消費

教皇フランシスコは、人々が飢える時にたくさんの食べ物が捨てられると嘆く

坂本花子

1018

以下の記事のローマ法王のメッセージですが、教皇はこの3月に他の枢機卿達と共に逮捕され処刑されたようですので、多分そのダブル、またはクローンか映像だと思われますが、たぶんホワイトハットの人類へのメッセージを読んでいるのかも知れません。内容が重要だと思われますのでこの記事を取り上げました。

コロナウイルスでスーパーで食糧不足を演じる行動に注意しなければなりません。商品を故意に希にして食料危機をつくり、物価を上げ、収入が劇的に下がった普通の市民が買えないようにし、餓死させる危険性もあります。世界でも、日本でも食品スーパーの多くのネットワークが1%に属しているようです。

ここ数日に、外国の動画で、食品スーパーには本当に在庫が無いのか?という疑問視する動画も出回っており、私も同じ懸念と疑問があります。さらに、自分でプランター栽培をする、とかどのように食料危機を乗り越えるかの方法を提示する動画が急に多くなって、世界中の人々が急に食料危機の懸念を抱いていることを示しています。

下の記事で教皇は以前から多くの食品が捨てられていることを嘆いています。日本でも、特にバカ高い魚、野菜、果物が店頭で売れずに残っているようです。スーパーでの客が目に見えて少なくなっている。いても見るだけで、高値のために買わないのが見えます。人々が買えないことを示しています。それでも欲深いスーパーは自分の利益だけを心配し、値段は食品では50%値上げてしています。ヨーロッパでも、スーパーが残った食品を捨てている、野菜、果物の形が醜い、大きいとかでスーパーが仕入れないので、畑でそのまま腐っていると言う報道を以前に見たことがあります。日本でも、食品スーパーが欲張って小さい魚をバカ高い値段で売りに出し、お金がない普通人には買えないので、腐るとか、または塩魚にして売りに出すという暴挙を演じている感じです。野菜、果物も日本では1個単位で売り、小さなジャガイモが1個80円の時もあり、ヨーロッパではこれで1キロ買えるお笑の国日本です。国民の権利を守る政治家は日本にはいなかったようです。何のための選挙?選ばれた議員は国民の利益を守るために議会に送られたが、当選すると急に記憶喪失症に全員陥ったようです。こんな仕事もしない議員はもう必要ない。現在の代表民主制を根本から見直す必要があります。さらに日本の魚、野菜、果物の生産、分配システム全てを見直す必要があります。日本人は骨の髄まで色々な形で搾取されています。私立中央銀行ロスチャ;そこに消える日本人の税金…;日本の公務員;市役所;警官;国会、地方自治体議員、はこのコロナウイルスの最中に普通の日本人と違って毎月決まったベーシック・インカムが入ります、これらの仕事はこれら外国人の傀儡政府/イルミなティーの維持-コラボ(協力)エージェントと言えるのでは……


教皇フランシスコは、人々が飢える時にたくさんの食べ物が捨てられると嘆く


20201016

0FBA93C1-7186-4323-A3A7-D70A0E40404A


バチカン市国、20201016/午後2時(CNA-

金曜日の世界食料デーのビデオメッセージで、教皇フランシスコは、人々が食糧不足のために死に続けている間、大量の食糧が捨てられていることに懸念を表明しました。


「人類にとって、飢餓は悲劇であるだけでなく恥ずべきことでもあります」と教皇フランシスコは1016日に国連食糧農業機関(FAO)に送られたビデオで述べました。


教皇は、飢餓と食糧不安に苦しんでいる人々の数が増加しており、現在のパンデミックがこの問題をさらに悪化させるだろうと述べました。


「現在の危機は、世界の飢餓を根絶するために具体的な政策と行動が必要であることを示しています。弁証法的またはイデオロギー的な議論が私たちをこの目標に到達させるのに遠い場合があり、私たちは兄弟姉妹が食糧不足のために死に続けられるようにしています」とフランシスは言いました。


彼は、農業への投資の不足、不平等な食糧配給、気候変動の結果、そして世界の飢餓の原因としての紛争の増加を指摘した。


「その一方で、たくさんの食べ物が捨てられます。この現実に直面して、私たちは鈍感または麻痺したままでいることはできません。私たち全員に責任があります」と教皇は言いました。


