参加する直接民主主義

大選挙の詐欺:私たちの自由は別の選挙で生き残れるのか?

坂本花子

91

コロナウイルスの世界的ロックダウンで、世界中の政治家が皆傀儡政治家であり、国民の命より自分達の利益を優先する悪魔と化し、メディアと共謀して嘘とデマで人類を破綻させようとしているのが見えます。間接民主主義で選ばれ、国民を常に裏切る議員、政治家、政党はもう見切りをつけねばなりません。

国民各々が自分で自分の市町村の政治を決める時代に入りました。自分の権利は自分で守る。自分の考えを大切にする。自分を尊重する。人に従順になるクラゲ人間ではなく、自分の意見を持つ。市町村のすべての活動に積極的に参加する。人に、特に職業政治家には絶対任せない。もし、任せるときは規則をハッキリさせ、腐敗者は即辞職、何らかの腐敗の場合は特別な市町村議会で裁く(裁判官ではなく、市町村から選ばれた者達によって)

そうすると、今まで市民が国、地方、市に支払っていた膨大な税が必要なくなります。何故なら、大半がグローバリストに盗まれ、政府、県etcが莫大な金額を浪費していたことが判明するでしょう。



大選挙の詐欺:私たちの自由は別の選挙で生き残れるのか?


2020829

ジョン・ロールス

234AA1C5-7E39-4B78-A8C6-859EA2CCC058


ジョンWホワイトヘッド/  ラザフォード研究所

2F1CB167-1E36-4357-9C05-8B6C113E0E35


「私たちの未来がこれまで以上に予測不可能になったことはありません。常識と自己利益のルールに従うことで信頼できない政治的勢力、つまり他の世紀の基準で判断すると、純粋な狂気のように見える勢力にそれほど依存したことがありません。 」―ハンナ・アーレント、 全体主義の起源


そして、それは再び始まります。アメリカの人々が自分たちがこの国の未来という誤解された信念に狂乱することを許す選挙サイクルの終わりのない、半妄想的な、列車事故です。いや、私たちが大統領として選出する人によって異なります。


次の3か月間、アメリカ人は何十億ドルもの価値のある政治宣伝を彼らに与え、彼らをテレビに釘付けにして、1)投票数をカウントし、2)適切な候補者を選出することで、この国で間違っている全てを正そうとします。


信じられないことですが、33,000万人を超える国では、大統領には2つの選択肢しかありません。創造的で、知的で、生産的で、責任があり、道徳的な人々が溢れている国で、私たちの投票が2つの悪の中で最も小さい方を選ぶレバーを引くことに、あまりにも程度が下がっているのはどうしてでしょうか。

もちろんシステムは装備されています。


それは、 ほとんどすべての場合、実質よりもイメージを選択するまばゆい消費者を対象に、製品(この場合は大統領候補)を販売する方法について、スクリプトが多く、しっかりと振付され、スターが散りばめられ、評価が高く、量販され、  コストがかかる演習です。 


著者のノーム・チョムスキーが正しく  観察したように、「政治キャンペーンは練り歯磨きと自動車を販売する同じ人々によって設計されていることを覚えておくことが重要です。」


つまり、   最新のおもちゃ、ハイテク機器であるかのように、または最もカリスマ的な政治家、人気があるかどうかにかかわらず、一般に販売されているものが必要であると人々に信じさせる技術の達人である監視エリートによって慎重に作成された製品を販売しています。


今年の大統領選挙は、近年の他のすべての選挙と同様に、歴史家ダニエル・ボルスティンが「疑似事件」と呼んだものです。製造され、考案され、本質的な価値がないため、宣伝されている価値はありません。


結局のところ、警察の発砲、SWATチームの急襲、資産の没収計画、私立刑務所、学校から刑務所へのパイプライン、過犯罪、検閲、または現実の番組に合わせて調整できるときに、私たちの国を悩ますその他の悪事について話したいと思っている人、 パンとサーカス、気晴らしと娯楽、そして華やかさと状況に対する公衆の必要性に訴えるために注意深く調整されました。


しかし、間違いなく、アメリカ人 は次の大統領を選ぶと考えているだけ  です。


しかし、実際には、彼らは投票という安心の儀式で最高潮に達する参加の幻想に従事しています。 それは単なる別の青い錠剤であり、大衆を順守し、彼らの投票が重要であり、彼らを依然として政治プロセスにいくらかの影響力を持っていると確信させるために、マトリックスによって作り出された製造された現実です。


それはすべて幻想です。


国は借金に溺れ、景気の鈍化、軍事化された警察による暴走、監視活動で溢れ、果てしない戦争と新しい産業を開始することを目的とした軍事産業複合体に包囲され、政府のあらゆるレベルで腐敗した政治家に悩まされています。


その間、私たちは、どの企業の人形が私たちのお金を盗み、プライバシーを侵害し、私たちの信頼を悪用し、私たちの自由を弱体化させ、今後何年にもわたって借金と悲惨さで私たちを束縛する名誉を与えられるかどうかについて議論しています。


選挙日に行われることは、アメリカ人の苦しみを和らげるものではありません。


私たちが投票以上のことをしない限り、それを知った政府は、大企業、ロビイスト、および特別利益団体によって腐敗、肥大化および支配されていることに変わりはありません。そして、私たちのために話すべきであり、私たちを襲う刑務所の壁を至福に知らない人々によって過小評価されている「私たち人々」-大きな政府によって過大な負担、過剰な規制、過大な負担-は、悲惨な道に沿って悩み続けます。


下院議員1人あたりおよそ22人のロビイストがいるため、企業の貪欲さは国の首都でのショットを呼び続けるでしょうが、  私たちのいわゆる代表者はより豊かに  なり、人々はより貧しくなります。そして選挙は、正直さ、誠実さ、公共サービスなどの価値よりも、軍の宝箱と企業の後援者によって引き続き推進されます。


考えてみてください。今年の選挙には数十億ドルが費やされることになりますが、その額の10セントは実際には、平均的なアメリカ人が日々の苦労を乗り切るのに役立つでしょう。


好都合なことに、政治家は選挙に至るまでの数か月の間に自分たちの構成員を覚えているだけのようですが、それでも「私たち国民」は虐待、怠慢、汚職、嘘を受け続けます。私たちに粗末な扱いの言い訳をし、彼らが私たちをだましたときは彼らのために嘘を覆い隠します。私たちは彼らと十分に長く付き合えば最終的に彼らが私たちを正しく扱うことを期待し続けます。


国が数十億ドルを費やして  、すべての意図と目的のために、名誉ある帰国の王または女王がホワイトハウスを占領することを選択し、  数千万の人々が貧困の中で生活している間、約  1800万人のアメリカ人が仕事を失っています。、そして国のほとんどとその経済は、COVID-19の制限のために半ロックダウンの状態に留まっています。それは、その優先順位が国民のニーズと一致していない国です。


そして再び、人々は彼らにふさわしい政府を得る。


11月の大統領選挙で誰が勝利したとしても、投票する準備ができているなら、敗者はアメリカ国民になることは間違いない  


政治学の教授であるジーン・シャープは、「独裁者たちは自分たちを王位から外す可能性のある選挙を許可するというビジネスをしていません」と述べています。


別の言い方をすれば、設立、つまり実際にショーを運営する影の政府とその企業パートナーが、だれが楕円形事務所を占領するかに関係なく、一連の方針を決定し、指示します。彼らの権力構造以外の権力を獲得することを許可しません。過去にそうしたことを試みた人々は事実上、退役処分にされた。


では、代表的な政府のポピュリスト運動として偽装する帝国エリート主義のこの露骨な表示に対する解決策は何ですか?


