政治、経済、社会、インフラストラクチャー

トンネルの終わりには、すべての人に役立つまったく新しい経済システムを備えた光と愛があります。

坂本花子

1221

ロン・ジャイルズは量子金融システムを素晴らしく説明する記事を出しているひとですが、今回はRV後の新経済システムが従来のピラミッド型ではなく、キューブ経済構造による人間の尊厳を基盤とした人道主義の世界の到来を説明しています。これまでの資本主義で自分に奉仕するエゴ的な社会から、他人に奉仕する光と愛の社会への移行です。


ロン・ジャイルズによる「ピラミッド、キューブ、およびRV

12/19/2020 

43142B22-1EAC-40B7-9A6E-0A04516C6F34

グラフィックのキューブはジンバブエの旗です。ジンバブエ債とその償還は、新しい経済構造が構築される基盤であるキューブ(CUBE)として機能します。

声明:個人にたくさんの無料のお金をダウンロードすると、蝶が飛ぶのを助けるなど、人間の尊厳を破壊する可能性があります。 。救い主の代わりに神を送ってください。それは微妙ですが、そのようにはるかにうまく機能します。

四半期(三ヶ月ごとに)ごとにたくさんのお金をダウンロードすることで、実際に肩にかかる負担に精神的に備えることができなければ、自分の尊厳を破壊することができます。負担は個人的なものであり、私たち自身の個人の尊厳を維持するための道は、私たちの尊厳を失う可能性への個人的な目覚めを必要とします。私たちは悪魔のような計画に身を売ることを避けなければなりません。私たちの準備の結果は、私たちの新しく見つけた富が私たち自身と私たちが奉仕したい他の人々にとって祝福になるのか呪いになるのかを決定します。繰り返しますが、それは個人的なものであり、天は私たちがそれを正しくするために必要な回数だけそれを作る機会を私たちに与えてくれます。お金が私たちにどのように影響するかについては、常に私たち自身の認識に任されています。私たちはソブリンであり、人道的活動の方法を学ぶのは私たちの責任です。

私たちが得る莫大な金額を理解する必要はありません。それは事実上不可能です。その現実を確認するための経験や基準枠​​はありません。私たちは、人類を助け、そのようなことを気にかける人々にすべてのお金の認識を任せるという私たちの計画に十分であるということを知ったばかりです。

あなたの考慮のために、私が私自身の人道的活動で使用しているいくつかの可能なガイドラインを共有したいと思います。

現在の経済システムは、ピラミッドのような構造に基づいています。利益の大部分を占めるエリートのトップエシェロンをサポートする、幅広い働きバチの基盤。これは究極の資本家、ねずみ講、「成功のはしご」です。それは、不条理な利益がトップにフィルターされるように、意図的にこのように構築されました。働きバチは、ほとんどの場合、生き残るのに十分です。労働者に取って代わる新技術は、不要になった場合に労働者を自分の身を守るために手放すという思いやりのないシステムの一部であったものから、心配なしにただ立ち去ります。私たちの人道的活動の真の目標は、私たちが貧しい人々や、「ホームレス」と言う貧しい人々、または貧しい人々と呼ぶ低い割合だけでなく、「中産階級」を含む99パーセント全体です。

ピラミッド経済システムは、エリートを支持しないキューブ経済システムに置き換える必要がありますが、むしろ、すべての人が生き残るだけでなく、繁栄し、トップになる機会を与えるシステムを作成します。

新しい経済システムは、すべての人が社会全体を支援するために独自性を利用できるように相乗的に設計されなければなりません。それは、誰もが豊かさの一部を手に入れ、全体への愛の努力に対して補償されることを意味します。これは仕様によるものでなければなりません。これが、私たちが資金を得て、すべての人に利益をもたらす方法でそれらを使用する理由です。それが私たちの仕事です。

政府の哲学はありません;社会主義、共産主義、ファシズム、立憲君主制は、全体を対象とした新しい社会での私たちの生活を変える可能性があります。それは私たち国民によってなされなければなりません。古いピラミッド経済モデルは、私たちが一体となって生きるための正しい原則と調和して自分たちのために物事を行うのではなく、私たちのために物事を行うことを政府に依存しています。

私たちのニーズに対する政府への依存は、クラスの階層を生み出し、個人的な責任ではなく依存を促進します。陰謀団経済システムが政府と中央銀行の債務ベースの銀行システムへのこの依存を生み出し、私たちを管理できるようにするのは設計によるものです。あなたが借金のために冷酷な命令を見ているとき、自由はありません。これは、政府債務だけでなく個人債務にも当てはまります。借金の多くは、人類の大衆のために、目的のために作成された奴隷の考え方の一部です。誰に国の借金を負っているのか疑問に思ったことはありませんか?それが成長し、決して返済されないように成長するにつれて、それがどれほど悪いかを聞くだけです。

また、「刺し傷を蹴る」ことができず、自分で生計を立てることができない場合、個人の尊厳はありません。この経済ピラミッドシステムは、生きる価値のある人生を送るために、最終的には他の人々のために働く2つまたは3つの仕事を必要とするように設計されています。 23の仕事でも十分ではないため、借金が発生することがよくあります。先に進んで不正なシステムに失敗しようとすると、無関心が生まれ、創造的な思考が否定されます。最終的には、自己満足と「落ち着き」を与え、良い借金奴隷になります。テレビを見たり、ビデオゲームをしたりして、自分自身を麻痺させたり、馬鹿にしたりすることができます。さらに悪いことに、失敗の荒廃からの後退として麻薬に屈服します。もう一度失敗するのなら、なぜ試してみるのですか?

キューブ経済構造(Cubed Economic System)は、自分の生活を創造したい人に、チャンスがあるだけでなく、自分の主導で物事を成し遂げたいという願望と信仰を持たせることで、個人の成長に応えます。これは人格と尊厳を構築し、人がそれを認識しているように、彼らの創造の完全な尺度を満たすことを可能にします。自分が運命の主人であり、他のソブリンとの関係の立法者であるソブリンとして機能する能力は、社会が全体の利益のために高いレベルで機能するために必要な調和と平和を生み出します。強制された階層ピラミッドスキームでは、経済は個人の主権や責任を奨励しないため、全体として決して良いものにはなりません。エリートは他のすべての人と同じように体重を減らす必要があります。ピラミッドの上部を切り落とす必要があります。彼らのお金の計画が失敗するので彼らが落ちるのを見てください。彼らが他人に請求する代わりに自分の生計のために働き始めるとき、彼らは労働者の後ろから離れるのではなく、社会の生産的なメンバーになるチャンスを得ます。これは、共に生きる社会に大混乱をもたらす哲学です。

ピラミッド経済モデルは階級の区別を生みますか?周りを見回すだけです:上流階級、中産階級、そして貧しい人々。どのクラスで識別しますか?

