クラウス・シュワブ

フルフォードの完全なニュースレター7/12:「ヨーロッパの王族がロスチャイルドを拒絶するので人類のための大きな勝利」

投稿者:MrFusion [メールを送信]

日付:2021715日木曜日13:41:28

www.rumormill.news / 176957

2021712

ヨーロッパの王族がロスチャイルドを拒絶するので、人類のための大きな勝利

ベンジャミン・フルフォード・ウィークリーレポート

MI6P3の情報筋によると、英国王室とP3フリーメーソンの両方がロスチャイルド家とスイスを拠点とするオクタゴン・グループとの宣戦布告を行ったため、最近、舞台裏で大きな進展が見られました。

モサド筋によると、イスラエルで人質にされているユダヤ人の解放も進行中である。 ほこりが落ち着くと、これは国連、IMF、世界銀行、さらには一神教自体の支配階層さえも完全に変えるでしょう。

エリザベス女王が72日にいとこのアンゲラ・ヒトラー(メルケル)に会ったとき、「写真を撮って歴史を作る」ように記者団に言ったのはそのためです、とMI6筋は言います。 彼らは、メルケルの三角形の象徴的な手のサインは、彼女がサクセ・クーボルグ・ゴータ氏族のメンバーであることをインサイダーに示すサインであると説明しています。 https://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Saxe-Coburg_and_Gotha

女王が看板を作ることを拒否したという事実は、英国王室が彼らのドイツのいとこと壊れて、もはや彼らのスイスを拠点とするリーダーシップに従わないことを示した、とMI6は説明します。 https://www.dw.com/en/germanys-angela-merkel-makes-last-official-visit-to-uk-as-it-happened/a-58133003

これは、約200年ぶりに、英国がロスチャイルド家の支配から解放されたことを意味します。それは、ロスチャイルド家がナポレオン戦争の前からサクセ・クーボルグ・ゴータ・ロイヤルズと密接に絡み合っていたからです。ロスチャイルド銀行家の一族の創設者であるマイアー・アムシェル・ロスチャイルドは、サクセ・クーボルグ・ゴータ戦争を支援するためにお金を貸して大きな休憩を取りました。彼の息子ナサニエルは、ナポレオンがワーテルローの戦いに敗れたという知識に基づいて、巧妙なインサイダー取引を通じてイングランド銀行を乗っ取ったことで有名です。

ロスチャイルド家がバビロニアの暴君ハンムラビの子孫であると主張して以来、イングランドは200年ぶりに解放されるかもしれませんが、間もなくユダヤ人は3793年ぶりに解放されるかもしれません。

これは古代の歴史のように思えるかもしれませんが、現在進行中の偽のパンデミックとワクチンキャンペーンに密接に影響しています。

ここにもう少し必要な背景があります。ビクトリア女王の母親はサクセ・クーボルグ・ゴータであり、彼女はこの氏族の別のメンバーである彼女の最初のいとこアルバートと結婚しました。メルケルとエリザベス女王はどちらもビクトリア女王の子孫であり、ヒラリー・クリントンもそうです。

この血統の他の多くのメンバーは、西部全体で権力の座にあります。たとえば、モサドは先週、ダボス世界経済フォーラムの責任者であるクラウス・シュワブがロスチャイルド家の一員であるという証拠を送ってくれました。http://www.juedisches-leben-frankfurt.de/en/home/biographies-and-encounters/biographies-s/family-schwab.html

シュワブは、「大リセット」全体主義的買収計画の支持者であることを忘れないでください。ヒトラーリー・クリントンは、人類を永久に奴隷にするように設計されたワクチンですべての人にワクチン接種しようと戸別訪問している偽の米国バイデン政権の背後にいます。

これらの人々は、教皇フランシスコを排除し、すべての人間にワクチンを接種する必要があると言うゴム製のマスクを着用した詐欺師に置き換えられているので十分強力です。 https://www.reuters.com/world/europe/pope-francis-appears-public-first-time-since-surgery-2021-07-11/?utm_source=reddit.com

しかし、彼らは、主に西側諸国で、地球上の78億人以上の人々の11.9%に完全に予防接種をすることに成功しただけです。これは、権力を維持するために奴隷化ワクチンを使用するというハザールのマフィアの最後の試みが失敗したことを意味します。

アフリカから、リーダーはHIVを忘れておらず、現在のCovid-19生物兵器優生学プログラムを知っているというメッセージを受け取りました。世界保健機関( WHO)に反対した4人の著名な指導者が殺害された後でも、他の指導者は反抗し続けています。

さらに、バチカンの背後にいるP3フリーメーソンは、彼らの「教皇」が詐欺師に取って代わられたことを知ったので、スイスのオクタゴングループよりもさらに強力な同盟を結成しました。