ゲームのプレイを停止します。システムのサポートを停止します。狂気を守るのをやめなさい。やめてください。


ワシントンはお金で繁栄するので、彼らにあなたのお金を与えるのをやめてください。苦労して稼いだお金を政治家やスーパーPACに捨てるのはやめましょう。不正、貧困、ホームレスなどの実際のニーズに取り組むために、コミュニティには無数の価値ある草の根組織や非営利団体がいます。それらをサポートすれば、自分の裏庭で本当に信じられる変化を目にするでしょう。

政治家は投票に依存しているので、有権者に耳を傾け、彼らの願いを守り、彼らの信頼を獲得し、維持するために一生懸命働いた確かな実績がない限り、投票を停止します。


あなたの投票が重要であると信じることは安心ですが、フランクリン・デラノ・ルーズベルトは正しかったです。


学校で教えられたことやマスコミによって売られている宣伝にもかかわらず、大統領選挙は代表のためのポピュリスト選挙ではありません。むしろ、次のCEOを選出するのは株主の集まりであり、これは国の古風な選挙大学制度によって強化された事実  です。言い換えれば、あなたの投票は 大統領を選出しない   この国には21800万人の有権者がいる(実際には半分しか投票していない)にもかかわらず、   候補者の各党から厳選された538名の個人で構成される選挙団体が  、次期大統領を実際に  選出しています。


投票の「再保証の儀式」に参加することによってあなたが達成している唯一のことは、私たちが民主主義共和国を持っているという幻想を維持することです。


実際、私たちは政治学者のマーティン・ギレンスとベンジャミン・ペイジがより正確に「経済エリート支配」と呼んでいるものに苦しんでいます。


そこに驚きはありません。


プリンストン大学の詳細な調査が確認しているように、民主主義は寡頭政治、つまり選挙選ばれた役人  が平均的な市民ではなく裕福で強力な人々の利益を代表する政府のシステムに取って代わられました  


自分たちでやりました。


私たちの選挙が、確かな経験、実績のある実績とテスト済みの整合性を持つ個人による国内および外交政策の問題に関するインテリジェントで合理的な議論よりも、トークショーの主催者にふさわしい個人によって投入された人気コンテストになっている間、私たちは何も言わなかった。


私たちは知恵、健全な判断、道徳、真実のようなものに背を向け、それらを古風なものとして肩をすくめ 、公正で公平な決定を下すことのできないうそつきの政治家たちに悩まされていることに気づきました  


私たちは、ワシントンのそれらのヨーケルが私たちよりもこの国を運営するのにより良い仕事をすることができると自分自身を説得させました。それは新しい問題ではありません。ジョセフS.クラークジュニア元上院議員が1955年の「募集:より良い政治家」というタイトルの記事で認めているように、「[W]私は国の政府を運営するビジネスにおいてあまりにも平凡であり、これがそのような複雑さと危機の時代にそうなります...アマチュア、セミプロ、マイナーリーグによる政府は、現代の課題に対応しません。私たちは、それ自体にもかかわらず、致命的な危機の時代に世界のリーダーシップを成功させてきた国を運営するには、大きな能力が必要であることを認識しなければなりません。」


私たちは、政府関係者に厳しい質問をすることを約束するニュースメディアによるバランスの取れた報道の必要性を犠牲にして、娯楽ニュースへの渇望を甘やかしました。その結果、元下院議員のジム・リーチが指摘するように、重大な不利益を私たちに残します:「今日の問題の詳細な分析がこれまで以上に重要でなくなった今、  質の高いジャーナリズムは財政的考慮によって危険にさらされ  、衣料品などのニュースを手軽にデザインして市場セグメントにアピールするイデオロギーの供給者。」


政治家は救世主であり、私たちのコミュニティと私たちの生活の問題を修正することができるというおとぎ話を買いました。実際、ほとんどの政治家はそのような保護された生活を送っています。政治学者のモリス・フィオリーナ氏とサミュエル・エイブラムス氏は、次のように結論付けてい  ます。今日の政治プロセスは、1世代前よりも代表性が低く、市民からの支持も少ないだけでなく、そのプロセスの結果は最低で良くはありません。」


私たちは自分たちを2党制に縛り付け、共和党と民主党の間に違いがあると信じ込んでいますが、実際には  2党はまったく同じです。1人のコメンテーターが  指摘したように、両当事者は無限の戦争を支持し、制御不能な支出に従事し、市民の基本的な権利を無視し、法の支配を尊重せず、企業エリートによって購入され、支払われ、彼ら自身のことを最も重視します。権力、そして政府の拡大と自由の縮小の長い記録があります。


次に、2つの悪の小さい方に投票する見通しに直面したとき、多くの人は彼らの原則に妥協し、2つの悪の小さい方がまだ悪であるという事実を見落とし  ます。


おそらく最悪の場合、私たちは、私たちの時代の皮肉とワシントンDCのクロニズムと腐敗を許し、自由の中でアメリカの実験に希望があったと信じ込ませないようにしました。


確かに、私たちの国の状態に落胆するのは簡単です。借金が多すぎ、戦争が多すぎ、中央政府が手にした権力が多すぎ、軍隊が多すぎる警察、法律が多すぎ、ロビイストが多すぎ、そして一般に悪いニュースが多すぎて、私たちは溺れています。


変化の可能性、システムの改革、政治家の原則、裁判所の正当性、善は悪の克服、そして自由の蔓延は信じられません。


しかし、私には変化が可能であり、システムが改革可能であり、政治家が原理主義的であり得、裁判所が公正であり得、善が悪を克服し得、そして自由が勝つことができるが、それは私たち一人一人が投票という行為を超えて市民権のハードワークを行うことに。


健康で代表的な政府は大変な仕事です。それは、問題について知らされ、政府の運営方法について教育を受け、関与し続けるために必要な犠牲を払うことをいとわない市民が必要です。


何よりも、市民はライチョウ以上のことをして文句を言うことをいとわない。


権力は、市民としての私たちの仕事が選挙の日に始まり、そして終わると私たちが信じることを望んでいます。彼らは、私たちがいずれにせよ投票をしない限り、私たちが国家の状態について不平を言う権利はないと信じてほしいと思っています。彼らは私たちが政治をめぐって分裂したままであり、政治的に反対する人々に敵対的であり、この国の問題に対する解決策が私たちのものと異なる人や何かに不寛容であることを望んでいます。


彼らが私たちにして欲しくないことは、私たちに押しつぶされている政府の哀れな言い訳を拒否するために統一された戦線を提示することです。


それで、それはどこに私たちを残すのでしょうか?


