黄色いベスト運動: 世界

イランで激しい暴動 :世界中でデープステーツの傀儡政府が倒される兆候?


世界中で激しい暴動が起こっています。中東のイランは民衆がイスラム国家を激しく拒否し、真の 民主主義国家を望み、原油生産国であるのに政府がガソリン価格を上げるという行動に反して国民が暴動、反乱をおこし、デープステーツの傀儡であるイスラム政府の背後にあるのが中央銀行、銀行であることを理解して、悪の根源であるところに火をつけました。

と言うことは、日本より後進国であると思われているイラン人のほうが大量に覚醒しているようです。

日本ではデープステーツに明治維新から支配され、富を吸われ、こき使わされているのに気付いていない日本人が大半と思われます。この静けさは何でしょう?G7のメンバー国と言うことはデープステーツカバルと共犯することで満足している?

のほほんとはしていられないはずです。ドイツでは、ホームレスが増えて問題になっていると言うことです。税金は上がるいっぽうで油を搾られても、何も言わないで、貧困化する家庭が増えていくでしょう。



完全反乱のイラン! インターネットダウン! 中央銀行が破壊された!


20191117


Halturnerradioshow.comから



*****イランで*****   群衆は「イスラム共和国は望まない」と叫ぶ



WORLD NEWS DESK 16 NOVEMBER 2019  


イランは土曜日の時点で暴動に陥落しており、大都市の大群衆が軍のポストを破壊し、中央銀行を焼き払い、「ハメネィ死ね(Death to Khameni)」(最高指導者)、「イスラム共和国は望まない」、「レザ・シャー(Reza Shah)、あなたの魂に祝福を!」と叫んだ。


機動隊と警備員は、マリワンの西部の都市で抗議者に対する実弾を使用しており、金曜日の夜から今日まで、2人の抗議者が殺害され、イラン全国での殺害された抗議者の数は4人に増えた。


信じられないことに、以下のビデオは、抗議者がイラン中央銀行を焼き払ったことを示しています:




MCIRightelIranCellなどのイラン最大のモバイルネットワークオペレーターは、抗議が激化するにつれてインターネットのシャットダウン(政府による)が悪化する中、午後6時(14:30 UTC)にオフラインになりました

5267856B-7740-43AA-819E-BA60C6CD4F3B


タブリーズでは、イラン人は都市の街頭に来て、燃料価格の上昇と海外でのテロ資金のためのそのお金の使用についてイランのイスラム体制に抗議しました。


抗議者はまた、テヘランの中心部でハメネイの巨大なポスターを燃やしました。

E9AA3AFA-5193-44B8-8E11-70681AA9B856


イラン中の抗議の場所は、抗議の画像とビデオがどこから出てくるかに基づいて、下の地図で見ることができます。

88FA1F46-FFF8-4512-AABA-29F83F599480

テヘランの南西にある小さな町サレヒエでは、抗議者たちが市長室に火を放った。

9F418809-53A8-4A70-98AE-A7976917741E


テヘランの近くのパランドでは、IRGC準軍組織のバシジ部隊のメンバーを指す「バジジと墜ちろ」と唱えながら地元の人々は政権のコサール銀行をたいまつにした。


BasijIRGCの国内構造)に属するバスも、北イランのタブリーズで抗議者によって焼かれました。


さらに、テヘラン南西部のエスラムシャールで警察署が焼失しました。


抗議は非常に広範で、暴力的であるため、イラン政府が生き残ることができるかどうかは不明です!  


世界は、イラン政府の実際の強制転覆を目撃しているかもしれません。 おそらく、彼らが40年間苦しんできた悪/テロの宗教政府の代わりに、近代民主主義国家政府を再建することです。



https://beforeitsnews.com/alternative/2019/11/iran-in-full-revolt-internet-shut-down-3705361.html


関連記事

イラン:抗議者がベーバハンのイラン中央銀行に発砲

黄色いベストは、市民主導の国民投票である「RIC」を主張する

警察と黄色いベスト

パリでは、警察の暴力で麻酔をかけられ、徹底的に弾圧された第45回黄色いベスト

921日の黄色いベストパリ大集会は歴史に入るか?第二のフランス革命進行中!

