化学物質

あなたの第3の眼は本当に開いているのか?

坂本花子

2020 6月4日


あなたの第3の眼は本当に開いているのか?


松果体(しょうかたい)は英語表記ではpineal bodyと言い、松の実の形をしていて、第3の眼とも言われ、人間が覚醒して5Dに生きるためには必須のようです。大半の人々の松果体は、汚染環境、フッ素や農薬、化学物質などで石灰化しつつあると言われてていますが、3D特有のネガチブな思考、エゴなどでも松果体が小さく縮まっていくようです。

7FEFE2AF-EE1A-4ACD-A3D2-8A81E9752F24


<>松果体の脳内の位置

左右大脳半球の間にある卵形の小体。内分泌機関の一つで、視床の上部に属している。ノルアドレナリン、ヒスタミンなどのほかメラトニンと呼ばれるホルモンを分泌する松果体は、第3の眼ともいわれるように、光を感じる器官で、動物、人間の日周運動に関係あるものとされている。

B9234DCE-53FA-4022-88B9-29119C6C2CBC

スピリチュアル.com


スピリチュアル系では松果体を開くことにより覚醒する方法を追求する記事が多く、料理のレシピのように色々な方法がある中、以下の短いシンプルな記事が出ていました。多くの人々は自分自身の松果体が開いているのか、閉じているのか分からない人が多いのではないでしょうか。以下の記事でなるほどと思いました。


[あなたの第3の眼は本当に開いているのか?]


松果体、または第3の眼は人間の意識に対する精神的な影響を主な原因と


して、人体の中で最も強く標的にされ、毒されています。


松果体が閉じているということは、その前に提示されているものを超え


て見るのに苦労しているため、心が簡単にだまされる可能性があるとい


うことです。


開いた松果体は、真実の意図を隠蔽するためのベールとして使用される


可能性がある嘘やサブリミナルメッセージの微妙な不一致をピックアッ


プできるため、真実の探知器のように機能する。

(ソース:ebh.club)

B0CD0F50-56C2-413F-BD42-AE0EC7543276

http://hanakosakamoto33.blog.jp/archives/6183368.html#more


包装食品に含まれる2,000種類の未検査の化学物質


包装食品で発見された2,000の未試験の化学物質


20191124


ソース:Collective Evolution | アラナ・ケトラー

1542CA98-7A57-407E-A383-F797EEE97DA5

簡単に


事実:2,000の規制されていない化学物質が現在、米国中の多くの従来の包装食品に使用されています。


振り返る:自分の体に何を入れているか知っていますか? 成分を発音することができない場合、それを消費するべきではない可能性があります。 消費する加工食品の量を制限したり、少なくとも癌の原因となる化学物質を避けたりできますか?


環境ワーキンググループ(EWG)の最近のレポートでは、米国のスーパーマーケットで購入できるさまざまな従来の加工食品や包装食品に、約2,000個の未試験の化学物質が含まれていることが示されています。 これらの化学物質が合法であり、現在の化学物質規制法に基づいているか、米国ではそのような化学物質がないことを知って驚くかもしれません。


発見された何千もの化学添加物のうち、いくつかは、さまざまな加工肉に見られる合成亜硝酸ナトリウムなどの既知または疑わしい発がん物質です。 世界保健機関は、これらをおそらく発がん性があると考えています。 別の化学物質であるブチル化ヒドロキシアニソールBHA)は、冷凍ペパロニピザなどの多くの品目に含まれる癌の原因となる化学物質としてカリフォルニア州でリストされています。


ポリプロピレン、硫酸、ビスフェノールAなど、他の多くの警告化学物質が食品自体の包装に含まれています。


あなたはどの程度心配するべきですか?


EWGの栄養士であり、この研究の共著者であるDawn Undurragaは次のように述べています。「従来の食品に含まれているものについて学ぶほど、懸念の証拠が増えてきます。」


加工食品を大量に消費している場合、明らかにリスクレベルは上がりますが、これらの化学物質は確かに注意すべきものです。 成分リストで発音できない場合は、避けるのがよいでしょう。


政府は何らかの責任を負うべきですか?


