は、テキストおよび目的を超えて、ユーザーに自由でオープンなスピーチのフォーラムを提供することを意図している人々を保護するために保護を提供するものではありませんが、しかし特定の見方を検閲することによって自由で開かれた議論を押しのけるような欺瞞的または口実的な行動に従事するコミュニケーションの重要な手段に対する彼らの力に対して実際には使用する必要があります。


セクション230c)は、オンラインプラットフォームが他のユーザーが投稿した一部のコンテンツへのアクセスを制限した場合、そのサイトに投稿されたすべてのコンテンツの「発行者」になるなどの早期の判決に対処するように設計されました。名誉毀損。セクション230c)のタイトルから明らかなように、この規定は、有害なコンテンツの「善良なサマリア人の遮断」に従事するインタラクティブなコンピューターサービス(オンラインプラットフォームなど)のプロバイダーに有限責任の「保護」を提供します。特に、議会は、未成年者を有害なコンテンツから保護しようとするオンラインプラットフォームを保護することを目指しており、そのようなプロバイダーが有害なコンテンツを削除しないようにすることを目的としています。この規定はまた、インターネットは「真の多様な政治的言説のフォーラム」であるという議会の明確なビジョンを促進することを目的としています。 47 U.S.C. 230a)(3)。法令により提供される限定的な保護は、これらの目的を念頭に置いて解釈されるべきです。


特に、サブパラグラフ(c)(2)は、「民事責任」からの保護に明確に対処し、インタラクティブ・コンピュータ・サービス・プロバイダーは、コンテンツへのアクセスを制限するという「誠意」の決定に「責任を負う」ことはできないことを明記しています。 「わいせつ、挑発的、卑猥、汚い、過度に暴力的、嫌がらせ、またはその他の不快なもの」と見なします。法律で許容される最大限の範囲で、この規定が歪曲されず、不快なコンテンツを削除するために「誠意を持って」行動するのではなく、詐欺的または口実的な行動で(多くの場合、彼らの述べられた利用規約に反します)、彼らが同意しない見方を抑圧します。セクション230は、少数の企業が、討論のためのオープンフォーラムを促進することを装って、私たちの国の言説のための重要な手段を制御する巨人に成長し、コンテンツと沈黙を検閲する力を使用するときに、巨大な免疫を提供することを目的としていませんでした。彼らが嫌う見解、インタラクティブコンピューターサービスプロバイダーがコンテンツへのアクセスを削除または制限し、そのアクションがサブパラグラフ(c)(2)(A)の基準を満たさない場合、編集行為に従事します。そのようなプロバイダーは、サブパラグラフ(c)(2)(A)の有限責任の盾を適切に失い、オンラインプロバイダーではない従来の編集者や出版社と同様に責任を負うべきであることが米国の方針です。


b)このセクションのサブセクション(a)で説明されているポリシーを進めるために、すべての執行部門および機関は、セクション230c)の適用がセクションの狭い目的を適切に反映し、この点に関してすべての適切な行動をとることを確認する必要があります。さらに、この命令の日付から60日以内に、商務長官(秘書)は、司法長官と協議し、国家電気通信情報局(NTIA)を通じて行動し、連邦政府に規則作成の請願を提出するものとします。FCCに以下を明確にするための規則を迅速に提案するよう要請する通信委員会(FCC):


i)セクション230のサブパラグラフ(c)(1)と(c)(2)の間の相互作用。特に、コンテンツへのアクセスを制限しないインタラクティブなコンピューターサービスのプロバイダーが、サブパラグラフ(c)(2)(A)によって具体的に保護されている場合も、サブパラグラフ(c)(1)に基づく保護を請求できない場合があります。これは、プロバイダーをサードパーティを作成するためのパブリッシャーまたはスピーカーとして扱わないことを示すだけです。コンテンツが利用可能であり、独自の編集上の決定に対するプロバイダーの責任を扱っていない。


ii)マテリアルへのアクセスまたは素材の利用を制限するアクションが、セクション230のサブパラグラフ(c)(2)(A)の意味において「誠意をもって」行われない条件、特にアクションを「行うことができるかどうか」もし彼らがそうであるなら:」


A)詐欺的、口実、またはプロバイダーの利用規約と矛盾している;または


B)適切な通知、合理的な説明、または聞かれる有意義な機会の提供に失敗した後に取られるそして


iiiNTIAが結論付ける他の提案された規制は、このセクションのサブセクション(a)で説明されているポリシーを進めるのに適切である可能性があります。



セクション 3.自由な発言を制限するオンラインプラットフォームの資金調達から連邦納税者のドルを保護する。 a)各行政部門および代理店(代理店)の責任者は、オンラインプラットフォームに支払われた広告およびマーケティングに対する代理店の連邦支出をレビューするものとします。そのようなレビューには、費やされた金額、連邦ドルを受け取るオンラインプラットフォーム、および広告ドルの受け取りを制限するために利用できる法定当局が含まれます。


b)この命令の日付から30日以内に、各機関の責任者はその結果を管理予算局の局長に報告しなければならない。


c)司法省は、このセクションのサブセクション(b)で説明されているレポートで識別された各オンラインプラットフォームによって課される視点ベースの音声制限を確認し、視点の差別のためにオンラインプラットフォームが政府のスピーチの問題のある手段、消費者への欺瞞、または他の悪い習慣、であるかどうかを評価します。


