理想郷

1000のバンドンクールを作ろう!(2)

83481FE0-B2BA-43B6-B4CC-5516418DD4C0



市長のいない村-良い昔へ帰る-フランス部族?


参加型民主主義は政治決定に関して、市民参加を

強めることを基盤とした一種の分かち合いの権力行使
です。

公衆の参加を討論段階の決定過程である、異なる

プロセスにアクセントを置く『討論民主主義』
とも言います。
 

バンドンクールはフランシュ・コンテ地方のドウー県
にあるフランスの村です。

住民はダマと呼ばれています。

1971
年に村は参加型民主主義になりなりました。

機能は自主管理タイプです。
 

民主的な生活は以下のように組織されています。

  • 13人の選ばれたメンバー評議会;
  • 青年評議会;
  • 古参評議会;
  • 会(アソシエーション)評議会;

これらの評議会は月に一度は集合し、60人程の市民
が会合します。
 

7つの委員会が設置されて(学校、予算、技術、

経済開発、社会、祭事と儀式、環境)。

これらが必要な情報を受け、実用的な解決策を

作り実現をコントロールする。

これらは評議会の監視下にある。

そのようにして、金融委員会は選ばれた者たちと

選ばれていない者たちで構成されている。
 


日常の参加型民主主義がある村の革命

昔はソシヨーから12キロしか離れていない、

ジュラ山脈の600メートルの高度の山腹にある
小さな村だった。

600
人が住む古い村、そこでは男達は仕事のために
村を去っていた。

そこからは男達は去り
戻って来なかった。

若者達がますます少なくなっていった。

彼らは村 
眠る所、同じく、村 養老院から去って
いった。
 




2B27D1DF-8E24-43C3-869F-5311103E2834




市長は独裁的に決定し家族の父のように管理していた

数千年間のフランスの他の村々のように、

バンドンクールはうとうとしていた。

イマジネーションはバンドンクールに権力がなかった。

フランスの全ての村のように、バンドンクールには
市の評議会がある。

有権者は
6年ごとに、規則的に聞いた。

彼らは同じ者たちを選ぶ。

この評議会は、村々の公共の利益を守るそうである。

それは候補者が宣言していて、それが市民に与える
唯一の情報であった


6
年ごとに、市長は家族の長のように管理し
独裁的に決定をした。

もし、紛争があるなら、彼が決める;

評議会が三ヶ月ごとに確認する。

彼は一人で決定することを知っていた。

住民に良いことは
彼には良くなかった。




消滅の危機に陥った村

バンドンクールで、もう日曜日はなく、美味しいパン
はなく、村もなかった。

村人の村々、農民の離村がそれらを殺した。

学校は死んでいった。

学校の先生は住みつかなかった。

 

村を蘇らせるために会が作られる

1969年に、反乱が起きた。

最後の瞬間に、親たちは会を作り、

選ばれた人たちを村の改築に参加させようとした。

罠のない、壁のないと願う学校から初めた。

本当の人民の学校であった。

アフリカで数年を過ごし帰国していた幾人かの発動
でアニメーションチームが現れた。

第三世界への援助、不遇の子供達にクリスマス、

国々の舞踏会
 で村の外国人、スイス人、アラブ人、

イタリア人、スペイン人が彼らの国の歴史、舞踏を
紹介する。

民族的で美食的、人種差別のない祭りであった。

村は急に生活と活動に溢れた。
 

そして市は、何もなかったかのように管理され続けた?

さらに加えて、このルネッサンスに苛立っていた。

もしそれならと、アニメーションチームは
1971年の
市の選挙に参加した。

質問事項(アンケート)が出された。

村内の違う共同体に属する(男、女、若者、高齢者、

自由職業、労働者、農民
)者たち型選ばれ100人

くらいの人々を対象にして、質問は村の生活、

文化的アニメーション、責任的決定への若者の参加、

会の間の繋がり、村の行政、そして、

『村の未来に関する我々の意見』。

 

100の分配されたアンケートに72人が答えた。

これらは匿名で、総括され、まとまりのあるプログラム

になり、今でもバンドンクールの市の活動の基盤に
なっている。

新しい選挙スローガンは
:『我々の候補者に票を入れる

ことは、我々に投票することだ』
 

このようにして、新しいチームが市役所に入り、

会を動かす若者たちにより強化された。

 

市長のいない市役所

民主主義、人民のコントロール、自主管理が今後のバンドンクールであった。

最初のチームは、前任より20歳平均に若かった。

管理に生き生きとした国の力を備えることで民主主義
に全規模を与えること。

日常に
民主主義を開発すること

協議的構造を多くする。

定期的に完全に情報を与えながら。

実際的で恒久的な直接民主主義の実行により委任
を限定している。



1D62A5EF-258A-44EE-9050-2E561630CC22



活気ある村のアイデンチィテーを取り戻し、イニチアチブの分散化

13人の選ばれた者が行政する、又は、むしろ村を

アニメーションする、少な過る!お話にならない、

不当、スキャンダルです。

村が蘇り、人々が去らないで、さらに迎えるため

には全員の力が必要なのです。

皆んな?

