台風19の正体について先日は「台風19号は人工台風だった」という記事を出しましたが、それはさらにベンジャミン・フルフォードレポートでもっと明確に「台風19号は気象戦争か」と書いています。


さらに水害で大被害を出した洪水被害の多くはいくつかのダムが水門を開いたため、意図的な妨害行為の結果であったようです。 Stuxnet


ベンジャミン氏はこの気象戦争はイスラエルのネタニアフが米国と日本に対して使用したと書いています。以下はベンジャミン・フルフォードの今週の地政治学的リポートの抜粋です。


(抜粋)

ネタニヤフは現在、米軍の保護と引き換えに福島と彼のシオニストのボスのようなものについて証言する司法取引を交渉しようとしている、とペンタゴンの情報筋は言う 


一方、シオニストは、空の核の脅威を作ることに加えて(サムソンの選択肢が中立化されたため)、日米に対する気象戦争を使用してきました 


日本は1012日に、飽和状態の日本のメディアによる脅迫キャンペーンでカテゴリー5の台風として宣伝されました。 この日本の気象衛星のスクリーンショットを見ると、台風の左側に不自然なグリッドパターンがあり、これは気象戦争の明確な兆候です。 


987E994E-86F6-46F9-8F38-93793FA9B383


しかし、結局、「台風」は激しい暴風雨に過ぎないことが判明しました。 報道機関で報告された洪水被害の多くは、いくつかのダムが水門を開いたため、意図的な妨害行為の結果であったようです。 Stuxnet)東京でマグニチュード5.7の地震の報道もありましたが、私も東京で知っている誰もそれを感じませんでした。「日本はディープステートに屈するべきではなく、歴史の右側にいるべきだ」とペンタゴンの情報筋は言う。彼らは、ギャングにリンクされた裏切り者の安倍晋三を逮捕するために軍の警察を派遣することによって助けることができます。


米国では、中西部のコーンベルトが「前例のない」吹雪に見舞われました。 通常、収穫の75%が今までに取り込まれていましたが、「前例のない」春の洪水は植え付けを遅らせました。つまり、雪が降る前に収穫の22%しか取り込まれていません。 


一方、カリフォルニアは放火、送電網の意図的な停止、およびその他の混乱に見舞われました。 それが、米軍がその不正国家を一時的に支配することを計画している理由です。 カリフォルニアに侵攻すると、GooglePayPalFacebookなどの破壊的なカバル・テクノロジー企業を国有化することにもなります。


続きは  1014日のベンジャミン・フルフォードの「歴史の変化が展開する」で。

関連記事:ベンジャミン・フルフォードレポート:1014(黄色いベストと日本・世界改革の1019日の記事)



https://operationdisclosure1.blogspot.com/2019/10/benjamin-fulford-report-historic.html


タグ :台風19,気象戦争,ダム,福島,


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村