先週送信されたP3の統治機関とBlackSun組織からのメッセージは、彼らが今サポートしていると言っています

ロシア、中国、NATO、および国防総省は、ワクチン接種者に対して新しいニュルンベルク戦争犯罪審判を開始します。国防総省について尋ねられたとき、彼らは「はい、心配しないでください。ファルネーゼ宮。」これらは軍産複合体の管理者です。 MI6は説明します:

「現在、世界は宣戦布告されていない状態にあります。法的および法医学的証拠により、実験的な医療機器が戦争状態で使用されているという事実が立証されています。私たちは、国際法での違法な医療戒厳令に対抗するために、英国軍に軍事戒厳令に軸足を移すよう助言しました。ワクチンに関するニュルンベルク裁判を全面的に支持します。」

ロスチャイルド/ロックフェラー/ハザール・マフィア・グループが世界の中央銀行を支配し、フォーチュン500企業がそれらから奪われることは今や確実です。

まだ決定されていないのは、まさに彼らのルールに取って代わるものです。ただし、次のNesara / Gesaraの提案は、何を期待するかについてのヒントを提供します。

  1. 違法な銀行業務や政府の活動によるクレジットカード、住宅ローン、その他の銀行債務をすべてゼロにする
  2. 所得税を廃止します。
  3. 財務省(IRS)を廃止します。 IRSの従業員は、米国財務省の消費税地域に異動します。
  4. 憲法をすべての裁判所および法的事項に返還する。
  5. 選挙を監視し、特別な利益団体の違法な選挙活動を防止します。
  6. 米国運輸省による動産財産債としてのアメリカの出生証明書記録の販売を禁止します。
  7. 憲法に沿った新しい米国財務省銀行システムの開始
  8. 世界中のすべての攻撃的な米国政府の軍事行動をやめます。
  9. 世界中に平和を確立します。
  10. 人道目的のために莫大な金額を解放します。
  11. 自由エネルギー装置、反重力、音波治療装置など、国家安全保障を装って一般に公開されていない抑制された技術の6,000を超える特許のリリースを可能にします。

アジアの秘密結社筋によると、これらの米国を拠点とする提案は、今年の秋に開始される予定のドラゴンファミリーとの交渉の中心となるだろう。重要な点は、人道目的で解放された数兆ドルが賢明に使用されることを確実にするために、新しい実力主義的で透明性のある組織を設立することです。

いずれにせよ、これらの秘密の交渉はすでに世界に非常に目に見える変化をもたらしました。これは、ハザールのマフィア戦争への支援を公然と終わらせようとしている米軍に特に当てはまります。先週のアフガニスタンからの米軍の突然の撤退は最も明白でした。タリバンは現在、アフガニスタンの85%を支配していると主張している。https://www.forbes.com/sites/siladityaray/2021/07/09/taliban-tells-moscow-it-now-controls-85-of-afghanistan-as-us-troops-prepare-to-exit/ utm_campaign = forbesutm_source = twitterutm_medium = socialutm_term = Gordiesh = 5d51f20b4450

これは氷山の一角にすぎません。

米国は最近、カタールの3つの巨大な物流拠点を解体しました。そこでは、戦車、装甲兵員輸送車、およびその他の機器を保管する27の倉庫が、中東全域の米国の供給のために、またイランとの敵対行為が発生した場合の予備備蓄として、カタールのこの前方ステージングポストに保管されました。これは、彼らがイスラエルに代わってイランとの戦争を行うことをもはや計画していないことを示しています。

サウジアラビアで何らかの体制変更が起こった兆候もあります。たとえば、。元CIA当局者のフィリップ・マッドによると「少なくともCIAFBI、国土安全保障省、ホワイトハウス、国務省、財務省」と直接協力してきた元スパイマスターであるサアド・アル・ジャブリ(Saad Al jabri)の資産は世界的に凍結されています。https://www.france24.com/en/live-news/20210711-us-alarmed-as-saudi-lawsuits-threaten-to-expose-secrets

モサド(Mossad)にリンクされたサイトDebkaは、次のように報告したときに別のヒントを提供しました。

「米国は、湾岸首長国、サウジアラビア、イスラエル間のアブラハム協定に基づいた前任者のドナルド・トランプの政策について中東のページをめくる計画の一環として、ヨルダンとエジプトとの関係を意図的に温めています。」https://www.debka.com/bennetts-trip-to-amman-fits-bidens-plan-for-a-jordan-egypt-israel-axis/

