連帯、愛、美しい話

オーストラリア:ホームレスの人々のための避難所は地下駐車場に設置されています


ノルム・マクギリヴレイ(Norm McGillivray)は、これらの巨大な屋根付きスペースを夜間に役に立たせないままにするのではなく、オリジナルで連帯のためにそれらを使用することを好みます。


20191118

アクセル・ルクレール

1168A1BF-223B-4DE0-B35F-CD726B862E82

風邪が復活しようとしている間、毎年のように、ホームレスを収容するのに十分なスペースがシェルターにないことを耳にするでしょう。 解決策があります。 オーストラリアの例では、ベッドダウン協会が地下駐車場に投資して快適な寮に変えています。


Beddown Associationは、42歳のノルム・マクギリヴレイ(Norm McGillivray)によって設立されました。 彼の信条? 「複雑だと言うのは簡単すぎます。 「この問題の解決策はないという口実で人々が外で眠ることを受け入れることには疑問の余地はありません

16E1FF8F-AA31-44FD-BF07-BCAD98CE322C

駐車場にホームレスの人々を住まわせるという考えを突然思いついた。ノルム・マクギリヴレイ( Norm McGillivray)9newsに語った:


「私は完全に空の駐車場を歩いていたとき、この巨大なスペースは別の方法で使用できることに突然気付きました。"

45889395-2C74-4EAE-965E-A12972D67F1A

地下駐車場の利点は、夜間は暖房が効いていて、通常は市内中心部にあることです。 したがって、非常に寒い気候で屋根を奪われた人を緊急時に収容するのに理想的です。


PDG Secure Parking(オーストラリアとニュージーランドに600の駐車場)のCEOであるピーター・アンセン(Peter Anson)との1年の交渉の後、ノルム・マクギリヴレイ(Norm McGillivray)はついにブリスベンで彼のアイデアをテストすることができました。

44994BA5-F83A-48F8-9B07-4A868AB0E6C1

9月末には、シーツ、枕、羽毛布団を備えたベッドが約15台、市の駐車場に設置されました。 しかし、医師、歯科医、美容院もこの装置に加わりました。 オペレーションの目的は、緊急時の収容という単純な問題をはるかに超えているためです。


ノルム・マクギリヴレイ


「睡眠不足は大きな問題ですが、これらの人々にとって安全な睡眠場所を見つけることだけではありません。 また、これらの人々が自分の人生を変え、彼らを救うのを助けることでもあります。 時間の経過とともに、ホームレスは自信を失い、尊厳と自分自身に対する尊敬を失います。 彼らがそれを見つけるのを手伝うことができます。」

5D501FF1-5493-409A-9FDC-3FAE0737E166

この概念は奇跡的な解決策でも理想的な解決策でもありません。 それからはほど遠い。 しかし、あなたが意志さえあれば、緊急対応の欠如は致命的ではないことを思い出させてくれます。


素晴らしいです。


https://positivr.fr/parking-refuge-sdf-australie/
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
 

気前のいい素晴らしい行動:食肉処理場を避けるために、ある農家が3000羽の鶏を寄付する!

ある優しい産卵鶏のブリーダーは、家畜を更新することを余儀なくされ、自分の鶏が肉のために売られて行くのを見るのを拒否し、養子縁組を委託することを好みます。


EAA73296-9B22-4BE0-8E81-D8B27F8D1602




フランスのアルデッシュ地方の、クリスチャンは産卵鶏のブリーダーであり、3,000羽の鳥が食肉処理場に行くのを拒否しています。その結果、彼は大規模な救助活動を計画しています。賞賛に値する予期せぬ気前の良い行動です。ニワトリをタダで入手したい人々にとって都合が良いですね。



クリスチャンがこれを行ったのはこれが初めてではありません。昨年、彼はすでにAltervita協会を通じて1001羽の鶏を受け入れさせることに成功していました。今回、目標は3000個のニワトリを養子で配置することです。

「屠殺場に出す前に3000羽の鶏を救う機会があります。これらは、ローマン種の雌鶏です。アルデシュにあるセントペレイとトゥルノンの間にある繁殖オーガニックです。彼らは18ヶ月であり、人間に慣れています。"

なぜこれらの鶏から別れなければならないのか?彼は収益性という必要のために18ヶ月ごとに家畜を更新する義務があります。しかし、彼の目標は肉を作ることではないので、クリスチャンは彼のために、1年半の間「働いた」動物達を殺したくありません。したがって、養子オプション。


899AABA4-D1AE-4FF6-8097-0A3D39B27E5F



すべての希望者は、次のようなオンラインフォーム知らせるよう招待されています。

「めんどりは一人暮らしができないので、家に1匹もいない場合は、少なくとも2匹を採用することを検討してください。オンドリがいる場合、同居がうまくいくには少なくとも4羽の鶏が必要であることを忘れないでください。"