疑いなく不可能です。

しかし、大半は
:

  • 村を生き生きとさせたい。
  • 必要を浮かび上がらせたい。
  • 活発な村になりたい。
  • イニチアチブを地方分散化させたい。
  • 各々が表現できるチヤンネルを作りたい。
  • 情報のため。イメージするため
    だった。

     

評議会の評議会、投票なし、拘束なしに

イメージすること。

バンドンクールに計画は尽きることはない。

人々は市の評議会を話さなくなり、

評議会の評議会だけになった。

もちろん、
13人評議会。

この規模の全ての村のように。

しかし、この評議会は他の3つの評議会なしに会合
をしなかった。

青年評議会、古参評議会、会(アソシエーション)評議会

など全てのグループとクラブが出席する本当の小さい
議会になった。

評議会は月に一度は会合する。

そこには
60人の市民が集会している。

時には、市のフォーラム(公共広場)に取って代わる。
 

 
投票も、拘束も無く

これは最大に表現を解放するためです。

市長はいない、

バンデンクールに首長はいない。

 


権力争いを避けるために、透明

ついに、『民主主義キラー(殺す)」である権力争いや

他の裏工作から守るため、彼らは気狂い監視
事項を発明した
:

  • 情報は幾人かの人々が保持し伝える。
  • 全ての批判は公表される。
  • 市役所が受けた郵便物は市のチームが見られる。

その結果、ダイナミックはこれの開始者だけで終わら

なかった:
40年と二人の市長の後、常に施行されて

いる:羨ましいです!

 


透明な勘定のための金融委員会

7つの委員会が設置されている(学校、予算、技術、

経済開発、社会、祭りと儀式、環境)。

これらが必要を聞き実用的な解決策を考案し、

実現をコントロールする。

これらを評議会がコントロールする。

そのようにして、金融委員会は選ばれた者たちと

選ばれない者たちとで構成されている。

村の報告書に予算と数字付き説明と共に行政会計が
発表されます。

11月には、市役所は予算討論の日を組織する。

全ての部署は大きな紙に書かれて村の違う場所、

学校の校庭の壁に貼られる。

このようにして、年々の収入と支出の進展が見られる。

評議会、金融委員会と住民はこのようにして彼らの
考えを対抗できる。



CBE6B832-A8D6-4966-A859-8659E0594D3A



未成年者と外人の投票、国民投票とプロジェクトの提案

有権者、フランス人と外人(フランスの法律で選挙

から除外)、は評議会のメンバーを選ぶため、重要な

事柄に意見を表現するために
15歳から投票できる。

バンドンクールは人民の狭い参加サークルを壊すため

にこれらの国民投票ができる。

どのようなグループ、個人、アソシエーション(

:20くらいある)も計画を提案できる。

評議会は緊急さを評価し、委員会 ー 開放されている ー 実行設置を考慮する。
この地元の機能を定義すると、正反対である県の規定

と正式な構造に関して、
« 内部規定» が最初の頃に

制定され、その後
幾回か変更された。

全ての書類のソース(源)は社会的、司法的場合以外は
自由にアクセスできる。
 
 

直接民主主義は素早く色々な構造に設置された。

戸籍書はまだ交付しており、情報の要請を常に

受けているが、市役所はまず最初に民主主義的沸騰

と人民の提案と分析の実験所センターでもあります。

時には
« コーヒー喫茶店でもあります» 

 

市役所に入り、自分の家のように、全ての書類の
ソースにアクセスできます。

ー 社会的、司法的場合の他は、郵便物は全てが
自由に読めます。

市の資材は地元生活にだけ利用されます。

コピー書類、地元の電話、市の広告板などを利用

するために、許可を得る必要はありません。

時には混んでいたり、沢山の情報、呼び出し通知が
かち合う時もあります。

これは表現の自由を遠くに押すシステムの代金かも
知れません。

バンドンクールでは少なくとも、村の家という言葉は
横領ではありません。
 


貴方はやりたいと思っているやりなさい!村は貴方を援助するでしょう!

このようにして数多くの活動が村に生まれ発展して
行く。

金融方法がなくても ー 村は金持ちではない

ー 要求に応えるために地元の専門知識には欠けない。

イニチアチブ、専門知識、ボロンティアの利用など
が元気付けられている。

この三面一組に村の恒久アニメーションがある。

« 
アニメーションは政治です!» 