世界食料デー2020は、第二次世界大戦後に生まれ、ローマを拠点とするFAOの設立75周年を迎えます。


「この75年間で、FAOは食糧を生産するだけでは不十分であることを学びました。フードシステムが持続可能であり、すべての人に健康的で手頃な食事を提供することを保証することも重要です。それは、私たちがコミュニティと地球の幸福のために食料を生産し消費する方法を変革し、それによって回復力と長期的な持続可能性を強化することができる革新的なソリューションを採用することです」と教皇フランシスは言いました。


FAOの最新の報告によると、世界的に飢餓の影響を受けている人々の数は2014年以降増加しています。


国連は、2019年に69千万人が飢えたと推定しています。これは2018年よりも1000万人多くなっています。 


今年7月に発表されたFAOの報告書は、COVID-19のパンデミックにより、2020年末までに世界中で13000万人が慢性的な飢餓に苦しむことになると予測しています。


国連の報告によると、アジアは栄養不足の人々の数が最も多く、アフリカ、ラテンアメリカ、カリブ海がそれに続きます。報告書によると、現在の傾向が続けば、アフリカは2030年までに世界の慢性的に飢えている人々の半分以上を抱えると予想されています。


FAOは、「戦争と紛争の武器としての飢餓の使用を防ぐ」努力に対して最近2020年のノーベル平和賞を受賞した国連の世界食糧計画とともに、ローマに本部を置くいくつかの国連組織の1つです。


「勇敢な決断は、武器やその他の軍事費に使われる資金で、飢餓を確実に打ち負かし、最貧国の発展を助けることができる「世界基金」を設立することだろう」と教皇フランシスコは述べた。

「こうすることで、より尊厳のある生活を求めて家や国を離れることを余儀なくされた多くの兄弟やその家族の多くの戦争や移住が回避されるでしょう。」



出典:https//www.catholicnewsagency.com/news/pope-francis-laments-that-tons-of-food-is-thrown-away-as-people-starve-38061/


https://beforeitsnews.com/christian-news/2020/10/pope-francis-laments-that-tons-of-food-is-thrown-away-as-people-starve-2589559.html

コロナウイルスの世界的ロックダウンで地産地消にスポットライト

坂本花子
2020528

コロナウイルス騒動で明らかになった地産地消の良さ
:世界規模経済から地方経済、地域コミュニティへの移行がこれからますます期待される。

A2758FC5-30AF-4D2C-9DD5-37F020219860

これからの世界はコロナウイルスの世界的ロックダウン前の旧グローバル資本主義システムの崩壊から、ロックダウン後の地域コミュニティによる新経済、人間的規模の経済システムに徐々に移行することが期待される。

このコロナウイルス危機でのロックダウン状態で、家庭の主婦の主な懸念はどのようにして、家族の食料を安全に、かつ適当な価格で購入するかでした。海外からの空便もロックダウン状態で、海外から今まで購入していた
(バナナ以外)果物、野菜、魚なども稀になっているのが目立ちました。

しかし、この偽コロナロックダウンで主に目立ったのは、「地産地消」を実行していた地域の農協産物を豊富に取り入れていた売店でした。価格もイオンなどの通常の高いスーパーマーケットよりも安く、地域の産物ということで安心できる状況でした。

一例には、淡路島の洲本市にある、一年ほど前あたりから開店した、
JA淡路日の出 御食菜采館 洲本店という農協産物の売店には、以下のように淡路島産物の美味しい玉ねぎを始め、各農家の名前の付いた農産物が商品棚に並んでいます。

この店は、農産物の他にも、淡路島産の新鮮なパンやお菓子、アイスクリームなど多くの淡路島産物も売られています。

4889524A-0088-43A5-8BD9-D41FAB6B12F7

<>地産地消とは何か?

地産地消(ちさんちしょう)とは、地域生産・地域消費(ちいきせいさん・ちいきしょうひ)の略語で、地域で生産された様々な生産物や資源、主に海産物や水産物、エネルギーなどをその地域で消費することである。


また、遠距離輸送には大量の燃料・エネルギーを必要とする為、そのために輸送する際にかかるエネルギー・CO2排出量等のコストを計算するフードマイレージの観点から考えると、地産地消ならば、それらは不必要なエネルギー消費、CO2ノート排出削減が可能であり、価格も安くなる。