一部の消費者は、有毒化学物質を規制し、食品に巻き込まれるのを法的に防止する必要があると考えています。 私たちの健康と安全を念頭に置いた政府機関はありませんか? 残念なことに、化学物質の規制に関して言えば、食品だけでなく、健康製品や美容製品、洗浄製品にも、これらの化学物質は規制されていません。 たとえば、欧州連合は化粧品から1300近くの化学物質を禁止していますが、米国ではわずか11物質です。 これは、メーカーが適切な安全性テストを行ったかどうかに関係なく、好きなものを使用できることを意味します。


「残念ながら、食品添加物に関する現在の方針は1958年に書かれており、食品および化学会社によって完全に採用されています」とUndurraga氏は述べています。 「食品または化学会社または業界団体によって「一般に安全と認められる」またはGRAS(グラス:アメリカ食品医薬局より食品添加物に与えられる安全基準合格)とみなされる添加物は、米国食品医薬品局(FDA)が添加物の安全性を審査する食品添加物請願プロセスから免除されます。」


GRASの免除は、酢など、すでに安全と認められている多くの成分を使用できるようにするために最初に作成されました。 残念ながら、食品科学の急速な進歩に伴い、この規定は何千もの化学物質に適用されており、その多くは長期的な影響さえも知りません。 2017年にEWGは他の公衆衛生および安全グループに加わり、GRASの抜け穴を根絶するためにFDAに対する訴訟を提起しました。


「抜け穴を塞ぐのではなくFDAは企業が食品化学物質について自主的に機関に通知することを許可し、企業が結論を裏付ける産業科学を要約できるようにしました」EWG調査は述べています。これらの化学物質のレビューを行う多くの科学者は、業界自体によって支払われます。


「消費者は、疑わしいまたは危険な成分を含まない食料品店で何かを手に入れるために毒物学者である必要はありません」とUndurragaは言いました。


それは事実ですが、Non-GMOプロジェクトのようなものです。遺伝子組み換え材料の使用をラベル表示するよう食品製造業者に要求する法案を渡すことができなかったため、NON-GMOプロジェクトはすべての製品に付与されるラベルの開始を決定しました。確かに、遺伝子組み換え成分はありませんでした。これだけで、多くの食品製造会社は、使用していた材料を再評価し、切り替えて、ラベルの承認を得て、進化し続ける意識的な消費者の要求に対応することを余儀なくされました。


消費者の力を決して過小評価しない


何に注目すべきかを知り、これらのがんの原因となる化学物質を含むアイテムを避け、このような情報を共有するか、単に友人や家族に伝えることでそれらについての意識を高めることにより、大きな影響があります。ますます多くの人々がこれらの製品に気づき、何に注目すべきかを知り、回避するでしょう。これにより、食品生産者はこれらの成分を省くか、廃業する可能性があります。彼らは本質的に進化するか死ぬ必要があります!


可能な限りオーガニックを購入することが、がんの原因となる化学物質を避け、加工食品の消費を大幅に制限または削減するための最も安全な方法です。はい、オーガニックはより高価ですが、あなたの健康は何に値しますか? Clean 15」リストや「Dirty Dozen」などの便利なツールも覚えておいてください。常に購入する必要がある食品と、農薬やその他の有害な化学物質を含まない食品を把握してください。


ここで少し知識を役立ててください!


政府は、常に人々の利益よりも重要であるため、常に私たちの最大の関心を念頭に置いているわけではないため、消費者に情報を提供し、自分自身と家族に最適な決定を下すのは私たち次第です。


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2019/11/2000-untested-chemicals-found-in.html

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

 

太平洋ゴミベルト、巨大浮遊洗浄機械で海洋のプラスチック汚染洗浄


 浮遊プラスチックなどが北大西洋循環の海流の影響により、世界中の海域に存在し、海洋の深刻な環境問題として取り上げられている。海洋汚染海域では巨大な浮遊機械の太平洋ゴミベルトで洗浄が始まりました。しかし、一番の問題は、プラスチック汚染の原因である、プラスチック産業製品の製造を禁止した方が良いのではないか?亜麻などの自然交替物質はある。日本でも海岸地帯に住んでいると、台風、嵐で海が荒れるごとに、岸に大量の海のゴミが打ち上げられ、海の汚染がとても深刻であるのが分かります。



エリアス・マラット

2019103

TheMindUnleashed Webサイトから

出典:Bibliotecapleyades

98004C12-E55F-4A65-8B40-11C836B675A6

歴史的な最初に、

巨大な浮遊機械が

海からプラスチックをきれいにするように設計され

ゴミを集めています

太平洋ゴミベルト


歴史的な最初の例で、海洋からプラスチックをきれいにするために保護主義者によって設計された大規模な浮遊装置が、巨大太平洋ゴミベルト(グレートパシフィックガベージパッチ)からゴミを収集することに成功した。


25歳のオランダ人の発明家でエンジニアのボヤン・スラットによって発明されたこの機械は、下のゴミを閉じ込める巨大なスカートを保持するコルクフロートの巨大なラインで構成されています。


