学校

ラロシェルでは、学校で瞑想を行い、子供たちに感情を管理するよう教えている

ー <健康><学校><子供><瞑想>にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村



子どもたちが感情を管理することを教えるための学校での瞑想クラス。これがラロシェル市が一般化したものです。 


B60F24EF-46CC-4697-88B6-6B3FA37FB14D



誰もが小さな天気の感情を作り、呼吸すると空気が流れるのを感じます。 


ラロシェルでは、毎週、生徒がマインドフルネス瞑想を実践しています。このクラスでは、瞑想は想像上のキャラクター、猫のヴォルテールによってビデオで案内されます。 


ヴォルテール、彼は私たちが強い感情になった時、簡単に通り抜けられないときに助けてくれます。私たちは自分に焦点を合わせ、呼吸に注意を払い、感情を放ちます」と生徒は言います。 


別の人は、テニスの試合前に猫のヴォルテールのことを考えたことを打ち明けます。負けるのが怖かったので、落ち着いた」と彼は言う。



D1EED2BF-C5C6-409F-BA68-49FC0C1E3999


規律の一般化に向けて?

ラ・ロシェルは、2019学年度の開始以来、学校に通う5,000人の子供全員に瞑想プログラム導し、提供する最初のヨーロッパの都市です。


 瞑想を専門とする神経科学者のガエル・シャツラ(GaëlleChetelat)は、瞑想が「感情の意図的および調節能力を改善することを想起します。後者は、彼女が毎日学校で体系的に教えられることが有益だと言っています。「多分授業を始める前の朝かもしれない」と彼女は提案する。


動画:https://m.youtube.com/watch?v=sE7T4088E38

ただし、練習の質を無視してはなりません。したがって、教師のトレーニングは非常に真剣に受け止めなければなりません。瞑想はメンタルトレーニングであり、練習中にこれらの子供たちの脳で何が起こっているのかを知ることはできません」とガエル・シャツラは説明している。



<健康><子供>


https://www.francetvinfo.fr/sante/enfant-ado/video-a-la-rochelle-on-fait-de-la-meditation-a-l-ecole-pour-apprendre-aux-enfants-a-gerer-leurs-emotions_3620163.html

世界一幸福なデンマーク人は子供の頃から愛と幸福を「共感クラス」で学ぶ

 世界一幸せな国の秘密は学校教育にあった。色彩に溢れた明るい家々の並ぶデンマークでは子供達をますますスピリチュアルに育てています。まだ競争と分離の世界に生きている世界の多くの国々とは違います。世界の目はここに向いています。
 


3282DA91-9C8A-4E19-91DB-0DAAE75CC2E2



Wikipedia によると、「共感(きょうかん)、エンパシーempathy)は、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。例えば友人がつらい表情をしている時、相手が「つらい思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである。通常は、人間に本能的に備わっているものである。しかし、例えば反社会性パーソナリティ障害サイコパスの人物では、“共感の欠如”が、見られる」



ECCE4925-3827-4F8E-9A69-480F6A929B75
 


言い換えれば、共感とは、他人の話を聞き、自分の気持ちを理解するすべての人の能力を指します。


デンマークが世界で最も幸せな国の第1位にある場合、それは偶然ではありません。何故なら、デンマークでは、1993年以来、学校で「共感の授業」が行われているからです。


6歳から16歳まで、デンマーク人は1週間に1時間の強制的な共感レッスンを受けています。この1週間の間に、生徒は問題の解決策をまとめて見つけなければなりません。たとえば、残忍な生徒、意見の相違etc などです。デンマークは、学校で共感クラスを実施した世界で唯一の国です。