新しいキューブ経済構造では、確かにリーダーが存在しますが、リーダーは、自我への自己奉仕や他者に対する権力の必要性によって継続的な依存を生み出すのではなく、正しい原則を使用して調和して行動します。

病気にかかった木の葉をハックする数十万人のために、(ピラミッド経済システム)病気にかかった木を切り倒し、根を殺し、病気にかかった土壌(病気にかかった陰謀団ベースのピラミッドシステム)を取り替えることによって病気にかかった木を取り除き、そして私たち人間の家族の健康的な生活を維持する健康な木の森を植える事ができます。

人道主義者は、正しいことであるように、私たちの間で虐げられた人々や貧しい人々を助ける機会を見るでしょうが、彼らの尊厳を奪い、他人への依存を必要とする無料の贈り物で恵まれない人々を惜しみません。むしろ、そもそも貧しい人々や貧しい人々を引き起こした問題の根源に焦点を当てましょう。彼らに魚を教えるだけでなく、魚だけでなく、教育と成功した生活のための道具で彼らの生活を支援することを教えましょう。彼らがボートと彼ら自身の釣り道具を買うのを手伝ってください、そして彼らは彼ら自身で彼ら自身の必要性の世話をします。必要に応じて助成金や無利子ローンを利用して、人々が自分でうまく働けるように努力し、社会全体に利益をもたらす責任ある個人の社会を再構築するために、すべての人が受け入れて参加できる正しい原則に焦点を当てましょう。あなたや他の人のために働くニッチを見つけて、それから全速力で魚雷を酷評してください。それが依存の流れを止め、人格と自給自足を構築するところにお金を入れてください。あなた自身の内なるガイダンスがこの努力を助けます。それを信じてください。

このトンネルの終わりには、すべての人に役立つまったく新しい経済システムを備えた光と愛があります。私たちが光に突入するとき、私たちはすべての人に尊厳を持って正しい方法で物事を行います。


愛をもって導くすべての人への祝福と愛。


ロン・ジャイルズ

ある元SE日本人のトランプ大統領への公開状

坂本花子

1214

外国の私のお気に入りサイトである「https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/12/30-years-from-japans-ds-politics.html」で、以下の一日本人からの素晴らしい公開状が出ていました。この方の勇気ある手続きに心から感謝し、問題に覚醒している多くの日本人達も同感であり合流すると思われます。

このoperationdisclosure1.blogspot.comサイトで、わずか数ヶ月前にオランダ人のライナス・ブアハーゲン氏が同じような公開状を書いていました。彼の願いは叶えられたようです。ジョン ・フリン将軍がオランダに飛んで指揮していたと読んだ記憶があります。

日本がDS(ディープステート)から解放され、そして世界が解放されるのを心から望んでおります。宜しくお願いします。そしてトランプ大統領と世界中の素晴らしいホワイトハット、軍人さん達ありがとうございます。我々世界の人民はこれらの素晴らしい人々とあります。ありがとうございます。


日本のDS、政治、経済、貧困、少子化、デフレ経済などから30|| Guy'sLooseSocks(リーダー)


20201213日日曜日

Reader Post | By Guy'sLooseSocks

30years from Japan's [D]eep State, politics, economy, poverty, declining birthrate, deflationary economy, etc.

(Display prohibited: S.Yokosuka)

0. Understand that I am a former SE, not a historian.

I also respect President Trump, who fights against the DS. If possible, I would like to ask you to clean up Japan.

A. Overview

-Japan is located in the "Far East" when viewed from Europe and the United States, and as a result of being an "island country", it has played a major role in preventing aggression from overseas. Japan is located directly above the old map of the West, and it is natural that it is called "Hiizurukuni(日出国)".

 However, speaking of Japan today, many naturalized people are in control of Japanese politics.

-In addition, because it is a defeated country, Japanese politics is driven by politicians directed by the CIA and CSIS.

 The exit from the bubble is Too Small, Too Late, and continues to the present.

B. Problem

(1) GHQ era (I think you can find out by examining US materials)

 In the early postwar period, there were Koreans (Korean, North Korean) such as recruiters(徴用工) who were Japanese at that time, but they wore Japanese soldiers' military uniforms and repeatedly committed crimes. Includes mass jamming, ra|pe and arson. The crime plan is the Japanese Communist Party, and the perpetrator is Korean.

(2) You will remember that postwar politics scattered money to the Liberal Democratic Party, the Socialist Party, and (Communist Party?) And dominated Japanese politics by the CIA. After all, I think it was American politics, not national politics.

(3) You know that through CSIS, Japanese politicians have destroyed the postal savings, pensions, and life insurance that they used to run the state.

If anything, you can find out by interviewing CSIS and the relevant politician.

(4) Post-bubble measures show how Japanese politicians are economic and financially deaf. Japan has stagnated for 30 years, and other countries (especially Southeast Asia) are developing significantly.

(5) Currently, Japan is raising the consumption tax and promoting globalization.

With this, the economy will go out and the people will become more and more poor.

No matter how much wisdom is squeezed, money will flow overseas and the only way to sell it is to lower the price.

As a result, we are in a situation where we cannot pay tuition fees, school lunch fees, and child abuse.

(6) Immigration problem = declining birthrate problem

Immigrants, including Hokkaido and Okinawa, have become a major issue in Japan.

The theory is that immigrants are brought in because there is not enough manpower, but the reason for the lack of manpower is the declining birthrate, and the declining birthrate is due to poverty and the inability to support families.

(7) Speaking of the Ministry of Finance, the national debt is said to be several million yen per person, which instills a sense of fear in the people.

The tax earned by the people will flow overseas, and if the consumption tax is raised further, it is natural that the willingness to purchase will be lost, and deflation will not stop.


It would be great for a very poor person like me, but national savings would decrease and it would be impossible to design the future of the family.

(8) The Ministry of Finance of Japan has a double book called "Special Account". I won't talk anymore because some lawmakers were assassinated in pursuit of this.

The above are problems that I know, even if I am not a politician, and I think that any person who is familiar with them will have problems.

C. Countermeasures

What I can think of now is to "introduce the gold standard and make the common people capitalists" behind the scenes of President Trump.

I know it's not easy because there are adversaries, but I hope it will be realized as soon as possible.

Even today, many people are gone because of poverty.

I wonder if there is anything I can do, but since it is done in secret, there is nothing I can do as a poor man.

How about, I'm hoping that I can understand what I mean.

I wish the end of the slave era.

I will say it again. The only Japanese politicians are DS.

God Bless you, japan, US, and world.


(Japanese Translation)

0.私は元SEであり、歴史家ではなことをご理解ください。

  また、DS等と戦うトランプ大統領を尊敬しています。できれば日本の大掃除もお願いしたいところです。

A.概要

 ・日本という国は欧米から見れば「極東」に位置し、「島国」という陸続きで無い結果、海外からの侵略を防ぐ上で大きな役割を果たしてきました。西洋の古地図では日本は真上に位置し、「日出国」といわれるのも当然と思います。

 ・この結果、争いは少なく、争うのは武士だけでした。したがって、日本文化を構成するものは破壊されずに保存されています。西洋のように石造りではないので、定期的な建て替えはひつようです。

 ・しかし、現在の日本といえば、多くの帰化人たちが日本の政治を握っています。

 ・加えて、敗戦国であるため、日本の政治はCIA,CSISの指示する政治家が動かしています。

 ・バブルからの脱却はTooSmall,TooLateとなり現在に至ります。

B.問題点

 (1) GHQ時代(米国の資料を調べれば分かると思います)

