バチカン市国

インテルとホワイトハウスと議会の逮捕

F56A87A9-EF73-4F50-B106-D5A2EBB14567
Rumor Mill News |
エド氏

202128日月曜日

インテルとホワイトハウスと議会の逮捕(ビデオ)

ストーニー・ストーン

202123

124日から25日まで、ワシントンDCのホワイトハウスで一晩中、ホワイトハウスの職員と議会の人々が逮捕されました。

彼らはホワイトハウスの下の地下トンネルを通って導かれた。

トンネルで始まり、トンネルの外にまで広がったディープステートの抵抗を表す目撃者が聞いた銃撃戦がありました。

223日の火曜日から水曜日の夜、国会議事堂への点滅灯をつけたパトカーと軍用バスには、米連邦保安官、州兵、JAG(裁判官)軍の弁護士が3人のチームで含まれていました。 (軍の弁護士、助手、そして助っ人に行く)

彼らは、裏切り者であり、不正選挙に関与した議会の人々を逮捕し、尋問し、起訴するために国会議事堂に行きました。

軍事弁護士は、逮捕された人々の軍事法廷のためのものです。

軍は、他のディープステートエリート(政治家や官僚)に誰がすでに逮捕されているかを知られたくないので、逮捕をまだ公表していません。

また、50の州都と400以上の都市部で、アンティファ/ BLMの暴力によるディープステートの報復を最小限に抑えることについて、国民にまだ知られたくないのです。 

アンドリュー・空軍基地(Andrews AF Base)は、今後非常に忙しくなります。

GITMO(グアンタナモ基地、キューバ)10,000人以上のディープステートカバールのエリートでいっぱいです。

現在、GITMO2DCのエリアでフェンスで囲まれています。

ワシントンDCは、バチカン市国、ロンドン市、およびデープステーツの銀行によって運営されている、外国が所有および管理する都市/州です。

https://youtu.be/YQ2WXPUZpE4 



https://operationdisclosure.blogspot.com/2021/02/intel-and-arrests-of-white-house-and.html

ワシントンDCの軍事占領|| シエラ(NZ)

坂本花子

121

以下の記事は、なぜ、選挙を盗んだジョー・バイデンの偽大統領就任式に、コロンビア特別区には65,000100,000人の軍隊がアンチ・ミサイルなどを配備しながらいるかということが説明できます。ワシントンDCはローマにあるバチカン市国,ロンドンの中心にあるシテイと呼ばれるロンドン地区(イギリス領ではない独立したカバルの領土)と同じくアメリカ合衆国から独立したカバルの領土です。ワシントンDCをアメリカに取り戻すための軍事占領であると言う説明で納得がいきます。ワシントンDCはイリュミナティ・カバルのアメリカ植民地の首都であり、メキシコとカナダ国境にいる中国共産党の赤軍はそれを守るイリュミナティ/カバル軍であるということです。



ワシントンDCの軍事占領|| シエラ(NZ


開示作戦(Operation Disclosure)| シエラ(NZ

2021120

MelKは非常に説得力のある理論を提示します。

彼女は、コロンビア特別区/ワシントンDCで展開しているのは、国内外の敵の軍事占領であると信じています。これは、キュー・ドロップで概説されています。

特に12'50 "からのビデオを見る...

https://www.youtube.com/watch?v=xvnX4PYHbDI


問題のキュー・ドロップは、アノンが常に3つの日付(113114116)であると信じていたものを特徴としています。

Mel K(および他のAnons)は、これらが国防総省の「戦時国際法」マニュアルの記事番号であると考えています。 これらの記事は、軍隊が外国の力を占めることができる状況に関係しています。 この場合、外国勢力はコロンビア特別区です。

コロンビア特別区はアメリカの一部ではないことを覚えておくことが重要です。 これは、ロスチャイルド銀行家と中国共産党が「所有する」民間企業です。 他の2つのデープステーツ地区は、バチカン市国とロンドン地区(市ではありません)です。

メルは、コロンビア特別区の軍事占領がホワイトハウスの政府の存続を支援していると信じています。言い換えれば、トランプ大統領は立ち去り、逮捕が行われている間、軍が引き継ぐことを許可します。メルは、軍隊と並んで管理しているのはFEMA(連邦緊急事態管理庁)であると信じています。

現在、コロンビア特別区には65,000100,000人の軍隊がいると推定されています。概観すると、その膨大な数の軍隊が10平方マイルの小さな領域を占めています。驚異的です。

メルが言うように、「これは人類にこれまでに知られている最大の軍事作戦です」。

メルは私たちに私たち自身の研究をするように促します-それについて彼女の言葉を受け入れるだけではありません。しかし、私は彼女の理論の信頼性を証明することができます。キューはそれを完全にドロップバックします。 「未来は過去を証明する」。

明日、変化した世界に目覚める可能性が高いです。明日でなければ、すぐに。

あなたの光を明るく輝かせてください!

世界は、これから数日から数週間であなたの光を必要とすることはありません。

私たちが行くところ私たちはすべて行く。


愛と光

シエラ(NZ


https://operationdisclosure.blogspot.com/2021/01/military-occupation-of-washington-dc.html

ギャラリー
  • ウクライナは核の脅威を作る
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
カテゴリー
  • ライブドアブログ