政治とは脚台やテレビに引き続き出る幾人かの

世間公認の、誰か?に許可されたプロのではなく、

しかし、最も多くの者の世話を日常的にする;

25
世紀前のペリクレスの定義:

政治とは、街の管理である。全ての者から。

と言うことは、民主主義的政治の道から外れた、

通常、政府と情報の独占を有する者たちの反対なのだ。

« 
統治することは、信じさせることだ», 

とマキアベルは言った。

しかし、その反対に『アニメーションすることは』

返すことであり、再び与える、許す、批判する、

自由になることです。


C7856624-3FF6-4EA1-B6C1-E3342E7699A1



国の大闘争のパイオニアの村

大多数のバンドンクールの住民は自主管理を実施
しています。

または、むしろ日常生活においての人民コント

ロールをしている ー 彼らは気付かないで居るが。

多分幾らかは民主主義、同胞愛、正直さ、参加、

と言いたいでしょう。

または、さらに自由と!

  • それは、バンドンクールから最初のゴミ選り分け

    が作られました。ー
    30年前に!
     
  • 住民は植物相の破壊があるとして国立森林公社

    10ヘクタールのエゾマツの植え付けを禁止
    した。
     
  • バンドンクールから、とても早い時期に国の大闘争

    への意見を示した(ラルザック、ロム
    -ローヌ運河、

    プルトニウムロケット、核
    :民用と軍用)
     

経済、エコロジー、社会的成功

このような全ては社会組織と環境の尊重と共に村の

経済的解放を可能にしました。

時が経つにつれて、集合的インテリジェンスは、

森林の資源を合理化するために木による市の

集団住宅の集団暖房などの、村の基本施設の設置をした。

今年は、彼らはフランスの最初の建築物であり、

市の加工作業所、葡萄絞り機、美術館が入れる

麦わらで詰まった木式の建物の除幕式を行った。

もう1つの強い兆しは
:若者の集団移住が

バンドンクールにはなく、貧困家庭はとても稀

であり、難しい問題が出る前に、アソシエーション

活動で自然に援助されている。

 


木は種にあり、結末は方法の中に含まれている。

中央集権、無用な書類作り、全てのイニチアチブの

調査官、全ての異常行為への良い基準の管理者に

対して、バンドンクールの住民はガンジーのように

答える
« 木は種にあり、結末は方法に含まれている»

明日への要求と今日の行動の一致の必要性に

喜んで下線を引きたいですね。
 

何も変えない:議員達の快適な位置

他に、議員は勇敢にも、この地元の民主主義を

妨害する権力を告発し、彼らがこの自主管理の

見習いを評議会、議会、重罪裁判所、セミナー、

フオーラム、十字路、ミーチング
などの動議で
要求する。

しかし、権力と法律が素早くアリバイになり何も

変えないことを自分に許す。


再建のための個人的、集団的自主自立

バンドンクールでは、稀に直接民主主義は遠くに
行った。

しかし、他の民主主義と違うことは ー 形式上と委任

ー これは、国家とそれにも加えて、個人の操作への

不変の闘いでもある。

 

数年後、多くの者は長い道のりを振り返り驚いて
いる。

個人的、集団的な自主自立の獲得への驚き、

時には日常を建築する能力に驚いている。

 

バンドンクールは探している、探し合う、

存在する
未来を創造しょうとする意志で、

それが単なる延長や漠然とした現在の応用ではなく、

切断、超越である。
 


人民管理と共同体的アイデンティティ

情報、人民管理、アイデンティティ、蘇った

コミュニティの発端から出てくるものは、

経済成長モデルの支配に疑問を抱き、下の方から、

権力と疎外のメカニズムに異議を唱えている。

参加型直接民主主義の構造は、栄養失調だけでなく、

我々の社会から発生した新奴隷制度で

他のタイプの社会では1つの方法になっている

病気を治す薬である。




6FD41449-FEE3-45DB-B7D5-A90BCEFE3060


 


新しい形の生存を実際に実現

フランスでは、参加型民主主義の構造は敵意を

持った環境で進展しているので難しい(国家の

集中政権、著名人、地元の新聞、生活保護者精神)。

バンドンクールの住民は我々のリベラル社会が深く

知らないことを活用しようとしている
:

新しい形の生存を実際に実現するため激烈に生き

ようとし、物質だけではない幸福への適性、

他にも、道具を工夫して作るために会合する可能性、

自らの開発を自力でする能力、自身の進展を
こなそうとしている。

 

我々が開発の方法を探す時、我々は多くの場合

には反対のことを言いながら、

大衆こそが本当の進展である

たった1つの方法であることを忘れている。

しかし、彼らこそが唯一の受益者であること
を認めなければならない。

« 
彼らの» 発展を見ながら、

彼らの責任の規模の権力を与えることを躊躇する

とき、どのようにして我々は動員できるであろうか?
 