  ・戦後まもないころ、当時日本人だった徴用工などの朝鮮人(韓国人、北朝鮮人)がいましたが、日本兵の軍服を着て犯罪を繰り返していました。集団での破壊活動やレイプ、放火を含みます。犯罪の計画は日本共産党で、実行犯は朝鮮人と聞きます。

 (2) 戦後政治はCIAが自民、社会、(共産?)にカネをばら撒き、日本の政治を制御したことはあなたたちの記憶にあるでしょう。結局、国民のための政治でなく、米国のための政治だったと思っています。

 (3) CSISを通じ、日本の政治家は国家運営に使っていた郵便貯金、年金、生命保険を破壊してきたことはご存知でしょう。

   なんなら、CSISや該当する政治家にインタビューすれば分かることです。

 (4) バブル後の対策は日本の政治家がいかに経済・金融音痴であるかを示しています。30年間日本は足踏みし、他の国(特に東南アジア)は大きく発展しています。

 (5) 現在日本では消費税を上げ、グローバル化を進めています。

   これでは、経済は外に出て行き、国民はますます貧困化します。

   いくら知恵を絞っても、カネが海外に流出し、価格を下げて販売するしか方法がありません。

   結果、学費が払えない、給食費が払えない、子供の虐待などの状況になっています。

 (6) 移民問題=少子化問題

   日本では北海道、沖縄をはじめ、移民が大きな問題になっています。

   人手が足りないから移民を入れるという理屈ですが、人手が足りない理由は少子化にあり、少子化は貧困化が原因で、家族を養えないことが原因です。

 (7) 財務省といえば、国の借金は国民一人当たり数百万円といい、国民に恐怖感を植え付けています。

   国民が稼いだ税金は海外に流出し、更に消費税を上げては、購買意欲がなくなるのも当然で、デフレは止まりません。

   私のような超貧乏人にはそれはそれでありがたいのですが、国民貯蓄は減少し、家族の将来設計は出来なくなります。

 (8) 日本の財務省には「特別会計」という2重帳簿があります。これを追求して暗殺された議員がいますので私もこれ以上話しません。

 以上は政治家でもない私の知る問題点であって、詳しい人ならいくらでも問題が出てくると思います。

C.対策 

 今私に思いつく対策は、トランプ大統領が裏で推し進めている、「金本位制と国民に資本を与える」ことです。

 敵対者がいるので簡単ではないことは承知していますが、いち早い実現が望まれます。

 今この間にも貧困で亡くなっている人は大勢いるのです。

 私になにか出来ることは無いかと思うのですが、ことは秘密裏に行われているので貧民の私に出来ることはありません。

 いかがでしょう、私の言いたいことが理解できることを期待して終わります。

奴隷時代の終わりを願っています。

もう一度言います。日本の政治家はDSばかりです。


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/12/30-years-from-japans-ds-politics.html


http://hanakosakamoto33.blog.jp/archives/7528644.html#more

CNNニュース : 日本-自殺大国:伝統的に女性を無価値化、虐待する国。


坂本花子

122

以下はCNNの記事で、先日フランスにも日本の女性の自殺に関して記事が出ていました。このようにして、世界中では日本女性の虐待が知られていて心配されて来たが(これに関する日本男性の態度は外国では超有名)、日本では現在まで普段は巧妙に社会から隠されていたが、従順で全ての犠牲を受け入れるという洗脳教育を受けて来た日本女性が、このコロナウイルス・デマの機会に完全に崩壊している最中です。

人類の半分(もしくはそれ以上)である女性に人間として生きれる手段を与えずに、死に至らしめる最低の生活条件を提供する歴代政治家(背後のカバル/デープステーツの日本女性弱体化という政治を推進する)/傀儡政府、男尊女卑の思想が今でも根底に染み付いて気にしない男性優遇社会の、日本における女性の虐待は続いています。

この記事を取り上げたCNNは米国ではこのたびの大統領選挙の不正選挙で、全主流メディアと共に外国と共謀する反逆メディアとみなされています。要するにグローバリスト/デープステーツ所有メディアで、新型コロナウイルス・デマを故意に広げて、世界人口を貧困化させ、弱体化させ、世界的な中小企業の倒産、大量失業を意図的に進めているとされています。これら新世界秩序/カバルの目的は90%の人口削除です。ワクチン、危険な薬品、農薬etc、想像できる全ての方法で人口削除という不吉な計画を推し進めて来ました。それに加えて,日本の場合は、はるか昔から、国内にイリュミナティそっくりの構造が外来人が日本に侵入するにつれて1%に寄生し、戦国時代の軍事独裁を1%のために推し進め、それを死守する洗脳を伝統的に伝えて来た武家、侍軍事組織が日本人を明治維新まで鉄の手で日本を支配して来ました。日本内にすでに新世界秩序、1%による99%の支配組織の共産主義体制があったわけです。その中で一般女性は貧しい人々とピラミッドの1番下にありました。ピラミッドの基盤です。

日本人の自殺は「侍の切腹」の習慣(城の主の都合で、これら1%の地位を遵守する目的で押し付けられた信念)から来ているように思われます。これは「死んで責任を取る」という観念で、「他人ではなく自分が悪いという自責の観念」であり、「自ら死刑を課す」というその行動により、過剰的に「死」を美化する。城の主にとってなんと都合がいいことでしょう!全ての責任を自分で背負って、さらに自分で死んでくれます!

その後、自殺は切腹と同化され、立派な行動として、歴史、書物、教育etcで過剰美化され今日に至る。

世界中の人口をワクチン、がん検診、戦争、農薬etcで削減しようと一生懸命になっているグローバリスト/傀儡売春主流メディアにとってなんて都合がいいのでしょうか?!

日本人は何も言わないで、戦わないで、従順な羊の目をしながらみんな一人で自殺してくれる!なんと都合のいい国民気質なのか?

これ以上日本人の自殺をやめさせたかったら、テレビでスイッチ切ることです。外国グローバリストメディアを見ない、読まない。日本からこれらの洗脳の原因になる全てのメディア、政治家、1%の支配層を取り除くこと。そして市民自身が集会(米国で言うWe the People)で全てを決めること。もうテレビで怠慢に嘘政治家のやり遂げなかった行動パレードを聞くことをしない


7B863DED-BF68-45C7-A147-4B298F7CB89D

日本では、2020年全体で新型コロナウイルスよりも先月自殺で亡くなった人の数が多かった。そして女性が最も影響を受けた

セリーナ・ワン、レベッカ・ライト、若槻陽子、CNN

20201130

東京(CNN)小林恵理子は4回自殺を図った。

初めて、彼女はちょうど22歳で、東京での家賃と食料品の請求をカバーするのに十分なお金を払われていなかった出版のフルタイムの仕事をしていました。 「私は本当に貧しかった」 と事件後3日間無意識のうちに病院で過ごした小林は言った。

現在43歳の小林は、メンタルヘルスの問題について本を書き、NGOで着実に仕事をしています。しかし、コロナウイルスは彼女が以前感じていたストレスを取り戻しています。

