坂本花子

2020 614

8B4D5514-7C87-4485-8B38-6C712660860A

地方のお店はコロナウイルスのロックダウンで、客が少なく閑古鳥が鳴いています。生活費に困る人々が沢山いるようです。フランスの「Courrier International (クリエ・アンテルナシオナル)」新聞では「日本では、コロナウイルス中、自殺者の数は減ったが、「SOS自殺」には職を失って生活が困難になり、死にたい、と言う電話がたくさんかかって来たことで有名になっています。日本も刺激チエックを一度日本人に送ったようですが、米国ではもう数回目のようです。以下の記事で再度の刺激チエックをアメリカ市民に送付することや、ベーシック・インカムまでも検討してているようです。日本では?


一度きりの刺激チエック(10万円)では生活は無理です。トランプ大統領はこの度はホームレスの人々のために大きな予算額の支給を決めました。大企業より中小企業(外資系で名前だけが日本企業ではなく、本当の地産地消の日本の企業に)と特に家庭や困難に陥っている人々の救済に日本も心掛けて欲しいものです。
また、日本に定期的に在住している外国人には日本人のように支給があり、人類としての連帯で当然で良いことですが、この度のコロナウイルスで飛行便が皆無状態で日本にブロックされ、観光ビザ3ヶ月の延長が許されましたが、これらの方々の経済的救済は皆無状態です。むしろ、ビザ延長手続きで5千円取られます。疑問に思います。
 

C59360A5-6262-410C-BBEC-6CAE91ECCAD8

2回目のコロナウイルス刺激チェックが行われる可能性があります。 獲得できる金額は次のとおりです


ミーガン・ヘニー、フォックス・ビジネス

2020612


今週初め、スティーブン・ムヌチン財務長官は、トランプ政権がコロナウイルスのパンデミックとそれに関連する経済的封鎖によって引き起こされた経済的苦痛を相殺するために、刺激的なチェックの別のラウンドを、アメリカ人に送ることを検討していると提案した。


ムヌチン氏は水曜日、中小企業と起業家精神に関する上院委員会の前で証言しながら、「経済を刺激するためにより多くの直接資金を投入したいかどうかを真剣に検討するつもりだ」と述べた。


ホワイトハウスが探求している具体的な政策は不明ですが、民主党と共和党の両方から、かなりの数のアメリカ人の手に直接お金を届かせるという提案がいくつかあります。


そのようなパッケージの1つである5月に下院民主党によって可決された3兆ドルの英雄法は、アメリカの成人と子供に1,200ドルの小切手をもう一度送り、政府の援助を受ける資格のある人々の数を増やします。 CARES法に対する批判の1つは、収入が75,000ドル未満のアメリカ人に最大1,200ドルを送金したことですが、これには10代以上や大学生は含まれていませんでした。


しかし、英雄法は、それらの個人を含むようにお金の範囲を広げています。支払いの上限は世帯あたり6,000ドルです。


英雄法を通じて受け取る金額を確認するには、Omniが提供するこのオンライン計算機を使用できます。


一部の民主党は、刺激策へのより積極的なアプローチを提案しています。 5月の初めに、D-Califのカマラハリス上院議員、I-Vt。のバーニー・サンダース、およびD-マサチューセッツ州のエド・マーキーは、ウイルスの衰退が始まる前まで、元民主党大統領候補のアンドリューヤンが擁護した普遍的な基本収入への同意で、ほとんどのアメリカ人に毎月2,000ドルを支払うという法案を発表しました。


4月中旬に提案された下院の法案と同様に、上院議員は120,000ドル未満を稼ぐすべてのアメリカ人に2,000ドルの現金支払いを要求しました。夫婦の場合は4,000ドルに拡大され、3歳までの子供1人あたり2,000ドルが追加されます。つまり、3人の子供を持つ家族は、理論的には月額10,000ドルを受け取ることができます。


一方、共和党員は、失業中のアメリカ人が仕事に復帰するための職場復帰ボーナスを売り込んだ。


大恐慌以来見られなかった、コロナウイルスによって引き起こされた経済的閉鎖の結果、4400万人以上のアメリカ人が仕事を失いました。しかし共和党は、週に600ドルの追加の失業手当が実際に一部の労働者が仕事に戻るのを思いとどまらせていることに懸念を表明しています。甘味料は6月末に期限切れになる予定です。


テキサス州下院議員委員会の最高共和党議員であるケビン・ブレイディ下院議員は、失業給付の受給者に、仕事に戻るための一時金として$ 1,200、または週に2回の$ 600を支払う法案を提案しました。


ロブ・ポートマン上院議員からの別の提案、R-オハイオは、賃金に加えて、レイオフしたアメリカ人が仕事に戻るために毎週450ドルを提供するでしょう。どちらの場合も、その資金は731日まで続き、同じ週に600ドルの失業給付が期限切れになります。


職場復帰ボーナスのアイデアは、次の援助パッケージで失業給付を改革することへの支持を表明した一部のホワイトハウスの役人の間でも支持を集めています。


「私たちは仕事に戻ってきたことに対して個人に報酬を与えなければなりません」とホワイトハウスの経済顧問のラリー・カドローは「フォックス&フレンズ」に関する最近のインタビューの間に言った。 「ある種の再雇用ボーナスがあるだろう。我々は600ドルに行くつもりはない。それは仕事を阻害するものだ。」


しかし、2回目の現金小切手を切望するアメリカ人は、しばらく待つ必要があるかもしれません。


ホワイトハウスの当局者たちは、少なくとも7月の初めまでは、さらなる救済措置を通過させるつもりはないと述べています。上院は2週間の夏休みから720日まで戻る予定はないので、4回目の援助がそれまでに通過する可能性は低い。


これまでのところ、議会はウイルスの発生による経済的苦痛を鈍くするために合計3兆ドル近くに及ぶ3つの大規模な刺激策を通過させ、膨れ上がっている赤字について一部の共和党員の間で懸念を提起しました。


3月末に法律で署名された2.2兆ドルのCARES法からのお金は、経済全体にまだ流れています。


中小企業に最大1000万ドルまでの許しがたい融資を提供する基金であるPaycheck 給与保護プログラムには1,300億ドルが残っています。 ハウス歳入委員会が発表した最近のデータによると、推定1,500万人が内国歳入庁から最大$ 1,200の支払いを受けるのを待っています。


出典:Yahoo


http://hanakosakamoto33.blog.jp/