委任民主主義:人民によるコントロールの無い国家

人民の全イニチアチブを取りあげ、

さらに国家に対してどのようなコントロールをも

保証しない
« 委任民主主義»から,

今日の、人民が全ての権力を実行する

直接民主主義を受け継ぐことは、

幾らかの機関や省にとってさらに悪い。
 


新しい文明への出発

社会主義はいくらか社会化した枠組みの中で、

今後達成しなければならない目的ではなくなる。

と言うことは、限りなく前に押しやられている理想、
願い事でしかない。

これは
:統治の方法であるかも知れない。

この条件で新しい開発モデルの設置が可能になる。

新しい文明への出発である。
 


模範的なモデルで、分配経済の柱になる

そのスケール内で、バンドンクールや同じような、

ブレジル、インド、スペインの村や街と他のは

小さな実験所である。

これらは歌う明日への希望である。

このような統治はすでに
ScopCLD,

気候キャンプや世界の交替集会などの

構造として分散している。

そして、いつも、全ての地平線からやって来た

人びとが不可能:

決定、新しいもっと正当な社会を組織し建築する
ことに成功した。

参加型直接民主主義は分配経済の主要な柱であり、

さらに同じく、設置すべき最も複雑な柱でもある。

我々はここに、分配式社会への移行モデルとして

学ぶべき幾つかの成功した例を持っている。



Jean Louis BATO.


https://matricien.wordpress.com/politique/anarchisme/vandoncourt/

1000バンドンクール(参加直接民主主義の村)を作ろう(1)!!!

080F671A-1DA9-46F4-B76E-4CECB7309D6A
バンドンクール、1971年から自主管理された村:参加-討議型民主主義&庶民コントロール


1000のバンドンクールを作ろう! 

 

EAB3477F-4886-4A06-88C5-B62B687CE8F6





問題提起:直接民主主義、市民に権力を。



詐欺破産、気象危機、失業、汚染、排除もし人々全体から

幅広く持たれている感じは、現
在の時代の大きな問題の前に

抱く一般的な無力感です。


    
代表民主制は個人の権力を、議会と良心のない独裁経済という

単一思想の前に,何の権力もない国の有利に反らせるという離れ
わざに成功した。

最高に皮肉で滑稽なことは、我々がこれを諸問題に責任がある

と考え、惑星を救うために態度を変えて欲しいと命じる時:

皆さん歯を磨いた後よく水道栓を閉めてください!

退職金に関しては、気の毒だが他の解決法は無い!

このような政治砂漠にどのように対処したら良いのか?

しかしながら

 




バンデンクール、声を上げる村
 

ジュラ、それは北の歌のようであり、だいぶ前から大きな
心臓です。

その社会実験の真ん中で、アナーキスト理論家である

プルードンが生まれた所で、労働者組合は魂の奥深くに、

社会革新とイニチアチブの味を持っている。

LIP
の英雄的な闘争と自主管理の試みを思い出してください。

プージョ
/ソショー(Sochaux)からあまり遠くない所、

数百メートルの高度にあり、教会と市役所とで

他のフランスの村とあまり違わないバンドンクール。

ドゥー県の小さな村はしかしながら、

市民の本当の権力である
直接民主主義を40年間経験して

います。それは機能します!

そこでこそ、疑いなく、主役の人々に知られずに未来の最も

素晴らしい実験が演じられています


人民によるグローバルな権力の取り扱い、要するに


本当の民主主義。
実際的なユートピアの校庭です。


伝統的なコミュニティ・システムに触発された 
 

1970年、« 68 » はあまり遠く無い、それは眠っている

ような村に我慢できなくなった生き生きとした住民に自由
の香りを広めた。

そして、
マダガスカル島から戻ってきた、あちらで有名な

木の下での談合
« 賢者の評議会» に魅了された2人の者がいた。

これらの感動との出会いが長い間フランスを激変させていった。


そして
真性の数千年の実践の後にそれは爆発的であった。

ほんの少しの間に、計画に欠け独創性のない村で、

世論調査が行われ、企画書が作成され、リストが提出され

スローガンが放たれた
:

我々は
1人より多くいる方が賢い!

リストは勝利した。

さらに主要な拘束を課した
:多数決ではなく<<マダ>>のように同意(コンセンサス)で機能する!勿論、貧しい人々から何か学ぶこことはあるのか?