帝国大統領の拘束から私たちを救うために、政治的救世主に希望を抱くのはやめた方がいいです。

次期大統領の方がいいかもしれませんが、それでも彼または彼女ははるかに悪いかもしれません。

大統領選挙は現状維持に役立つだけであることに注意してください。大統領に選出されると、その人は今日のアメリカ帝国大統領である独裁政権の一部になります。


憲法に基づく大統領に戻る場合、「私たち国民」は力のバランスを再調整しなければなりません。

最初のステップは、不当な法律、行き過ぎの警察、耳を傾けていない政治家を押し戻すことにより、地域で、自分のコミュニティで、学校で、市議会で、新聞社説で、抗議して、開始することです。彼らの構成員に、そして日によってより暴君的に成長する政府のシステムに。


私の著書「  バトルフィールドアメリカ:アメリカ人の戦争」で  明記しているように、今私たちを救う唯一のことは、制限された政府の憲法の原則、チェックとバランスのシステム、そして彼ら―大統領、議会、裁判所、軍隊、警察、テクノクラート、そして、プロトクラートと官僚―は、「私たち国民」に答え、そして責任があります。


これは、アメリカ人が彼らの個人的な政治と党忠誠が彼らに政府の不正行為と権力の奪取を盲目にさせることを止めなければならないことを意味するでしょう。それは、政府の3つの支部すべてを憲法に責任を負わせることを意味します(つまり、権限を乱用した場合は、それらを非投票にする)。そしてそれは議会に大統領の大統領命令、政令、覚書、公布、国家安全保障指令および立法署名声明の  議会および裁判所を回避する手段としての使用に終止符を打つように要求することを意味するでしょう  

歴史家のアーサー・シュレシンジャー・ジュニアが結論づけるように:


私は、国が今日必要としていることは大統領の職に対する少し深刻な無礼であると主張するでしょう。発言の知性よりも大統領の言葉を重視することを拒否することは、もしだれかがそれを話すなら、命じることになるだろう国が憲法大統領に戻る道を働きたければ、始めるための唯一の方法しかない。それは大統領に、最も近い仲間が法律と憲法より上に立つとき、大統領のためにそのような違反が許されたり忘れられたりするのではなく、大統領のために露出されて罰されることを示すことによってです。」

言い換えれば、大統領を神のように扱うのをやめ、大統領のオフィスと乗員の両方を憲法の規則に従って演じなければならないのです。

WC2638


ジョンWホワイトヘッドについて

憲法上の弁護士であり作家であるジョンWホワイトヘッドは、ラザフォードインスティテュートの創設者であり、社長です  。彼の新刊   バトルフィールドアメリカ:アメリカ人   の戦争』はwww.amazon.comから入手できます  。ホワイトヘッドはjohnw@rutherford.orgに連絡することができます  

https://www.rutherford.org/publications_resources/john_whiteheads_commentary/the_great_election_fraud_will_our_freedoms_survive_another_election


https://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2020/08/the-great-election-fraud-will-our-freedoms-survive-another-election-3540431.html


民主主義と真の共和国と天皇制度の違い


坂本花子

2020 年6月15


世界中の国々は、米国、中国のように共和国です。しかし大半が名だけの共和国です。中国は独裁的な共産主義を共和国と偽善的に呼んでいます。また、アメリカは共和国ですが、実際はハザール人がバチカンと英国王室を操り、米国はこれらの株式会社であったこと、そのためにアメリカ人の全ての税金はそこに流れていた。

本当の独立した共和国ではなかった。アメリカ人は騙されていた。そのことを知った、Qグループと呼ばれる良識米軍を含む者達が、今、米国を真の人民のための共和国に戻そうとしています。その戦いが今、背後で起こっている最中のようで、それはコロナウイルスのロックダウン中に日本でも垣間見られた。

6B10689D-6665-4CEA-8D96-017090A48D90

その事件は日本に住んでいた「黒い法王」の死の形として現れた。彼は処刑されたと言われている。イエズス会総裁を務めていたアドルフォ・ニコラスはハザール人。イエズス会は「イエズス会はユダヤ人の集会です...イグナティウス・ロヨラはイエズス会をカトリック教会の好戦的な腕として設立し、タルムードのあるルシフェリアンの陰湿な議題を実行しました。」(https://beforeitsnews.com/christian-news/2020/06/donald-trump-signs-10m-holocaust-brainwashing-bill-while-america-burns-and-people-starve-great-educational-videos-for-people-that-are-interested-in-learning-the-truth-2586515.html)

アドルフォ・ニコラスが退職後日本に住み続けたことは、偽ユダヤ/ハザールの中心であるイエズス会が日本と日本人を秘密に操作するためだったことは明確である。

これらが、西欧ではキリスト教、アラブ世界ではイスラム教を、日本とアジアでは寺、寺院で仏教を支配し、操作している。

民主主義、共産主義、社会主義etc,全てはハザール人が人類を支配するツールとしての政治的システムの創造です。

時代外れの日本は、英国のように、天皇とか、王室の神権政治です。民主主義とはうわべだけで、日本の富の大半が天皇のマスクの下に隠され、ハザールに所有されている。この点、天皇は森を隠す一本の木でしかない。日本のシンボルとはその意味が込められている。従順な日本人を騙す子供騙しのツールである。日本人は何も知らない無知な従順な奴隷として扱われている。このようにして、日本は法的にも当て付けで、シンボル天皇と言うおかしな言葉が使用され、憲法の上に、国民にとって全く必要のない時代遅れの帽子のようにチョコンと乗っかり、すべてを所有している詐欺組織です。西欧、世界の歴史、さらに聖書まで嘘で書き換えたと言われるハザール人が、日本の歴史も改竄しないはずはありません。

これからは天皇、天皇と騒ぎ、従順に思慮なく作り話かも知れない歴史を受け入れる前に、何かする必要があります。

英国でさえも、ここ数週間、英国の王室に関する幾つかの奇妙な記事が出ていました。英国王室では、エリザベス女王を始め王族一族がもう、数代も偽の王室であることがバレています。そこで、本当の英国の王という「ジョセフ・グレゴリー・ハレット、ジョン3世」と言う人物が出てきました。

6A7F1923-C873-48D1-8BC2-C69EE89F508E

ジョセフ・グレゴリー・ハレット、ジョン3世はゲームの一部ですか、それとも本当ですか? -パララスヴェッター、202064https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/06/is-joseph-gregory-hallet-king-john-iii.html

F8395BE1-3353-46D5-ADC6-96B67CE37A69

それが正当か本当か、どうかにかかわらず、現時代に、どこの馬の骨とも分からない人間が、正当な書類があると言って出てきて、英国王室の全財産(巨大)と権利を要求するそれについて反応的な記事が幾つか続きました。「ナニー国家はもう嫌だ!」でした。これは大半の英国庶民の本音かもしてません。


三次元の王様や天皇が全てを所有し、戦争や死と隷属を国民に約束していた全能の時代ではもうないと言うことです。これらの者が国民を独占する親のように振る舞って、国民と国の運命を一人で決め、法律を作り規制、検閲をする、そんな時代はもう過ぎ去ったと言うことです。

