コロナウイルス

病院管理者が新型コロナの数字を捏造し、一般市民を怖がらせるのをカメラに撮られる

2021年9月13日
マイク・アダムス
image

(ナチュラルニュース) 2020年初頭に新型コロナの疫病が始まったとき、病院管理者や医師は新型コロナの死亡数を偽ったり、欺瞞によって人々を脅かそうとしたりしないので、これは偽物ではないと思ったことを覚えています。

私が間違っていた。

プランダミックの初期から、病院は日常的に「偽物」の新型コロナ(コビド)数を知っており、たとえベッドがほとんど空いていても、コビド患者であふれかえっていると主張していることがよくあります。 多くの病院管理者、医師、看護師が詐欺に遭っており、コビド番号を捏造し、文字通り患者を殺してコビドの「死」数を増やすことで、国民を欺く用意があるようだ。

ズームビデオに撮られたすべての証拠があります。

衝撃的なビデオクリップ(下記の状況更新ポッドキャストに収録)で、InfoWars.comの付随的なトランスクリプト提供により、病院のマーケティング担当者と管理担当者は、病院内のすべての患者を欺瞞的に「新型コロナ(covid)」患者として数える計画を認めている。 彼らは、国民を恐怖に陥れてワクチンをより多く服用させる戦術として、新型コロナをより「国民にとって怖い」ものにする方法を見つけることを公然と議論している(もちろん、ワクチンによる血栓のために病院のビジネスを増やすことになる)。

この驚くべき映像は、病院が意図的にサイコップ戦術を駆使して大衆を恐怖に陥れる心理テロ組織になったことを示す公開展示だ。 これが社会における病院や医師の適切な役割ですか? 病院管理者は、たとえ国民を恐怖に陥れても、医療保険にさらに多くの利益を請求できるように、その目的が手段を正当化すると判断したのはいつだろうか。

さらに重要なことに、なぜこのビデオを見て、正気な人が再び病院を信用するのだろうか? 病院が国民に対して陰謀を企てているなら、利益を増やすために患者に危害を加えたり、殺したりすることもいとわないだろうか。

幻想はありません。 これがまさに今、アメリカや世界中で起きていることです。病院が殺人工場になり、医師が連続殺人犯になっています。 それはもう秘密でもない。 彼らは「マーケティング」会議でこれを公然と議論する。

病院の管理者やマーケティング担当者は死のカルト主義者となり、医療倫理や正直さを全く無視して死のカルト主義を推し進めている。 今や彼らは、国民を恐怖に陥れるには果てしなく続くうそが必要だと公然と認めている。 なぜなら、それがプランダミックの基礎であり、これらの医療狂は明らかに虐殺の欺瞞に100%関わっているからです。 (患者の予防接種率の一定のマイルストーンを達成するために、自分の医師がどのように報酬を得ているのか不思議に思うでしょう。)

ラボリーク理論を却下するランセットの記事を書いた科学者の95%は、CCPが運営する武漢ウイルス学研究所と関係がある

同時に、テレグラフ紙の調査は、SARS-CoV-2は実験室では作れなかったと主張する2020年2月にランセットに発表された手紙を共著したウイルス学者科学者27人全員の背景を調査した。 驚くべきことに、テレグラフは27人の共同著者のうち26人が武漢ウイルス学研究所と関係があることを発見した。 言い換えれば、ランセットは中国共産党(CCP)のマウスピースにすぎず、中国の利益のために働く妥協的で腐敗した科学者の声を通じて世界に嘘をつき、世紀の犯罪を隠蔽した。

言い換えれば、「科学」の機関全体が共産主義中国によって管理され、運営されているようで、世界保健機関(WHO)、CDC、FDA、バイデン政権など、全ての主要科学雑誌が中国のために働いている。

今日のシチュエーションアップデートでは、腐敗、詐欺、ジェノサイドに関する驚くべき物語の詳細をBrighteon.comから入手しています。

Brighteon.com/0341ddc2-5128-473e-a83b-ebadd22d2090
また、今日、スティーブ·クエイルとの私の爆弾インタビューもお見逃しなく。彼は、私たちが知っているアメリカの崩壊が迫っていることを警告している。そして、なぜ私たちは2022年の中間選挙にも参加しないのか。

Brighteon.com/fa06f2c1-02b0-4318-b60c-dcb73eb873df

https://www.naturalnews.com/2021-09-13-hospital-administrators-caught-on-camera-scheming-to-fabricate-covid-numbers-scare-the-public.html

