環境、エコロジー

地球で最も有毒な場所

台風や強い風の翌日には海岸地帯にたくさんのゴミが押し上げられます。太平洋ゴミベルトも凄いですが、日本人は自分の家の前は良く掃き綺麗にしているようで、日本人は清潔だなどと良く自慢する動画も出ていますが、実は、?%の日本人の本当の習性は、町や村の外れの道路脇に行くと垣間見れます。山道、道端にもう数年も草陰で積もっている販売機のペットボトル、スーパーやコンビニから買って食べた後走る車からポイ捨てしたプラスチック製ゴミがたくさん落ちています。沢山あるので美しい自然の中で歩いていると、すごく臭いです。これらは全て車の窓からポイ捨てされたもののようです。私は自然を歩く人間ですので、それらは至る所にあります。車から見えません。道路には捨てないで道端の草のある所にわざと捨てます。中には車で運んできたゴミ袋も投げ捨ててあります。日本は「ゴミは持ち帰れ」と言うことになっていて、道端や街でも普通にゴミ箱が(外国では置いてある)ありません。人目のある、人が歩く街や村で人前では絶対捨てませんが、人目のない所ではエゴになり捨てるようです。自然に落ちているゴミの殆どは、ビールの空き缶、スーパーやコンビニのプラスチック製品です。日本人がマナー無しの自分勝手な人間なら、飲料販売機やスーパー、コンビニのこれらの販売は避けるべきです。日本人は清潔好きだと信じている人々は車を降りて町外れの自然を歩いて確認するべきです。(車を運転して歩かない人が増えていますし、自然の中を定期的に歩くことをする人は少数です。ですから美しい自然の草元に隠れて沢山のゴミがあることを気づいていません。また、街を管理する市役所や政治家も知らない?問題です。)(花子)


地球で最も有毒な場所


過去100年ほどの間、人類は圧倒的なペースで驚異的な技術の進歩を遂げてきました。科学技術のこれらの進歩は私たちの生活をより簡単でエキサイティングなものにしたかもしれませんが、私たちが残した(そしてまだ残し続けている)廃棄物の痕跡は単に恐ろしいものです。化学物質、核物質、基本的なゴミ、電子廃棄物など、あらゆる種類の汚染物質が私たちの環境を深刻に破壊しています。多くの場所は非常に大きな影響を受けているため、そこに住むことはほぼ不可能です。ウクライナのチェルノブイリはその好例であり、この町は人類史上最悪の原子力発電所事故を目撃し、それ以来、人が住めない幽霊の町となっています。

このリストには米国内の場所は含まれていませんが、存在します。ニューヨーク州ラブカナル、オクラホマ州タークリーク、ニューヨーク州ゴワヌス運河など、非常に有毒であると宣言されているサイトがいくつかあります。最近の警報の事例は、水圧破砕、またはフラッキングと呼ばれる慣行です。これは、水と空気の汚染に関連している現代の方法の完璧な例です。山頂除去は、地元の水や野生生物を傷つけることが知られているもう1つの物議を醸す慣行です。

ビデオで言及された10の場所に加えて、ここに(不)名誉ある言及に値する世界の他の有毒な場所があります。

中国、臨汾:

ロサンゼルスのスモッグは、臨汾の大気汚染と比較して「良い日」と見なされ、「世界で最も汚染された都市」と見なされます。汚染の背後にある理由は、工業生産と自動車汚染に起因しています。ここの空気は明らかにひどいので、衣服を空気乾燥させておくと黒くなることがあります!

太平洋ゴミベルト:

主にプラスチック廃棄物で構成され、テキサスの2倍以上の大きさの島で、太平洋に30フィート以上の深さの浮きがあります。

ブラジル、ロンドニア:

これはアマゾン熱帯雨林の中で最も森林破壊された地域です。数千エーカーから数千エーカーの面積の木が伐採され、全焼しました。かつての緑地は現在、牛に取って代わられています。

ヤムナ川:

政府はそれを浄化するために真剣な試みをしましたが、インドのヤムナ川は廃棄物によって汚染され続けています。ニューヨーク市だけでも、1日あたり約3,296MLDの下水が発生しています。資金不足の処理施設が処理するには多すぎる量。

ペルー、ラオロヤ:

北米の企業であるDoe Runが運営するこの町の鉛製錬所は、都市を汚染した大量の鉛の原因となっています。近所に住むほぼすべての子供たちがテストされ、彼らの血流中に非常に許容できないレベルで鉛が発見されました。

