動物

コロナウイルスのロックダウンで蜜蜂が繁殖。日本では殺人ホーネットが。


坂本花子

7月4日


コロナによるロックダウンの制限と労働者の通勤習慣の変更による大気汚染の減少に加えて、道路上の車の数が減ることと、より少ない交通量で、より少ない汚染は環境に大きな変化をもたらします。さらに、ハチが交通事故で死ぬことはあまり知られていません。ハチの命は農薬の噴霧だけではなく、人間のように交通事故が原因で死にます。一例を上げると、北米全体で推定240億のハチが車両によって殺されていると報告されています。コロナウイルスのロックダウンでは、良い反面もあります。以前には人間が怖くて隠れて見えなかった動物たち、鹿、イタチ、etcが森を散歩すると見えます。以下の記事のようにイギリスでも消えかけていたハチが繁殖しています。子供のころ、道端の花の上に沢山見えていた蜜蜂が沢山繁殖することを夢みます。


8B927A3F-DFE1-41A3-BF5D-22A6B93B079D

英国最大の養蜂場によると、ミツバチは封鎖中に繁栄している


202072


したがって、生息地の喪失、汚染、病気、寄生虫、農薬などの問題が原因で、過去数十年にわたって蜂の個体数が急減していることを聞くのは不安です。

2019年の報告では、7種のミツバチが絶滅危惧種であり、さらに46種が絶滅危惧種、24種が脆弱で、101種が絶滅危惧種であると述べられました。


BBCの話によると、ミツバチは私たちの食糧の3分の1とすべての顕花植物の80%を受精させます。他の受粉昆虫と一緒に、それらは約1500億ドルの世界経済的価値を持っています。


私はこれらを4/11に撮りましたが、私たちのミツバチは鳴き声を上げています。これらの小さな生き物はすべてに非常に敏感ですが、パンデミックの真っ只中で、私たちの生き物は過去8年間でこれまでよりもうまくやっています。 #SavetheBees bc現状よりも悪化しています。 pic.twitter.com/62s0IEyKq9


ハンナ(@ gracehannah3172020513


これらすべてを念頭に置いて、小さな騒々しい生き物がここ数ヶ月でうまくやっていると聞いてうれしいです。


「大気汚染の少ない世界では、ミツバチは「買い物に出かける」のを短くて収益性の高いものにすることができます。これにより、ミツバチはより若く育つことができるでしょう」とロンドン大学ロイヤルホロウェイの進化生態学教授であるマーク・ブラウンは述べています。


ロックダウンの制限と労働者の通勤習慣の変更による大気汚染の減少に加えて、道路上の車の数を減らすことには別の利点があります。 2015年の調査では、北米全体で推定240億のハチとハチが車両によって殺されていると報告されています。


ミツバチのような生き物や自然への意識が高まっていますか?


英国最大の養蜂場であるデンロサ養蜂場の養蜂家であるヘレン・マックレガーは、コロナウイルス(Covid-19)封鎖が業界にとって朗報であると感じています。


「より少ない交通量、より少ない汚染は環境に変化をもたらすにちがいありません、もちろんそれはミツバチに肯定的なドミノ効果をもたらします」と彼女は言った。


「ロックダウンのおかげで、人々は自分たちの周りや田舎で何が起こっているのかをもっとよく知っていると思います。 うまくいけば、私たちはこれらの変化が続くのを見ます。


「彼らは自然にもっと気づいている」とマクレガーは続けた。 「外食時にじんましんを見て、彼らが食べている食べ物とそれがどこから来たのかについてもっと考えるのかもしれません。 それは人々を物事の根元に戻し、人生に必要なものと、そうでないものを見るという、人生の基本的な展望に戻ります。」


デンロサ養蜂場の養蜂場は現在、受粉目的でミツバチを「貸し出す」ために英国中の農場と協力しています。


#naturalfarming #sustainablefarming #bees #workingwithnature @nffnuk pic.twitter.com/AhR8Yimxks