翻訳:イスラエルは湾岸石油国家の支配を失い、現在ヨルダンとエジプトに保護を求めています。

ほぼ確実に関連する開発では、謎の巨大な爆風がアラブ首長国連邦のドバイ市全体で建物を揺さぶった。当初の報告では、石油タンカーが破壊されたとのことで、写真には、市内の大きな商業港であるジュベルアリでの広範囲にわたる制御不能な炎が示されていました。

この炎は、UAEの石油高官が、OPECの石油生産量の削減をめぐって長期的な同盟国であるサウジアラビアとの分裂を発表した翌日に起こった。アラブ首長国連邦は、イスラエルと最も公的に連携した湾岸諸国であったことを忘れないでください。

企業のプロパガンダメディアは、中国へのピボットが原因であるとして、イスラエルに対する米軍の支援の撤回を回転させようとしています。

しかし、現実には、米国では、米国の治安状況の悪化に対処するために軍隊が最も必要とされています。たとえば、アリゾナ州では、投票の再集計を強制する草の根主導のキャンペーンが、再集計の背後にいる人々の子供たちに対して脅威をもたらしていると、アリゾナ州のペンタゴン筋は述べています。

企業のプロパガンダメディアでは、これはアリゾナ上院が偽のバイデン政権を権力の座に保つために3回目の投票の再集計を要求していると報じられています。

市民秩序の崩壊も続いています。これは最近、略奪者がカリフォルニアの白昼にニーマンマーカスデパートを勇敢に攻撃したときに見られました。 https://www.washingtonexaminer.com/news/san-francisco-looters-neiman-marcus-california

その州での万引きが横行しているため、TargetWalgreensなどのチェーン店も閉鎖または営業時間の制限を余儀なくされています。 https://www.fox5ny.com/news/target-walgreens-close-early-due-to-thefts-in-california-stores

特にs

接待客業界では、低賃金の仕事で働くことを拒否するアメリカ人が増えているため、宣言されていないゼネストが起こっています。 https://news.yahoo.com/third-former-hospitality-workers-wont-121242171.html

https://www.zerohedge.com/markets/majority-former-hospitality-workers-refuse-go-back-their-old-jobs

インフレの加速は、米国における政権崩壊のさらに別の兆候です。https//www.zerohedge.com/economics/grocery-stores-are-masking-price-hikes-shrinkflation

https://www.zerohedge.com/personal-finance/americans-see-raging-housing-mania-bad-time-buy-good-time-sell-sentiments-spike

https://www.zerohedge.com/economics/imf-chief-warns-sustained-rise-us-inflation

今年の夏には、食糧と水の不足、停電、犯罪率の高騰、制御不能な山火事などが取り上げられるとの予測が広まっています。https//www.zerohedge.com/commodities/california-power-grid-strained-power-shortfalls-loom

うまくいけば、アメリカ市民によって信頼された最後の機関である米軍は、その重いお尻を脱いで、支配を取り始めるでしょう。 この目的のために、米軍がハザールのマフィアのヘンチマンを逮捕し、ワシントンDCで裁判にかけた後、絞首刑にするか、グアンタナモの刑務所やグリーンランドのスーリー空軍基地に連れて行くのに忙しいという、信頼できる報告が複数寄せられています。 暑い夏が待っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

https://benjaminfulford.net/2021/07/12/great-victory-for-humanity-as-european-royals-reject-rothschilds/


https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?noframes;read=176957 

フランスの将軍がフランスの政府を攻撃するので、米国の将軍は米国政府を攻撃します(2)

パート3

52日(日)午前024

フランスを救うことができた二人の兄弟について

ル・ジョリス・ド・ヴィリエ・ド・サンティニョンの家の頭脳とブラウン

これは、フランスのレジスタンス運動の背後にある頭脳と勇敢さの肖像画です。二人の兄弟の物語。

長老はフィリップ・ド・ヴィリエであり、その最近のde Valeurs Actuelles MagazineCurrent Values)の公開書簡は、おそらく1週間後に20人の将軍の書簡を促しました(書簡の半分は以下に翻訳および添付されています)。彼は頭脳です。彼の業績は多岐にわたり、壮大です。そして、それはイギリスからフランスの領土へのジャンヌ・ダルクのオリジナルのリングの密輸のような小説のようなものを含みます(オークションで購入した後)。

その男は彼自身が物語作家であり、やや50の小説や歴史的論文に適しています。彼はまた、アステリックス・パークやディズニーランドと直接競合する壮大な歴史的テーマパークであるピュイデュフーの背後にいる男でもあります。ここで、ローマの戦い、ナポレオンの戦い、中世の包囲戦などを再現します。もちろん、彼は文化大臣であったことは言うまでもなく、おそらく1回か2回であり、政党政治を数回試みた後、彼自身の党を始めた。おそらく宗社党。ワインはアルコールではなく、遺産と文化であるという引用で最もよく知られています。歴史的な運命を感じさせるカリスマ的で大胆な男。

https://de.wikipedia.org/wiki/Philippe_de_Villiers
18F096A8-90E4-4C02-AD6F-6FB26D0F4348
 
