エチエンヌ・シュアール

[偽の普通選挙権 : 選ぶことは投票ではない]黄色いベスト、市民主導の国民投票(RIC、リック)、シュアール(Chouard)...そして便利な「赤茶色」の中傷侮辱の口かせ。

坂本花子

929 

この週末には英国で、英政府による強行的な新型コロナウイルスデマ対策が、イギリス人の目を開きました。強制的対策であるロックダウンとマスク使用で、市民の自由がグローバリストによりさらに強奪され、ロックダウンは市民を自宅の牢獄に監禁していることに気づき、全体主義とナチス政権による新世界秩序の危険に対して、ますます多くのイギリス人が立ち上がり、「ノン」と言い、ロンドンでは巨大な市民集会とデモ抗議がありました。

これは、ドイツ、フランスetcに続く運動です。

以下の記事のように、コロナウイルス隔離以前に、一年以上も毎週週末にフランスの各地で幅広く続いた「黄色いベスト」運動の延長でしかありません。「黄色いベスト運動」はフランス南部の一教師であるエチエンヌ・シュアールの草の根運動から始まり、徐々にフランス人に受け入れられ、黄色いベストの思想的な基盤になり、ヨーロッパ、世界中に広がりました。選ばれた嘘つき&腐敗政治家/グローバリストの代表政治家でこれらの権利を国民から守るためだけに選ばれる偽の選挙システムを拒否し、市民主導の市民による市民のための本当の政治を目指す運動です。

しかし、日本の場合はカバル主導のマスメディアの不正的な隠蔽操作により、この「黄色いベスト」の真の意味が日本人に伝わっていないようです。「kaikaku33」の「黄色いベストと日本、世界改革」のTwitterも、これらフランスと世界の黄色いベストの情報に関するTwitterがすぐに検閲により停止されていました。GogglesYouTubeTwitterなどによる世界的検閲はますます激しくなっています。日本のハザール/グローバリスト・コミュニティはこのフランスの黄色いベスト運動の考え「市民率先の国民投票」が日本に広がり、彼らの排除に繋がることを恐れているようです。

テレビや主流メディアは黄色いベストのデモ行進の物理的な反面が強調され暴力的なただのデモであるように見せかけていたようです。

黄色いベストの真の中心的な思想は日本ではどれだけの人々が理解したでしょうか?さらに記者もフランス人とフランス語をよく理解できないと正しい報道は出来ません。

今トランプ政権とホワイトハット主導の「世界解放運動」が世界の背後で起こり、間も無く現実になっていくであろう。「カバル/ディープステート/フエニキア悪魔の13家族の崩壊」の後では、世界の市民による新しい政治体制は「黄色いベスト運動の思想」から多くのインスピレーション を受けるでしょう。特に、黄色いベスト運動の思想の元になったエチエンヌ・シュアールの考えを良く理解することが重要であると思われます。これからも、このブログでは定期的にフランス(またはヨーロッパ、世界)で起こっている政治運動、市民運動、黄色いベスト、国民投票、新憲法制定、エチエンヌ・シュアールに関する記事を提示していくつもりです。

フランスはフランス革命の地です。以下にエチエンヌ・シュアール先生の「Chouard.org」での短い記事を紹介します。


[偽の普通選挙権 : 選ぶことは投票ではない]黄色いベスト、市民主導の国民投票(RIC、リック)、シュアール(Chouard)...そして便利な「赤茶色」の中傷侮辱の口かせ。

5C01A310-F8EC-47F4-B494-188256971D87
 
エチエンヌ・シュアール
 

2020729

覚えておいてください:私は、本当の政治反対者が決して正々堂々と話すことができずに、主流のメディアで非難されている(そして最終的には口を閉ざされている)国に住んでいます。



ここで、2019118日のC dans l'air(セ・ダン・レール)のこの放送では、コメンテーターは間違っています。黄色のベストとシュアール(Chouard)は、「代表者によるあらゆる形式の表現」に異議を唱えません。」、これはまったく異なります。権力にある者達が権力の規則(憲法)を書くことはありません。代表者が代表の規則(憲法)を書くことはありません。選出された役人が憲法を書いたり変更したりすることはできません。