— Lunan Bay Farm@LunanBayFarm2020418


著者について

アンソニー・マクレナンは、南アフリカの最大の出版物のいくつかに寄稿した経験豊富なジャーナリストです。 また、写真家、サッカーのコーチ、犬の愛好家、サーファーも、美しいケープタウンで屋外で過ごす時間を楽しんでいます。 彼は私たちの惑星を維持するために新しいアプローチが必要であり、このメッセージを発表することが重要であると信じています。

Facebookの「ウェイキングタイムズ」のように。 Twitterでウェイキングタイムズをフォローしてください。


Source: https://www.wakingtimes.com/2020/07/02/bees-have-been-thriving-during-lockdown-according-to-uks-largest-bee-farm/


https://beforeitsnews.com/alternative/2020/07/bees-have-been-thriving-during-lockdown-according-to-uks-largest-bee-farm-3726635.html



コロナウイルスの恐怖が下がっているので、Murder hornets (殺人ホーネット)を放せ‼︎


5DDC5040-A458-4D0B-81D8-7F32CC564A1B

コロナウイルスの恐怖が下がっているので、Murder hornets (殺人ホーネット)を放せ‼︎という記事が、コロナウイルス騒動の熱が少しさがった5月初め頃に、外国の記事に出ていました。

日本では、オオスズメバチというそうです。

以下の写真のように、この殺人ホーネットは、5月初め頃に、日本の淡路島、洲本市の山の界隈にウオーキングしていた時に、道に落ちていたのを拾いました。

AFA6C4BA-1835-4AA5-8FBD-C7D2B308ECB2
6B9AF5E7-4094-489E-9D12-6ECD41852D65
2D73E899-8D8E-4E3A-9947-6F0C852CE949

初めて見てビックリして、ネツトで調べてみたら、やはり殺人ホーネットでした。

去年も、さらに以前にも見たことはありません。

直感的にこの地域に放されたのかな、とも思いました。

ウオーキングしていたら、何か大きな昆虫(殺人オーネツトらしいもの)がブーンという大きな音を立て、体を一回りして飛んでいく場面にも遭遇しました。

これも単なる風邪であるコロナウイルスのように、人々を怖がらせて家に閉じ込めるためでしょうか?

怖がらせたかったら失敗しましたね。
コロナウイルス中はマスクもかけなかったし、普通に外出し、殺人ホーネットも怖くないぞ! 

 
http://hanakosakamoto33.blog.jp/
 

彼は間違いなくそれを楽しんでいます!


コロナウイルスの世界的プッシュで、嫌になりますが、わんこちゃんがピアノを弾きながら歌う(吠える?)魂レベルの喜びで和みましょう。


2020228
 


 http://bobagard.blogspot.com/2020/02/he-definitely-enjoys-it.html

熊のミーシャ :エコロジー大臣が見世物の停止を課す

<動物><大義>

幸いなことに、エコロジー移行と連帯の大臣はちょうど発表しました:熊ミーシャは最終的に引退します。



FF068370-6420-4027-8387-5EDDCB2D30A2



数年前から、動物の愛護団体は クマ使いの見世物を禁止する運動を行っています。
クマのミーシャは彼らの闘争の象徴の1つになりました。金曜日、エコロジー移行と連帯大臣のエリザベス・ボオルヌは、クマの健康状態のために、「ミーシャ熊の一般公開に対する即時かつ決定的な行政禁止」を発表しました。最初の勝利。


病気の動物

98日の日曜日、ラッシュケハイム(パドカレ)での最後のショーで、クマのミーシャは再びパレード、ボールの上を歩く、または椅子に座る義務を負いました。特に動物がFacebookページでAVES Franceによって作成および公開されたビデオで見られるように、特に動物が疲れ果ててショーに現れたので、動物擁護協会をぞっとさせました。


ショーの前に、活動家は狩猟野生生物局(ONCFS)のサービスに警告していた。2つのコントロールが行われた。1つはその場で、2つ目はロワールエシェールにある所有者のアレキサンドル・ポリアコフ(Alexandre Poliakov)の所で行われた。