フィリップ・ド・ヴィリエウィキペディア

フィリップ・ド・ヴィリエ(* *1949325BoulogneVDepartmentofVendée; フィリップ・マリー・ジャン・ジョセフ・ジョセフ・ル・ジョリス・ド・ヴィリエ・ド・サンティニョン・テインは、フランスのフランス政治家および広報担当者でした。)

年下はピエール・ド・ヴィリエであり、彼はフランス陸軍で最も尊敬され、最も装飾された将軍であるため、マルコンの王位の主なライバルである可能性が非常に高いです。それは彼が2017年にマクロンとの非常に公的な戦いのために辞任する前でした。彼はブラウンであり、彼のウィキペディアのページにリストされていない社会について書かれた多くの本にも適しています。世論調査によると、ピエール・ド・ヴィリエが来年大統領に立候補した場合、彼は全投票の最低20%を獲得するでしょう。これは、テストされていない政治家に何かを言います。彼は2022年にフランス大統領の完璧な部外者候補になるでしょう。人々の男。本当に名誉ある人。それをバックアップするための履歴書を持つ歴史的な使命を帯びた男。おそらく、まだラ・フランスを救うことができる唯一の男。そしてヨーロッパ自体から。

マクロンが軍事予算を増やすという彼の約束を尊重することを拒否したとき、彼は2017年にスタイリッシュに辞任した。具体的には、フランス軍のすべての住宅は何年もの間改装されておらず、国際的な議題を持つ元投資銀行家として、軍の新しい住宅はおそらくマクロンが就任した直後に考えていた最後のことでした。いずれにせよ、2人の間に壮大な大衆のフォールアウトがあり、緊張さえこの今有名な写真ですでに見られます:

F724968D-5A55-402E-860A-0334270EB684
(確かに、将軍は幸せそうに見えません)

そして、2つの間のフォールアウトのうち、ウィキペディアは次の重要なポイントに関連しています。

2017711日、ジェラルド・ダルマニン公務員会計大臣は、政府の支出削減計画の一環として、2017年に軍が85,000万ユーロ削減されると発表しました。

翌日、ル・モンドは、ド・ビィリエーが国会で国防委員会と会談し、「私はこのようにめちゃくちゃになることはないだろう」と言ったと報告した。

会話はテープに捕らえられ、ル・モンドによって漏らされました。また、ル・フィガロによれば、ド・ビィリエーは彼の怒りを解き放ち、記念碑的に「私たちの手段をさらに減らすと、私はもはや私の男たちの目を見ることができなくなります」と付け加えました。

エマニュエル・マクロンは、2017713日の軍への演説で、2025年までに国防予算をGDP2%に引き上げる計画を確認しました。

スピーチの間に、マクロンはル・モンドによって報告された最近のリークに対処するために何度もド・ビリエーを公に呼びかけました。

バスティーユ・デーの軍事パレードでは、フランス軍の首長兼司令官の慣習として、ド・ヴィリエ将軍とマクロン大統領が、儀式パレード中に同じ車両に並んで立っています(写真)。

パリ祭のパレードに続いて、ド・ビィリエーはフェイスブックにマクロン政府の防衛費削減計画に対する批判を投稿した。

ル・ジュルナル・ド・ディマンシュ(Le Journal du Dimanche)は、2017716日に、マクロンが「共和国はこのように機能していない」と述べて、ド・ビィリエーに取って代わることを検討している可能性があると報告しました。

その後、マクロンはド・ビィリエーに自信を持っていると語った。

ド・ビィリエー 将軍は、予算削減とエマニュエル・マクロン大統領との意見の不一致により、2017719日に辞任しました。

統合参謀総長が強制的に辞任したのは、第5共和政で初めてのことでした。

france tv infoのウェブサイトでプレスリリースが発行されました。

同日、マクロンは陸軍将軍フランソワ・ルコイントルをド・ビィリエーの後任として確認した。

マクロンは、辞任をめぐるド・ビィリエーの行動を「威厳のない」と表現した。

ド・ビィリエーが軍省を去る間、兵士と軍人の群衆が彼を称賛しました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Pierre_de_Villiers

401F8385-B2C8-4918-90CB-580372A34D35

フィリップ・ド・ヴィリエ:「私は暴動を呼びかけます」

D971E4FD-583E-4F1D-972F-3584D6F14969

彼の新しい本の衝撃のリリースの機会に、フィリップ・ド・ヴィリエはフランスの失踪を避けるために魂の始まりを呼びかける。 インタビュー。

2021417日午前7:00に公開

Valeurs Actuelles Mag(翻訳装置によってフランス語から翻訳された)

1年以上前のコロナウイルスの出現以来、西側の政府はあなたの言葉で「絶対に驚くべき模倣の方法」で反応しました。 どのように説明しますか?