R.I.C.(市民発動の国民投票)は黄色いベストの要求書の中で太陽のように輝く!

黄色いベストは憲法教室で憲法、法律、etc の改正を準備している

国民投票が無い日本と現憲法に「市民発動の国民投票」を挿入する提案

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
 

市民の不安は世界中で噴火して抗議が激しくなってきた

市民の不安は世界中で噴火していますが、米国がパーティーに加わるまで少し待ってください
 

20191021

A6967BE2-E76A-4C86-A27A-601D617C6EE8
マイケル・シンダーアメリカの終わり

世界中で、ムードは酸っぱくなっています。

怒りと欲求不満が吹き荒れ、抗議は世界中の主要都市で暴力的になりつつあります。 経済的苦痛が抗議を駆り立てている場合もあれば、政治的問題が抗議者を動機づけている場合もあり、世界中で同時に多くの怒りの抗議が起こっているのを見てから非常に長い時間を要しました。


残念ながら、これまで見てきたことはほんの始まりに過ぎないと多くの人が信じています。


世界的な経済状況は急速に悪化しており、経済的苦痛が激化するにつれて、それはすべての人々をより苛立たせます。 そしてここ米国では、ドナルド・トランプの潜在的な弾劾をめぐるドラマが、この国をすでに深く分裂させている政治的緊張を大きくエスカレートするでしょう。


状況がどうであっても、人口の大部分が結果に深く不満を抱いている可能性が高く、それは非常に簡単に大きな市民不安につながる可能性があります。


しかし、トランプに着く前に、まず世界の残りの部分で何が起こっているかを見てみましょう。 チリでは、何十年にもわたって見ことのない暴力的な抗議を目撃しています...


社会的および経済的条件に対する怒りによって引き起こされた抗議がラテンアメリカの最も安定した国の1つを揺り動かしたので、チリの首都で略奪されているスーパーマーケットの火事で3人が死亡しました。


サンティアゴのカーラ・ルビラール市長は記者団に、米国の小売チェーンのウォルマートが支配する巨大な店舗が略奪された後、2人が炎で焼死し、別の人が病院で亡くなったと語った。

チリの経済状況は厳しく、急速に厳しくなっています。また、通常非常に安定している国で「略奪」を聞くことは非常にまれです。


一方、政治的腐敗はレバノンでの暴力的な抗議活動の主な動機であるように思われます

何千人ものデモ隊が土曜日のベイルートのダウンタウンに3日目に注ぎ、治安部隊と抗議者の間で一晩の衝突が発生して数時間後に大規模な逮捕と数人の負傷者が出ました。


デモンストレーションにより、レバノンのさまざまな所が3日間にわたって引き込まれました。 多くの抗議者は政府の辞任を要求し、1975年の15年間の内戦の開始以来、この国を支配してきた政治階級の「崩壊」を要求しました。


人々が物事がこれまで以上に良くなるという希望を失ったとき、彼らは通りに行く傾向があります。


残念なことに、汚職はこの時点でレバノンの生活様式であるように思われ、すぐに大規模な改革の希望はほとんどないようです。


英国では、ブレキシート(Brexit)の物語を取り巻くドラマが今週末、ロンドンの街に「何十万人もの人々」を惹きつけました


議会は、 ボリス・ジョンソン首相の修正された離脱協定を支持するかどうかの決定を遅らせるために投票したため、数十万人がロンドン中心部で行進し、英国が欧州連合に留まるべきかどうかに関する新たな国民投票を要求した。


人民投票キャンペーンによって組織された行進はこれまでで最大と考えられ、1980年代のフォークランド紛争以来初めて議会が土曜日に開催されたため、反ブレキシット支持者が全国から集まった。


さらに別のBrexit協定は失敗したようであり、多くの人が議会を通じて協定を結ぶことが可能かどうか疑問に思っています。


Brexitを支持する人々の多くは、この時点で欧州連合からの「取り引きなし」の撤退を望んでいます


スペインでは、カタロニアの9人の主要な独立支持者が逮捕された 、暴力的な抗議行動が毎晩発生しています 


バルセロナは、金曜日に5回連続の暴力を経験しました。これは、月曜日の最高裁判所が2017年の独立運動での役割で9人の独立支持者を投獄したという判決を受けたためです。 昨夜の騒動は、警察に対して非常に攻撃的だった抗議者の側での持続時間、激しさ、および暴力の使用という点で特に悪かった。