これからは、選挙で政治家を選び、これらが日本の全てを決め、市民は何もしないでテレビの前でこれら代理人の行動を見ている;不満足も飲み込み、嫌でもこれらの作った決定事項に従順に文句も言わないで従う;大多数の決定を重んじ、少数派は完全に無視する;少数派に大多数の決定を強引に押し付ける民主主義と言われる不自然な政治システムに従う時代も過去のものになるだろう。民主主義とは「大多数」の決定で動き「少数派」は完全に無視される不完全な政治システムです。

しかし、共和国(本当の)は全ての人間に権利があるシステムのようです。

これからは、市民はテレビの前で、選ばれた政治的役者の納得のいかない行動、言語を監視したり、のんびり見ていないで、市民各々が政治的役者になり、今まで市民からハザール人のために税金を集める役目を担うことが主な役割だった「市役所」を市民の集会と行動の場として取り戻し、多くを市民集会で決める時代がやってくるだろう。または「テレ集会」と呼ばれてネット上でも集会ができて決めることもできる時代になる。

市役所=市の役所=市民から税金を取る役所と言う嫌な呼び名も「市民の家=市民の集会所」などに変えた方がいい。

また、天皇に関しては、「日本には天皇が必要である、彼は神社の神主であり、神の神事をする‥」これも三次元的観念であり、神が自分自身の中にいないで、外にいる。だから神社(外に)行って外の神に祈る。しかし、5D的には、神は自分の中にある。だから神社に行ったり、寺の坊主の前で祈る必要はない。この観点から見ると、もし、日本にこのような用事をする天皇が必要だと言う人口が多いのなら、日本は残念ながら、スピリチュアル的に遅れた人口とも取れると解釈できる。

このように、天皇、王、議員などが市民の代わりに全てを決めるのではなく、またそれらのシンボルなど必要なく、市民自身が参加して全てを決める時代になっていくだろう。その流れはすでに起こっている。フランス、ヨーロッパ、香港世界中で起こり始めていたが、ハザール/グローバリストが危険を感じて、偽のコロナウイルスで、自宅監禁させることでストップさせた。

しかし、コロナウイルス後、その人類の自由解放の炎はもっと大きくなっていくだろう。


以下の記事は我々が長い間信じさせられてきた「民主主義:デモクラシー」と、全ての人間の存在を保証する「共和国」の違いを説明する興味深い記事です。



たった2種類の政府-Thinker2

  

開示作戦(Operation Disclosure)| Thinker2

2020614


2つのタイプの政府の違いを認識するのがなぜそれほど難しいのか?


1.トップダウン政府(上から下への政府)


  • 神権政治
  • 君主制
  • 独裁
  • 民主主義(誰かが暴徒を率いているのでトップダウンです)
  • 名前のみの共和国(RINO
  • ファシズム
  • 封建主義
  • ボルシェヴィズム
  • 共産主義
  • 社会主義
  • 進歩主義


2.ボトムアップ政府(下から上の政府)


  • 国民共和国、国民による、そして国民のための


トップダウンの政府では、人々は政府のしもべ/奴隷/サーフイン(連邦準備プランテーション/警察国家/封建主義)です。


ボトムアップ政府では政府は国民のしもべです。結局、私たちは彼らのサービスにお金を払っています(私たちは国民が政府を雇用しています)。


トップダウン政府の法の支配は二重の基準です(私たちは規則を作り、あなたはそれらに従います、または私たちはあなたを殺します)。


「ルールはあなたのためであり、私のためではありません。」


ボトムアップ政府の法の支配は黄金律です(あなたが自分自身にしてもらいたいことを他の人にしてください)。


「法の下の平等な正義。」


二重基準を実践する人は誰でも、イエスが偽善者と呼んだものです。偽善者は誰かを犯罪者と呼ぶ丁寧な方法です。


アレイスター・クローリーは自由主義者、偽善者、そして犯罪者でした。 「あなたが律法全体になることをしましょう。」 (無法/不道徳)


人々が自由であり、政府が人々のために働いていることを私たちが知っている政府の形態は1つだけです。他のすべては偽善者、嘘つき、および犯罪者によって語られた嘘です。


それはできるだけ明白でなければなりません。 「誰がグラントの墓に埋葬されていますか?」


そして、あなたが忘れた場合:Govern-ment = Govern-mentis (Latin) = Govern-(mind, thought, thinking, belief) = Mind-control

統治=統治-メンティス(ラテン語)=統治-(心、考え、考え、信念)=マインドコントロール


注意:民主主義は暴徒による支配であり、暴徒を操縦するリーダー(最も多く話す人)が常に存在します。 ジョージ・ブッシュ・ジュニアが繰り返し続けた方法を覚えていますか。「大量破壊兵器」。 政治家は常に彼らが「広がる民主主義」であると主張している。それは彼ら(政治家)が常に暴徒(モブ・ボス: Mob Boss)を率いていきたいからである。 リンチと異化はどちらも民主主義の哲学に基づいています。 共和国はこれらの犯罪をゴールデンルールで抑制しています。

AD8DFDAC-60D7-4049-A8C1-B3ABEB6F2ED0


平和と愛と祝福


Thinker2 Thinker2 他の投稿へのリンク


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/06/only-two-types-of-government-thinker2.html


http://hanakosakamoto33.blog.jp/archives/6246464.html#more

政府はあなたの敵です - 政府は一般市民に奉仕していません


2)


権力は腐敗し、絶対的な権力は絶対に腐敗します。 政府に引き寄せられるタイプの人々は、他の人々をコントロールしたい。 私たちが考えるために洗脳されていることとは反対に、だからこそ、最高ではなく最悪の人々が政府に入りたいのです。 


覚えておいてください、あなたは最高の、そして最も明るい政府を得ることができません。それは2種類の人がいるからです。 物理的な現実の問題を制御したい人と他の人を制御したい人。 仲間の人間を支配するのが好きな第2のグループは、政府と政治に自然に惹きつけられているため、人々の個人の自由と経済的幸福に対する積極的な脅威です。 


2016
年のトランプ大統領の選挙は、個人の自由と経済的繁栄の観点からヒラリーよりも非常に望ましいものでしたが、トレンドの変化にはほとんどなりません。 西部経済の衰退は、山の頂上から転がり落ちる巨大な雪玉のようなものです。 おそらく降下の早い段階で停止したかもしれませんが、今では巨大なものになっています。 人々が邪魔になると、彼らは押しつぶされます。 谷底に到達したときにのみ停止します。


81DC724C-7EB1-491C-AA17-729EF5E41512


解決策は無政府であり、自由をもたらす 


解決策はアナーキーですが、これは一般的に、フーリガンが通りを暴れ回り、レンガ、石、モロトフカクテルを投げ、一般に迷惑をかけることを描写するために使用されているので、一般人によって誤解されています。 


しかし、実際には反対を意味します。 この言葉は公式メディアによって流用されており、実際の事実とは正反対の意味で使用されています 彼らがそれを変形したものは便利な交絡定義であり、ディープステートの目標に役立ちます。 


ギリシャ語のanarchiaに由来する用語anarchyは、正しく理解されていれば、「支配者なし」という意味に翻訳されます。 基本的に、自分の意志に反して強制されるのではなく、奴隷化されないことが「自由」です。 自発的に行動する自由、他の人が同じ自由を享受する能力を低下させない限り、どのような条件の下でも、望む人と結びつく自由。 しかし、周りを見ると、政府は私たちの生き方に影響を与えるすべての力、すべての手段を持っています。 