73DC7797-A6A6-4866-B43E-F60145BE7FB9



直接民主主義、自主管理と庶民管理
 

 新しいチームは任務についた時、読み上げた方針を実行に

移した
:自由で透明な情報、禁止された主題は全く無い。

色々な主題の市役所の外の委員会の設置(子供、建物、予算
)
は皆に開かれている。

毎月の公開会合で、準備会合、若者の委員会、古参委員会、

(会)アソシエーション!や出席できない者達に情報を提供する。

民主的な組織が増えて、表現の解放を促した。


村は村長なし、階級なし、自立した。


直接民主主義は自主管理と庶民コントロールと一対で

機能する
… On 我々はこの新発明である民主主義に解放的な
重要性を与えようとした。


 

同意(コンセンサス)は統合の保証である
 

この熱狂は困難と消耗が居座るのを退けなかった。

時が経つにつれて、住民は多くを学ばねばならなかった。

最初に、彼らのシステムを法律に適応せねばならなかった。

それから、違う意見でありながら行政術を磨かねばならなく、

表現と違う意見と仲良くすることなど学ばねばならならなかった


このような全てのことがコンセンサスしながら前進することにな
った。


 

人民評議会で処理される課題の例
 

このようにして、バンデンクールはフランスで15歳以上の

フランス人と外人が選挙に参加できる唯一の村です。

それから、色々な委員会から決定され、

法律の規定にしたがう最終的な計算されたプロジェクトは、

市の委員会に提出され確認される。

幾つかの例:予算委員会は全ての部署の予算を提示した後、

以下の問題性を提示する
:幾つかの工事を後回しにするべきか、

税金を上げるべきか?一般討論の後、2つを少しする、

スッキリしない解決策。

他の時には、解決法は厳密な商品的な枠から出る:村を装飾

するため、市役所は花を買うが、一年中住民が手入れをする。

村の噴水が悪い状態だ:地元や又は国際アソシエーションと

参加型作業場を組織する。

地元の議員、農業従事者、マンションの所有者などの

合議会の創造
代表者は他のパートナーと討論するために

指名される(
DDE、国の技術サービス)。


意見の違いが多くなるほど討論は豊かになる。

主題の中で最も怒ったことは
:耕地の整理統治!


そして変わった解決策が見つかった
:所有より使用を交換する。
 


378E5F14-4B0E-4C56-A816-7E7D051F553B





社会エコロジー
 

バンデンクールは我々の時代の主要な問題である、エコロジー
に関して遅れを取っていない。

そこで、
30年前に最初のゴミ分別法が作らた。

そこにこそ、最初の時期に大国家闘争(ラルザック、

ローヌ
-アルプス運河、プルトン・ロケット、核エネルギー))
の見解を示した。

地元では、
300ヘクタールの村の建築物に村所有の森からきた、

木の細切れ木片を利用した集中暖房が設置された。

市役所、学校、家庭、村の公民館、サイダー製造所、消防署、

図書館、
5つの団地、村の作業所などがこれらの暖房装置の恩恵
を受けている。

同じく灯油などを経済的に融資する。

果樹剪定からきた枝は、果樹園の教育のために利用し、

周りの幾つかの村々を徒歩や自転車で繋ぐプロジェクト、

軽快な住宅の開発
予定計画は住民ほど多い。

20
%の住民が活発にこれらの試みに参加し、

一般的に民主主義を成功させている。

そして半分の住民が
28の会(アソシエーション)に加入し村の

生活を準備している。

これ以上良いことはあるだろうか?





コミュニケーションと若者の養成
 

作業の規則的前進は三ヶ月毎の発行誌<<ダマシン>>に記載され、

地元と地域の発行誌に引き継がれている。

学校はこれらの委員会の設置に活発に参加し、

子供達が小学生の頃から村の民主主義的な生活と

アソシエーションの活動に関係する機会を与えています


 

疑いもなく、未来を見ると、このように市民が最も若い時期に、

地元の発展の計画という民主主義を実行していることは、

同じ論議上、我々の予測する社会の巨大な挑戦に答えことが
できるでしょう。


65D63D1D-96A5-44F1-B3A1-D297E04E1F97


 


法は人民の意志の表現である
 

人民による討論とコントロールがある限り、

決定の道程は新しくなる
:考える、討論する、試す、

しかし、他からの解決法を課されないこと。

人民による管理は強制的に、成長の相互代換体制パラダイム)

と義務ずけられた代表制度に質問を出させる。

これらは一日中テレビに同じ質問で現れる
:プールの水が台所

の水と同じ価格なのは正常なのか?

無料駐車所と無料給食はどちらを選らぶべきか?


直接民主主義の構造は、時間がかかるが、

決定が押し付けられたものではなく良く作成され、

違う社会を創造することになる。

同時に参加する者の間で、注意、尊敬、争いを乗り越える
ことができる。

人権の宣言
(条項6)に規定されているように、法律は一般

の意志の表現である、
そして、これらは彼らの代表者から、

形成から、個人的に貢献する権利があるのではないか?

 



幸せな見通し:経済と金融に交替する方向へ?