その場所では、動物と彼の2匹の仲間である雄の灰色大熊であるボニーとシリアのヒグマであるグラシャの拘束の劇的な条件が明らかされました。ワンボイス協会によって共有されているビデオで、ミーシャの4本の脚にウジが沢山発見されました。

動画  :https://m.youtube.com/watch?v=tt7K0PTDldw

拘禁の条件が最低であった

ONCFSおよび獣医サービスによる報告に応えて、同省は「これらのコントロールにより、特に拘束施設関する多くの欠点を特定することができただけでなく、ミーシャ熊の特定の病状にも注目した」という声明を発表した。


大臣は、ミーシャを新しいショーに参加させることを直ちに禁止することと、所有者がすべての必要な治療を与える義務を発表した。


 状況の緊急性を考えると称賛に値する措置ですが、3匹のクマがすぐに飼い主から撤回しなかったことはAVESフランスののクリストフ・コレとって残念であり不十分である。


「今日でも、5人のクマ使いが活動しており、8匹のクマをクマ使いから取り除く必要がある。しかし、すべての状況がそれほどひどいわけではありません。動物は町から町へと引きずられていると報告されていますが、他の動物の拘留状況はポリアコフ族のクマほど劇的ではありません。


秋には、協会は環境省がより一般的な措置を講じ、クマ使いのショーを禁止し、ドイツまたはスイスの適切な聖域への配置を確保するのを待っています。


ミーシャの事件が道を開くことを願っています!



kaikaku33 の追加

北海道の登別温泉に熊牧場というのがあります。小さいスペースに沢山の捕獲され繋がれた熊が、疲れ果て、病気状態の酷い条件でお金稼ぎのために、こき使われています。見た時、こんなことを平気でできる人間がいるのかと目を疑いました。いつか熊達が、さらに動物園から動物が解放されて、何処か保護地のような所で生きれることを切に願いたいです。

 


https://positivr.fr/ours-mischa-la-ministre-de-lecologie-impose-larret-des-spectacles/

デンマークはサーカスの象を買います

サーカスの動物は動物園と同様に、子供達に動物の世界を発見させ、動物を身近に感じ、愛を感じさせますが、その背後には動物は捕獲と厳しい訓練の日常を強いられ、小スペースに一生閉じ込められるという運命に心を痛めさせます。これからの時代には、サーカスや動物園のようなバルバールな存在はなくなり、動物たちも人間も皆自由に自然を満喫しながら幸せに生きる日が来ると信じます。

974DBF0F-9D18-46F2-883A-148EACAE315E



ランボーリン、ララ、ジュンガ、ジェニーは、デンマーク政府による模範的な決定のおかげで、最終的にサーカスのトラックを去ります。 


サーカスの野生動物?この種のエンターテイメントはすぐに過去のものになるはずです。デンマークの新しい例では、政府が最後の4頭のサーカスの象を購入して、彼らに値する以上の退職を提供する意向を発表しました。


742791E4-487F-4BD2-BC1A-D87C287C96F3

デンマーク議会は、サーカスにおける野生動物の存在を決定的に禁止する法律を間もなく可決する予定です。しかし、このテキストの検証が完了するまで、政府は問題の4頭の象であるランボリン、ララ、ジュンガ、ジェニーの「解放」を期待したかった。彼は所有者からそれらを買い戻すために150万ユーロを支払いました。


デンマーク食品大臣モーゲンジェンセン:

「今日、州は4頭のサーカス象を購入し、可能な限り最高の動物福祉を享受できるようにしています。サーカスと協力して良い解決策を見つけることができて嬉しいです。



B7096D18-046B-4FCC-8A17-2B7CFB367DD2

そのため、もちろん、これらの厚皮動物は野生生物に戻りません(今では不適当です)。しかし、彼らはすぐに未定の動物園に参加する必要があります。

「象は、最高レベルの幸福を提供できる施設に与えられます。」

希望があれば、他の国を刺激する選択。

FBED3F9F-4D57-45D6-BE55-C0136704EA5B


https://positivr.fr/elephants-cirque-danemark-liberation/


50人以上の欧州議員はトロフィーハンティングの禁止を呼びかけた

我々にとって驚くほど、そして不条理なほど、この種の狩は許可されたままです。我々の惑星の生物の多様性が崩壊して、特に動物種の大規模な絶滅にさらされている中でこれは朗報です。

欧州議会議員
(MEP)は絶滅危機種のトロフィーハンティングを終了したい


CA195000-DB69-44D6-BC75-4EEC57712F1D




50を超えるMEPがこの度、危険にさらされている動物のトロフィーハンティングの禁止を呼びかけた。


50を超えるMEPと約50の自然保護組織が、絶滅危機種の野生動植物の国際取引に関する条約(CITES)の締約国に、サイや象のような絶滅危機動物のトロフィー狩猟のターゲティング禁止するよう呼びかけました。


A3A79193-5CEF-4CC0-A9F1-69941F382825




CITESは、附属書1にリストされている、絶滅の危険性があると考えられる1,000種以上の動植物種の取引を禁止しています。 


CITES事務局長のイボンヌ・イゲロ宛の書簡で、署名者は、気晴らし(リクリエーション)で「非営利」みなされるトロフィー狩猟がこの禁止を免れたことを嘆いています。




EA59EA47-A660-4543-AC1E-6B5995F4969A

                               ヒョウを仕留めた女性ハンターの円満の笑顔





この手紙は、180を超える国、環境擁護者、政治家から数千人の代表がジュネーブに集まったときに公開されました。彼らは、条約によって野生動植物に与えられた保護のレベルを変更する56の提案を議論することです。


8693F745-868A-4CE7-A221-BF8825248EBA
 

                              自分で殺害した動物たちと一緒に笑顔で写る



しかしながら、狩猟トロフィーの問題は、会議の議題ではありませんでした。



「不可解な」免除

署名者は、条約の締約国に対し、「狩猟トロフィーを他の野生生物取引と同じ方法で処理する」こと、および「世界のすべての(リストされている)種の輸入を直ちに停止すること」、また彼らは付属書1にあるトロフィーハンチングのために捕獲されたライオンの繁殖を直ちに禁止することも求めている。

41DC8895-78F6-4779-8CB0-D21923ED4A1A

トロフィーハンティングを禁止するキャンペーンは、「世界で最も危険にさらされている動物のトロフィーの幾つかを撃ち、持ち帰りたいハンターにCITES
許可が与えられた」と述べた。


 協会の創設者であるエドゥアルド・ゴンカルベス氏は、CITES条約でのトロフィー狩猟の免除は「絶対に説明できない」と述べた。


57527520-93AE-4B48-8CC2-5F0573C0FF6D
 


トロフィーハンティングは利益が「数百万ドルを生み出す国際産業」であるため、「明らかに商業的」であると彼は付け加えました。 


キャンペーンで発表されたレポートによると、狩猟トロフィーの最大の輸入国である米国は、過去10年間で200,000の輸入許可を発行しました。


トロフィーハンティングはアフリカの多くの地域で合法です観光客は少数の選ばれた動物を撮影するためにお金を払います。これは、標的種の長期保存を好むため、一部の専門家が受け入れられると考える慣行です。


33E36F20-293C-42B7-8F43-7CC3446620F7



認可国は、トロフィー狩猟からの収入が保全および密猟防止プロジェクトに資金を供給していると主張しています。 

しかし、この種の狩りの中傷者は、それが多くの種の衰退につながると信じています


https://www.sudouest.fr/2019/08/18/des-deputes-europeens-veulent-mettre-fin-a-

la-chasse-aux-trophees-pour-les-especes-menacees-6457113-4739.php


ギャラリー
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
カテゴリー
  • ライブドアブログ