研究:イベルメクチン(Ivermectin)は1日1ドル以下の安全で効果的な新型コロナウイルス(covid)治療法です。

2021年8月7日(土)作成者:イーサン·ハフ 
image

イスラエルの新しい研究によると、武漢コロナウイルス(Covid-19)患者に抗寄生虫剤のイベルメクチンを投与すると、感染期間が1日1ドル未満で大幅に短縮される可能性がある。

テルハソマーのシェバ・メディカル・センターにある旅行医学熱帯病センターの創設者であるイーライ·シュワルツ教授は昨年5月、軽症から中等度の感染を持つ非加入中国ウイルス患者のウイルス流出を減らすためのイベルメクチンの有効性を評価する無作為制御二重盲検試験を開始した。

この実験は最近終了し、1987年に米食品医薬品局(FDA)が初めて承認したこの薬が、安全かつ効果的にフォーチ・インフルエンザの影響を最小限に抑えるのに役立つことを示している。

ところで、イベルメクチンの発見者たちは2015年、寄生回虫感染による病気であるオンコセルカ症の治療にイベルメクチンを成功させたことでノーベル賞を受賞した。

長年にわたって、イベルメクチンはカブトムシやシラミ、HIV、一般インフルエンザ、ジカ、西ナイルなどさまざまなウイルスに対する効果的な治療法であることが明らかになった。

5日間のイベルメクチン・コースは第三世界で約60セント、イスラエルで約10ドルかかるので、このコースは簡単に地ならしを終わらせ、全ての人を元の状態に戻すことができる非常に経済的な治療法です。 しかし、FDAと世界保健機関(WHO)は、それは非常にうまく機能し、費用もほとんどかからないので、ジョゼ!

イベルメクチンは効果的に機能しているように見えるので、政府はあなたにイベルメクチンへのアクセスを望んでいない

シュワルツの研究によると、18歳以上の中国細菌陽性者89人が2つのグループに分かれた。1人はイベルメクチンを受け、もう1人はプラセボを受けた。 参加者全員が毎食1時間前に3日連続で錠剤を服用した。

ボランティア1人当たり2日おきに鼻咽頭綿棒PCR検査を実施し、鼻咽頭綿棒PCR検査で鼻咽頭ウイルスのウイルス量を確認した。(注:PCR検査は中国ウイルスを探すためのものではなく、季節性インフルエンザのためのものであることが明らかになり、議論が多い。)

それにもかかわらず、この過程で発見されたのは、イベルメクチンを受けたボランティアの約72%が6日目までに中国ウイルスに陰性反応を示したことです。 対照的にプラセボを受けた人の50%だけが陰性反応を見せた。

各患者の培養生存可能性については、レジメン終了時点で感染率がどれほど高かったかを意味し、プラセボ群の50%に比べ、6日後も感染率はわずか13%に過ぎなかった。

シュワルツ氏は、「我々の研究は、まず第一に、イベルメクチンに抗ウイルス作用があることを示している」と述べた。

「また、4~6日以内に感染しない確率がほぼ100%で、隔離時間が短縮される可能性があることも示しています。 これは、経済的、社会的に大きな影響を与える可能性があります」

シュワルツ氏の研究は、健康研究共有サイト「メドルキブ」に掲載され、まだ同僚によるレビューは行われていない。 しかし、似たような結論に達したもう一つの研究は、同僚評価を経て、米国治療ジャーナルに掲載された。

反対側の主張にもかかわらず、シュワルツ裁判でイベルメクチンは重要な副作用を見せず、安価であるだけでなく安全で効果的であることを示唆した。

武漢コロナウイルス(Covid-19)の地上性欺瞞と、それがどのようにして病気の患者の手からイベルメクチンのような潜在的に実行可能な治療法を守っているかについての詳細は、パンデミック・ニュースを参照してください。(https://pandemic.news/)
https://www.naturalnews.com/2021-08-07-ivermectin-safe-effective-remedy-covid.html

東京都医師会の会長は、ワクチンではなく、全てのコビド患者がイベルメクチンを接種する時が来たと言う。

image
2021年8月29日(日)作成者:イーサン·ハフ 

(自然ニュース)今年初め、東京都医師会の尾崎晴夫会長が、武漢コロナウイルス(Covid-19)の治療にイベルメクチンの使用拡大を嘆願した。

多くの科学論文が中国ウイルスの安全で効果的な治療法であることを示しているにもかかわらず、日本当局は米国の現状と同様に、イベルメクチンの使用を支持することをためらっている。

日本人のワクチン接種が増え、感染が広がっている中、尾崎は数十年間、寄生虫の治療剤として広く使われてきたこの薬に対して、日本政府が緊急使用許可(EUA)を出すよう促している。