「給料が減り、トンネルの先に光が見えない」と彼女は言った。 「私は常に貧困に陥る可能性があるという危機感を感じています。」

専門家は、パンデミックがメンタルヘルスの危機につながる可能性があると警告しています。大量失業、社会的孤立、不安が世界中の人々に打撃を与えています。

日本では、政府の統計によると、10月の自殺はCovid-19のこれまでの1年間よりも多くの命を奪っています。日本の警察によると、日本の自殺者数は10月に2,153人に増加した。金曜日の時点で、日本のCovid-192,087人でした、と保健省は言いました。

526DC295-9BB6-414C-88EB-58900872D51E

日本は、タイムリーな自殺データを開示している数少ない主要経済国の1つです。たとえば、米国の最新の全国データは2018年のものです。日本のデータは、他の国々に、どのグループが最も脆弱かというメンタルヘルスに対するパンデミック対策の影響に関する洞察を与える可能性があります。 

東京、そして自殺の専門家の早稲田大学准教授の上田路子氏は、「封鎖すらされておらず、他の国に比べてコビッドの影響はごくわずかであるが、それでも自殺者数が大幅に増加している」と述べた。 

「それは、他の国々が将来、自殺者の数が同様に、またはさらに大きく増加する可能性があることを示唆しています。」

小林恵理子さんは過去にメンタルヘルスに苦しんでいました。 彼女は、パンデミックが貧困に陥るという強い恐怖を取り戻したと言います。
CC299FD9-0A4F-4EBC-9DC4-05379E327AC9

新型コロナウイルスの女性への悪影響

世界保健機関によると、日本は長い間、世界で最も高い自殺率の1つに苦しんでいます。 2016年の日本の自殺死亡率は10万人あたり18.5人で、西太平洋地域の韓国に次ぐものであり、世界の年間平均である10万人あたり10.6人のほぼ2倍でした。

日本の自殺率が高い理由は複雑ですが、長時間労働、学校の圧力、社会的孤立、メンタルヘルス問題をめぐる文化的スティグマがすべて要因として挙げられています。

しかし、保健省によると、2019年までの10年間、日本では自殺者数は減少しており、昨年は約2万人に減少しました。これは、国の保健当局が1978年に記録を取り始めて以来の最低数です。

パンデミックはその傾向を逆転させたようであり、自殺の増加は女性に不釣り合いに影響を及ぼしました。自殺者の割合は男性よりも少ないですが、自殺する女性の数は増え続けています。 10月の日本の女性の自殺は、前年同月比で約83%増加しました。比較のために、男性の自殺は同じ期間にほぼ22%増加しました。

これにはいくつかの潜在的な理由があります。ホテル、外食産業、小売業では、レイオフが深刻なパートタイム労働者の大部分を女性が占めています。小林氏は、友人の多くが解雇されたと語った。 「日本は女性を無視してきた」と彼女は言った。 「これは、何か悪いことが起こったときに、最も弱い人々が最初に遮断される社会です。」

非営利の国際援助組織CAREが実施した10,000人を超える世界的な調査では、男性の10%と比較して、女性の27%がパンデミック時のメンタルヘルスの問題の増加を報告しました。

調査によると、これらの収入への懸念をさらに悪化させ、女性は急増する無給の介護負担に対処している。 仕事を続ける人にとって、子供たちが学校や保育所から家に帰るとき、彼らの通常の仕事の義務と同様に、それらの責任を引き受けることはしばしば母親に委ねられます。

子供の健康と幸福に対する不安の高まりも、パンデミックの際に母親に余分な負担をかけています。

本名を使いたくない35歳のあかりさんは、今年、未熟児が6週間入院した際に専門家の助けを求めたと語った。 24時間はかなり心配だった」とあかりは言った。 「これまで精神疾患の病歴はありませんでしたが、いつも本当に不安を感じていました。」

パンデミックが激化するにつれて彼女の感情は悪化し、彼女は息子が新型コロナウイルスに感染するのではないかと心配しました。

「私は希望がないと感じました。私はいつも最悪のシナリオについて考えていたように感じました」と彼女は言いました。

「あなたのための場所」

3月、21歳の大学生の小空幸樹さんが24時間メンタルヘルス・ホットライン「あなたのいばしょ」を開設しました。 彼は、民間の寄付によって資金提供されている非営利のホットラインは、1日に平均200以上の電話を受けており、発信者の大多数は女性であると述べた。

「彼らは仕事を失い、子供を育てる必要があるが、お金がなかった」とオゾラ氏は語った。 「それで、彼らは自殺を試みました。」
3394F5B9-0448-45E9-9375-268093D7540D
 

ほとんどの電話は夜通しで、午後10時からです。 非営利団体の600人のボランティアは、世界中のさまざまなタイムゾーンに住んでいて、彼らに答えるために目を覚ましています。 しかし、メッセージの量に追いつくのに十分なボランティアがいない、とオゾラ氏は語った。

大学生の小空幸樹さんは、3月にボランティアによる24時間メンタルヘルスホットラインを開始しました。 現在、彼らは1日に200件以上の電話を受けています。

彼らは最も緊急性の高いテキストを優先します-自殺や性的虐待などのキーワードを探します。 彼は、5分以内にテキストの60%に応答し、ボランティアは1人あたり平均40分を費やしていると述べました。

匿名で、オンラインメッセージングを介して、人々は彼らの最も深い闘争を共有します。 電話でリクエストを受け取る日本のほとんどのメンタルヘルスホットラインとは異なり、小空氏は、多くの人々、特に若い世代は、テキストで助けを求める方が快適だと言います。

4月、彼は、最も一般的なメッセージは、子供を育てることについてストレスを感じている母親からのものであり、自分の子供を殺すという考えを告白する人もいると述べた。 最近では、女性からの失業や経済的困難、そして家庭内暴力についてのメッセージが一般的であると彼は言います。

 『父にレイプされている』、 『夫が私を殺そうとした』などのメッセージを受け入れてきた」と小空氏は語った。 「女性はこの種のテキストをほぼ毎日送信します。そしてそれは増加しています。」彼は、メッセージの急増はパンデミックによるものだと付け加えた。 以前は、学校、オフィス、友人の家など、「逃げる」場所が増えていました。

子供たちへの圧力

保健省によると、日本は自殺が15歳から39歳の若者の主要な死亡方法である唯一のG7諸国です。また、20歳未満の自殺はパンデミックの前から増加していました。

パンデミックの制限により子供たちは学校や社会的状況から外れるため、虐待、ストレスの多い家庭生活、宿題に遅れをとることによる圧力に対処していると小空氏は語った。 5歳の子供たちがホットラインにメッセージを送っていたと彼は付け加えた。

春のパンデミック中の学校の閉鎖は、宿題の山積みの一因となっています。国立成育医療研究センターの森崎奈穂氏によると、子供たちは友達に会う自由も少なく、ストレスの原因にもなっているという。センターは最近、8,700人以上の親子を対象にインターネット調査を実施し、日本の学童の75%がパンデミックによるストレスの兆候を示していることを発見しました。

森崎さんは、子どもの不安と親の不安には大きな相関関係があると考えているとのこと。 「自傷行為をしている子供たちはストレスを感じており、母親や父親の話を聞くことができないので、家族に声をかけることができません。」

問題解決のスティグマ

日本では、孤独と闘争を認めることに対するスティグマがまだあります。 小空さんは、「助けを求めるのは悪いことはわかっているが、話せますか?」という言葉で、女性や親が自分のサービスで会話を始めるのが一般的だと語った。