<>地産地消の長所としては

 食べ物を随時新鮮なうちに食べられる

  • 消費者と生産者の距離が近いために鮮度がよいため、野菜の栄養価が高い
  • 地域経済の活性化、地域への愛着につながる
  • 地域の伝統的食文化の維持と継承
  • 農水産物の輸送にかかるエネルギーを削減できる


淡路島の例

ここの果物、例えば淡路島産のオレンジやレモンを見ると明確ですが、イオンなどの食品スーパーで一個100円程度の安さで売られている農薬、殺虫剤たっぷりで、何故か均一の形、虫や傷の付いていない、同時に体の健康を考えると口に入れることを躊躇して、安くても買いたくないオレンジなどと比べると、形が同じではなく、大小色々、殺虫剤をあまり使用していないことを思わせるように、色があまり綺麗じゃなく、表面に傷が付いていたりしていますが、安心して食べられる、という感じです。
7F9077F5-A5BC-4086-B0E3-1A63D995D422
C6286E58-02C3-4B28-9433-83D49A0DE0B6

 

グローバルで独占的、日本人に奴隷労働を強いる外資系スーパーネットワークから地産地消ネットワークへ

一例をあげると、イオンなどのスーパーの人参の形は同じ大きさで(どのように生産されているか疑問)ある。歪な形の農産物は大量に捨てられているらしい。もったいないし、野菜や果物の高値の原因にもなっている。以上の地産地消の長所から比べると、ネガチブなイメージで非社会的としか思えない。

また、値上がりを隠すために、1個当たりの野菜、果物がますます小さくなっている。日本では、小さいじゃが芋が135円から40円くらいで売られている。外国、特にフランスと比べると、日本のじゃが芋の値段は抜群に、スキャンダル的に高い。フランスではこの小さい2個のじゃが芋で1キロ、野菜市場で買える。日本と韓国の野菜と果物の値段の高さは海外でも有名。日本以外では野菜や果物は1キロの値段単位で売られている。売り場に野菜、果物の1キロの値段をきちんと提示しなければならない。日本にはその義務がない.スキャンダルです。日本には市民の権利と利益を守る政治家はどうやらいないようである。


以前にこの売店がなかったときには、人々はイオンのスーパーから買うしかなかった。日本の果物や野菜が世界中で一番高値であることを日本人は知らされていない。(これに関してはいつか記事を書くつもりである)日本の主要なスーパーは、皆名前だけが日本語で(それで多くの日本人はこれらの会社が日本の資本だと思っているようだ)、資本は外資系で、独占状態にある。主流メディアも同様であるので、日本人に真に必要な情報は決して入って来ないということに関しては日本は鎖国状態であり、外で起こっている本当に知らなければならないことを知らされていない。


このようにコロナウイルスのロックダウンで、世界的にも国内的にも経済を破壊することになったが、地産地消の長所が浮き彫りにされ、これは人類が未来の経済の基盤としなければならないことにスポットライトを当ててくれた。


これらは偽コロナウイルスでロックダウン騒動を引き起こし、5Gの建築とコロナウイルス対策の「チップ入り」のワクチンで、日本人の全ての行動をさらにコントロールしようとした者達でもある(人々を制御するために5G電磁波と相互作用するマイクロチップを人口に注入することでした)外資系グローバリストに日本経済が乗っ取られ、これらが好き放題に利益を上げて日本人から金を巻き上げているグローバル型のスーパーから徐々に解放できることは全国的な地産地消ネットワークの繋がりであろう。


http://hanakosakamoto33.blog.jp/archives/6150306.html


包装食品に含まれる2,000種類の未検査の化学物質


包装食品で発見された2,000の未試験の化学物質


20191124


ソース:Collective Evolution | アラナ・ケトラー

1542CA98-7A57-407E-A383-F797EEE97DA5

簡単に


事実:2,000の規制されていない化学物質が現在、米国中の多くの従来の包装食品に使用されています。


振り返る:自分の体に何を入れているか知っていますか? 成分を発音することができない場合、それを消費するべきではない可能性があります。 消費する加工食品の量を制限したり、少なくとも癌の原因となる化学物質を避けたりできますか?