水曜日に、海洋洗浄船(オーシャンクリーンアップ)は、このシステムが目に見えるプラスチックの破片から「ゴーストネット」として知られる大きな放棄された漁具、さらには1ミリという小さなマイクロプラスチックに至るまで、ゴミを捕捉して保持できると発表しました。

076915D4-729F-4509-ACF4-B12AB9E6E678

声明で、スラットは言った:


「許されない環境で、7年前にこの旅を始めてから、この最初のテストは、私たちのビジョンが達成可能であり、数十年にわたって蓄積してきたプラスチックゴミを海から取り除く使命の始まりであることを強く示しています。 私たちの視界内にあります。


私たちのチームは、この時点に到達するために計り知れない技術的課題を解決する決意を堅持しています。


まだまだやるべきことがありますが、チームの使命への深い関与と献身に永遠に感謝しており、次の開発段階の継続を楽しみにしています。」


83019AE3-3E41-4A80-960D-74B30B5ED05A

https://twitter.com/TheOceanCleanup/status/1179430600337428482


6月にバンクーバーから開始された海洋洗浄プロジェクトのハイテクシステム001 / Bには、次のようなさまざまなデバイスが装備されています。

太陽光発電ライト

センサー

カメラ

衛星アンテナ、

...これにより、海洋洗浄機械はGPSを使用してタブを保持しながら、専用のサポート船を使用して、閉じ込められたプラスチックを数か月ごとに収集してから乾燥した土地に戻します。




システム001 / Bは海岸線をシミュレートし、海の力を使用して、ベルト内で渦巻くと推定される無数のプラスチック破片を捕獲します。


海洋生物は巨大なブームの周りを安全に泳ぐことができ、システムを追跡した海洋生物学者によると、システムの展開による環境への悪影響はありません。


スラットはツイートで、システムは支援船とともに乗組員の変更のために現在港に移動中であり、1017日(2019年)にゴミの収集を再開すると述べた。


https://twitter.com/BoyanSlat/status/1179836477104099328


1997年、海洋研究者のチャールズJ.ムーアは、巨大海洋ゴミベルトを発見しました。このベルトは、現在、世界の海洋でプラスチックの最大の蓄積ゾーンとして拡大しています。


数年後、彼はCBSニュースに、プラスチックは世界中の環境破壊の主な原因であると語り、


「人類のプラスチックの足跡は、おそらくカーボンの足跡よりも危険です。」


近年、専門家と環境保護論者は、世界の海洋と水供給を浸水させ、発ガン性毒素と化学物質を海洋環境に浸出させるプラスチックとマイクロプラスチックについて警鐘を鳴らしています...


その間、漁師が使用するプラスチック製の飲料容器やゴミは、鳥や魚などの海洋野生生物を閉じ込め、最終的には殺している。


プラスチック汚染非常に大きな割合に達しており、国連によれば、現在では推定1億トンが世界の海洋で発見されており、観光や漁業などの産業を破壊しつつ、あらゆるレベルの食物連鎖に組み込まれています。


海洋のプラスチック廃棄物の8090%は、陸上の発生源から発生しています。


そして、スイスのダボスで開催された2016年の世界経済フォーラムで2050年までに準備された報告書(The New Plastics Economy-Rethinking the Future of Plastics)によると、2050年までに海洋のプラスチック廃棄物はすべての魚を上回ると推定されています。
0952D094-D325-47ED-B759-0C8C236661FC
 


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2019/11/a-giant-floating-machine-is-cleaning-up.html

関連記事

廃棄子供達は未来の海洋に気づく : 衝撃的なビデオ


物減少のための6つのエコロジー解決


子供達は未来の海洋に気づく : 衝撃的なビデオ


環境ニュース:福島の進行中大災害、ロシアの核爆発、マイクロプラスチック汚染

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

 

ギャラリー
  • ジェノサイドの後:文明を再建するのに十分なワクチン生存者がいるだろうか。
  • 神様ですか?」ロン·ジャイルズ著-9.18.21
  • 「プレイヤードがあなたに話そうとしていることを信じないでしょう」真実を通して大明に潜む大きな闇はあなたの人生を変えることができる
  • 「プレイヤードがあなたに話そうとしていることを信じないでしょう」真実を通して大明に潜む大きな闇はあなたの人生を変えることができる
  • 緊急!ラ·パルマの噴火で東海岸で100メートル津波が発生する可能性がある!9-19=21
  • 緊急!ラ·パルマの噴火で東海岸で100メートル津波が発生する可能性がある!9-19=21
  • GCRによる共和国の復元:2021年9月20日現在のアップデート
  • デルタフォースがチェルシー·クリントンを逮捕
  • デルタフォースがチェルシー·クリントンを逮捕
カテゴリー
  • ライブドアブログ