92559EAC-9873-44D7-B602-C8679725B97E


幸福とは子供が学校で知識を習得するための良い出発点です。デンマークの学校では教師には1つの目標があります。毎朝到着した子供たちを幸せにすることです。


共感クラスではすべての側面と視点を尊重し、解決策を見つけようとします。子どもたちの問題はコミュニティによって認識され、聞かれ、認識されると誰かになります。


C9D339E5-0621-4FBC-B528-0E1941ED2E7D
 


子供たちが学校に行きたいように全てが行われています。毎日が歌と彼の感情の表現の時間から始まります。 


「この学校の主な目標の1つは、子どもたちが朝に来て、幸せになりたいということです。私たちは、幸福が彼らに知識を得るための良い出発点を与えると単に考えています」

「慈悲と共感、それは他と同じくらい重要です」

新世代は自己中心的で個人主義的であるため、共感を欠いています。怠感、うつ病、さらには自殺未遂の根源です。

共感クラスでは、生徒は教師の監督の下で書き取りを一緒に修正します。このクラスのもう1つの特徴は、いつでも生徒が立ち上がり、教壇上で自分の感情を表現できることです。 


「自分の感情を公に表現するこの方法は、子供たちにとって非常に良いことです。ここでは、競合を解決するために、足蹴りはありません。最初に自分自身について説明し、次に自分自身を許し、お互いを良い友達とします。」


2B363C2A-7F50-4931-B586-9F2B57D6CF94
 


デンマークの子どもたちの特徴は、落ち着いていて、順応性が高く、弾力性があり、回復力があるということです。彼らは思いやりがあり、共感的であり、しばしば彼らの年齢以上に非常に成熟しています。本当に子供でありながら。デンマークでは、子供たちがどなることはほとんどありません。信頼と尊敬があります。大人達もインスピレーションを受けたいほどです。

 

3DC3003C-8ACE-4B1C-8686-30F2F352E7BB


生徒を自由に動かせている学校はこれだ!

子供の頃の記憶で、学校とは友達に会える嬉しい所、さらに色々のことを学べる場所でもありましたが、同時に制限と規律(軍隊式)の肩苦しい、一日中同じ椅子に座らせられ、動くことを禁じられた牢獄的な罰ゲームのような苦痛な所でもありました。この記事のような自由な教室は多くの人が夢見たのではないでしょうか?これからの新世代にはもっと自由で真の意味で学びに集中できる学校になって欲しいものです




5C6B261B-DE1E-40CC-8C95-B034D6EF6FDA


 



生徒が座った姿勢で勉強に集中するより、この学校は今までの習慣をひるがえした。もう元に戻りたくはない。




1C7959B6-EE15-4EA7-8BA8-3034FD2BFA93





皆が知っています:子供達は動く必要があります。それなら、何故彼らを何時間も何時間も同じ姿勢で座ることを強制するのでしょうか?




B11029E2-8AE4-4D11-B3A5-1012CB29C4A2





この矛盾を前に、オート・ビエンヌの学校はそれを正そうと決めた。今後、生徒は自分勝手の色々な姿勢で座ることができ、同じく、必要なら、廊下を走ることもできる。結果?集中力が大きくなり、ストレスが少なくなった。

証明。



B775C51A-27DD-4F40-94A9-E13C50C4B25C


もし、子供が自分の気にいった姿勢でいないと、勉強より彼が維持しなければならない姿勢に集中する。その代わりに、彼の自由に座らせると、彼は完全に勉強に集中する。



61A2B2F5-17DC-42A4-85A4-52E30447E94D


 



そのような訳で、オラドール-シュール-ベイル(Oradour-sur-Vayres)の学校は完全にクラスの運営を再検討することに決めた。


2FD29067-A539-4A33-A0B4-380634DB51D9



では、皆さんが読みや計算を学びたかった学校がこれです。(フランス3の報道France 3):<----ビデオを見たい人はここをクリックしてください。



C5F53228-4A24-41FF-ABC6-C35B97FE4EF3
                                                       集中するために動きたい!




文字通りそして比喩的にも、この学校は動かないことを拒否しています。そして、彼らは正しいのです!



566EAA17-03C3-4A1E-81D5-E14A2CEA8CE4





アクセル・ルクレール(Axel Leclercq )



https://positivr.fr/ecole-oradour-sur-vayres-enfants-bougent/



 

フインランドは学校いじめを85%減少させた!