ロシア、カラチャイ湖:

核廃棄物投棄からの放射線量は非常に強いため、この地域にいる1時間以内に致死量を得ることができます。がんは原子力施設の労働者の間で大きな問題です。周辺地域では出産不良や白血病の症例が多い。遠方の大気や河川水への放射能の拡散も懸念されています。

宇宙:

人間はまた、宇宙に巨大な汚染の痕跡を残しました。現在、400万ポンドを超えるスペース・デブリとさまざまな空の宇宙船が地球を周回しています。これは、衛星と通信が失敗する原因となる可能性のある潜在的な事故に対する大きな懸念を引き起こしました。


https://www.newszoom.com/mens-health/toxic-places-world/
 
http://hanakosakamoto33.blog.jp/


あなたを驚かせる森の散歩の科学に裏打ちされた利点

2021330

1FA44119-AFF3-43A3-A1A0-EEDD5E953F82
NaturalHealth365)森林風呂や森林浴の抗がん効果については、日本から強力な科学的証拠が出ています。実際、世界有数の新林薬の専門家であるチン・リー博士によると、森林ウォーキングは、癌などの慢性疾患を予防し、血圧、心拍数、ストレスホルモンを低下させる可能性があります。

慢性的なストレスはゆっくりと死にます。車の煙や産業廃棄物、加工食品、おやEMF汚染などの環境毒素は、コルチゾールレベルと病気のリスクを高めます。結論として、現代社会のほとんどの人々はストレスを感じており、リラックスする必要があります。

増え続ける証拠は、自然の中に抜け出すという考えを支持しています。

議論の余地はありません。森林浴は、草、木、新鮮な空気の自然環境を提供し、文字通りあなたを生き返らせることができます。ありがたいことに、自然と接触することが私たちにとって肉体的、感情的、精神的に良いことを証明する科学的データが山積しています。

当然のことながら、日常生活の騒音やストレスを残し、自然の中でより多くの時間を過ごすことは私たちにとって良いことだと広く考えられています。研究者たちは現在、この理解を試してみています。残念ながら、最近まで、森の中を歩く習慣が実験装置を使って実際に調査されることはありませんでした。

医学研究は、森林ウォーキングが複数の健康上の利点を提供することを証明しています

日本で始まった研究は、森林入浴の生理学的影響を見つけることを目指しました。東京の日本医科大学の准教授であり、現在の日本森林医学会の会長である李博士は、人間の健康に関する森林入浴をテストするための実験を行った。

研究では、気分、ストレスレベル、免疫機能に好ましい効果があることがわかりました。日本の科学者たちは、木や他の植物が実際にフィトンチッドと呼ばれる化学物質を放出することを発見したロシアの研究者、ボリス・トーキンが行った研究を支持しています。この化学物質は、有害な病原体から植物を保護し、人間に大きな健康上の利益をもたらすことができます。

森の散歩はどのようにガンのリスクを減らしますか?

気分状態テストのプロファイルは、森林入浴旅行が被験者の活力を大幅に増加させ、不安、鬱病、怒りを減少させることを示しました。この要因だけでも、心臓病や癌などのストレス関連疾患のリスクを減らすことが示されました。

免疫系の機能に関する研究では、ガンの予防を担当する免疫系の構成要素であるナチュラルキラー(NK)細胞の活性の増加が示されました。すべての(従来の訓練を受けた)オンコロジストが患者にこれについて話し合ったら素晴らしいと思いませんか?

これはこれまでで最高の研究の1つです

ある特定の研究では、被験者は3つの異なる日本の森への3/ 2泊の旅行を経験しました。森を訪ねる前に、同じ被験者が、木がほとんどない名古屋市への3/ 2泊の旅行からなる市内観光客の訪問に参加しました。

ホテルのクラスとホテル滞在中の被験者のライフスタイルは、市内旅行と森林旅行で同じでした。両方の旅行のウォーキングコースは2.5kmでした。

興味深いことに、市内の観光客の訪問は、参加者のナチュラルキラー細胞の活動や選択された細胞内パーフォリンの発現を増加させませんでした(これについては後で詳しく説明します)。これらの発見は、森林入浴旅行がナチュラルキラー細胞活性、NK細胞の数、およびパーフォリンのレベルを増加させたことを示しました。