上田氏は、うつ病について話すことの「恥」はしばしば人々を遠ざけると言います。

「それはあなたが公の場で話すことではありません、あなたはそれについて友人や何かと話しません」と彼女は言いました。 「(それは)助けを求めるのを遅らせる可能性があるので、それは私たちがここに持っている潜在的な文化的要因の1つです。」

未熟児の母親であるあかりも同意する。 彼女は以前米国に住んでいたことがあり、助けを求める方が簡単だと彼女は言います。 「私がアメリカに住んでいたとき、私は治療を受けた人々を知っていました、そしてそれはより一般的なことです、しかし日本ではそれは非常に難しいです」と彼女は言いました。

1990年代の金融危機後、日本の自殺率は2003年に過去最高に急上昇し、約34,000人が自殺しました。 専門家は、当時のほとんどの男性の一時解雇による恥と不安が、うつ病と自殺率の増加に寄与したと述べています。 

2000年代初頭、日本政府は、2006年に自殺予防基本法を可決し、この問題の影響を受けた人々を支援するなど、自殺予防と生存者支援に関する投資と取り組みを加速させました。

しかし、小空も小林も、それだけでは十分ではないと言っている。自殺率を下げるには、日本社会を変える必要がある。

「他の人があなたの弱点を知るのは恥ずべきことなので、あなたはすべてを隠し、それを自分の中に保持し、そして耐えます」と小林は言いました。 「私たちはあなたの弱さや悲惨さを見せても大丈夫な文化を作る必要があります。」

(続きは以下で…)

https://edition.cnn.com/2020/11/28/asia/japan-suicide-women-covid-dst-intl-hnk/index.html
 
http://hanakosakamoto33.blog.jp/archives/7452546.html#more


 

ニューヨーク、ロンドン、カリフォルニア、ますます多くの人々が大都市から去っている

坂本花子

103

米国のニューヨークや英国のロンドンなどの高級都市で住宅費や生活費が抜群に高く、高級な給料を稼いでも維持しなければならない生活費に消えました。しかし以下の記事にあるように、このコロナウイルス・ロックダウンで露出した多くの問題で、人々はこれらの高級都市から脱出しています。人々はもっと自然と質のあるシンプルな生活を求めて、仕事も毎朝、遠くから混み合う電車に乗って事務所で一日中働くことの無意味さにも気づき始めています。このコロナウイルス・ロックダウンで自宅で自由にネットに繋がりながら仕事ができる(これはどのような所に住んでいてもこのような仕事が可能であると人々は気づきました)

米国では、頭のおかしいと思われる政策を次々と出し、州を破壊に導いている民主党知事のカリフォルニア州から抜け出し、美しい心の安まる自然のモンタナに行って住み、自給自足生活を楽しく試みている人々が増えているようです。ロンドンからも人々は自国(トレーダーのような多くの外国人がシティで働いていた)や地方に向けて去っています。東京の未来も例外ではないでしょうね。


都市からの脱出と偉大さがどのようにして破産するか


2020930

Oftwominds.comのタイムリーなトピックの折衷的な範囲には、金融、経済、株式、住宅、アジア、エネルギー、長期的な傾向、社会問題、都市計画、仕事/トレードクラフト、健康/食事/フィットネス、持続可能性、レスポールギターと今後の大きな変革:www.oftwominds.com/blog.html


最良のシナリオは、「大都市」を愛する人々が、偉大ささえも破産する可能性があるという困難な現実を受け入れることです。


最近の2つのエッセイは、「都市の脱出」スペクトルの両端を固定しています。JamesAltucherのセンセーショナルなNYCIs Dead ForeverHere's Whyは、デジタル経済タイプがどこからでも機能できるようにする帯域幅の技術的改善と、犯罪の増加という不安定な脅威に焦点を当てています。彼の話では、どちらも長期的に加速する都市の脱出を推進するでしょう。


ジェリー・サインフェルドの鋭い反論、So You Think New York Is'Dead '、富、芸術、創造性、エンターテインメント、ビジネス、多様性、文化、特徴的な地域などの独自の集中に基づいて、ニューヨークや他の世界的な大都市の固有の偉大さに焦点を当てています。


どちらの作家も取り上げていない中心的な問題は、高コスト、高税の都市中心部の経済的実行可能性です。


となりのサインフェルドのマンハッタンでの居住は1976年の夏に始まり、連邦政府が市の債務不履行や破産の宣言から救うためにローンを提供した直後に始まったことを物語っています。


言い換えれば、サインフェルドはニューヨークの財政再建のまさに始まりに到達したが、その社会的衰退はさらに数年間続くだろう(1977年の停電や略奪など)。財政保守主義のエドコッチは1977年に市長に選出され、1978年までに市は短期債務を返済しました。


この支払能力への復帰は、激動の1960年代と70年代に郊外に移住した100万人以上の居住者に取って代わり、資本、才能、数十万人の新しい居住者を引き付ける最終的な復活の基礎を築きました


この都市の流出は、自己補強的なフィードバックを生み出した都市の衰退をもたらしました。居住性の低下が大きければ大きいほど、より多くの人々が引っ越し、それが商業と税金を減らし、都市の衰退をさらに悪化させるなどです。


極端がより極端になる方法で説明したように、これらのフィードバックループは、転換点/相変化に到達し、居住性と支払能力の両方が崩壊するまで、極端がより極端になる1つの方法です。


私が議論するもう1つのダイナミクスは、パレート分布です。これは、64 /4に蒸留できる80/20の法則です(80%の80%は64%、20%の20%は4%です)。重要な4%が行動すると、64%に大きな影響を及ぼし、その数に比例しません。


したがって、4%の犯罪者クラスが拡大する犯罪性は、64%の安全性とセキュリティに対する認識を劇的に変える可能性があります。


街で安全を感じなくなった人々に、犯罪が10%しか増えなかったと言っても、気が変わることはありません。


地区内のビジネスの20%が完全に閉鎖された場合、その地区は顧客を引き付けるのに十分な商取引の集中を維持する可能性があります。


しかし、企業の数が臨界しきい値を下回ると、顧客ベースが残りの企業を維持するために必要なレベルを下回るため、残りの企業の存続は疑わしくなります。


私が繰り返し強調してきたように、生き残った事業は高い固定費に悩まされており、商取引が崩壊してもそのどれも衰退していません。


繰り返しになりますが、買い物が安全で楽しいと感じなくなった人々に、1年前のように外に出て、費やし、費やし、費やしてもらうことはできません。


AltucherSeinfeldも、人口統計とより広い経済のマクロ問題について言及していません。


インフレの高騰とジェットコースターの株式市場にもかかわらず、1970年代には、ベビーブーム世代が商品やサービスの市場に参入し、雇用主のコストが低かったこともあり、仕事は豊富でした。


1980年代半ばまで、一人の若い労働者に優れた医療保険を提供するのに、月額50ドル(中程度の賃金の労働者には1日分の賃金)しかかかりませんでした。今日、1か月の優れた医療保険を、1日の適度な賃金で購入してみてください。