代表されている者達だけが(市民)、憲法を書き、修正することができ、合法である唯一の者です。


「選出された者」が誤って「普遍的な選挙」と呼ぶのは偽物です。選出することは投票することではありません。選ぶことは投票の反対でさえあります:選ぶことは投票をあきらめることです。


「選出された者」が誤って「民主主義」と呼ぶのは偽物です。真の民主主義では、マスターを任命するのではなく、法律に投票するために一人の男=一人の声です。


選出された役人によって設立された代表的な政府は(最初から)議会支配のシステムであり、それはまさに民主主義の否定です:議会共和国は非民主的であり、1789年に民主主義に対する防波堤としてその起源から考えられそして望まれていました。 


選挙プロセスは、深く、オントロジー的に(それ自体が)非民主的です。


真に民主的な手順は、くじ引きだけです。


民主主義において受け入れられる唯一の選挙は、有権者自身によって望まれ、開始された選挙です(そして明らかに、選ばれた人によって望まれ、開始された選挙は決してありません)。


憲法は選出された役人の雇用契約です。選出された役人が自分で雇用契約を書いて修正することは明らかにありません


メディア(すべて金持ちに売られている)は、支配のシステムが恐れることが何もないために、制御された反対者(©1984、オーウェル)にのみ声を出させます 「億万長者のプラウダ」(国内で最も裕福な9人が購入したすべてのメディア)は、実際の政敵の発言を否定します。


私は対戦相手との公正な(民主的な、)議論を要求します(しかし詐欺師は私を拒否します)。


しかし、リュディ・ハイシュタット(Rudy Reichstadt)、ダニエル・シュナイダーマン(Daniel Schneidermann)、ジャン・ミッシェル・アパティ(Jean-Michel Aphatie)、アリ・バドウ(Ali Baddou)、ローホン・ジョフラン(Laurent Jauffrin)、または他の話す権利の泥棒のような人々がそのような議論をする能力がある(または勇気がない)とは思えません。どうやら、私が離れている間、または縛られて猿轡かませている間に、一緒に背中を叩くことは可能です自慢することは何もありません。


しかし、私たちは決して何も手放しません。 シュアールが死んでいるか生きているかにかかわらず、黄色いベストの憲法制定者達は勝ちます🙂


エティエンヌ。

8744F4B4-074A-4739-BD9F-F8B70EF0ED1E


http://chouard.org/blog/2020/07/29/fake-suffrage-universel-elire-nest-pas-voter-les-gilets-jaunes-le-ric-et-chouard-et-la-museliere-de-la-calomnie-commode-rouge-brun/

「市民のイニシアチブの国民投票」の先唱者であり、「黄色いベスト」の人気者である、エチエンヌ・シュアールは誰か?

エコマネジメントのこの教師は、制度改革に関する彼の仕事を通して「黄色いベスト」から高く評価されています。



EE7DBAA3-42D4-49D7-9820-27C6F42BAD78


最低給料(smic)で支払われている従業員の100ユーロの増加、残業の免税、控えめな年金受給者の付加税(CSG)の上昇のキャンセル... 1210日月曜日にエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)が発表し発表は1ヶ月間の間に購買力の問題で動員されていた「黄色のベスト」を満たすのに十分でした運動に専念している多くのFacebookグループでは、大統領の介入後のコメントに関して別の内容がありました。RICの導入を発表するまで、あなたに会う必要はありません。 ""私たちはパン粉が欲しくないと言った パン屋を手に入れてパン屋を解放したい RIC (市民イニシアチブの国民投票)」


RIC、または「すべての問題」における「市民のイニシアチブによる国民投票」とその支持者が指定するのを好むのは、法律の廃止または追加、取消し、選出された代表者の罷免、憲法改正について市民相談することを意図したツールを意味する。


