イニチアチブ

フィンランドはどのようにしてホームレスを根絶しているのか


住宅は人権です:フィンランドはどのようにホームレスを根絶していますか。


202022

シタラ

50602F8F-2CF4-47CE-92D7-1B737FA26AF7

フィンランドのホームレス戦略の一環として建てられた集合住宅の1つ。 Y-Foundationから提出)


住宅は人権です:フィンランドはどのようにホームレスを根絶していますか


CBC.ca2020124


https://tinyurl.com/uv4mhas


カナダには100万件以上の空き家があり、どの夜でも少なくとも35,000人のカナダ人がホームレスです。 彼らはあふれている、しばしば危険なシェルターに詰め込むか、屋内の条件よりも彼らに優しい要素になることを望んで、外に飛び出します。


1980年代、ニューヨークで働いていたカナダの心理学者は、ホームレスの問題を解決する最善の方法は、人々に家を与えることであったと考えていました。 サム・ツェンベリスは、住宅第一として知られるモデルの最も初期の支持者の一人でした。 このアイデアは、風変わりで実行不可能であると見なされていました。


懐疑論者たちは、誰かが長期住宅にふさわしい候補者になる前に、中毒や精神衛生などの複雑な問題に最初に対処しなければならないと主張しました。 勤勉な納税者にとって費用はどのように正当化されますか?


しかし、アイデアは広まりました。


最初に家を(Housing First)プロジェクトは、Medicine HatAltaなど、アジア、ヨーロッパ、北米の自治体で登場しています。


現在、フィンランドはホームレスへの国家住宅第一アプローチを採用した最初の国になっています。


フィンランド最大の住宅非営利団体であるY財団のCEOであるJuha Kaakinenは、1980年代からホームレスと社会福祉の分野で活動しています。 彼は、フィンランドの国家計画であるハウジング・ファーストの建築家の一人でした。 彼は、日曜版のマイケル・エンライトに、フィンランドがどのようにホームレスを根絶したかについて話しました。


以下は、彼らの会話インタビューのハイライトです。 Kaakinenのコメントは、明確にするために編集され、要約されています。


前提条件のない家


原則、サービスモデル、または哲学と呼ぶことができます。主なものは、ホームレスの人々を他の皆と同じように扱うことです。同じ権利を持ち、住宅を人権とみなす人々です。したがって、住宅第一の原則は、前提条件なしで、ホームレスの人に家、アパート、または賃貸アパートを契約で与えることを意味します。あなたは問題を解決したり、落ち着いて取得したりする必要はありません。そして、あなたがこの家を持っているとき、あなたはあなたの問題を解決するためのサポートを受けることができます。これは、最初の住宅のシンプルな基本原則です。


フィンランドは成功しました


多くの進展がありました。現在、ホームレスの数は最も少なくなっています。現在の政府は、残りのホームレスを今後4年以内に半減させ、2027年までに完全に終了させることを決定しました。


私たちは、手頃な価格の社会住宅を提供するという一貫した方針をとってきました。州はこれに資金を提供しています。そして、特に大都市の新しい住宅地域では、住宅の少なくとも25%が手頃な価格の社会住宅でなければなりません。これにより、供給が適切なレベルに維持されました。これがおそらく、ほとんどのヨーロッパ諸国が現在抱えているような住宅危機を抱えていない主な理由でしょう。


フィンランドの「住宅第一」のホームレス戦略は、トロントのシェルター危機を緩和するのに役立つ可能性があります: Finland’s ‘housing first’ homelessness strategy could help ease Toronto’s shelter crisis


ハウジング ファーストの仕組み


たとえば、ヘルシンキには、ホームレス向けのサービスセンターがあります。あなたの状態に関係なく、いつでも入ることができます。おそらく他の国の避難所に最も似ているでしょう。しかし、52台のベッドを備えた唯一のものです。あなたはソーシャルワーカーとあなたの状況について話し合い、彼らはあなたのために住宅を手配しようとします。彼らは評価を行い、あなたのニーズが何かを見つけます。


手頃な価格の社会住宅ストックも別の選択肢です。 Y財団は30年以上にわたり、民間市場からアパートを購入しています。これらのアパートは、特にホームレス向けのレンタルアパートとして使用しています。


フィンランドで最も重要な構造変化は、シェルターやホステルの一時的な宿泊施設をサポート付き住宅に改装したことでしょう。例えば、救世軍が運営するヘルシンキの最後の大きな避難所には、250のベッドがありました。 2012年に完全に改装されました。現在、同じ建物内に81の独立したモダンなアパートメントがあります。また、サポートのためにオンサイトのスタッフがいます。したがって、この構造的変化は、おそらくホームレスを減少させるこの傾向につながった重要なものでした。