西側はもう考えていません。 彼は精神病にかかっています。 フランスはドイツと提携しており、ドイツは米国と提携しています。 私たちのグローバル化されたエリートはアメリカの時代に住んでいて、彼らは同じ夕暮れの訓練に吸い込まれています。 時間はテンポを設定します。

あなたが書いているグローバル化されたエリートは、世界的な大流行の可能性に備えており、行われなければならない対応を予期していた。

私は信じられないほどの何かを発見しました:私たちが経験したことはすでに演奏されています。それは、ニューヨークで開催された、多国間機関の公式チャネルの外にある強力で義務付けられていない人々の珍しい会議で、20191018日でした。これはシンポジウムではありませんでしたが、ビッグファーマ、ビッグデータ、ビッグファイナンス、ビルゲイツ財団、ダボスフォーラムが一堂に会したコロナウイルス・パンデミックのシミュレーション演習でした。

これらの新しい領主は、公権力よりも優れた一種の世界的な影響力のある委員会を形成します。

この会議から何を推測しますか?

当時、まだ誰もCovidについて話していません。私は彼らが何かを疑ったと思います。私は陰謀論者ではないので、「彼らがウイルスを発明した」と言っているのではありません。 「彼らはウイルスを幸運として歓迎した」と私は言います。彼らはそれを期待していました。 1994年に世界貿易機関が設立されて以来、グローバル・ビレッジのエリートたちは、国境のない新しい世界を1つのピースで構築したいと考えていました。1つは計算によって大規模なグローバル市場を開拓し、もう1つはイデオロギーによって「教皇フランシスコが言うように、橋のある壁」。

彼らはこの世界を仕切りなしで作りました。彼らは、この世界が激しく病原性になることを知っていました。 1つの部屋に50億人から60億人を入れると、微生物はより歩きやすくなります。彼らはそれを知っていました、彼らはそれを期待しました、彼らはそれの準備をしていました。

言い換えれば、ウイルスはこのグローバル化されたエリートに恩恵として見えますか?

それがクラウス・シュワブの言うことです。 ダボスで開催された世界経済フォーラムの創設者兼社長は、Covid-19を「機会の窓」として最初に発表しました。これが彼の言葉です。 彼はそれを彼のマニフェストCovid-19で白黒で書いています:素晴らしいリセット。 間違いありません。この本は共産党宣言に相当します。 彼は新しいパラダイムを描きますパンデミックの真っ只中に。

「グレートリセット」は、陰謀説ではなく、代わりにこのエリートのオープンに表示されるプロジェクトでしょうか?

ソーシャルネットワーク上で「グレートリセット」を呼び起こすこれらのプロッターについてラジオやテレビが毎日話しているのを聞いて、お互いをコピーして、病気の中で誰が一番病気か知りたかったのです。 患者ゼロを検索することで、私は健康なクラウス・シュワブを見つけました。 彼はこの新しいセマンティクスの発明者です。

このクラウス・シュワブは誰で、彼は何を体現していますか?

50年間、ダボスのシャレーに住むクラウス・シュワブは、富と影響力の交差点で、世界をリードする人々の対話の集大成でした。向こうの、グローバル化された資本主義の逃避線を定義するダボスでは、黙認の資本主義がうまくいかなかったときにマスタードの湿布が置かれるのはダボスです。たとえば、私たちが苦痛や喜びを求めるようになるのはダボスです。 Instagramで声を聞く「ジャンヌ・ダルク」、グレタ・トゥーンバーグ行かなければならないときに、ついにダボスに行かなければならないのはダボスです。2016年、若いエマニュエル・マクロンは、ル・トゥケのカジノを出て行きました。ダボスは、したがって、彼の手を課したシュワブ博士の支配下で、「若いグローバル・リーダー」になります。

2年後、マルレーヌ・シアッパになりますが、今年はガブリエル・アタルが油注ぎを受けます。ダボスは、ビザンチウムの下で最初に2番目のローマが何であったかを資本主義を監視することです。あなたは以前のようにダボスに行かなければなりません、あなたは衰弱している皇帝を見に行かなければなりません。