セクション 4.不当または虚偽の行為または慣行の連邦審査 a今日の言論とアイデアの自由な流れを促進する重要な手段として、TwitterFacebookなどの大規模なオンラインプラットフォームが保護された言論を制限してはならないことは、米国の方針です。最高裁判所は、ソーシャルメディアサイトは、現代の公共広場として、「おそらく、市民が自分の意見を聞くために利用できる最も強力なメカニズムを提供できる」と述べています。パッキングハム対ノースカロライナ、137 S. Ct 173017372017)。これらのチャネルを介したコミュニケーションは、選出された指導者に請願することを含め、アメリカの民主主義への有意義な参加にとって重要になっています。これらのサイトは、他の人が自由に表現し、議論するための重要なフォーラムを一般に提供しています。 Cf. PruneYard Shopping Center v.Robins447 U.S. 7485-891980)。


b20195月、ホワイトハウスはTech Bias Reportingツールを立ち上げ、アメリカ人がオンライン検閲の事件を報告できるようにしました。ホワイトハウスは、わずか数週間で、オンラインプラットフォームの政治的見解に基づいて、ユーザーに対して検閲やその他の措置を講じるという16,000件を超える苦情を受け取りました。ホワイトハウスはそのような苦情を司法省と連邦取引委員会(FTC)に提出します。


cFTCは、該当する法律に従い、商法または商法に影響を与える不公正または欺瞞的な行為または慣行を禁止するために、米国法典第15条の45項に従って行動を取ることを検討するものとします。そのような不当または詐欺的な行為または慣行には、第230条の対象となる事業体による、これらの事業体の公的表現と一致しない方法で発言を制限する慣行が含まれる場合があります。


d)ソーシャルメディアプラットフォームのTwitterを含む、公開討論の広大な場である大規模なオンラインプラットフォームの場合、FTCはその法的権限と一致して、苦情がセクション4 a)この注文の。 FTCは、該当する法律に従って、そのような苦情を説明するレポートを作成し、そのレポートを公開することを検討します。


セクション5.不当または虚偽の行為または慣行および差別禁止法に関する州のレビュー。a)検事総長は、オンラインプラットフォームが不当または詐欺的な行為または慣行に従事することを禁止する州法の潜在的な施行に関してワーキンググループを設立するものとします。ワーキンググループはまた、既存の制定法がアメリカ人をそのような不公正で欺瞞的な行為や慣行から保護していない州の議会が検討するためのモデル立法を開発するものとします。ワーキンググループは、該当する法律に準拠し、必要に応じて、州検事総長に協議と協議を要請するものとします。


b)この命令書のセクション4b)に記載されている苦情は、適用される法律に従って、ワーキンググループと共有されます。ワーキンググループはまた、以下に関する公的に入手可能な情報を収集するものとします:


i)フォローすることを選択した他のユーザー、または他のユーザーとのやり取りに基づいて、ユーザーの監視を強化する。


ii政治的整合または視点の指標に基づいてコンテンツまたはユーザーを抑制するアルゴリズム。


iii)中国共産党または他の反民主主義団体または政府に関連するアカウントによってコミットされた場合、それ以外の場合は許されない行動を可能にする差別的なポリシー。


iv)請負業者、メディア組織、および個人を含む第三者のエンティティへの依存、コンテンツをレビューするバイアスの兆候。そして


v)同じ立場にある他のユーザーと比較して、特定の視点を持つユーザーがプラットフォームでお金を稼ぐ能力を制限する行為。


セクション6.法律。司法長官は、この命令の政策目標を促進するのに役立つ連邦法案を作成するものとします。


セクション7.定義。この大統領令において、「オンラインプラットフォーム」という用語は、ユーザーがコンテンツを作成および共有したり、ソーシャルネットワーキングや一般的な検索エンジンに参加したりできるようにする任意のWebサイトまたはアプリケーションを意味します。


セクション 8.一般規定。 a)この順序のいかなるものも、障害またはその他の影響を与えるものと解釈されないものとします。


i)執行部門または代理店、あるいはその責任者に法律によって付与された権限。 または


ii)予算、行政、または立法案に関連する管理予算局の局長の機能。


b)この命令は、適用される法律に準拠して実施され、利益処分が利用可能であることが条件となります。


c)この命令は、米国、その省庁、機関、または事業体、その役員、従業員、エージェント、またはその他の人物に対して、法的または衡平に、法的または衡平に執行可能な権利または利益を創出することを意図しておらず、作成もしていません 



https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/05/eceti-news-executive-order-on.html

ギャラリー
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • 我々の「指導者」は血の誓いを立てた
  • 我々の「指導者」は血の誓いを立てた
カテゴリー
  • ライブドアブログ