一部の「黄色いベスト」は、それが運動の唯一の主張になるべきであると信じており、すべての要求をその後一般の承認に提出することである。


多くの「黄色いベスト」の目で熱狂的であるRICのアイデアは、マルセイユのエコマネジメントの教授であるエティエンヌシュールによって長年提唱されてきた。過去数週間、彼はこの問題に関する「黄色いベスト」の非公式なコンサルタントとして活動しています。


「無名」から「思想的リーダー」へ

フランス・インフォ(franceinfo)からインタビューされてエチエンヌ・シュアール(Etienne Chouard)62 歳は喜んでそれを認識します  彼は「2005年に政治的に目覚めた」当時、2冊のコンピューターマニュアルの著者であるこの目立たない教授は、それまであまり確信することなしに社会党に投票を入れていたが、彼の個人的なウェブサイトで、欧州憲法草案に対する猛烈な論壇フォーラムを公開しました。 


条約にとって非常に有利なメディアの背景で、この世界では未知の教師のテキストと「一般人」のスタイル(小さな眼鏡、白いシャツ、柔らかい声)は見事な成功である。

その著者は突然の名声に達する  ル・モンドは、「「いいえ」のドン・キホーテ(...)、国民投票キャンペーンのスターになる」と説明し、条約に「はい」の熱心な擁護者であるドミニク・ストラウス・カーンは、彼のブログに「エティエンヌ・シュアールへの返答」を発表した。


インターネットの「無名」が国家問題の思想的リーダーになり始めたのはフランスで初めてだった」と当時彼に会ったジャーナリストに回想する。彼は非常に素晴らしく、非常に包み込むように見え、テキストに非常に徹底的で十分に議論された砲撃を行った男でした。我々はこれを見たことはない 」この期間から、彼は特定の狂気的な記憶を保っていることを告白している。


これはすべて私を超えました。

...2か月で12,000通のメールを受け取るほどの混乱が私を取り巻いています。

私を祝福する人もいれば、ファシストやトロツキストと呼ぶ人もいます!


フランス・インフォ(franceinfo)で、エティエンヌ・シュアール



エチエンヌ・シュアールは国民投票キャンペーンで勝利した。「この期間の後、私は彼らが私を頼りにしていると言った多くのメッセージを受け取り、私は続けることを奨励されました」と彼は回想している。

それで彼は彼のサイトに制度と民主主義の危機に関する長い記事を書いた。彼の思考養うために、政治の初心者である彼は13年間に、高校でのフルタイムコース、4人の子供、パラグラ一ディングセッションの間に、「法律、金融政策、政治制度などに関する3500以上の本を貪った。「彼は天才的にコントロールできてます」と友人のフランクレパージュは保証している。エチエンヌ・シュアールは、Noam ChomskyJacquesGénéreuxBernard ManinJacquesRancièreAmartya SenまたはJacques Attaliを飲み込みました。


「地下の星」

少しずつ、彼の読書は彼に機関の改革を反映するように促す。権力者が自分の権力を書いてはいけないのだ  」と彼は2007年の彼のの新聞オンラインに書いている。何故なら、人民は人民自身で憲法を書く権利を、選出さてた議員たちに放棄するという信じられない行為で、自己決定する権利を奪われているからです。...)本当に自分自身を解放する唯一の方法は、私たち自身の憲法を書くことです。」エチエンヌ・シュアールが想像するように、この新しいテキストは、「抽選で選ばれた」市民により編集され(特に市民のイニシアチブの国民投票の導入を通じて)より多くの権限を国民に委ねるべきである。


39AC67F4-BA3B-47FA-A626-619F63A5343E


ネットでは、教師ブロガーの人気が高まっている。  :ウェブサイトの成功(2005年の1日あたりの訪問数は数万、その後はそれより少ない)に加えて、ソーシャルネットワークでますますフォローされています(現在はTwitter28500人のフォロワーとFacebookでは129400人のフォロワー  )。協会や政党の要請に応じて、エティエンヌ・シュアールは「憲法制定ワークショップ」を開催し、そこで憲法を書き換えることを一般市民に提案している。彼の考えは多くのインターネットユーザーを魅了している。彼は「ナイスウイルス」と呼び、まだ存在しないところにアイデアを広めるようとしている。