雌鶏は830日から915日までに受け取りに来れます。養子縁組の費用?3ユーロ。私たちの協会のこの救助の費用を賄うことと「駆虫剤を支払うことで、あなたのひなを1年間保護します。

別の重要なポイント:

「できるだけ多くの鶏を救うことができるように、私たちは(現場に来るか、安全な相乗りで)それらを回復する解決策を持っている人々を奨励します。"

車の相乗りは、Facebookを介して編成され、提供されてます。

アマチュアへの通知でした。




https://positivr.fr/eleveur-donne-poules-ardeche/

このコンゴ人の少年は模型スタジアムの複製を作る

アフリカの少年が空き缶などの回収材料からオモチャの自動車をとても上手に作ったり、大小の空き瓶を叩いたり、吹いて素晴らしい音楽を奏でたり、木片で繊細なセンスのある彫刻を彫っている記事はよく読みます。世界のどの大陸よりもヨーロッパ人により強奪され、貧しい生活を強いられ、教育の機会を与えられなかった人びとですが、実は頭の良い人々が沢山いる大陸でもあります。これからはアフリカにも輝かしい時代が来るでしょう。

232C2BB3-92CE-4FE7-8C06-4A6B41BAABDF


 

ジョルキアム・サンバ・マンプイアは14歳です。彼の情熱は?建築です。回収材料から、美しいモデルを構築します。


幾人かの子供たちは魔法の指を持っています。この場合がジョルキアム・サンバ・マンプイアです。14歳で、このコンゴ人は回収材料から世界の最も美しいスタジアムを複製します。結果は驚くべきです。

建築に情熱を持ち、ジョーコとニックネームで呼ばれ、カートン、紙、あちこちで拾った漁網の糸などでモデルを作ります。

ご覧ください(動画:ここをクリックして下さいAJ+):





ビデオの内容
:

世界中のサッカースタジアムを作る。

小型で。

それが14歳のコンゴ人の素晴らしいアイデアです。

電気工学の学生。

ジョルキアム・サンバ・マンプイア

ジョーコというニックネームで

建築の情熱家です。

「僕が沢山の時間を費やしているのが建築で、それは何かを作る事
です。

僕はあまりサッカーをするのは好きではないが、

しかし、僕はサッカー関係のモデルを作るのが好きです。」

彼の最新の創作は【キンシャサ(コンゴの首都)の殉教スタジアム】
です。

製造するために、カートン、のり、プラスチック、ペイント、
同じく
漁網を使います。

「僕はすでにスタジアム・サンディエゴ・ベルナベウとキャンプ
・ヌウ
を作りました。僕は沢山のスタジアムを作りました。
僕は同じく
520のキンシャサ・スタジアムも作りました。
スタジアム・ルムンバシの
TPMazembe」 

キンシャサの郊外の貧しい家族で5人の長男ですが、ジョーコは
いつか
世界で最も大きい建築家レベルになりたい。

「僕は世界に知られたい。最も大きい建築家の一人になりたい。

自分の名をこの世界に残したい。コンゴ共和国から出たコンゴ人
が彼特有の
美術を創造した、と言われたい。」





アクセル・ルクレール


https://positivr

スイスのバーゼルでは、食料の無駄に反する戸棚が通りに設置された

フッド・シェアリング(食料を分かち合う)協会は通りに5つの戸棚を設置し、各自が必要に応じて持ってきたり、取ったりできることにした。

55A2649C-5B3F-42BA-81EC-D3F487D90CF3




食料の無駄という惨禍から抜け出せる国はほんの少しであろう。スイスでもその例にもれなく、毎年2から3千万トンの食料がゴミ箱に捨てられている。それで、この痛い統計を少し和らげるために、1つの協会は簡単で輝かしいアイデアを持った通りに戸棚を設置する。説明。


4AE8A5A0-7D4F-40F0-B935-43E3D020762C

 


これはバーゼルの通りのことです。フッドシェアリング協会は5つの戸棚を設置した。その中に各々が自由に、無料の食料を置いたり取ったりできる。目的は:有り余った食べ物はゴミ箱に終わらないで皆が利用できるということである。このフランス3テレビの報道をご覧ください(un reportage signé France 3):<-----ビデオを見たい方はここをクリック。




F4D84333-DE60-4F0B-87B9-0E7458022D02




9882F48E-9D41-4F7A-8334-21B3DFBBB9FF





アクセル・ルクレール(Axel Leclercq)


https://positivr.fr/bale-placard-nourriture-gaspillage-alimentaire-foodsharing/

ギャラリー
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
カテゴリー
  • ライブドアブログ