家賃がはるかに安かっただけでなく(家賃を支払うのに必要な労働時間数で測定)、家賃がゼロの「スクワット」や、さまざまな安価な「スラム」住居オプションがありました。これらの選択肢はほとんど住宅在庫から姿を消しているため、「大都市」に住むには莫大な犠牲が必要になります。


これらの前向きな人口統計とコスト構造を現在と比較してください。仕事が少なくなっただけでなく、仕事とアメニティのために「大都市」に群がったミレニアル世代の多くは、もはやそこに住む余裕がありません。


多くの人が外食や小売業で荒廃した仕事を見つけ、彼らは複数のルームメイトとアパートを共有することによってのみ経済的に生き残った。


医療保険や住宅などのコストは「スティッキー」です。保険会社や家主などは、コスト削減が恒久的になり、収益性が損なわれることを恐れて、値下げに消極的です。


これらの高いコストはまた、人々を「大都市」に引き付けたすべての文化施設と商業生活を危険にさらしています。シンフォニー、オペラ会社、美術館、音楽会場などは、固定費が非常に高いため、不況を乗り切ることができるとは思えません。


私が前に述べたように、これらの高価な機関を財政的に支援することができる常連客は年をとって裕福であり、彼らの基本的な安全がもはや保証されていないと感じた場合に最も失うものがあります。彼らは他の場所でより安全でリスクの少ない家への脱出に参加した最初の人です。はい、彼らはすべての安楽を失いますが、彼らを滞在させるのに十分ではありません。


私はまた、あらゆる事業体が経済的に実行可能であることが絶対に必要であることを強調しました。事業体がすべての費用をカバーする収入の点で実行可能でない場合、その偉大さに関係なく解散します。


となりのサインフェルドは、大都市のメリットがあまりにも魅力的であるため、大都市がなくなることは決してないと主張しています。一方、西ローマ帝国が崩壊してから数十年後、フォロロマーノでは山羊が放牧されていました。


崩壊したのは帝国の権威だけではありませんでした。市はもはや、その広大な大衆の多くを養い、楽しませたすべての無料のパンとサーカスを買う余裕がなく、商業を煽る長い交易路やその貴族の富を確保する政治構造を守り/維持することができませんでした。


都市は運営が安くはなく、労働者と資本/富を継続的に引き付けなければならず、どちらも高税率で課税される可能性があります。彼らはまた、課税される可能性のある大量の商取引を必要としています。


ほとんどの雇用主は、利益を維持するために恒久的なコスト削減を必要とする可能性が非常に高い深刻なリセットに直面しています。通勤とオフィススペースはどちらも不要な費用であり、排除できるため、リモートワークは非常に費用対効果が高くなります。


経済的実行可能性の観点から、「大都市」に税金を発生させた活動の多くは永久に失われました。何百もの中小企業を支えた何万人もの労働者の繁華街の集中、高い固定資産税を支払う商業地主など。


誰も尋ねていないように思われる質問は、莫大な生活費、都市を運営するために必要な高い税金、そして強い経済的および人口統計学的逆風を考えると、都市はもはや経済的に実行可能ではないかということです。


中小企業の半分が閉鎖し、税収が50%減少した場合、どのような都市が可能でしょうか。これらの大規模な変化は、都市とその最も魅力的なアトラクションの居住性にどのような影響を及ぼしますか?市は収入の半分でどのようにサービスを提供しますか?


最悪のシナリオは、去る余裕がない人だけが残されるということです。残っている人々によって大きな犠牲が払われない限り、それは経済的な実行可能性のレシピではなく、フォーラムで放牧されているヤギのレシピです。


最良のシナリオは、「大都市」を愛する人々が、偉大ささえも破産する可能性があり、税収が減少し、最も裕福な納税者が去った、または去る予定であるが、程度の割合で財政的に実行可能であり続けるために、都市は新しい悲惨な方法で適応しなければならないという困難な現実を受け入れることです。


課題となるのは都市の脱出だけではありません。脱出の各連続波に誰がいるのかです。裕福な起業家や避難民の中小企業の経営者が最初の波で去った場合、過去75年間を代表する控えめな段階的な改革では結果として十分ではないため、適応は迅速かつ深遠でなければなりません。

A1EAC11A-4989-4CC9-AFFC-C149BAD43B48

出典:http//charleshughsmith.blogspot.com/2020/09/the-urban-exodus-and-how-greatness-goes.html


https://beforeitsnews.com/economy/2020/09/the-urban-exodus-and-how-greatness-goes-bankrupt-3009638.html

大選挙の詐欺:私たちの自由は別の選挙で生き残れるのか?

坂本花子

91

コロナウイルスの世界的ロックダウンで、世界中の政治家が皆傀儡政治家であり、国民の命より自分達の利益を優先する悪魔と化し、メディアと共謀して嘘とデマで人類を破綻させようとしているのが見えます。間接民主主義で選ばれ、国民を常に裏切る議員、政治家、政党はもう見切りをつけねばなりません。

国民各々が自分で自分の市町村の政治を決める時代に入りました。自分の権利は自分で守る。自分の考えを大切にする。自分を尊重する。人に従順になるクラゲ人間ではなく、自分の意見を持つ。市町村のすべての活動に積極的に参加する。人に、特に職業政治家には絶対任せない。もし、任せるときは規則をハッキリさせ、腐敗者は即辞職、何らかの腐敗の場合は特別な市町村議会で裁く(裁判官ではなく、市町村から選ばれた者達によって)

そうすると、今まで市民が国、地方、市に支払っていた膨大な税が必要なくなります。何故なら、大半がグローバリストに盗まれ、政府、県etcが莫大な金額を浪費していたことが判明するでしょう。



大選挙の詐欺:私たちの自由は別の選挙で生き残れるのか?


2020829

ジョン・ロールス

234AA1C5-7E39-4B78-A8C6-859EA2CCC058


ジョンWホワイトヘッド/  ラザフォード研究所

2F1CB167-1E36-4357-9C05-8B6C113E0E35


「私たちの未来がこれまで以上に予測不可能になったことはありません。常識と自己利益のルールに従うことで信頼できない政治的勢力、つまり他の世紀の基準で判断すると、純粋な狂気のように見える勢力にそれほど依存したことがありません。 」―ハンナ・アーレント、 全体主義の起源


そして、それは再び始まります。アメリカの人々が自分たちがこの国の未来という誤解された信念に狂乱することを許す選挙サイクルの終わりのない、半妄想的な、列車事故です。いや、私たちが大統領として選出する人によって異なります。


次の3か月間、アメリカ人は何十億ドルもの価値のある政治宣伝を彼らに与え、彼らをテレビに釘付けにして、1)投票数をカウントし、2)適切な候補者を選出することで、この国で間違っている全てを正そうとします。


信じられないことですが、33,000万人を超える国では、大統領には2つの選択肢しかありません。創造的で、知的で、生産的で、責任があり、道徳的な人々が溢れている国で、私たちの投票が2つの悪の中で最も小さい方を選ぶレバーを引くことに、あまりにも程度が下がっているのはどうしてでしょうか。

もちろんシステムは装備されています。


それは、 ほとんどすべての場合、実質よりもイメージを選択するまばゆい消費者を対象に、製品(この場合は大統領候補)を販売する方法について、スクリプトが多く、しっかりと振付され、スターが散りばめられ、評価が高く、量販され、  コストがかかる演習です。 