あなたは疑問に思うかもしれませんパーフォリンとは何ですか?これは実際にはタンパク質であり、ウイルスに乗っ取られた細胞や癌細胞になり、有毒な酵素を取り込むことで知られています。このプロセスにより、細胞が内部から破壊されます。しかし、このタンパク質がなければ、免疫系は不正な細胞を破壊することはできません。

このユニークな化合物の呼吸は、抗がん効果の原因である可能性があります

李博士は、NK活性の増加は、腐敗や昆虫から木を保護するために木から放出される抗菌性の揮発性有機化合物であるα-ピネンやリモネンなど、木材からのエッセンシャルオイルであるフィトンチッドを含む空気を吸い込むことに部分的に起因すると考えています。

ちなみに、フィトンチッドは天然の防腐剤や殺菌剤であり、抗菌性の揮発性有機化合物に分類され、アロマテラピーのエッセンシャルオイルとしても使用できます。

これらのフィトンチッドはNK細胞活性を誘導し、抗癌タンパク質を放出することによって腫瘍細胞を殺します。実際、「森林入浴者」がこの活動を50%増加させたことが示されています。したがって、森林の多い地域に住むことは、早期死亡と癌のリスクの低下と関連していることは理にかなっています。たとえば、研究者は日本のいくつかの主要都市からのデータをまとめ、より多くの木がある地域に住む人口は、いくつかの異なる種類の癌の発生率が低下していることを発見しました。

森の散歩はすぐにポジティブな結果をもたらします

森や公園を歩くと、白血球が強化され、心拍数が低下し、血圧が下がり、ストレスホルモンであるコルチゾールが減少します。

植物の香りを吸い込むことで、感染症、ウイルス、癌を予防する能力で知られる化学物質で体を飽和させています。ですから、次に森にいるときは、木を抱き締めて深呼吸してください。命を救うだけかもしれません。


この記事の出典:


NIH.gov

ScienceDaily.com

hphpcentral.com

smh.com.au


https://beforeitsnews.com/health/2021/03/science-backed-benefits-of-forest-walking-that-will-surprise-you-3038650.html


http://hanakosakamoto33.blog.jp/

サハラ砂漠では何億本もの樹木が育っています


坂本花子

113

きたる人道計画の一つがアフリカのような砂漠地帯に木を植える計画でしたが、すでに多くの木が生えているという情報は嬉しいものです。しかし、今まで学校や、大学、研究所でアフリカの砂漠には何もない、砂漠だけだと教えられてきたのは何だったのでしょう。主要メディアの嘘に加えて、イルミナティの学校、大学で教えられてきた多くが完全にフエイク、デタラメだったようです。科学、歴史、情報、多くらしいです


サハラ砂漠では何億本もの樹木が育っています驚くべき衛星画像とAIによる地球の変化、新しい科学

20201031

シンシア・マッカンジー  -   MessageToEagle.com –私たちのほとんどは、サハラ砂漠は単なる砂漠だと思っていますが、そうではありません。 サハラは、サハラの黄金の砂丘や焦げた岩以上のものです。

NASAが提供する詳細な衛星画像と人工知能(AI)の科学者の組み合わせを使用して、彼らが多かれ少なかれ乾燥地であると考えた地域に何億本もの樹木があることを学びました。

広大な乾燥地帯の樹木が数えられるのはこれが初めてであり、その結果は新しい科学時代の始まりを示しています。

9553E533-38E9-4A44-8F20-8DCB837AC3F7
デンマークの30倍の広さの西アフリカの地域では、コペンハーゲン大学とNASAの研究者が率いる国際チームが、18億本を超える樹木と低木を数えています。 130km2の面積は、サハラ砂漠の最西端、サヘル、および西アフリカの亜湿潤地帯として知られている地域をカバーしています。

これまでほとんどの人が事実上何も存在しないと思っていたので、サハラ砂漠に実際にかなりの数の木が生えているのを見て非常に驚きました。砂漠だけで何億本もの木を数えました。このテクノロジーがなければ、そうすることはできなかったでしょう」と、コペンハーゲン大学の地球科学および天然資源管理学部のマーティンブラント助教授は、現在Natureに掲載されているこの研究の科学論文の筆頭著者であると主張しています。

 世界の炭素収支における樹木の役割

アフリカ大陸の3分の1を占める世界最大の砂漠であるサハラ砂漠は古代にあり、数千年前、この広大な地域は肥沃な草原でした。

それから何かが起こり、グリーンサハラは砂漠に変わりました。砂の下に何が隠されているのか、まだわからないことがたくさんあります。科学者たちは、現在埋葬されている3つの古代の河川システムが、約10万年前にサハラ砂漠を越えて地中海地域に人が移動するための実行可能なルートを作成した可能性があることを発見しました。