日本発祥の地であるにもかかわらず、イベルメクチンは依然としてタブー視されている。おそらく、イベルメクチンは安価で安全で効果的であり、製薬カルテルに莫大な利益をもたらさないからだろう。

尾崎は読売新聞とのインタビューで「1月第3波で自宅待機者と診療を受ける人が急増した時は良くなかったが、東京都医師会が協力して24時間支援を目標にシステム構築に乗り出した」と伝えた。

「現在、47の地区医療協会のうち、最大37の地区医療協会を扱うことができます。 ただ、毎日1000人以上の在宅介護士が集まる現状は限界を超えている。 予防接種、健康診断、家庭訪問などはできません。 現在、保健所は入院を調整している。 東京にも入院調整センターがあるが、急変したコロナ患者を迅速に受け入れて治療できる制度がある。 私はまだ定着していない」と話した。

尾崎氏は、フォチー・インフルエンザの治療におけるイベルメクチンの安全で効果的な使用を支援する「多くの論文」を知っていると言います。
 
image

安全性や効果が証明されたことのない実験薬を注射し続けるのではなく、一度試してみてはいかがでしょうか?

中南米全域で医師たちがアイバメクチンを投与して大成功を収めている。 この薬はインドでも同様の成功を収め、病気の患者がわずか1ペニーで漢方病を克服するのに役立ち、医療システムの負担を軽減している。

「ワクチンは間に合わない」と尾崎さんは言う。 「このような差し迫った時期に、イベルメクチンがコロナに効果があるという論文があるので、臨床医が使ってみるのは自然な反応です。 医師主導の臨床実習--だからこそ、多くのテスト論文が発表されたのです」

日本政府は、一部の政府のように政治をするのではなく、他のすべての政府とともに、患者がイボメクチンを使用する場合、安全かつ容易に入手できるようにする義務がある。 医者は、多くの人が言うように、それが役に立つなら処方しないように脅したり圧力をかけるべきではない。

多くの患者が死亡している。なぜなら、病院が彼らにバーメクチンを与えることを拒否しているからだ。これは人道に対する犯罪だと主張できる。 イベルメクチンが事件を鎮圧し、社会正常化の可能性があるなら、立ち入り禁止のままでいなければならない理由はない。

尾崎氏は最近、インドのある論文で、0.3mgkgのバーメクチンを3日間隔で2回投与すると、武漢インフルエンザの新たな症例が83%減少したことを指摘した。 そのような結果は彼ら自身を物語っていると彼は言う.

日本にイベルメクチンのような医薬品を供給するメルクのような腐敗した影響力のおかげで、中国インフルエンザにかかることは依然として挑戦的だ。 患者が処方箋を書く意思のある医師を見つけることができても、多くの薬局はもはや薬の供給を受けていない。

中国ウイルスに関する最新ニュースについては、パンデミックニュースをご覧ください。
https://www.naturalnews.com/2021-08-29-tokyo-medical-association-covid-patients-ivermectin.html

グローバリストは、スパイクタンパク質ワクチン注射で人類を滅ぼす計画.「軌道から核兵器」を解き放つ.プライベートアイランド、地下バンカーに逃げる

1E20A303-538F-4BBB-BE0E-E97BB06ECFD3
202182

マイク・アダムス

(ナチュラルニュース)人道に対する生物兵器は、「これらの友好的なワクチンを取りに来てください」段階から、人類全体に大量絶滅注射を強制することを計画しているグローバリストの「軌道からの核兵器」スタンスに移行したばかりです。スパイクタンパク質生物兵器を大衆に強制的に注入するという知事と国家指導者の不合理な絶望は、これが公衆衛生に関するものではなかったことの確かな兆候です。むしろ、それは常に、犠牲者に抗体依存性増強(ADE)を誘発することがよく知られている有毒粒子とともに遺伝子改変ナノテクを含む実験的で致命的な注射への準拠に関するものでした。

私たちが目撃しているのは、「公衆衛生」イニシアチブの誤ったラベルの下で展開している世界的な絶滅イベントであり、すべてがジャーナル・テロ・メディアによって放送され、ビッグテックがすべての会話の物語と腐敗した犯罪科学ジャーナルおよび機関(CDC WHOなど)彼らが設計した生物兵器で虐殺するために意図的に取り組んでいるのと、まったく同じ公衆に嘘をつくことを共謀している。