すべてのホームレスの人々に共通することは、彼らには家がないということです。誰もが自分の物語、自分の歴史を持っています。彼らは独自のリソースを持っています。また、独自の問題がある場合もあります。そのため、適切なサポートを提供するために、人々のために非常にカスタマイズされた計画を立てる必要があります。


たとえば、薬物乱用の問題がある場合、単に住宅を提供してもそのような問題は解決しません。リハビリ、解毒などが必要になる場合があります。これらの他の要素は重要です。しかし、これらのことを成功させるには、恒久的な住宅を提供する必要があります。そうすれば、翌朝あなたが追い出されていないことを確信でき、あなたの人生を前もって計画することができます。


車線の家の支持者は都市の「住宅危機」の中でより多くの承認を望みます: Laneway home advocates hope for more approvals amid city’s ‘housing crisis’


納税者の主張がなぜ支持されないのか

人々に家を提供する代わりに、人々をホームレスに保つことは、社会にとって常により高価です。フィンランドでは、このプログラムの費用について科学的な評価を行っています。ホームレスの人が支援を受けても恒久的な家に戻ると、社会のコスト削減は、11人あたり少なくとも15,000ユーロになります。そして、コスト削減は、さまざまなサービスのさまざまな使用からもたらされます。


この調査では、ホームレスの人々が家がないときに使用したサービスを調べました。 緊急医療、警察、司法制度など、考えられるあらゆることを計算しました。そして、その費用を人々が適切な住宅を手に入れたときと比較しました。 そして、これが結果でした。 この種のコスト分析はカナダでも見られると確信しています。


2020年にシャーロットタウン市の最優先事項である手頃な価格の住宅: Affordable housing to remain top priority for City of Charlottetown in 2020


政治的理解は重要です

フィンランドで重要だったのは、政治的理解と政治的コンセンサスがあったことです。これは、私たちが一緒に解決すべき国家的な問題です。 2008年以来、私たちはいくつかの異なる政治的連合を持ついくつかの政府を持っています。 これらすべての政府は、ホームレスを終わらせるために働き続けることを決定しました。 この種の政治的意思-それが出発点です。すべてを解決するわけではありませんが、役立ちます。


それには、人間の尊厳を理解している政治家が必要です。ジュハ・カーキネン


人間の尊厳を理解している政治家が必要だと思います。 それ以上は必要ありません。 フィンランドでは、非常に幅広いパートナーシップがあります。 州、大都市、大規模なNGOが協力して同じ目標に向かって取り組んできました。

国民の態度を変えることです。


公共の態度に影響を与えることができるいくつかの方法があります。 事実と研究は良い出発点です。 しかし、住宅を手に入れてから生活が変わった人々の話をすることは常に重要です。 これらのことは、一般大衆に感情的な影響を与えます。 自分の話をしたい元ホームレスの人々がいる場合、この種の人間の興味の要素は非常に強力です。 しかし、もちろん、それがどのように行われるべきか、そしてなぜ人権問題として住宅について話すべきかという背後には非常に明確な事実があります。


ソース:ガイアの黄金時代: Golden Age of Gaia


https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2020/02/how-finland-is-eradicating-homelessness.html

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

水:市役所が水の管理を取り戻してから請求書が30%安くなった

<環境><イニチアチブ>




66018AE0-2A63-4A42-AEA5-C8D8564309BE


水管理を専門家に委ねるか、自分で管理する方が良いのでしょうか?市長への質問であり、一部の人々は、自分たちの都市での水の分配を組織化することによって、水を得るという選択をしました。


水は政治的な戦いの中心にある貴重な資産です。毎日消費するは誰が所有していますか?ますます多くの自治体が答えを見つけたと考えています:市民のものです。


 10年前、アンブラン(Embruns)(Hautes-Alpes)の自治体は、以前は民間企業に下請けされていた飲料水の管理を引き継ぎました。その結果、住民の請求者は下がりました。



80m3の水は2007年には134.60ユーロで、2018年は102.40ユーロだった


アンブラン(Embruns)では、2007年の80立方メートルの水費は、2018年の102.40ユーロに対して134.60ユーロでした。お金を節約するために、自治体は簡単な計算を行いました。ネットワークを直接管理することで、必要なスタッフが減り、組織の効率が向上し、作業が迅速に行われます。 


住民はその変化に感謝しているようです。市が得た利益の一部も住民に寄付されます。毎年、10ユーロまたは20ユーロの小切手を数十のささやかな家族に配布し、請求書の支払いを支援しています。10年で、未払いの請求書の数は急激に減少しました。


https://www.francetvinfo.fr/monde/environnement/eau-les-mairies-font-baisser-la-facture-en-reprenant-la-gestion-de-leur-reseau_3595797.html

ギャラリー
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
カテゴリー
  • ライブドアブログ