著者のノーム・チョムスキーが正しく  観察したように、「政治キャンペーンは練り歯磨きと自動車を販売する同じ人々によって設計されていることを覚えておくことが重要です。」


つまり、   最新のおもちゃ、ハイテク機器であるかのように、または最もカリスマ的な政治家、人気があるかどうかにかかわらず、一般に販売されているものが必要であると人々に信じさせる技術の達人である監視エリートによって慎重に作成された製品を販売しています。


今年の大統領選挙は、近年の他のすべての選挙と同様に、歴史家ダニエル・ボルスティンが「疑似事件」と呼んだものです。製造され、考案され、本質的な価値がないため、宣伝されている価値はありません。


結局のところ、警察の発砲、SWATチームの急襲、資産の没収計画、私立刑務所、学校から刑務所へのパイプライン、過犯罪、検閲、または現実の番組に合わせて調整できるときに、私たちの国を悩ますその他の悪事について話したいと思っている人、 パンとサーカス、気晴らしと娯楽、そして華やかさと状況に対する公衆の必要性に訴えるために注意深く調整されました。


しかし、間違いなく、アメリカ人 は次の大統領を選ぶと考えているだけ  です。


しかし、実際には、彼らは投票という安心の儀式で最高潮に達する参加の幻想に従事しています。 それは単なる別の青い錠剤であり、大衆を順守し、彼らの投票が重要であり、彼らを依然として政治プロセスにいくらかの影響力を持っていると確信させるために、マトリックスによって作り出された製造された現実です。


それはすべて幻想です。


国は借金に溺れ、景気の鈍化、軍事化された警察による暴走、監視活動で溢れ、果てしない戦争と新しい産業を開始することを目的とした軍事産業複合体に包囲され、政府のあらゆるレベルで腐敗した政治家に悩まされています。


その間、私たちは、どの企業の人形が私たちのお金を盗み、プライバシーを侵害し、私たちの信頼を悪用し、私たちの自由を弱体化させ、今後何年にもわたって借金と悲惨さで私たちを束縛する名誉を与えられるかどうかについて議論しています。


選挙日に行われることは、アメリカ人の苦しみを和らげるものではありません。


私たちが投票以上のことをしない限り、それを知った政府は、大企業、ロビイスト、および特別利益団体によって腐敗、肥大化および支配されていることに変わりはありません。そして、私たちのために話すべきであり、私たちを襲う刑務所の壁を至福に知らない人々によって過小評価されている「私たち人々」-大きな政府によって過大な負担、過剰な規制、過大な負担-は、悲惨な道に沿って悩み続けます。


下院議員1人あたりおよそ22人のロビイストがいるため、企業の貪欲さは国の首都でのショットを呼び続けるでしょうが、  私たちのいわゆる代表者はより豊かに  なり、人々はより貧しくなります。そして選挙は、正直さ、誠実さ、公共サービスなどの価値よりも、軍の宝箱と企業の後援者によって引き続き推進されます。


考えてみてください。今年の選挙には数十億ドルが費やされることになりますが、その額の10セントは実際には、平均的なアメリカ人が日々の苦労を乗り切るのに役立つでしょう。


好都合なことに、政治家は選挙に至るまでの数か月の間に自分たちの構成員を覚えているだけのようですが、それでも「私たち国民」は虐待、怠慢、汚職、嘘を受け続けます。私たちに粗末な扱いの言い訳をし、彼らが私たちをだましたときは彼らのために嘘を覆い隠します。私たちは彼らと十分に長く付き合えば最終的に彼らが私たちを正しく扱うことを期待し続けます。


国が数十億ドルを費やして  、すべての意図と目的のために、名誉ある帰国の王または女王がホワイトハウスを占領することを選択し、  数千万の人々が貧困の中で生活している間、約  1800万人のアメリカ人が仕事を失っています。、そして国のほとんどとその経済は、COVID-19の制限のために半ロックダウンの状態に留まっています。それは、その優先順位が国民のニーズと一致していない国です。


そして再び、人々は彼らにふさわしい政府を得る。


11月の大統領選挙で誰が勝利したとしても、投票する準備ができているなら、敗者はアメリカ国民になることは間違いない  


政治学の教授であるジーン・シャープは、「独裁者たちは自分たちを王位から外す可能性のある選挙を許可するというビジネスをしていません」と述べています。


別の言い方をすれば、設立、つまり実際にショーを運営する影の政府とその企業パートナーが、だれが楕円形事務所を占領するかに関係なく、一連の方針を決定し、指示します。彼らの権力構造以外の権力を獲得することを許可しません。過去にそうしたことを試みた人々は事実上、退役処分にされた。


では、代表的な政府のポピュリスト運動として偽装する帝国エリート主義のこの露骨な表示に対する解決策は何ですか?


ゲームのプレイを停止します。システムのサポートを停止します。狂気を守るのをやめなさい。やめてください。


ワシントンはお金で繁栄するので、彼らにあなたのお金を与えるのをやめてください。苦労して稼いだお金を政治家やスーパーPACに捨てるのはやめましょう。不正、貧困、ホームレスなどの実際のニーズに取り組むために、コミュニティには無数の価値ある草の根組織や非営利団体がいます。それらをサポートすれば、自分の裏庭で本当に信じられる変化を目にするでしょう。

政治家は投票に依存しているので、有権者に耳を傾け、彼らの願いを守り、彼らの信頼を獲得し、維持するために一生懸命働いた確かな実績がない限り、投票を停止します。


あなたの投票が重要であると信じることは安心ですが、フランクリン・デラノ・ルーズベルトは正しかったです。


学校で教えられたことやマスコミによって売られている宣伝にもかかわらず、大統領選挙は代表のためのポピュリスト選挙ではありません。むしろ、次のCEOを選出するのは株主の集まりであり、これは国の古風な選挙大学制度によって強化された事実  です。言い換えれば、あなたの投票は 大統領を選出しない   この国には21800万人の有権者がいる(実際には半分しか投票していない)にもかかわらず、   候補者の各党から厳選された538名の個人で構成される選挙団体が  、次期大統領を実際に  選出しています。


投票の「再保証の儀式」に参加することによってあなたが達成している唯一のことは、私たちが民主主義共和国を持っているという幻想を維持することです。


実際、私たちは政治学者のマーティン・ギレンスとベンジャミン・ペイジがより正確に「経済エリート支配」と呼んでいるものに苦しんでいます。


そこに驚きはありません。


プリンストン大学の詳細な調査が確認しているように、民主主義は寡頭政治、つまり選挙選ばれた役人  が平均的な市民ではなく裕福で強力な人々の利益を代表する政府のシステムに取って代わられました  


自分たちでやりました。


私たちの選挙が、確かな経験、実績のある実績とテスト済みの整合性を持つ個人による国内および外交政策の問題に関するインテリジェントで合理的な議論よりも、トークショーの主催者にふさわしい個人によって投入された人気コンテストになっている間、私たちは何も言わなかった。


私たちは知恵、健全な判断、道徳、真実のようなものに背を向け、それらを古風なものとして肩をすくめ 、公正で公平な決定を下すことのできないうそつきの政治家たちに悩まされていることに気づきました  