サハラ砂漠での魚の発見は、かつて草地の生態系が砂漠に変わった理由を科学者が理解するのに役立ちます。

科学者たちは、膨大な数の木があることを知ったので、地球規模の炭素循環に関する知識を向上させることができます。

マーティン・ブラントによれば、このような乾燥地の樹木に関する新しい知識は、いくつかの理由で重要です。 たとえば、世界の炭素収支に関しては、これらは未知の要因を表しています。

「森林地帯の外の木は通常、気候モデルに含まれていません。私たちはそれらの炭素貯蔵量についてほとんど知りません。 それらは基本的に地図上の白い点であり、世界の炭素循環の未知の要素です」とマーティン・ブラントは説明します。

C9D65413-0014-4C07-8DBC-D79A1CAB60BA

赤い長方形は、木がマッピングされた領域を示しています。クレジット:コペンハーゲン大学

さらに、新しい研究は、生物多様性と生態系、およびこれらの地域に住む人々にとっての樹木の重要性のより良い理解に貢献することができます。特に、乾燥地域で主要な環境的および社会経済的役割を果たしているアグロ・フォレストリー(農林)を促進するプログラムを開発するためには、樹木に関する知識の向上も重要です。

「したがって、私たちは衛星を使用して樹種を決定することにも関心があります。樹種は、生計の一部として木材資源を使用する地元の人々にとっての価値に関連して重要だからです。樹木とその果実は家畜と人間の両方によって消費され、野外で保存されると、水と栄養素のバランスが改善されるため、樹木は収穫量にプラスの効果をもたらします」と地球科学天然資源局のラスムス・フェンホルト教授は説明します。

高度な衛星技術をAIと組み合わせて使用​​することは成功しており、プロジェクトを継続することができます。次のステップは、木の数をアフリカのはるかに広い地域に拡大することです。そして長期的には、森林地域の外で成長するすべての木のグローバルデータベースを作成することを目的としています。

シンシア・マッカンジー著–MessageToEagle.comスタッフライター


https://www.messagetoeagle.com/hundreds-of-millions-of-trees-are-growing-in-sahara-surprising-satellite-images-and-ai-reveal/

「ゴミ津波」はホンジュラスのビーチで打ち寄せる

坂本花子

927

フリー・エネルギーがニコラ・テスラの時代から人類にとって利用可能なようでしたが、デープステーツ先導の、彼らにとっては莫大な利益につながる原油産業優先のために、それらは軍機密として人類から隠され、地球と海洋の大規模な災害と汚染も無視し、彼らの独占するグローバルな商業も、原油から作られたプラスチック袋、etcの汚染が至る所に見られます。

日本も同じです。日本では、日本人は綺麗好きだ、ゴミを捨てない、きちんと掃除するなどと外国人と比べる自慢話が聞かれますが、これは自分の家、自分の家の前、外国のサッカー・スタジオで日本人が派手に自持ちの袋にゴミを拾って帰るイメージが世界のテレビで一巡する時もあり、時には本当のイメージを見せていません。

ということは、台風、強い風の翌日に日本の海岸中に、ゴミの山、特にプラスチック袋、コップ、コンビニ、スーパーの弁当箱、お菓子の袋etcが大量に打ち上げます。
2928D86F-8AF4-462C-B963-678CA0553895

D768494F-2678-4C6B-A3A0-F6CADE6CF659
C089395E-B96E-442B-9B01-576F804B61CE

 

さらに、街と街の間の自動車道の脇歩道には、時々、明らかにコンビニやスーパーで買った弁当箱とコップ、袋、アウミニウム缶が、歩道に無造作に投げ捨てられていて、投げた人間の心の汚さ、無責任さを示しています。
4FECE925-2041-4986-AF02-D7ACC9B2CCEA
79F2F75F-B805-42CD-946F-38FCE30EFCB3

 

これは私が頻繁にウオーキングを実行していて、山道や街から出た舗道で出くわす風景です。ある山道の傾斜面の木々の間には、長年らしき沢山のゴミが投げ捨てられています。

また、今回は、コロナウイルスで、自然に過ごしたい多くの人々(大半が男性が海岸地帯に釣りに来ます。今も釣りの季節です。しかし、彼らの去った後の車の下あたりから沢山のプラスチック、缶廃棄物が落ちています。これが現状です。