しかし、不思議なことに、ほとんどの人は、ほとんどの場合、政府自体によって作成されるすべての悪に対する信頼を守り、保護を求めているのは政府です。 公式メディアを介した意図的かつ戦略的な誤った情報を通じて、事実は不均衡に吹き飛ばされ、大衆を恐怖に陥れ、服従の綱に追いやられます。 ほとんどのテロ攻撃は偽造されており、9/11ツインタワーの爆発など世論に影響を及ぼし、政府がアフガニスタンやイラクのような戦争と戦うことを可能にするなど、当局の知識と共謀を伴う内部の仕事です 


アナキストは国家の存在権を信じていない。 何故なのか? 国家は魔法の存在ではありません。 それは社会の寄生虫です 国家にとって有益なものは、利益を追求する起業家によって提供されます。 政府は政府機関により、ほぼすべてのプロジェクトと国家に対する価値のある事業について起業家から専門知識を引き出しています。 政府は単なる仲介者であるため、すべてのものを計り知れないほど高価にします。 これは、委員会全体の不正行為の慣行さえ考慮に入れていません。 ほとんどのプロジェクトは、この非常に単純な事実により、より良く、より安くなります。


さらに重要なのは、国家が制度化された力を代表していることです。 それには力の独占があり、それは常に非常に危険です。 毛沢東が言ったように、「国家の力は銃の銃身から出てくる。」国家はあなたの友人ではない。 


国家は社会に自らを押し付ける死んだ手であり、主にそれをコントロールする人々と彼らの仲間たちに利益をもたらします。 改革すべきではありません。 それは廃止されるべきです 社会は平和な無政府の構造に変換されるべきです。 


無政府を恐れる代わりに、多くの点で無政府が私たちの問題の自然な解決策であることを理解することは人々に利益をもたらすでしょう。 これを疑う人は誰でも、人生の最も重要な決定の99%が民間の無政府状態で行われているという事実を調整するのに苦労するでしょう


0C2389BE-AC04-49F9-AF18-1848EC280484


私たちはみなアナキスト(無政府主義者)ではありませんか? 


あなたのチームメイトの選択を見てください。 政府が誰と結婚するかを伝える権利を主張していると想像してください。 そのような体制の下で人間関係の質に何が起こると思いますか? 


今、政府があなたのためにあなたの友人を選んで、あなたの社交行事、夕食会を予定して、あなたの週末を計画したと想像してください。 官僚のパネルがあなたに彼らの選んだ趣味を割り当て、あなたにテレビチャンネルを処方し、あなたにそれを見るための特定の時間を割り当てたと想像してください。 美食の大臣があなたのためにあなたのレストランを選び、メニューを選択し、あなたのワインを決めたと想像してください。 あなたの全体的な生活の質はどうなると思いますか? 


個人的な自由に対するそのような侵入を容認する人は、もしあったとしてもほとんどいない。 そして正当な理由で! 誰かに課された結婚を完遂したいのでしょうか、さらに悪いことに、選ばれた不本意なパートナーを課されたいのでしょうか? まともな個人はこれを拒否します。そして必要が生じた場合には 自分でこれらのものを選択する権利を擁護します。


人生で最も重要なこと、家族や友人のこと、そして彼らとの貴重な時間をどのように過ごすかを決めることに関しては、私たちはみなアナキストです。 私たちの残りの人生のために束縛を脱ぎ、個々の自由の戦士のように行動し始め、それらすべてを尊重する時です。


4F80C6C6-63F2-485B-A4B8-73E6E4D98C9F

あなたの感覚に来て、あなたの自由を抑制し、あなたを奴隷にすることを唯一の目的とする政府の行動は実に馬鹿げていると理解し、認識しなければならない。今これを戦わなければなりません。 一度奴隷にされたら、それに気づくと自分を解放することができなくなるからです。 この種の奴隷化は私たちの存在状態に反します。 それは、私たちが細胞レベルで何をしているのかを無視しています。 


覚えておいてください。 義務的な予防接種プログラムは、私たちの子供を傷つけ、人間がかろうじて人間であるように設計されました。 これらのワクチンは、神経細胞とシナプスを心理的に変化させ、神経発達過程をつなぐことができなくなります 目標は、子供たちが退屈なゾンビと無知な歩兵の人間以下のレベルに制限されるまで鈍化することを促進し、保証することです。 事実上、歩いている死者。


自分に質問してください。 ハザリア人が私たちの自由の戦いの勝者であるとき、あなたは何をするつもりですか? 現時点では、あなたとあなたの子孫は公式には奴隷クラスであり、バッテリーチキンよりも優れており、エリートがあなたに適していると考えるあらゆる目的に使用されます。 これは脱出できない刑務所です。 大多数の英国人がEUの刑務所を去ることを選んだブレキシート(Brexit)を実現するのがどれほど難しいのか見よ! 


決して忘れないでください。 私たちは戦い、この戦いに勝たなければなりません。 


この記事をすべての連絡先と共有することで自分の役割を果たし、他の人にも同じことを促します。 購読して共有することで、このニュースを広め、最新の開発状況についていくことができます。 覚えておいてください。 誰もが、あなたが知っているすべての人にFWCの記事を伝えることにより、真実を共有することにより、沼地の排水を助けることができます。あなたの子供と孫はあなたの貢献に感謝します。


Government is your Enemy -- Governments are Not Serving the Public ~ Operation Disclosure

 
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

政府はあなたの敵です - 政府は一般市民に奉仕していません

1)

政府は国民に奉仕していない 


解決策は無政府(アナーキー)であり、 それが自由をもたらす 

私たちはみなアナキストではありませんか? 


ソース: 最終ウェイクアップコール


AB3BE883-4841-471D-B710-EB8358767B02


富の分配とその破壊 


民主主義は確かに詐欺であり、遅かれ早かれ失敗するでしょう。 それは非常に尊敬される西洋の理想ですが、独裁的な腐敗した暴徒のルールにすぎません。なぜなら、それは常に少数者による個人の固有の権利、または多数派の要求により個人の自然権を尊重しないからです。


普通の人が投票します。 しかし、インサイダー(エリート、クローニー、ディープステート)が重要な決定を下します。 これらの少数の人々は、彼らが奉仕するべき多くの人々からあるいは一般に知られている人々からそれを単に取ることで彼ら自身の富と力を増やすことができます。


実際、誰が投票するかは関係ありません。ディープステートイルミナティ– 


ロスチャイルド・カバルは、すべての政党の管理を通じて、どの政府を設置するかを決定します。 彼らは政治的流れのすべての陣営を支配しています。 政治は完全性を損なうことなく詐欺に満ちています。あることを言って別のことをすることは彼らの手口です 政党は、人間社会のグローバルな独裁への変換を要求し、強制する影の政府の議題を紹介する手段にすぎません。