環境ワーキンググループ(EWG)の最近のレポートでは、米国のスーパーマーケットで購入できるさまざまな従来の加工食品や包装食品に、約2,000個の未試験の化学物質が含まれていることが示されています。 これらの化学物質が合法であり、現在の化学物質規制法に基づいているか、米国ではそのような化学物質がないことを知って驚くかもしれません。


発見された何千もの化学添加物のうち、いくつかは、さまざまな加工肉に見られる合成亜硝酸ナトリウムなどの既知または疑わしい発がん物質です。 世界保健機関は、これらをおそらく発がん性があると考えています。 別の化学物質であるブチル化ヒドロキシアニソールBHA)は、冷凍ペパロニピザなどの多くの品目に含まれる癌の原因となる化学物質としてカリフォルニア州でリストされています。


ポリプロピレン、硫酸、ビスフェノールAなど、他の多くの警告化学物質が食品自体の包装に含まれています。


あなたはどの程度心配するべきですか?


EWGの栄養士であり、この研究の共著者であるDawn Undurragaは次のように述べています。「従来の食品に含まれているものについて学ぶほど、懸念の証拠が増えてきます。」


加工食品を大量に消費している場合、明らかにリスクレベルは上がりますが、これらの化学物質は確かに注意すべきものです。 成分リストで発音できない場合は、避けるのがよいでしょう。


政府は何らかの責任を負うべきですか?


一部の消費者は、有毒化学物質を規制し、食品に巻き込まれるのを法的に防止する必要があると考えています。 私たちの健康と安全を念頭に置いた政府機関はありませんか? 残念なことに、化学物質の規制に関して言えば、食品だけでなく、健康製品や美容製品、洗浄製品にも、これらの化学物質は規制されていません。 たとえば、欧州連合は化粧品から1300近くの化学物質を禁止していますが、米国ではわずか11物質です。 これは、メーカーが適切な安全性テストを行ったかどうかに関係なく、好きなものを使用できることを意味します。


「残念ながら、食品添加物に関する現在の方針は1958年に書かれており、食品および化学会社によって完全に採用されています」とUndurraga氏は述べています。 「食品または化学会社または業界団体によって「一般に安全と認められる」またはGRAS(グラス:アメリカ食品医薬局より食品添加物に与えられる安全基準合格)とみなされる添加物は、米国食品医薬品局(FDA)が添加物の安全性を審査する食品添加物請願プロセスから免除されます。」


GRASの免除は、酢など、すでに安全と認められている多くの成分を使用できるようにするために最初に作成されました。 残念ながら、食品科学の急速な進歩に伴い、この規定は何千もの化学物質に適用されており、その多くは長期的な影響さえも知りません。 2017年にEWGは他の公衆衛生および安全グループに加わり、GRASの抜け穴を根絶するためにFDAに対する訴訟を提起しました。


「抜け穴を塞ぐのではなくFDAは企業が食品化学物質について自主的に機関に通知することを許可し、企業が結論を裏付ける産業科学を要約できるようにしました」EWG調査は述べています。これらの化学物質のレビューを行う多くの科学者は、業界自体によって支払われます。


「消費者は、疑わしいまたは危険な成分を含まない食料品店で何かを手に入れるために毒物学者である必要はありません」とUndurragaは言いました。


それは事実ですが、Non-GMOプロジェクトのようなものです。遺伝子組み換え材料の使用をラベル表示するよう食品製造業者に要求する法案を渡すことができなかったため、NON-GMOプロジェクトはすべての製品に付与されるラベルの開始を決定しました。確かに、遺伝子組み換え成分はありませんでした。これだけで、多くの食品製造会社は、使用していた材料を再評価し、切り替えて、ラベルの承認を得て、進化し続ける意識的な消費者の要求に対応することを余儀なくされました。


消費者の力を決して過小評価しない


何に注目すべきかを知り、これらのがんの原因となる化学物質を含むアイテムを避け、このような情報を共有するか、単に友人や家族に伝えることでそれらについての意識を高めることにより、大きな影響があります。ますます多くの人々がこれらの製品に気づき、何に注目すべきかを知り、回避するでしょう。これにより、食品生産者はこれらの成分を省くか、廃業する可能性があります。彼らは本質的に進化するか死ぬ必要があります!


可能な限りオーガニックを購入することが、がんの原因となる化学物質を避け、加工食品の消費を大幅に制限または削減するための最も安全な方法です。はい、オーガニックはより高価ですが、あなたの健康は何に値しますか? Clean 15」リストや「Dirty Dozen」などの便利なツールも覚えておいてください。常に購入する必要がある食品と、農薬やその他の有害な化学物質を含まない食品を把握してください。


ここで少し知識を役立ててください!