フランスには幾つかの共同体が彼らのプログラムに直接民主主義

を設置した(ウール、グリニイ)。

世界を見ると、ブラジルのポルト・アレーグルの参加する
予算企画があります。

スペインのマリナレダの村はさらに遠くに行き、

経済的に直接に介入します。

1200
ヘクタールの大土地所有者の土地を再分配した後、

野菜の缶詰め工場を設置しました。


 

さあ、本当の質問をしよう:

  • 村の民主主義こそ、市民が本当に権力を発揮でき、

    我々の社会の特徴である無力を乗り越える最良の

    方法ではないだろうか?

     
  • 我々は、イメージできないだろうか?

    フランスには
    15 000人の住民がある4 000の村があり、

    住民全部で総会ができる(
    1000人は映画館のスペースの

    ように総会できる規模です)
     
  • 我々は地域、共同体、県などを終了し、

    国土の単一規模である村にし、

    現在の色々な段階にある金融(教育、養成、道路、etc、)の

    権力を備える、ということをイメージできないだろうか?
     
  • 我々は、人民が彼らの必要を表現した規則的な総会の

    決定がこれらの村経済に参加できる可能性をイメージ
    できないであろうか?
     
  • 我々は同じ村の住民が彼らの金を村の銀行に預け、

    これらの金は直接に村地域が
    利用できるようにし、

    新しい貨幣か又は関係なく
    生産業の再設置を可能に

    することをイメージできないだろうか?

     
  • 我々は致死的でバカバカしい競争から脱けだし、

    村の協同組合(
    coop)をイメージできないだろうか?

     

もっと遠くを理想的にイメージしよう:そして、もし、

来たる市の選挙の機会に、我々は
1000のバンドンクールを

作ることに決め、ということは独立した直接民主主義である

1000
の村(コミューン)が機能するということになる?


7EB10EB2-9530-4976-B127-8C9857683401




各々が、今ここで、彼の家で、こう言うだろう。

  • はい。それは可能だ。
     
  • はい。我々はこれで何回目かのスーパマーケットを
    強制されなくて済む。
     
  • はい。我々は我々の耕地を守らねばならない。
     
  • はい。我々は我々のレベルで単一社会と闘える。
     
  • はい。我々は民主主義を再発生させねばならない。
     
  • はい。我々は権力を取り戻さなければならない。

    我々の権力は、不毛なメディアの煽動と政党にあるのでは

    なく、本当の総会で反論討論、紛争的な討論などで本当の
    討論を行う。

    これらは日常生活を速急に改善し、実施する権力と未来へ
    の見通しができる。
     
     

このような民主主義的飛躍は至る所で応用され、

我々の時代の主要な問題に本当の解決をもたらす


何故なら、定義的に、人々は彼らに反して行動しないから?

さらに、バンドンクールは我々にこの他の質問を自問させる
:

何故、自分自身ではなく、根本的に極端に少数派の政党に
権力を与えるのか?

 


ジョエル・フエイデル

簡素な生き方が幸福を与える : ピエール・ラビ

ピエール・ラビはフランスの随筆家、思想家、農業従事者、『ハチドリ運動』の創始者です。彼の簡素な『生きる歓び』を生活の基盤とする人生観はフランス人に共感を与えています。内面的にとても豊かな人です。

 

F54FA887-B260-484A-83D6-E010763F8091

 


                         ピエール・ラビ    :    簡素な生き方が幸福を与える



我々がここに来て住んだとき簡素な生活を選びました。 


幸福な簡素で満足しています。


ということは簡素は幸福の要因なのです。



何故なら、私が、全然満足することなしに、

常にもっと多くを望むことから開放されます。



質問:どのようにするのですか?


私の家には価値のある物は何もありませんので、泥棒が
絶望するでしょう。


テレビしかありません。


絵画も何もありません。


私の部屋の壁に掛かっているのは単に「インディアンの酋長の
演説」です。


彼が言ったことは崇高です。


学校で教えられるべきです。


現在の金銭社会に対して、簡素と節度の強力な調整です。




7F70C46C-B79F-4779-A636-660522C8565A




お金で幸福は買えません。


私にはもちろん無かった時もあります。


お金が無いと便利ではありませんし、快適ではありません。


本当に心地よくありません。


苦しい時もありました。



しかし我々が、食べる、着る、住む、治療など欠かすことの

できない
4つの要素である真実の必要を総決算するなら、


我々は軽い気持ちで楽しむことができます。


もちろん節度の形状でです。


私は、輝く石でしかないダイヤモンドに

何故そのような価値を与えるのか分かりません。


狂気の沙汰です。


私には何の価値もありません。


それは自然の中で奇跡的に輝く物で、終止符です。


また美術に関しての全ての投機、絵画、etc、は全然興味が
ありません。




質問:どのような助言がありますか?
 