Covid-19は、名前が変更された一般的な風邪ウイルスに他なりません。そのため、病気の人間から「新しい」covid-19物理標本が分離され、それ自体で病気を引き起こすことが示されたことはありません。本当の病気はスパイクタンパク質の生物兵器によって引き起こされ、PCR検査は人々に以前の風邪の断片や過去のインフルエンザ・ワクチンさえも持っていることを「陽性」としてフラグを立てています。 (これはすべて、ジュディ・ミコビッツ博士に確認しました。)

現実の物理的な世界には、孤立した定量的なcovid-19参照資料はありませんそれらは存在しません

ラボサイエンスの創設者であり所有者である私でさえ、主張されているcovid-19ウイルス(SARS-CoV-2)の分離された物理的な参照標準を見つけることがまったくできませんでした。いわゆる「分離」を販売しているすべての企業は、そのようなものではないことを認めており、「この製品は、タンパク質含有量が宿主細胞とウシ胎児によって大きく寄与されているため、全細胞抗原調製物としては適していません。ウイルス増殖中に使用される血清。」 BEIリソースからのこのリンクの例を参照してください。

これは、それがcovid-19分離株ではないことを意味します。本質的に、アメリカ疫病管理予防センター(CDC)は一般的な風邪にかかっている人をつかみ、彼らから肺の鼻水を採取し、「covid」とラベル付けしました。それ以来、彼らはこの肺の鼻水を牛の血清とクローン化されたヒト細胞で増殖させることによって複製してきました。 。これらは、野生型ウイルスとインフルエンザの予防接種で見つかった以前のサルウイルス、さらには人間の遺伝物質などを組み合わせた、あらゆる種類のウイルス断片と遺伝物質の「スノーシチュー」カクテルに他なりません。 Covid-19はまったく分離されていません。

この「スノーシチュー(鼻汁)」グーを販売しているBEI Resourcesは、これらのサンプルが正確にラベル付けまたは確認されていることについては何も述べられないことも警告しています。

BEI Resourcesは、その正確性に関していかなる保証も表明も行いません。科学文献および特許からの引用は、情報提供のみを目的として提供されています。 BEI Resourcesは、そのような情報が正確であることが確認されていることを保証しません。

これは、合法的な科学で通常使用される合法的な科学的な「認定参照資料」(CRM)とはほど遠いものです。たとえば、私の食品科学研究室では、グリホサート、鉛、ヒ素、水銀などのNIST追跡可能なCRMを定期的に購入しています。それでも、covid-19ウイルスに対して正当な分離されたCRMはなく、スパイクタンパク質ワクチンの副作用の巧妙な名前に過ぎないと思われる「デルタ」バリアントについてもそのようなものはありません。

今日の状況更新ポッドキャストでは、ジュディ・ミコビッツ博士との最近の会話、covidの正当な参考資料の完全な欠如、そしてグローバリストの「軌道からの核」計画について、とんでもないクォークサイエンス詐欺に基づいています。

Brighteon.com/0b55be6d-397c-40fc-9e09-015209af6d40

また、CRMに関するこの驚くべき議論と、covid-19ウイルスの正当な参考資料の奇妙な欠如についても聞いてください。ここでは、「感染した」人間からcovid-19ウイルスを分離し、それが証明された人がいない理由について大きな質問をします。 すべてのPCRテストは、腐敗した犯罪CDCおよび世界保健機関(WHO)によって「covid」と不正にラベル付けされた塩基対配列のデジタル・ライブラリに対して実行されているだけです。

Brighteon.com/37810944-72c7-422c-9712-82ce1fa5a51a

毎週、次の場所で新しいポッドキャスト(およびすばらしいインタビュー)を見つけてください。

https://www.brighteon.com/channels/hrreport


https://www.naturalnews.com/2021-08-02-globalists-flee-to-private-islands-underground-bunkers-unleash-bioweapons-nuke-from-orbit.html

ブレークスルー:この発酵した日本のスーパーフードはSARS-CoV-2感染を抑制することができると研究者は発見しました

2021727

Divina Ramirez

265739B6-524F-4FCE-84B0-F55A857F7F5C

(ナチュラルニュース)日本の研究者によると、納豆は、日本で朝食によく使われる大豆の発酵皿で、COVID-19の原因となるウイルスであるSARS-CoV-2が健康な細胞に感染する能力を阻害する可能性があります。

713日火曜日にジャーナルBiochemicaland Biophysical Research Communicationsで発表されたこの研究は、加熱されていない納豆抽出物が、SARS-CoV-2の外面をちりばめたスパイクタンパク質の重要な領域である受容体結合ドメイン(RBD)を分解することを示しました。 