近くには普通の住民がいますが、彼らの迷惑も考えないで、ポイ捨てを無責任にしています。

このような行動をする人々は大半ではないかも知れませんが、汚染物は目立ち、それらを見た人々の心を悲しくし、汚します。この荒廃した習慣を持つ人々は3Dの行動と言えます。自然を見るために来て、そこで1日を過ごし、その恩恵を受け、魚釣りで魚を自然からいただき感謝すべきなのに、その後自然を汚して帰ります。だが、5Dではこのような行動の人はいないでしょう。
 

1743DFCF-C56B-4B32-A31C-DF41B2351725
このように美しい自然の山道ですが…

「ゴミ津波」はホンジュラスのビーチで打ち寄せる


2020923日水曜日


オリビア・ロザン、  EcoWatch 

ウェイクタイム

「ゴミ津波」がホンジュラスの海岸に打ち寄せ、野生生物と地域経済の両方を危険にさらしています。


ボイスオブアメリカは火曜日に、ゴミはほとんどプラスチック廃棄物であると報告し、国の北部にあるオモアの典型的な手付かずの熱帯のビーチを汚染しています。ホンジュラス当局は土曜日、ゴミが隣接するグアテマラのモタグア川の河口から来ていると述べた。それはビーチが引き付ける観光に依存するので、それは地方経済にとって問題を提起します。


「モタグア川からのこのゴミの波は私たちを本当に驚かせました、そしてそれは問題を引き起こしましたが、それは私たちの活動を止めませんでした」とYahoo Newsが報じたようにホンジュラス環境当局のリリアン・リベラは言った。「私たちはビーチをきれいにし、きれいに保つことに関与していますが、今日、テグシガルパの当局に強力な行動、この問題の永続的な解決策を見つけるための行動をとることを要求しています。」

テグシガルパはホンジュラスの首都です。


一方、ボイス・オブ・アメリカによれば、ホンジェラス政府はプラスチックの潮流を食い止めるためにグアテマラに行動を要求している。


しかし、The Intercept2019年に報告したように、グアテマラのモタグア川から流れるプラスチックは、この地域で進行中の問題です。グアテマラには管理された埋立地や廃水処理プラントがほとんどないという事実が、プラスチックの潮流を助長しています。その後、プラスチックは生物多様性のあるメソアメリカ・リーフの本拠地であるカリブ海に洗い流されます。


2017年、グアテマラ政府は、ホンジュラス政府が海岸に達した汚染について訴訟を起こすと脅した後、廃棄物を捕まえるために川に「バイオフェンス」を設置しました。フェンスはプラスチック製のネットで結ばれたプラスチック製のボトルでできています。


「いっぱいになると、実際にそれの上を歩くことができます」とゴミ捨て労働者のマルコドゥボンはインターセプトに語った。


世界中で、河川は海洋のプラスチック汚染の主要な発生源であり、その90%は 2017年に発見された10の河川に由来するだけであり、科学者たちはこの問題を深刻化させています。7月に発表された調査によると、毎年約1,100万メートルトンのプラスチックが海洋環境に侵入し、何もしなければ2040年までにその数は年間2,900万メートルトンに増加します。

プラスチックは海洋生物にとって大きな問題です。PEW、海鳥、カメ、海洋哺乳類がプラスチックに絡まったり、誤って食べたりする可能性があると指摘しました。これは絞殺、窒息または死につながる可能性があります。プラスチックが毎年100万羽の海鳥を殺し、ウミガメの半分がプラスチックを飲み込んだと推定されています。



著者について

OliviaEcoWatchのフリーランスの記者です。

Facebookのウェイキングタイムズのように Twitterでウェイキングタイムズをフォローしてください


出典:https : //www.wakingtimes.com/2020/09/23/trash-tsunami-washes-up-on-honduran-beaches/

 
http://hanakosakamoto33.blog.jp/archives/6893806.html

エクアドルの「歩く木」は年間最大20メートル移動するとされています(ビデオ)

坂本花子
7月18日
 以下の記事はN.モーガンの南アメリカの奇妙な木の記事です。「歩く木」です。何か人間のようで好感が持てます。

3ECB890E-E43A-4236-8881-6670F0ACCC15

エクアドルの「歩く木」は年間最大20メートル移動するとされています


ヤシの木には非常に実在する種、Socratea exorrhizaがあり、新しい根を育ててより良い土壌への道を「回避」することができます。 ほんの少しの脇道でもありません。 これらの移動木は、年間約20メートル移動できます。