クラウス・シュワブは彼の著書の中で、パンデミックは決して括弧ではなく、以前の世界への帰還は幻想であると喜んで警告しています。

彼の言葉はゾッとします。それらを引用する必要があります。 「私たちの多くは、いつ物事が正常に戻るのか疑問に思っています。要するに、答えは:決して。これらの震えには熱っぽい側面があります。そしてクラウス・シュワブは、コビッドに「私たちの物理的、デジタル的、生物学的アイデンティティを統合する」ことによって「新しい正常」の機会を与えなければならないと付け加えています。

この本は202062日に発行されるため、翌日63日には、国連事務総長の立会いのもと、世界のグラタンとのビデオ会議が開催されます。

それは、一方では世界のデジタル化の完了、そして他方では気候変動との戦いで、この「機会の窓」が何であるかを説明しています。要約すると、世界のデジタル化のすべての巨人は、人工知能の帝国の下で新しい人類を創造するために、世界をリセットするプロジェクトの支配階級に同意します。

あなたはクラウスシュワブの興奮について話している。それがすでにその日の世界を支配することになっていたとき、それはどこから来ることができますか?なぜ彼はすでに支配していた世界に戻ることを恐れるのでしょうか?

これは決定的な質問です。私はクラウス・シュワブの理解を考えていました。これが私が見つけたものです。実際、私たちの目の前で偽造されているのは、自由資本主義とその天敵との間の2番目の歴史的妥協です。

最初の妥協案は、ベルリンの壁崩壊時に、1970年代の変わり目以降、超自由主義者と自由主義者の間で予想されていた共謀を組織しました。前者は循環の自由を要求し、後者は社会の自由を要求しました。合意点に達した。 2つの要求が融合しました。こうして「ボヘミアン・ブルジョア」のハイブリッド種である「ボボス」が誕生しました。次に、首都は「ダウンタイムなしで循環し、支障なく楽しむ」ことを望んでいました。自由貿易のグローバル化は、51968年の文化的および道徳的理想の経済的成果でした。しかし、この妥協は落とし穴にぶつかりました:CO2

資源を駆使して大気を汚染しています。そのため、新たな妥協が必要でした

では、この新しい妥協点は何ですか?

2015年にアジェンダ2030で設立され、国連で投票され、20201111日、コビッドの真ん中で、グリーン・ホライズン・サミットで封印されました。

注意深く聞いてください、私が言おうとしていることは巨大です:私たちは生態学的なデジタル資本主義の誕生を目撃しています。グレタ・トゥーンバーグがダボスに招待されたのは当然のことです。 CO2は新しい公式ウイルスです。

環境保護論者は、世界をデジタル化することで、人々が家に閉じ込められ、市内の車を避け、すべての人を循環させ、地上飛行機に乗り、財産を取り除き、汚染されているために産業を指摘し、原子力をレアメタルの消費者である風。新しいカテゴリーの義務は単純です:脱炭素化するためにスキャンすること。

しかし、CO2の名の下にあるリベラル派と環境保護主義者の間のこの同盟は、巨大な偽物です。巨大なデータセンターは民間航空の1.5倍の汚染を生み出します。 2025年までにそれは3倍になるでしょう。

言うまでもなく、野生に戻される廃棄物は非常に汚染されています。データセンターの電力消費量はかなりのものです。それはそれ自体からデジタルを救う偽物です。そしてそれが、私たちをCO2トンネルに導くための気候法と気候国民投票を持っている理由です。

デジタルの巨人と環境保護論者は仲良くなり、フランスの政治クラス全体が同じ動きを続けています。これは新しいウイルスです:CO2。フランスが世界のCO2にどの程度の重みを持っているか知っていますか? 0.9%。さて、その0.9%の名の下に、私たちは「グリーンクメール人」の衰退と恒久的な再教育キャンプの対象となります。

これらの歴史的な妥協の赤い糸は唯物論です。 「強化された人間」のイデオロギー的側面は逸話的であると思いますか、それは単なる危険な結果であると思いますか、それともプログラムされていると思いますか?

世界のリセットは本当にきれいな状態です。

元のフランスの将軍の手紙。

いくつかの観察:

  • この手紙は、文明的価値観と伝統的価値観を擁護するために書かれています。
  • 最も注目すべきことに、それは通常の軍隊ではなく、外国人部隊の主将によって最初に署名されます。
  • 外人部隊は、政府と伝統的なパートナーシップを結んでいるにもかかわらず、完全に独立した戦闘部隊です。
  • したがって、外国人部隊はここで伝統的な軍隊を率いるようです。
  • ベルギーの総長に言及されていますが、これはベルギー軍もループに入っていることを意味します。
  • さらに、それは市民的で伝統的な価値観の擁護に関するものであり、コビッドに関するものではないという事実にもかかわらず、手紙は陸軍の主任医師によっても署名されています。
  • その手紙は、軍隊はもはや消極的であり続けることを望んでおらず、政治は沈黙と弱さを保つことで有罪であると述べています。
  • その手紙は、軍が秩序を回復するよう求められる準備ができていると述べている。
  • そうでなければ、それは「爆発」または内戦を恐れます。その場合、それは文明の価値を保護するために関与する以外に選択肢がありません。
  • 私は手紙の下の手紙を一語一語翻訳しました。