節度を社会の基盤とする基本的な社会とは残念ながら、


多国籍企業や会社などは心配するでしょう。


何故なら我々は皆この矛盾の中にいます。


私はこの金儲け達の独裁に全然同意しません。



FDA2D1AE-3FBD-4430-A6F3-CADB8B46E759




私は毎日車で出かけて貧困者に小銭をあげています。


我々は常にもっと多くを欲しがり、全然満足することはありま
せん。


我々はその矛盾の中にいて、今日の大きな問題はどのようにして


このような矛盾を減少し、それからから脱出するかです。



私はテクノロジーに関して、それが本当に人間の状態を改善

するなら
反対ではありませんが、しかし、

テクノロジーが不誠実で独占的な
利益の対象になるのなら、

その時には最終的には人間の

ネガティヴな欲望でしかありません。




今日、問題はどのようにして人間にポジティブな脈動を与えるか
です。


ポジティブが開花する道具となることです。



全ての問題性はそこにあり、


節度という根本的な選択から出ることはできません。




質問:どのような確認をしましたか?
 


億万長者である者が本当に不幸であるにもかかわらず、


自家用飛行機などが買えたり、去勢をはったりできますが、


買えないたった一つのことは『生きる歓び』です。



生きる歓びはお金以外にあります。



この生きる歓びは、私はアフリカに行く機会がありますが、


明日食べる物が無いのに、彼らは幸せです。



私は有り余る世界から来ていて、


そこには抗不安薬を消費する者達が沢山ますので、考えされられ
ます。


この惑星では幸せに生きることに意味があり、


牢獄で苦しむことではなく、


時には、完全なる恐ろしさがあるこの世界で


この課題は時間をかけて深く考えなければ、


我々は、一種の内的貧困がもっと難しくなり、


人びとは死こそが生きることより最も容易なことであると思います。


何故なら死ぬことが生きることより易しいと考えます。


854DA846-7E39-4BFF-83BE-0946C7B798D3





サイアン:フランスの参加する直接民主主義の村

フランス南東部、ローヌ・アルプス地域圏にある小さな村、サイアン(Saillans)では住民のグループが自分達で行動しようと、参加合議制のリストを市議会選挙に提出して当選した。考えは「各々が管理問題を自分のものにし、発言権を取り戻し行動する市民による直接民主主義を行う。結果として、市民の行動力が蘇ったようになった。強い社会的絆を作り、それが可能であり機能することを示すことができた。『政治事は外にあるのではなく、我々の中にあり、毎日行われている』





7911589D-2627-42E2-894D-1B4AEC5C7412






           我々は住民の意見を取り入れながら我々の市町村を管理することに決めた。





2年前にサイアンの住民は市の選挙に参加合議制のリストを
提出することに決めた。 

そして、このリストが勝ちました。


この参加合議制リストが今日我々の村の事業を管理しています。


参加型リストとは、我々の考えが下から登ってくる。

市役所にいるのは我々ですから、住民ということです。


それで、我々サイアンの住民は、1250人の小さな村です。


我々は参加することに決め、皆の言葉を解放し、各々に話す可能性
を与え、
全ての言葉が考慮されるようにしました。



全ての人々の意見には従えませんが、実践的な方法で人々に会い聞き、

それらが討議の基盤になり、村と社会的生活に各々の住民が重要な
役割
があります。


我々は何か素晴らしいことや革命的なことをしているのではなく、

違った方法でしています。そして仕方も、していることと同じように

重要です。


50回ほどの会合があり、合議的、参加的な方法で決定がなされ、

一緒に言葉を回しあいながら皆が最大限の努力をしています。


それは絆を作ります。



A694BFA8-B6AE-476E-9E20-BD60E6BB1FEB



社会的場所における全ての世代と人々の間に絆が生まれた。


全ての委員会の決定機関、選挙の準備などで、とても興味深く快い

社会的文化的混合があり、お互いがよく理解できたことはきわめて

重要であった。



時には驚くべき集団的知能の時があります。


お祖母さんと、村に来たばかりの人が、同じテーブルに座って

いないにもかかわらず、課題について話し合い、最初の提案が

改良されて最終的に最適な考えになり適応できることです。


集合的知性という言葉が好きですが、これはそこにあります。



私は十分に懐疑的な性格ですが、多分、私の科学者としての反面
から
くるのでしょう。

経験に関して証明を期待していますが、我々は成功したと思います。


去年、賢者協議会のレベルで大規模なアンケートがあり、社会学者と

共に住民に質問をしました。

それで分かったことは市議会で何かが変わりました。




2196EFDF-A6E6-429C-87D9-76CBB4FE1691



それで、我々に分かったことは、村の相互扶助に関しては社会的
使命
から出て、今はひとりでに機能しています。

さらに地元の必要な避難所、交換、自主管理など。


以前と違った精神状態の市議会を独立して創造する雰囲気があり、

幾人かの人々はアソシエーションを作っています。



質問他の人々にどのような助言をしますか?