リスニング、共感、教育は学校いじめに対するフィンランド方法の三つの柱である。これは2009年から始まり、大きな効果があった。



E0F88B76-09FF-4E7F-B9FC-3AD799DB2221



わずか10年以内で、フィンランドは85%の学校いじめを解決しました。どうやって?大胆で自発的、創意に富んだ活動を設置したのです。我が国でこの惨劇がますます大きくなっているこの時期に、これらの方法に視線を当てた方が良いのでは



キバ(Kiva)と呼ばれるこのプログラムは2009年に始まり、根本的な3軸に基ずく。役割演技で、生徒たちは次々と、いじめる者、いじめられる者と目撃者になるのである:大人の目前で、攻撃者と犠牲者の会話の時間;各生徒に学校いじめが何かということを理解させる映画や動画のの上映。




Brutはこれらを省略するために小さなビデオを作成しました。ご覧ください。これらは常識でしかないのです。明らかに効果的です!





https://m.youtube.com/watch?v=e4aasgo6OBo



以下はビデオ翻訳:



学校のいじめに対して、フィンランドには効果的な方法があります。

2009年に始まったKIVA プログラムは

3つの根本的なキーに基ずきます。


1)役割の演劇

幼稚園から、生徒は「犠牲者」の肌に入らなければならない。

目的:共感を育てるため


生徒は「攻撃者」の肌に入らなければならければならない。

目的:『責任の転嫁』を学ぶ。


生徒は『目撃者』の肌に入らなければならない。

目的:生徒が先生に話すことを『勇気』づける。


攻撃者を「ストップ」するために。



E3BE7315-72B8-40A2-A1EE-D8D3C1DD1DD6





2)対決


「いじめ」がある時、


「犠牲者」が聞かれるために


先生は「犠牲者」と「攻撃者」との間で「対話」

を行う。


そして、攻撃者が大人の言葉に「直面」する。





21EBC65E-DA4F-4472-8CC1-C8AF95A60A66



3)映画とビデオゲーム


多数のゲーム活動形式が設置される。

-『脅し』を想起させる。

-多数のタイプの『嫌がらせ』を想起させる。

-『言葉による攻撃』を想起させる。

-『身体への攻撃』を想起させる。

-同じく、ネットのいじめ。


生徒は短い映画を見、ビデオゲームをする。



プログラムKIVA2009年にヨーロッパ犯罪予防賞を

受賞した。


この方法で『85%』のいじめは解決された。



いじめはやめましょう!






A482959A-EE15-42C6-A445-0DA56891A856





子供達の共感を発育させ、話すことを勧め、大人の世界は彼らを観察し共にいるということを理解させる。特にこの方法が生んだ進歩を見るとこのような解決法を熟慮することに価値がある。




AF9E834C-E4A9-4743-BEC9-7C9972E010A0




Axel Leclercq (アクセル・ルクレール)



https://positivr.fr/harcelement-scolaire-methode-finlande/

デンマークの森の中の学校(4歳から)

デンマークの森の中の学校は世界中がインスピレーションを受けれる。その証拠に。





大気と木々が教室の4つの壁と黒板に代わるとき、学校(と生活)を新しい角度から考慮できる。証拠。


7C5B998A-FAEF-49E3-9CC4-94E4A4EA6C1C




フランスの学校はただ単に学校の遊び場のコンクリートを緑に

変えようと考えている時、デンマークでは、かなり前から

もっと進んでいる。


この北欧の国は、20%の幼稚園は森の中で教室をしている!


我々の所に急いで輸入しなければならない伝統を照らして

見よう。


4歳の子供たちが6メートルもする木に登り、ナイフとノコギリ

を使いながら木の切り株にアルフアベットを学んでいる





このようにして森の中の学校では、子供達の知識と同じく勇まし
さ、
独立、自信を発展させている。


どのようなものかご覧ください。あなたのお子さん達をすぐに

登録したくなるでょう!(フランステレビジョンの報道France 2):<----ここをクリックして動画を。





(動画内容抜粋)