20人のフランスの将軍が黄色いベストの弾圧を非難する手紙に署名します。来るレース戦争の警告

出典:NATIONAL JUSTICE

20人のフランス軍高官が、移民ギャングの犯罪の増加、テロ、アメリカ式の反白人政治活動、および立ち入り禁止区域に対する行動を要求する政府に対する爆発的な抗議書簡を発表しました。彼らは、これらの課題に直面することへのの完全な関心の欠如を、マクロン政権による白人ポピュリストの黄色いベスト運動に対する残忍な弾圧と対比させた。

手紙は421日に発行され、エリート・フランス外人部隊の元首長であるクリスチャン・ピケマル将軍と同様のランクの他の19人によって署名されました。ピケマル将軍は、長年にわたる愛国的で反移民的な活動で知られています。

この手紙は、すべての肌の色と信仰の個人がフランスの旗に仕えていることを確認していますが、反人種差別主義のイデオロギーを反白人として攻撃し、その支持者は「私たちの国、伝統、文化を軽蔑し、それが解散するのを見たいと思っています。その過去とその歴史を奪うことによって。したがって、彼らは何世紀も前の言葉を分析することによって、彫像、古代の軍隊および民間人の栄光を通して私たちを攻撃します。」これらの軍隊を前進させることにより、手紙は最終結果が人種的な内戦になることを約束します。

歴史的に、フランス軍は、裁判官が代わりに美徳の守護者として権限を与えられているアングロサクソンの自由国家と比較して、より独立しており、政府の腐敗と戦うために活動に従事することをいとわない。

多くのネイティブ・フランス人は、政府が昨年彼らの国でジョージ・フロイドに触発された暴動をどのように扱ったかについて落胆を表明しました。黄色いベストが警察によって残忍にされた間、「ブラック・ライヴズ・マター」に触発された暴動と略奪者は事実上の免責で犯罪を犯すために大胆な態度を与えられました。これは、マリーヌ・ル・ペンがマクロンと対戦することが予想される来年の重要な問題になるはずです。

ピケマル将軍とその他の人々は、政府が怠慢のままである場合、フランス軍はフランスの文明的価値と市民の幸福のために必要に応じて介入する準備ができていると誓って苦情を締めくくります。この約束は、意図されているように、解釈の余地があります。

非常に多くのトップ軍の人物が、このような声明に彼らの名前を喜んで入れようとしていることは、フランスの金権政治にとって厄介なことです。マクロンとフランスの支配階級は、パリの田舎のフランス人による抗議をかろうじて阻止することができませんでした。彼らは、欧州連合の主要な州での軍事暴動がテーブルにあることを知って喜ぶことはありません。

書簡

「私たちの支配者の名誉の返還のために」:20人の将軍がマクロンに愛国心を擁護するよう呼びかけます

ジャン・ピエール・ファブレベルナダックの主導で、キャリア・オフィサーでプレイスアームズサイトの責任者、約20人の将軍、約100人の上級将校、および1,000人を超える他の兵士が、政治的階級内での復帰の名誉と義務の控訴に署名しました。現在の価値観は、彼らの許可を得て、彼らの国に愛着を持っているこれらの男性からの信念とコミットメントに満ちた手紙を広めます。

ジャン=ピエール・ファーブル=ベルナダック

2021421日午前7:00に投稿2021422日午前12:25に更新©️NICOLASMESSYASZ/ SIPA

ミスター・プレジデント、

政府のご列席の皆様、

皆様、

時間は深刻で、フランスは危機に瀕しており、いくつかの致命的な危険が彼女を脅かしています。引退してもフランスの兵士であり続ける私たちは、現状では美しい国の運命に無関心でいられません。

私たちのトリコロール(3)の旗は単なる布ではなく、肌の色や信仰が何であれ、フランスに奉仕し、そのために命を捧げてきた人々の伝統を象徴しています。これらの旗には、金の文字で「名誉と祖国」という言葉があります。しかし、今日の私たちの名誉は、私たちの祖国を襲った崩壊の非難にあります。

