現在、障害児や扶養親を助けるために休暇を
とる人々には給料が支払われていません。



003B25F1-0D13-40D6-BCCA-063C83C8F6D3



介護者、たとえば障害のある子供や高齢の親を助ける人のための特別休暇は、1日あたり純額約40ユーロで間もなく補償されます、913日金曜日フランス・インフォ(franceinfo)が明らかにした。

社会保障融資法案で規定されているこの措置は、月末に政府によって発表されます。
 
3か月続くこの特定の休暇は、仕事を持っている介護者のために存在します。それは雇用主に課せられます。
政府は、400万人が潜在的に影響を受けると推定していますが、2017年の創設以来、この休暇中に従業員に給料が支払われないため、申請したフランス人はほとんどいません。
政府はまもなく1日あたり約40ユーロの手当を設定します。


退職にカウントされる休暇

介護者の介護を助ける休暇は分割できます。たとえば、彼の親を助けるために、例をあげると、3か月の累積限度内で、週に1日、切り離され、補償されることが可能になります。その後、その人はそれを更新できます。


保健省と健康保険は、手順(モダリティ)、特に社会保障と雇用主に提供される文書に取り組んでいます。政府はすでに、この休暇が介護者の退職の計算に含まれることを望んでいました。
将来の年金改革にこの規定を取り入れるべきです。


フランスでは、800万人が病気の人、身体障害者、または扶養家族を定期的または毎日介護していると推定されています。



https://www.francetvinfo.fr/societe/prise-en-charge-des-personnes-agees/info-franceinfo-le-conge-des-proches-aidants-sera-bientot-indemnise-a-hauteur-d-environ-40-euros-net-par-jour_3612895.html