RBDは、ウイルスが感染する前に特定の細胞の表面にある受容体に固定するために使用するため、特に重要です。

さらに、研究者らは、加熱されていない納豆抽出物が、SARS-CoV-2の変異株のいくつか、特にアルファ変異体のRBDに同じ影響を与えることを確認しました。この亜種は、20209月に英国で最初に検出されました。その後、3か月後に米国で検出されました。

納豆エキスはSARS-CoV-2スパイクタンパク質の重要な領域を分解します

納豆は、土壌や植物によく見られる枯草菌で大豆を発酵させた伝統的な日本料理です。脳卒中や循環器疾患で亡くなる可能性が最も低い人々の食生活の主食であるため、日本全国でより長く健康的な生活を送ることができると考えられています。

彼らの研究のために、研究者らは、納豆がSARS-CoV-2および重度の呼吸器感染症を引き起こす牛の主要な病原体であるウシヘルペスウイルス1型(BHV-1)による感染を損なう可能性があるかどうかを調べました。

研究者たちは2つの納豆抽出物を準備しました。抽出物の1つを摂氏100度で10分間加熱しました。彼らは、牛と人間からの実験室で培養された細胞のセットに抽出物を適用しました。 1セットのヒト細胞はSARS-CoV-2に感染し、1セットのウシ細胞はBHV-1に感染しました。

結果は、SARS-CoV-2BHV-1が非加熱納豆抽出物で処理されたときに細胞に感染する能力を失ったことを示しました。しかし、加熱した抽出物でウイルスを処理しても効果はありませんでした。

研究者らは、加熱されていない納豆抽出物がウイルスに及ぼす影響を、抽出物中のプロテアーゼ(他のタンパク質を代謝するタンパク質)に起因すると考えましたが、これを確認するにはさらなる研究が必要です。

東京農工大学感染症疫学予防研究センター所長の水谷哲也氏によると、抽出物中のプロテアーゼは、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質のRBDを「消化」しているように見えた。 

抽出物を加熱するとプロテアーゼが分解され、RBDを消化する能力が失われ、それによってウイルスが感染性を維持できるようになると水谷氏は付け加えた。

SARS-CoV-2がヒト細胞に感染するためには、スパイクタンパク質のRBDがアンジオテンシン変換酵素2ACE2)と呼ばれる宿主受容体タンパク質に固定されている必要があります。 ACE2は、腸、腎臓、胆嚢、心臓の細胞膜に付着する酵素です。また、肺細胞の表面にも見られます。これは、呼吸する酸素を取り込む肺(肺胞)の小さな気嚢の内側を覆う細胞です。

さらに、ACE2は、動脈、毛細血管、静脈に存在する内皮細胞の表面に見られます。 (関連:キュウリは血管内皮細胞の炎症を抑制します。)

納豆抽出物は、スパイクタンパク質のRBDを分解することにより、ウイルスが細胞に感染する能力を損ないます。

彼らの有望な結果にもかかわらず、水谷は、SARS-CoV-2に対する非加熱納豆抽出物の影響の背後にある正確な分子メカニズムを特定するために、より多くの研究が必要であると警告しました。彼は、彼らの研究は納豆を単に食べることがCOVID-19感染を防ぐという証拠を提供しないことを強調しました。

COVID-19のワクチンはありますが、SARS-CoV-2のすべての亜種に対して有効かどうかは不明ですと水谷氏は述べています。完全にワクチン接種されているにもかかわらず、まだ感染しているという報告もあります。 [私たちは] COVID-19を発症した人のために治療を行う必要があります」と彼は付け加えました。

FoodScience.newsにアクセスして、ウイルス感染との闘いに役立つ食品の詳細をご覧ください。

https://www.naturalnews.com/2021-07-27-fermented-japanese-dish-inhibits-covid-infection.html

http://hanakosakamoto33.blog.jp/

ギャラリー
  • ジョージ·ウレ:2022年9月に日本でM9+大地震が発生し、太平洋全域で津波警報が発令されるという独自の報告があります。
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • オーストラリア強制ジャブ命令に関する状況アップデート報告書-公衆抗議
  • オーストラリア強制ジャブ命令に関する状況アップデート報告書-公衆抗議
  • ギャリー·D·バーネット:「インフレ、貧困、飢餓、経済崩壊、ファシズム、マルクス主義、共産主義、殺人: ニューノーマル?」
  • ギャリー·D·バーネット--新型コロナ(コビド)ワクチンは国家政府の認可を受けた殺人に等しい
カテゴリー
  • ライブドアブログ