-特定の反人種差別を通じて、単一の目標で示される差別。それは、私たちの土壌に不安を生み出し、コミュニティ間の憎しみさえも生み出すことです。今日、人種差別、先住民主義、植民地時代の理論について話す人もいますが、これらの用語を通じて、これらの憎悪的で狂信的な支持者が望んでいるのは人種戦争です。彼らは私たちの国、その伝統、その文化を軽蔑し、その過去とその歴史を奪うことによってそれが解散するのを見たいと思っています。したがって、彼らは何世紀も前の言葉を分析することによって、彫像を通して、古代の軍と民間の栄光を攻撃します。

-イスラム主義と郊外の大群とともに、私たちの憲法に反する教義の対象となる領域にそれらを変換するために国の複数の区画の分離につながる差別。しかし、すべてのフランス人は、彼の信念であろうと非信念であろうと、フランスのいたるところに家にいます。共和国の法律が適用されない都市や地区は存在できず、存在してはなりません。

-差別。当局が、黄色いベストを着たフランス人が絶望を表明しているのに直面して、警察を代理人やスケープゴートとして使用するデモでは、憎悪が兄弟愛よりも優先されるため。これは、覆面をしたフード付きの個人がビジネスを略奪し、これらの同じ法執行機関を脅かしている間です。ただし、後者は、支配者であるあなたによって与えられた、時には矛盾する指令のみを適用します。

危険はますます高まっており、暴力は日々増加しています。 10年前、教授が大学を卒業したときにいつか首をかしげられると誰が予測したでしょうか。しかし、私たち、国家の使用人は、私たちの契約の終わりに常に私たちの肌を置く準備ができていました-私たちの軍事国家が要求したように、そのような行動に直面して受動的な観客になることはできません。

したがって、私たちの国を運営する人々は、これらの危険を根絶する勇気を見つけることが不可欠です。これを行うには、多くの場合、弱点なしに既存の法律を適用するだけで十分です。私たちのように、私たちの仲間の市民の大多数はあなたの手を出したり罪を犯した沈黙に圧倒されていることを忘れないでください。

ベルギーの大主教であるメルシエ枢機卿は、次のように述べています。 「それで、ご列席の皆様、十分な先延ばし、時間は深刻で、仕事は巨大です。時間を無駄にせず、国の安全を考慮した政策を支援する準備ができていることを知ってください。

一方、何もしなければ、怠惰は容赦なく社会に広がり続け、最終的には爆発を引き起こし、私たちの文明的価値を保護し、国土の同胞を保護するという危険な使命に私たちのアクティブな仲間の介入を引き起こします。

ご覧のとおり、先延ばしにする時間はもうありません。さもなければ、明日の内戦はこの増大する混乱に終止符を打ち、あなたが責任を負う死者は数千人にのぼります。

署名した将軍:

軍団将軍(ER)クリスチャン・ピケマル(外国軍団)、軍団将軍(2S)ジル・バリー(歩兵)、中将(2S)フランソワ・ゴーベルト元中将、リール将軍(2S ))Emmanuel de RICHOUFFTZ(歩兵)、中将(2S)ミッシェル・ジョスラン・ド・ノレー(海兵隊)、Brigadier General2S)アンドレ・クストウ(歩兵)、Brigadier General2SPhilippe DESROUSSEAUX de MEDRANO(列車)、Air Brigade General 2S)アントワーヌマルティネス(空軍)、航空旅団将軍(2S)ダニエルグロスマイア(空軍)、ブリガディエ将軍(2S)ロバートジャンネロド(騎兵隊)、ブリガディエ将軍(2S)ピエール・ドミニク・アイグエパース(歩兵)、ブリガディエ将軍(2S )ローラン・デュボワ(Transmissions)、Brigadier General2S)ドミニック・ドラワルド(Infantry)、Brigadier General2S)ジャン・クロード・グロリエ(Artillery)、Brigadier General2S)ノルベール・ド・カックレーNorbert de CACQUERAYDirectorate General of Armament)、Brigadier General2S)ロジャー・プリゲンTALAT)、Brigadier General2S)アルフレッド・ルブロトン(CAT)、General Doctor2S)ギー・デユハン(Army Health Service)、Rear Admiral2S)ジェハール・バラストル(海軍)。


120人の引退した将校がバイデンに合法的に選出されなかったと書いた


デビッド・リフシュルツ

LIFSCHULTZ組織

DAVID@LIFSCHULTZORGANIZATION.COM


https://operationdisclosureofficial.com/2021/05/13/us-generals-attack-us-government-as-french-generals-attack-frances-government/

ギャラリー
  • 米海軍E6B原子力司令部上へ!コールサイン「SCROW17」
  • GCRによる共和国の復元特別リポート
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
カテゴリー
  • ライブドアブログ