政府は、常に人々の利益よりも重要であるため、常に私たちの最大の関心を念頭に置いているわけではないため、消費者に情報を提供し、自分自身と家族に最適な決定を下すのは私たち次第です。


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2019/11/2000-untested-chemicals-found-in.html

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

 

ドイツはまもなく肉類に増税を検討している

動物の幸福(満足のいく状態)を改善するための資金出費のために、グリーン議員は肉類に付加税をかけたい。食習慣を変える法案である。


金(カネ)は戦争の神経組織である。ドイツの議員は肉類の付加税をもっと上げたいと提案している。目的:動物の幸福改良と気候変動のためである。この意外な提案に光を当ててみました。


D94A3BB7-3949-48BE-94A6-98DE4D8CF157





肉が高くなるほど、消費は少なくなります。そのためにグリーンの議員は付加価値税(TVA)が7%(割引率)から19%になることを望んでいる。

ドイツ国庫に金を入れるために、納税者を出血させる新しい方法なのだろうか?先験的に、そうではないようだ。BFMTVテレビが言うように、この提案の創案者である議員達は« 動物の幸福の改善のための補足収入は飼育に当てがわれる。»と予告している。


フレデリッヒ・オステンドルフ、ドイツのグリーン党のスポークスマンはBFMTV : にこう語っている。

«私は補足収入が動物の幸福のためになるなら割引率を削除することに賛成です。 »





926A407C-CDDC-4414-AF54-742CB9DF4B9E

提案を支持して擁護するために、フレデリッヒ・オステンドルフは肉に反して、オート麦乳は19%…の課税であることを思い出して欲しいと言った。

あとは、グリーン・ドイツ議員の視点を他の議員達がどう思うかを知るだけですが、しかし、それはかなり良さそうだ。アイデアは社会民主党とキリスト教民主党に支持され、議決される強いチャンスがある。

もし、これが確認されると、温室効果ガスの減少になるだろうとこの提案の創案者達は賭けをしていますドイツ農業は66.3トンの二酸化炭素を放出しています。

この数字は全ての解決方法、肉類のさらなる重税も含めてを検討したくなります



アクセル・ルクレール



https://positivr.fr/taxe-viande-allemagne/

私の亜麻のコップ :再利用でき、微生物分解可能なコップ

プラスチックの代わりになるもの、アイデアは沢山あります。新しい例はフランス北部の亜麻で作られた容器です。

再利用可能なコップを使う事はとてもいいことです。しかし、再利用可能なコップで微生物分解とは、もっと良いです。ダンケルク(フランス北部)から来たこのとても素晴らしい発明のデモンストレーション:亜麻からなるエコロジーなコップ!

038C64B5-8EF5-4454-ACA5-F89C9EF2C5BE




ルーべの国立高等美術&繊維企業学校を卒業したカミーユ・ドゥリーニューは「私の亜麻のコップ」と言うブランド名で彼の父(治金の専門家)と組んだ。目的は?地元の資源で微生物分解できる亜麻で「伝統的なプラスチック」と交換する事です。

カミーユ・ドゥリーニューは新聞ラ・ボワ・ドュノール(La Voixdu Nord)にインタビューされた :



« 我々はR&D(研究と開発)のステップを終え、業者を見つけたばかりです。時間がかかりました!中国業者に呼びかけていたらもっと早く始めれたでしょうが、我々は100%フランス産でいたかったのです。»



3BE1912E-E61A-4C3F-A82F-A0406A016531



25千の最初のコップ製品は1個が1ユーロで今年末に商品化される予定です。この価格はプラスチックのコップと大体同価格です。地元経済とエコロジーに関してとても良い情報です。


私の亜麻のコップ:

« 我々の製品は100%のバイオソース構成です。構成は澱粉発酵によるポリ乳酸で、亜麻からの、天然植物繊維でフランスが世界一の生産国です()。利用終了後、環境を汚染しません。反対に自然のためになります。





871A8F57-BBD2-4BCA-99AF-1D2BCA6C954C


「私の亜麻のコップ」は一番ではありませんが、とても良い交流と豊富な経験です。3大決勝出馬選に残れた事は我々にとってトップです💪

優勝者バンザーイ!






アクセル・ルクレール(Axel Leclercq )



https://positivr.fr/gobelet-en-lin/

ギャラリー
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
カテゴリー
  • ライブドアブログ