しかし、2005年のクーデターとその後の反省により、左翼の左翼という知識人の地位に達することができた。特に反資本主義者の分析と「身振りによる講義」で一般教育に専念していることで有名なフランク・レパージュが言う。


「彼のブログで、彼は他の場所ではなくインターネットで政治的に教育されている若者の注目を集めました。」


フランス・インフォ(franceinfo)でエチエンヌ・シュアールの友人フランク・ルパージュ



「ババスクール(Baba -cool)の私の通常の聴衆が突然若返ったとき、ある種の知的カルテットとして引用した視聴者がいたことに気付きました :ベルナール・フリオ(Bernard Friot)[賃金労働に特化した社会主義社会学者]、フエデリック・ロルドン(Frédéric Lordon[ムーブメントNuit deboutに関与する経済学者]エチエンヌ・シュアールと私 私たちの4つの名前は非常に頻繁に関連付けられていたため、エチエンヌは彼の自宅で私たちに会うという考えを持ちました。この2年間ほど会ってはいないが、マルセイユの教授を「友人」と呼ぶ彼は微笑見ながら言う。


その後、教師は「抗議者、アンダーグラウンドとカウンターカルチャーのスター」として、2014年に、franceinfoのプレゼンターであるフレデリック・タデイのショーの1つの「今夜または決して」に招待された。「彼には慈悲深い教師の側面があり、決して夢中にならず、非常に心強いです。そして彼は長い間彼の主題に取り組んできたと感じています。」と彼は評価する。


極右と陰謀

しかし、教師にとって、憲法の改革はすぐに左翼の他の闘争を二次的にし、その緊急性はすべての同盟を合法化します。彼の仕事を養い、そして彼が彼のサイトで推奨する作品の中には、イデオローグのアラン・ソーラルなど、最も物議を醸す人格のものが含まれますさらに陰謀理論家のアントニー・C・サットンとアメリカ人のユースタス・マリンズも


「真の民主主義」の「ウイルス」を広めるために、エチエンヌ・シュアールは、アラン・ソラルの平等と和解のサイトで、または陰謀論協会ReOpen911 を含むで、彼に求めるすべての人々に会議とインタビューを提供しています。教師はまた、政治、金融、メディアなど、あらゆる形のエリートに対する極端な不信を維持しています。もし彼が今日、これらの主題に戻ることを拒否するのは彼の行動の「中心」ではないと思っている。例えば、彼は、9/11の攻撃を説明する「アルカイダの陰謀のバージョン」は「疑わしい以上のようだ」と信じている。


「すべての支配システムに対する人間の抵抗を組織化するためのアイデアと強みを与えてくれる限り、すべてに私は興味を持っています」とエチエンヌ・シュアール2014年のブログノートで説明している。人間社会の危険はソラルではありません!これらの人たちはついてはたわごとでしかありません。彼らは小さなグループに過ぎません、とfranceinfoに言っている。


9D2B3691-C800-49F5-92BD-43CC6B46E5C4



[エチエンヌ・シュアールを]を理解するには、彼がどのようにパラグライダーをしているのかを理解する必要があります。フランクルパージュは説明しようとする。カステリャヌス(castellanus)とは何か知っていますか。それは8キロメートルまで続く雲です。彼だけが自発的に酸素が枯渇し始めるその場所に行けます。(...)彼は恐怖の完全な欠如を持っています。」