民主主義は、同時に単なる富の分配であり、最終的には、納税者を税金を食べる人と戦う富の破壊スキームです EUの場合ドイツ人、フィン、オランダ人は生産と保存を行い、残りは消費します。 最終的には、破産は民主主義についての真実を明らかにするでしょう。著名なオーストリアの学校 経済学者であるハンス・ヘルマン・ホッペは次のように説明しています。 


「それは共産主義の特に陰湿な形に過ぎず、この不道徳で経済的な狂気を生み出し、それによって個人的に豊かになった政治家たちは、もちろん彼らが引き起こした損害に対して責任を負わないことです! –共産主義の詐欺師の卑劣な束にすぎません。」 


オーストリアの経済学派のもう1人の有名な人物であるフリードリッヒ・フォン・ハイエクは、彼の独創的な作品「The Road to Serfdom」で次のように書いています。 


「政府に無制限の権限を与えることにより、最も任意的なルールを合法化することができます。 そして、このようにして、民主主義は想像できる独裁主義の最も絶対的な形を確立するかもしれません。」 


EU
をまとめ、ユーロを維持するための今日の政治的操作を観察するとき、ハイエクとホッペの先見の明のある警告と言葉を無視するのは難しい。 ヨーロッパ人は、いつの日か不可能を可能にし、痛みを伴わずにこの危機を解決し、EUとユーロをそのままにしておく奇跡が起こることを期待されています。 


しかし、コインの反対側では、力を脅かすため、大衆が慣れた無料のランチなどをさらに要求するので、適切な改善は必要な手段によって停止されます。 そして第二に、彼らが頼っている政府の支出を抑制するため、彼らの方向への富の移転が遅くなるからです。 第三に、それは通常、株価と不動産価格が崩壊するため、個人の富の即時の削減を意味します。 そしてそれが、利益が迅速に流れ、ほとんどがシステムを担当する人々に行くため、インフレに対する先入観が常にある理由です。 この法案は、デフレや貧困に関わらず、ずっと遅れて表示される傾向があり、一般市民から高い価格で支払われます。


493AED96-279C-4073-B37D-5A5131FC85D9

政府は国民に奉仕していない 


政府は問題であり、解決策ではありません 11年に及ぶ不況が深まり、景気後退が深刻化した後、コースを変える時が来ました。 民主主義では、政府は彼らに仕えるために国民によって選出され、今日のように権威主義的な独裁者ではないのです。政府は、私たちの生き方を酔わせるすべての力と手段をとってきました。 彼らは、税金をかけ、拘留し、投獄し、拷問し、脅迫すらしていない外国での戦争と戦うために若い男女を派遣する力を持っています。彼らは規制し、ビジネスを妨害し、お金を暴落させ、禁輸と制裁を通じて貿易を妨げ、思い浮かぶものをすべてコントロールします。 政府は明らかに国民に奉仕していません。さらに悪いことに、政府は人々の敵です 


テロリストからの本当の保護を達成する目的ではなく、政府の仲間のためにビジネスを創出する目的で、空港でセキュリティチェックを実施します。 これにより、人々は誰が盗難や暴力から彼らを保護するのか疑問に思うようになり、彼らを攻撃し、盗み、攻撃する行為を行っている機関として、それが彼らの政府であると確信させるのに本当に十分なはずです 


人々は正義の道をわいせつに腐敗した機関に任せています。 人々は目を瞬くことなく政府に自由と機会を明け渡すために、監視下に置かれます。 


現代の代表政府の力は、大衆が自分たちもインサイダーであると信じ込ませることです 彼らは投票し、彼らの投票が本当に重要であると信じるよう奨励されています。 明らかに、それはまったく問題ではありません。 一般的に、有権者は何を誰に投票するのかわかりません。 多くの場合、彼らはとにかく投票したと思ったものの反対を得る 政府は現象であり、システムではありません。 それは、部外者と部内者との間の戦いとして最もよく理解されています。 インサイダーは常に政府を制御し、それを使用して部外者を制御します。 なぜそうしたいのですか? 通常の理由は、富、権力、およびステータスです。 要するに、政府は「インサイダー」が「外部者」から富、権力、地位を盗む機関です。


E6A6B4E8-B34E-4659-B86A-6C6A552403F6


政治家はエリートに買収され、賄賂を受け、操作されます。これはすべての国で当てはまります。 詳細なファイルは政治家に保管され、諜報機関のデータによって支援されます。このデータを使用して、秘密が公開されるのを恐れて、疑わしい人を列に並ばせることができます。 パーティーを制御するものは、諜報機関ネットワークも制御し、ほとんどの道路はロスチャイルド王朝に通じています。 


ほとんどの政治家にとって、完全性や個人データ保護の法律などのささいなことについて境界や道徳的なジレンマはありません。 政府の人々がより多くの秘密を明らかにすれば、それらを破壊するほど、彼らは重要な地位を埋めるためにより適切で望ましいものになります。彼らが公式のラインに立ち向かうことを試みた場合、常にファイルがあります。 


政治の上流階級は、金銭的な詐欺から小児性愛に至るまでのあらゆるものに対する公衆の露出を恐れて、音楽に合わせて踊る人々であふれています。 政府の権力体系の近くにいる政治家には3つのタイプがあります。 


故意に陰謀の一部であり、目標を認識している少数派


権力と地位をただ望み、それを得るために何でもし、それが取るものは何でも言ってやることによってする人。 そして、彼らが注文を取ることを拒否した場合、いつでも明らかにすることができる大きな秘密を持っている人。 


すべての政治家がこれらの3つの基準の1つに当てはまるとは言われていません。それは政府または主要政党のトップに立つ大多数のみです。 言い換えれば、政府を形成するわずかな機会を持っているすべての政治家は、核心に腐敗しています。 さまざまな政党や国に関して、操作を通じて構造を保持する接着剤は、クモの秘密結社の網であり、イエズス会とフリーメーソンが最も重要です。


88A9595F-2F8D-4C0E-9F82-3EBB87E2660A




にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

1000のバンドンクールを作ろう!(2)

83481FE0-B2BA-43B6-B4CC-5516418DD4C0



市長のいない村-良い昔へ帰る-フランス部族?


参加型民主主義は政治決定に関して、市民参加を

強めることを基盤とした一種の分かち合いの権力行使
です。

公衆の参加を討論段階の決定過程である、異なる

プロセスにアクセントを置く『討論民主主義』
とも言います。
 

バンドンクールはフランシュ・コンテ地方のドウー県
にあるフランスの村です。

住民はダマと呼ばれています。

1971
年に村は参加型民主主義になりなりました。

機能は自主管理タイプです。
 

民主的な生活は以下のように組織されています。

  • 13人の選ばれたメンバー評議会;
  • 青年評議会;
  • 古参評議会;
  • 会(アソシエーション)評議会;