このようなイニチアチブには、時間的要因、参加、などの

根本的な要因があり、民主主義とは時間がかかります。


そして、皆は民主主義に嘆いていますが、時間を十分に与えて
いません。


もし、皆さんがこれを皆さんの村や市町村で実現させたいのなら、

もっと時間を与えてください。
 


質問:締めくくりの言葉として?


6年後に、この市議会は分解しているのだろうか?サイアン

にはもうそれは起こりました。市長が辞任しました。


我々はまだいて、松明を他のサイアン人に渡し、

彼らは今度は私たちの番だと言い、彼らには経験が無いが

新しい専門知識を作り、ええ、やって見たいというでしょう。





9F551D81-776C-4D52-8DA1-41E316D81E07



**実際決めた事


-自主管理された集合肥料の設置


-市の照明を夜に消灯


-ドローム河の保護への関心を呼び起こす


-街のインテリアと花壇の再整備


-街の中心部の交通と観光表示、駐車の再組織


-公会堂敷地の選択と計画の見積もり


-学校のリズムの改正を設置


-1週間の地元経済の組織


-経済活動のネット年鑑を作成


-住民の健康やサービス、etcに関する必要のアンケートを実行


-住民間の相互援助を設置


-地元の街計画の参加型修正(2017年に開始)





(情報筋:参加に関する観察所)


参加観察員になった、賢者協議会のメンバーであるパトリックと

エマニュエルによると、このイニチアチブはとても重要であり、

「政治事は外にあるのではなく、我々の中にあり、毎日行われている」

ので広く発展する必要がある。



https://onpassealacte.fr/initiative.on-a-decide-de-gouverner-notre-commune-en-prenant-en-compte-l-avis-des-habitants-avant.95730588096.html

幸福とは何か? ピエール・ラビ

ピエール・ラビはアルジェリア出身のフランス人随筆家、農業従業者、思想家、詩人であり、さらにハチドリ運動の創始者。アグロエコロジーや生態力学的な耕作、天然自然との環境の保全を考慮に入れた農業の発展の活動をしている。フランスの南部アルデッシュ(Ardèche)に住む。



                               幸福とは何か?  




 
幸福に関して

人類全てが同じように感じているとは思えません。
 

私は、私が軽い気持ちでいる時に幸福を感じます。

 

幸福とは、この軽い感覚、

全てがうまくいっているという感じ
 

自分と、他の人々と

生活と調和している時

幸福はその時に感じます。



2C0B4F88-319E-4DDC-990C-AC6BD922570F
                     ピエール・ラビ
 


自然のなかで


木を見る時に


木のステールを見ている時
 


または、生活の不思議なこと


素晴らしいことを見ているとき



物事に関してどのように見るかによります。
 


我々が陽気かどうか


物事が気にいっているか

いないかです。

 


2E857A6A-1330-495B-900C-0CC398866B91





私を幸福にするのは、


もちろん


家族があります。
 


子供達を見ているとき
 

何かポジティブなことをしたとき


と言うことは自分ができることに参加したとき



生活を大切にしたとき
 

生活を大切にすると言うことは私にとってとても重要です。


人々との関係での思いやり

 


自然との繋がりという感覚


私は本当に自然が好きです。

自然はものすごく美しく素晴らしいです。



自然を尊重するとき


本当の価値を与えるとき


私は幸せを感じます。




161C8F47-7797-4A6D-9CAE-8AB0F4AD3DDE





私が誇りを抱くことの1つは


私が貧しい農民に農業エコロジーを伝授したときです。
 


自由に食べることができなかった農民が


肥料と農薬から解放されるという


1つの方法を受け入れたとき
 


彼らは本当の農耕者になったのです。


彼らは食べることができ


子供達を養うことができました。






1FC2B03E-0CD0-4AF7-BCFC-6CFCCCCEB91C




彼らは自然を破壊しないで、さらに不毛の地を改良しながら


肥沃な土地にしました。
 


それは私の最も明白な「使命」であったと思っています。


幸せを与えることができます。
 


他の人々に対する態度で


それは寄贈であるかもしれないません。
 


私はこの愛のメッセージに愛着を感じます。
 


愛とは最も強力で変容的なエネルギーです。
 


もし愛とまでいかないとしても


少なくとも親切です。



私はそれはとても重要だと思います。


そして今、それが世界を築いていくでしょう。



それは原爆でもミサイルでも、


または悲嘆を増加するために


人類が止めることなく発明する


他の馬鹿なことでもない。



ノンセンスとでも言いましよう。




ギャラリー
  • ウクライナは核の脅威を作る
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
カテゴリー
  • ライブドアブログ