森の片隅で、3つのりんごのような背たけの子供達。


木に登るのに許可はいらない。


森の中の学校はデンマークでは伝統です。


十分の二の幼稚園は森のクラスで学んでいます。


この森の学校でアルファベットを木の上で読みます。


先生:「クララ、Aはどこにありますか、見せて?」



DABEC6EB-B3BC-416E-B6F9-EB0C0F8D8599



子供は自然の中で木の実を食べている。


9時ですが、小妖精たちは木の幹で作業をしています。

砂遊び場を作るために、丸太から皮を剥いでいます。


このために、ジロン、5歳は、ナイフを使って皮を剥いで

います。このために彼はたった1つの注意を受けました。


ジロン:「痛くしないように注意して、と言われました。」


このナイフを与えられるために、彼は先生の信頼を受けること

に成功した。


  

8A16F04B-5762-493D-97AC-B7BB60A184AA



先生:「彼はこのナイフを使うことを学ばねばなりません。

これは本当の学習です。もし、私がどのようにして使うか

だけを見ていると、彼は絶対学べません。」


校長:「ほら、このノコギリを取りなさい。」


ここでは、器用だということを示すと、ノコギリのような

もっと大きい生徒の使う道具を使えます。


指を切らないように気をつけたり、危険を予想できたり、

自信を持つことを学ぶのに、森は理想的な遊び場です。


森の中を巡っていると、子供が木の上に登っていた。

6メートルの上をロープなしで登っていた。

これらは小妖精の4歳です!


リポーター:「子供たちに事故が起こることはないんですか?」

先生:27年間に、腕を折った子どもが一人いただけです」


リポーター:「貴方のお子さんが6メートル上の木に登って居

ますが、心配ではないですか?」



images.jpeg




ある親:「全然。彼は2歳からやってます。木から落ちたことは

ありません」


両親は、彼らが冬でも一日中外にいても全然不安ではないよう

です。


リポーター:「冬に一日中外にいますが、寒いのでは?」

(注:デンマークは北海道のように寒い所)


ある母親:「しかし、着物を着させます」


リポーター:「もし、雨が降ると?」


ある母親:「雨用の着物を着せます。問題ではない」


自然の中の学校は、1950年代の教育学者、ラフラッタウ

の考えです。


女性は働き出し、家で子供を保育しなくなります。


学校は満員になった。


森はこのような大人数に最適な解決法であった。


このような保育園はデンマークでは700あります。


同じく、都市でもこのようにしています。




DE3D7B04-393B-42B4-A545-C5E2EEE06A32


このコペンハーゲンでも同じようにしています。


「子供たちは通常の保育園よりも病気になりません。

子供達が汚い様子で帰ってくるのが嬉しいです。」


毎日、15分の自転車で学校につき、さらに

30分のバスで森につきます。


ビルマにとって最高の幸福です。


エルバカイザー先生は森の学校で12年間教えた。


先生:「ここでは想像を開発します。これは生徒を独立

させます。一人で学べることが可能になります。


このような森の学校はオーストラリアまで実行し始めて

います。

ヨーロッパにもっともっと増えていくでしょう。



10A4AD5C-FA3B-46E0-B810-5E68E940CE07



自然は我々に教えることが沢山あります。

何故、外に素晴らしい世界があるのに、皆さんの子供達を

いかめしい、うるさい教室に閉じ込めるのでしょう?



実行したくなります!



Axel Leclercq 



https://positivr.fr/danemark-ecole-de-la-foret/

ギャラリー
  • 速報:CDC、FDAは、一般的な風邪ウイルスフラグメントと混合されたヒト細胞を使用して「covid」テストプロトコルを偽造しました…PCRテストは単に一般的な風邪を検出しているだけです
  • アイコンの国際社会の電報更新:提督リチャード・バードとフロイド・ベネット
  • グローバル通貨リセット(GCR)による復元された共和国
  • 瞑想ライブラリー(16): 聖父との再会
  • (読者:リバティ)森に火をつけるヘリコプター?
  • ヨーロッパの洪水の間に浮上する拷問された人間の死体
  • ヨーロッパの洪水の間に浮上する拷問された人間の死体
  • 瞑想ライブラリー(15): クイックステップPDD
  • 元ファイザーの従業員が、致命的なCOVID ワクチン「生物兵器」について語ります:「彼らは、死ぬ前にどれだけ人々に感染できるかを見ているだけです。」-
カテゴリー
  • ライブドアブログ