これらの評議会は月に一度は集合し、60人程の市民
が会合します。
 

7つの委員会が設置されて(学校、予算、技術、

経済開発、社会、祭事と儀式、環境)。

これらが必要な情報を受け、実用的な解決策を

作り実現をコントロールする。

これらは評議会の監視下にある。

そのようにして、金融委員会は選ばれた者たちと

選ばれていない者たちで構成されている。
 


日常の参加型民主主義がある村の革命

昔はソシヨーから12キロしか離れていない、

ジュラ山脈の600メートルの高度の山腹にある
小さな村だった。

600
人が住む古い村、そこでは男達は仕事のために
村を去っていた。

そこからは男達は去り
戻って来なかった。

若者達がますます少なくなっていった。

彼らは村 
眠る所、同じく、村 養老院から去って
いった。
 




2B27D1DF-8E24-43C3-869F-5311103E2834




市長は独裁的に決定し家族の父のように管理していた

数千年間のフランスの他の村々のように、

バンドンクールはうとうとしていた。

イマジネーションはバンドンクールに権力がなかった。

フランスの全ての村のように、バンドンクールには
市の評議会がある。

有権者は
6年ごとに、規則的に聞いた。

彼らは同じ者たちを選ぶ。

この評議会は、村々の公共の利益を守るそうである。

それは候補者が宣言していて、それが市民に与える
唯一の情報であった


6
年ごとに、市長は家族の長のように管理し
独裁的に決定をした。

もし、紛争があるなら、彼が決める;

評議会が三ヶ月ごとに確認する。

彼は一人で決定することを知っていた。

住民に良いことは
彼には良くなかった。




消滅の危機に陥った村

バンドンクールで、もう日曜日はなく、美味しいパン
はなく、村もなかった。

村人の村々、農民の離村がそれらを殺した。

学校は死んでいった。

学校の先生は住みつかなかった。

 

村を蘇らせるために会が作られる

1969年に、反乱が起きた。

最後の瞬間に、親たちは会を作り、

選ばれた人たちを村の改築に参加させようとした。

罠のない、壁のないと願う学校から初めた。

本当の人民の学校であった。

アフリカで数年を過ごし帰国していた幾人かの発動
でアニメーションチームが現れた。

第三世界への援助、不遇の子供達にクリスマス、

国々の舞踏会
 で村の外国人、スイス人、アラブ人、

イタリア人、スペイン人が彼らの国の歴史、舞踏を
紹介する。

民族的で美食的、人種差別のない祭りであった。

村は急に生活と活動に溢れた。
 

そして市は、何もなかったかのように管理され続けた?

さらに加えて、このルネッサンスに苛立っていた。

もしそれならと、アニメーションチームは
1971年の
市の選挙に参加した。

質問事項(アンケート)が出された。

村内の違う共同体に属する(男、女、若者、高齢者、

自由職業、労働者、農民
)者たち型選ばれ100人

くらいの人々を対象にして、質問は村の生活、

文化的アニメーション、責任的決定への若者の参加、

会の間の繋がり、村の行政、そして、

『村の未来に関する我々の意見』。

 

100の分配されたアンケートに72人が答えた。

これらは匿名で、総括され、まとまりのあるプログラム

になり、今でもバンドンクールの市の活動の基盤に
なっている。

新しい選挙スローガンは
:『我々の候補者に票を入れる

ことは、我々に投票することだ』
 

このようにして、新しいチームが市役所に入り、

会を動かす若者たちにより強化された。

 

市長のいない市役所

民主主義、人民のコントロール、自主管理が今後のバンドンクールであった。

最初のチームは、前任より20歳平均に若かった。

管理に生き生きとした国の力を備えることで民主主義
に全規模を与えること。

日常に
民主主義を開発すること

協議的構造を多くする。

定期的に完全に情報を与えながら。

実際的で恒久的な直接民主主義の実行により委任
を限定している。



1D62A5EF-258A-44EE-9050-2E561630CC22



活気ある村のアイデンチィテーを取り戻し、イニチアチブの分散化

13人の選ばれた者が行政する、又は、むしろ村を

アニメーションする、少な過る!お話にならない、

不当、スキャンダルです。

村が蘇り、人々が去らないで、さらに迎えるため

には全員の力が必要なのです。

皆んな?

疑いなく不可能です。

しかし、大半は
:

  • 村を生き生きとさせたい。
  • 必要を浮かび上がらせたい。
  • 活発な村になりたい。
  • イニチアチブを地方分散化させたい。
  • 各々が表現できるチヤンネルを作りたい。
  • 情報のため。イメージするため
    だった。

     

評議会の評議会、投票なし、拘束なしに

イメージすること。

バンドンクールに計画は尽きることはない。

人々は市の評議会を話さなくなり、

評議会の評議会だけになった。

もちろん、
13人評議会。

この規模の全ての村のように。

しかし、この評議会は他の3つの評議会なしに会合
をしなかった。

青年評議会、古参評議会、会(アソシエーション)評議会

など全てのグループとクラブが出席する本当の小さい
議会になった。

評議会は月に一度は会合する。

そこには
60人の市民が集会している。

時には、市のフォーラム(公共広場)に取って代わる。
 

 
投票も、拘束も無く

これは最大に表現を解放するためです。

市長はいない、

バンデンクールに首長はいない。

 


権力争いを避けるために、透明

ついに、『民主主義キラー(殺す)」である権力争いや

他の裏工作から守るため、彼らは気狂い監視
事項を発明した
:

  • 情報は幾人かの人々が保持し伝える。
  • 全ての批判は公表される。
  • 市役所が受けた郵便物は市のチームが見られる。

その結果、ダイナミックはこれの開始者だけで終わら

なかった:
40年と二人の市長の後、常に施行されて

いる:羨ましいです!

 


透明な勘定のための金融委員会

7つの委員会が設置されている(学校、予算、技術、

経済開発、社会、祭りと儀式、環境)。

これらが必要を聞き実用的な解決策を考案し、

実現をコントロールする。

これらを評議会がコントロールする。

そのようにして、金融委員会は選ばれた者たちと

選ばれない者たちとで構成されている。

村の報告書に予算と数字付き説明と共に行政会計が
発表されます。

11月には、市役所は予算討論の日を組織する。

全ての部署は大きな紙に書かれて村の違う場所、

学校の校庭の壁に貼られる。

このようにして、年々の収入と支出の進展が見られる。

評議会、金融委員会と住民はこのようにして彼らの
考えを対抗できる。



CBE6B832-A8D6-4966-A859-8659E0594D3A



未成年者と外人の投票、国民投票とプロジェクトの提案

有権者、フランス人と外人(フランスの法律で選挙

から除外)、は評議会のメンバーを選ぶため、重要な

事柄に意見を表現するために
15歳から投票できる。

バンドンクールは人民の狭い参加サークルを壊すため

にこれらの国民投票ができる。

どのようなグループ、個人、アソシエーション(

:20くらいある)も計画を提案できる。

評議会は緊急さを評価し、委員会 ー 開放されている ー 実行設置を考慮する。
この地元の機能を定義すると、正反対である県の規定

と正式な構造に関して、
« 内部規定» が最初の頃に

制定され、その後
幾回か変更された。

全ての書類のソース(源)は社会的、司法的場合以外は
自由にアクセスできる。
 
 

直接民主主義は素早く色々な構造に設置された。

戸籍書はまだ交付しており、情報の要請を常に

受けているが、市役所はまず最初に民主主義的沸騰

と人民の提案と分析の実験所センターでもあります。

時には
« コーヒー喫茶店でもあります» 

 

市役所に入り、自分の家のように、全ての書類の
ソースにアクセスできます。

ー 社会的、司法的場合の他は、郵便物は全てが
自由に読めます。

市の資材は地元生活にだけ利用されます。

コピー書類、地元の電話、市の広告板などを利用

するために、許可を得る必要はありません。

時には混んでいたり、沢山の情報、呼び出し通知が
かち合う時もあります。

これは表現の自由を遠くに押すシステムの代金かも
知れません。

バンドンクールでは少なくとも、村の家という言葉は
横領ではありません。
 


貴方はやりたいと思っているやりなさい!村は貴方を援助するでしょう!