Socratea exorrhizaはおそらく世界で唯一の可動木です。 彼らは、その複雑な根系が足としても機能し、季節の変化に応じて木が太陽光に向かって常に移動するのを助けると言います。ウォーキングツリーは、1日あたり最大23 cm、または年間20メートル移動できるようです。 あまり聞こえないかもしれませんが、それは木の基準によるマラソンです。


エクアドルのようなラテンアメリカ諸国の熱帯雨林ガイドは、何十年もの間、素晴らしいウォーキングツリーについて観光客に伝えてきました。ストーリーの最も一般的なバージョンは、木が新しい根を光に向かって成長させ、その古い根を消滅させることによって、太陽を求めてゆっくりと「歩く」ことです。珍しい根は、地面から数フィートの幹から分かれており、脚のある木のような錯覚を加えます。


エクアドルの首都キトから1日の旅にある、ユネスコスマコ生物圏に数か月間住んでいたスロバキア科学アカデミーの古生物学者であるピーター・ヴルサンスキーは、「土壌が侵食されると、木は長くて新しい根を育て、新しくより固い地面を見つけることがあります。」

「その後、ゆっくりと、根が新しい土に定着し、木が新しい根に向かって根気よく曲がると、古い根はゆっくりと空気中に持ち上がります。木がより良い日光とよりしっかりした地面のある新しい場所に移動するプロセス全体には、数年かかる場合があります。」

動画Luna Nueva Farm Costa Rica walking palm tree


ウィキペディアによると、「ジョンH.ボドリーは、1980年に、別の木が苗の上に落ちてそれを倒した場合、実際に手のひらが発芽点から離れるようにできるようにすることを提案しました。そのようなイベントが発生した場合、手のひらは新しい垂直の高床式の根を作り、それから元の根が腐ってしまいます。」


当然のことながら、ほとんどの科学者はウォーキングツリーが実際に移動できるとは考えていません。 2012年のライブサイエンスの記事によると、「太陽を求めて歩く木は、魅力的で奇妙な物語です。悲しいかな、それは真実ではありません。木は十分にリアルですが、歩きません。それはそれが発芽した場所に座っており、風(または斧)の力の下以外では動かない。」


生物学者であり、コスタリカの持続可能な開発研究センターの所長であるジェラルド・アバロスは、ソクラテアexorrhiza種に関する世界のトップ・エキスパートの1人です。そして彼は、2005年に彼が行った広範な分析に基づいて、ウォーキングツリーが実際に歩くことができないことに同意します。「私の論文は、ウォーキングパームの信念が単なる神話であることを証明しています」と彼はLife’s Little Mysteriesに語りました。


「実際にヤシの木が林床をゆっくりと移動することで、キャノピーの光の変化を追跡できると考えるのは、観光ガイドが熱帯雨林に訪問者を案内するのが面白いという神話です。」


神話であろうとなかろうと、ウォーキングツリーはエクアドルを訪れる観光客を魅了し続けています。

87119477-F195-4E05-A879-22E9D6D6478C

参照:

https://www.odditycentral.com/news/these-walking-trees-in-ecuador-can-allegedly-move-up-to-20-meters-per-year.html


https://youtu.be/CsluhSBGFF0


N.モーガンによる寄稿

ギャラリー
  • 速報:CDC、FDAは、一般的な風邪ウイルスフラグメントと混合されたヒト細胞を使用して「covid」テストプロトコルを偽造しました…PCRテストは単に一般的な風邪を検出しているだけです
  • アイコンの国際社会の電報更新:提督リチャード・バードとフロイド・ベネット
  • グローバル通貨リセット(GCR)による復元された共和国
  • 瞑想ライブラリー(16): 聖父との再会
  • (読者:リバティ)森に火をつけるヘリコプター?
  • ヨーロッパの洪水の間に浮上する拷問された人間の死体
  • ヨーロッパの洪水の間に浮上する拷問された人間の死体
  • 瞑想ライブラリー(15): クイックステップPDD
  • 元ファイザーの従業員が、致命的なCOVID ワクチン「生物兵器」について語ります:「彼らは、死ぬ前にどれだけ人々に感染できるかを見ているだけです。」-
カテゴリー
  • ライブドアブログ