私たちは、ワシントンのそれらのヨーケルが私たちよりもこの国を運営するのにより良い仕事をすることができると自分自身を説得させました。それは新しい問題ではありません。ジョセフS.クラークジュニア元上院議員が1955年の「募集:より良い政治家」というタイトルの記事で認めているように、「[W]私は国の政府を運営するビジネスにおいてあまりにも平凡であり、これがそのような複雑さと危機の時代にそうなります...アマチュア、セミプロ、マイナーリーグによる政府は、現代の課題に対応しません。私たちは、それ自体にもかかわらず、致命的な危機の時代に世界のリーダーシップを成功させてきた国を運営するには、大きな能力が必要であることを認識しなければなりません。」


私たちは、政府関係者に厳しい質問をすることを約束するニュースメディアによるバランスの取れた報道の必要性を犠牲にして、娯楽ニュースへの渇望を甘やかしました。その結果、元下院議員のジム・リーチが指摘するように、重大な不利益を私たちに残します:「今日の問題の詳細な分析がこれまで以上に重要でなくなった今、  質の高いジャーナリズムは財政的考慮によって危険にさらされ  、衣料品などのニュースを手軽にデザインして市場セグメントにアピールするイデオロギーの供給者。」


政治家は救世主であり、私たちのコミュニティと私たちの生活の問題を修正することができるというおとぎ話を買いました。実際、ほとんどの政治家はそのような保護された生活を送っています。政治学者のモリス・フィオリーナ氏とサミュエル・エイブラムス氏は、次のように結論付けてい  ます。今日の政治プロセスは、1世代前よりも代表性が低く、市民からの支持も少ないだけでなく、そのプロセスの結果は最低で良くはありません。」


私たちは自分たちを2党制に縛り付け、共和党と民主党の間に違いがあると信じ込んでいますが、実際には  2党はまったく同じです。1人のコメンテーターが  指摘したように、両当事者は無限の戦争を支持し、制御不能な支出に従事し、市民の基本的な権利を無視し、法の支配を尊重せず、企業エリートによって購入され、支払われ、彼ら自身のことを最も重視します。権力、そして政府の拡大と自由の縮小の長い記録があります。


次に、2つの悪の小さい方に投票する見通しに直面したとき、多くの人は彼らの原則に妥協し、2つの悪の小さい方がまだ悪であるという事実を見落とし  ます。


おそらく最悪の場合、私たちは、私たちの時代の皮肉とワシントンDCのクロニズムと腐敗を許し、自由の中でアメリカの実験に希望があったと信じ込ませないようにしました。


確かに、私たちの国の状態に落胆するのは簡単です。借金が多すぎ、戦争が多すぎ、中央政府が手にした権力が多すぎ、軍隊が多すぎる警察、法律が多すぎ、ロビイストが多すぎ、そして一般に悪いニュースが多すぎて、私たちは溺れています。


変化の可能性、システムの改革、政治家の原則、裁判所の正当性、善は悪の克服、そして自由の蔓延は信じられません。


しかし、私には変化が可能であり、システムが改革可能であり、政治家が原理主義的であり得、裁判所が公正であり得、善が悪を克服し得、そして自由が勝つことができるが、それは私たち一人一人が投票という行為を超えて市民権のハードワークを行うことに。


健康で代表的な政府は大変な仕事です。それは、問題について知らされ、政府の運営方法について教育を受け、関与し続けるために必要な犠牲を払うことをいとわない市民が必要です。


何よりも、市民はライチョウ以上のことをして文句を言うことをいとわない。


権力は、市民としての私たちの仕事が選挙の日に始まり、そして終わると私たちが信じることを望んでいます。彼らは、私たちがいずれにせよ投票をしない限り、私たちが国家の状態について不平を言う権利はないと信じてほしいと思っています。彼らは私たちが政治をめぐって分裂したままであり、政治的に反対する人々に敵対的であり、この国の問題に対する解決策が私たちのものと異なる人や何かに不寛容であることを望んでいます。


彼らが私たちにして欲しくないことは、私たちに押しつぶされている政府の哀れな言い訳を拒否するために統一された戦線を提示することです。


それで、それはどこに私たちを残すのでしょうか?


帝国大統領の拘束から私たちを救うために、政治的救世主に希望を抱くのはやめた方がいいです。

次期大統領の方がいいかもしれませんが、それでも彼または彼女ははるかに悪いかもしれません。

大統領選挙は現状維持に役立つだけであることに注意してください。大統領に選出されると、その人は今日のアメリカ帝国大統領である独裁政権の一部になります。


憲法に基づく大統領に戻る場合、「私たち国民」は力のバランスを再調整しなければなりません。

最初のステップは、不当な法律、行き過ぎの警察、耳を傾けていない政治家を押し戻すことにより、地域で、自分のコミュニティで、学校で、市議会で、新聞社説で、抗議して、開始することです。彼らの構成員に、そして日によってより暴君的に成長する政府のシステムに。


私の著書「  バトルフィールドアメリカ:アメリカ人の戦争」で  明記しているように、今私たちを救う唯一のことは、制限された政府の憲法の原則、チェックとバランスのシステム、そして彼ら―大統領、議会、裁判所、軍隊、警察、テクノクラート、そして、プロトクラートと官僚―は、「私たち国民」に答え、そして責任があります。


これは、アメリカ人が彼らの個人的な政治と党忠誠が彼らに政府の不正行為と権力の奪取を盲目にさせることを止めなければならないことを意味するでしょう。それは、政府の3つの支部すべてを憲法に責任を負わせることを意味します(つまり、権限を乱用した場合は、それらを非投票にする)。そしてそれは議会に大統領の大統領命令、政令、覚書、公布、国家安全保障指令および立法署名声明の  議会および裁判所を回避する手段としての使用に終止符を打つように要求することを意味するでしょう  

歴史家のアーサー・シュレシンジャー・ジュニアが結論づけるように:


私は、国が今日必要としていることは大統領の職に対する少し深刻な無礼であると主張するでしょう。発言の知性よりも大統領の言葉を重視することを拒否することは、もしだれかがそれを話すなら、命じることになるだろう国が憲法大統領に戻る道を働きたければ、始めるための唯一の方法しかない。それは大統領に、最も近い仲間が法律と憲法より上に立つとき、大統領のためにそのような違反が許されたり忘れられたりするのではなく、大統領のために露出されて罰されることを示すことによってです。」

言い換えれば、大統領を神のように扱うのをやめ、大統領のオフィスと乗員の両方を憲法の規則に従って演じなければならないのです。

WC2638


ジョンWホワイトヘッドについて

憲法上の弁護士であり作家であるジョンWホワイトヘッドは、ラザフォードインスティテュートの創設者であり、社長です  。彼の新刊   バトルフィールドアメリカ:アメリカ人   の戦争』はwww.amazon.comから入手できます  。ホワイトヘッドはjohnw@rutherford.orgに連絡することができます  

https://www.rutherford.org/publications_resources/john_whiteheads_commentary/the_great_election_fraud_will_our_freedoms_survive_another_election


https://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2020/08/the-great-election-fraud-will-our-freedoms-survive-another-election-3540431.html


ギャラリー
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
カテゴリー
  • ライブドアブログ