エチエンヌは、極右の人と話をすることに何とも思いません。

誰もが彼に言う:「あなたは彼らと何をするつもりですか?」、彼は答えます、「私は彼らを理解することに興味があります」。

政治的分割のシステムでは、それを非難します。


franceinfoフランク・ルパージュ



2010年代の変わり目に、エチエンヌ・シュアールのラインは彼の友人をあまり誘惑しませんでした「彼は自分の考えを広めようとして、漂流して極右にもきたので、彼は自分の大義を台無しにした。」と2016年に彼の元友人であったフレデリック・ロリドンは言う。


私は、あなたが政治のティーンエイジャーのようだと思う」とさらにフランソワ・リュファンは2013年にFakirで言った。「それはある意味で美しく、素朴さ、新鮮さ、大胆さをもたらします。しかし、それは放浪の一部を持っています。」


「たくさんの友達を失いました」と彼は言います。の純粋さへの願望のために私から遠ざかります。「この自由に考える代償を払う代価を当時知っていたら、他の人と同じようにしたでしょう...これからは、もう何もできません(...)「平等と和解」(アラン・ソラルのブログ)が私を誘うとき、私はいいえ、と言います。でもそれをすることで、私は自分自身を裏切ります。」


「私は一生のうちにそれを見るとは思わなかった」

エチエンヌ・シュアールは、最近の一般の人々にはほとんど聞こえませんが、彼の名前のグーグル検索曲線が示すように、この冬に新たな小さな成功を経験しています彼の「ナイスウイルス」の口コミ「黄色いベスト」の中に存在し、市民のイニシアチブの国民投票に関する作業を普及させました。これは現在、彼らの要求の最前線にあります。 


彼は今、運動の政治化に敬意を表しています。「何が起こっているのかは驚くべきことであり、予想よりも速く進んでいます私の生涯にそれを見ることは期待していませんでした」と彼は熱く思っている。12月の初めに、先生は非常に人気のある「黄色いベスト」マキシム・ニコル、別名フライライダーの会社で市民イニシアチブの国民投票(RIC)に関する会議に参加しました

 彼の新しい人気により、彼は「黄色いベスト」から「1日に100通のメール」を受け取り、ロシアトゥデイについてコメントするよう招待されました。


「彼のアイデアは広まっている。「黄色いベスト運動」でこれらを見るのは驚くことではない。そこでは、組織と選出された議員に対する大きな不信がある」と、エチエンヌ・シュアールに出会い、彼についての説明ビデオを作成した左翼の政治的ユーチューバー、ウスルは言った。彼にとって「抽選で選ぶことは全てを解決する魔法の杖です」 


フランク・ルパージュにとっても「彼は明らかに」人気があり、[黄色いベスト」がインターネットを検索する時、彼らは必然的にシュアールに落ちる」-彼は黄色いベストのコンサルタントとして活躍するだろう。


「私は彼らの指導者、彼らのリーダーになりたくない」、彼は運動に責任を取りたくないと言う利害関係者を約束し、彼が来年引退する時には、彼が「数回書き始めた」本を書きます。Facebookのコメントでは、「エチエンヌ大統領」と読みますが、リーダー、または少なくとも非常に管理されたリーダーは欲しくありません。人々に自分自身を解放してもらいたいのです。「時々、彼らは私が言うことを聞かないようです...



https://www.francetvinfo.fr/economie/transports/gilets-jaunes/qui-est-etienne-chouard-chantre-du-referendum-d-initiative-citoyenne-et-coqueluche-des-gilets-jaunes_3097123.html

ギャラリー
  • ジョージ·ウレ:2022年9月に日本でM9+大地震が発生し、太平洋全域で津波警報が発令されるという独自の報告があります。
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • オーストラリア強制ジャブ命令に関する状況アップデート報告書-公衆抗議
  • オーストラリア強制ジャブ命令に関する状況アップデート報告書-公衆抗議
  • ギャリー·D·バーネット:「インフレ、貧困、飢餓、経済崩壊、ファシズム、マルクス主義、共産主義、殺人: ニューノーマル?」
  • ギャリー·D·バーネット--新型コロナ(コビド)ワクチンは国家政府の認可を受けた殺人に等しい
カテゴリー
  • ライブドアブログ