このようにして数多くの活動が村に生まれ発展して
行く。

金融方法がなくても ー 村は金持ちではない

ー 要求に応えるために地元の専門知識には欠けない。

イニチアチブ、専門知識、ボロンティアの利用など
が元気付けられている。

この三面一組に村の恒久アニメーションがある。

« 
アニメーションは政治です!» 

政治とは脚台やテレビに引き続き出る幾人かの

世間公認の、誰か?に許可されたプロのではなく、

しかし、最も多くの者の世話を日常的にする;

25
世紀前のペリクレスの定義:

政治とは、街の管理である。全ての者から。

と言うことは、民主主義的政治の道から外れた、

通常、政府と情報の独占を有する者たちの反対なのだ。

« 
統治することは、信じさせることだ», 

とマキアベルは言った。

しかし、その反対に『アニメーションすることは』

返すことであり、再び与える、許す、批判する、

自由になることです。


C7856624-3FF6-4EA1-B6C1-E3342E7699A1



国の大闘争のパイオニアの村

大多数のバンドンクールの住民は自主管理を実施
しています。

または、むしろ日常生活においての人民コント

ロールをしている ー 彼らは気付かないで居るが。

多分幾らかは民主主義、同胞愛、正直さ、参加、

と言いたいでしょう。

または、さらに自由と!

  • それは、バンドンクールから最初のゴミ選り分け

    が作られました。ー
    30年前に!
     
  • 住民は植物相の破壊があるとして国立森林公社

    10ヘクタールのエゾマツの植え付けを禁止
    した。
     
  • バンドンクールから、とても早い時期に国の大闘争

    への意見を示した(ラルザック、ロム
    -ローヌ運河、

    プルトニウムロケット、核
    :民用と軍用)
     

経済、エコロジー、社会的成功

このような全ては社会組織と環境の尊重と共に村の

経済的解放を可能にしました。

時が経つにつれて、集合的インテリジェンスは、

森林の資源を合理化するために木による市の

集団住宅の集団暖房などの、村の基本施設の設置をした。

今年は、彼らはフランスの最初の建築物であり、

市の加工作業所、葡萄絞り機、美術館が入れる

麦わらで詰まった木式の建物の除幕式を行った。

もう1つの強い兆しは
:若者の集団移住が

バンドンクールにはなく、貧困家庭はとても稀

であり、難しい問題が出る前に、アソシエーション

活動で自然に援助されている。

 


木は種にあり、結末は方法の中に含まれている。

中央集権、無用な書類作り、全てのイニチアチブの

調査官、全ての異常行為への良い基準の管理者に

対して、バンドンクールの住民はガンジーのように

答える
« 木は種にあり、結末は方法に含まれている»

明日への要求と今日の行動の一致の必要性に

喜んで下線を引きたいですね。
 

何も変えない:議員達の快適な位置

他に、議員は勇敢にも、この地元の民主主義を

妨害する権力を告発し、彼らがこの自主管理の

見習いを評議会、議会、重罪裁判所、セミナー、

フオーラム、十字路、ミーチング
などの動議で
要求する。

しかし、権力と法律が素早くアリバイになり何も

変えないことを自分に許す。


再建のための個人的、集団的自主自立

バンドンクールでは、稀に直接民主主義は遠くに
行った。

しかし、他の民主主義と違うことは ー 形式上と委任

ー これは、国家とそれにも加えて、個人の操作への

不変の闘いでもある。

 

数年後、多くの者は長い道のりを振り返り驚いて
いる。

個人的、集団的な自主自立の獲得への驚き、

時には日常を建築する能力に驚いている。

 

バンドンクールは探している、探し合う、

存在する
未来を創造しょうとする意志で、

それが単なる延長や漠然とした現在の応用ではなく、

切断、超越である。
 


人民管理と共同体的アイデンティティ

情報、人民管理、アイデンティティ、蘇った

コミュニティの発端から出てくるものは、

経済成長モデルの支配に疑問を抱き、下の方から、

権力と疎外のメカニズムに異議を唱えている。

参加型直接民主主義の構造は、栄養失調だけでなく、

我々の社会から発生した新奴隷制度で

他のタイプの社会では1つの方法になっている

病気を治す薬である。




6FD41449-FEE3-45DB-B7D5-A90BCEFE3060


 


新しい形の生存を実際に実現

フランスでは、参加型民主主義の構造は敵意を

持った環境で進展しているので難しい(国家の

集中政権、著名人、地元の新聞、生活保護者精神)。

バンドンクールの住民は我々のリベラル社会が深く

知らないことを活用しようとしている
:

新しい形の生存を実際に実現するため激烈に生き

ようとし、物質だけではない幸福への適性、

他にも、道具を工夫して作るために会合する可能性、

自らの開発を自力でする能力、自身の進展を
こなそうとしている。

 

我々が開発の方法を探す時、我々は多くの場合

には反対のことを言いながら、

大衆こそが本当の進展である

たった1つの方法であることを忘れている。

しかし、彼らこそが唯一の受益者であること
を認めなければならない。

« 
彼らの» 発展を見ながら、

彼らの責任の規模の権力を与えることを躊躇する

とき、どのようにして我々は動員できるであろうか?
 


委任民主主義:人民によるコントロールの無い国家

人民の全イニチアチブを取りあげ、

さらに国家に対してどのようなコントロールをも

保証しない
« 委任民主主義»から,

今日の、人民が全ての権力を実行する

直接民主主義を受け継ぐことは、

幾らかの機関や省にとってさらに悪い。
 


新しい文明への出発

社会主義はいくらか社会化した枠組みの中で、

今後達成しなければならない目的ではなくなる。

と言うことは、限りなく前に押しやられている理想、
願い事でしかない。

これは
:統治の方法であるかも知れない。

この条件で新しい開発モデルの設置が可能になる。

新しい文明への出発である。
 


模範的なモデルで、分配経済の柱になる

そのスケール内で、バンドンクールや同じような、

ブレジル、インド、スペインの村や街と他のは

小さな実験所である。

これらは歌う明日への希望である。

このような統治はすでに
ScopCLD,

気候キャンプや世界の交替集会などの

構造として分散している。

そして、いつも、全ての地平線からやって来た

人びとが不可能:

決定、新しいもっと正当な社会を組織し建築する
ことに成功した。

参加型直接民主主義は分配経済の主要な柱であり、

さらに同じく、設置すべき最も複雑な柱でもある。

我々はここに、分配式社会への移行モデルとして

学ぶべき幾つかの成功した例を持っている。



Jean Louis BATO.


https://matricien.wordpress.com/politique/anarchisme/vandoncourt/

ギャラリー
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
カテゴリー
  • ライブドアブログ