カタロニアの首都にある国家警察の中央本部を暴力グループが囲み、物を投げたり、バリケードを立てたり、ゴミ箱に火をつけたりしました。 太陽が沈むと、抗議運動は市の中心部に移動し、地域の警察であるMossos d'Esquadraは、放水砲を備えた装甲車両を使用しました。 暴動で少なくとも3人の警察官が負傷した。


これらの抗議はしばらくすると消えることがありますが、消えることはありません。 カタロニアの独立支持運動に関与する人々は非常に情熱的であり、広く支持されています。


もちろん、世界的な舞台で最大の衝撃を与えた抗議は、香港での容赦ない民主主義の抗議でした。 警察の残虐行為にも関わらず、抗議者たちは何度も何度も戻ってきており、日曜日にも「数万人」の抗議者たちが路上にいた。


数万人の民主主義抗議者たちが日曜日に香港の街に出て、再び集会に対する警察の禁止に挑み、行進を求めた組織のリーダーに対する残忍な攻撃にも揺るぎない。

家族、子供、高齢者を含む巨大な人では、抗議者によって使用されるますます暴力的な戦術と警察による武力行使のエスカレートにもかかわらず、現在5ヶ月目の運動がどのように広範囲の支持を得続けているかを示しました。


ここ米国では、このような抗議は現在進行していません。


しかし、すぐに我々にはできるだろう。


弾劾プロセスは、長年にわたって政治的スペクトルの両側に構築されてきた深い怒りに焦点を当てています。このプロセスが開始されたので、戻ることはできず、双方は正義をもたらす結果は1つしかないと考えています。


左については、ドナルド・トランプを退任させた結果は、非常に失望するでしょう。 下院の民主党員は弾劾の記事を起草するつもりであり、彼らはすでに彼らが弾劾の記事を米国上院に送るために必要な票を持っていると信じています。


共和党が支配する上院がトランプを有罪判決して選挙から彼を解任することに投票しない場合、これは左翼をひどく混乱させ、私たちの街の通りで怒りの爆発をもたらす可能性があります。


一方、共和党が支配する上院がトランプの有罪判決を受けて彼を辞任させた場合、数千万人の筋金入りのトランプ支持者は絶対に激怒するだろう。 右側に正義の怒りが爆発し、ほぼ間違いなく私たちの街の通りにこぼれるでしょう。


もちろん、最終結果が出る前に双方が抗議し始める可能性が高いですが、上院で最終投票が行われると、物事が非常に興味深いものになる可能性があります。


民主党員は、このプロセスが何らかの形で私たちを引き裂くので、この道を決して下ってはいけない。


創業者たちが今日私たちを見ることができれば、彼らは墓で体を回転させるでしょう。


http://beforeitsnews.com/protests-demonstrations/2019/10/civil-unrest-is-erupting-all-over-the-world-but-just-wait-until-the-united-states-joins-the-party-2458582.html



にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


米国は香港の「Occupy Central」への資金提供を認める

香港の『黄色いベスト運動』と呼ばれる激しいデモを、先日フランスの黄色いベスト運動の一人であるルルーシュさんが、「香港の黄色いベスト運動とフランスの黄色いベス運動とは違う。要求が全然違っている」と言明するように、何か引っかかるものがあるのではと感じていましたが、案の定、これらの疑問に光をあてる記事が出てきました。





US Nowは、香港の「Occupy Central」に資金を提供していることを認めています 

2019825


C5396FD3-D829-49F1-8404-DAFC37EA8CEA



2019824 

ソース:Covert Geopolitics 


[OpDis Editorノート:米国政府によるこの行動は、分割と征服と呼ばれる戦術です。グループが分割と征服を引き起こし、国に何らかの損害を与えたり、少なくともそれらの問題に専念させたりします。これは、中国に対する積極的なキャンペーンにおいて、米国が優位性を獲得するために何らかの形で有益です。] 



ほぼ5年前の2014101日に最初に公開されたこの記事は、香港の最近の動向の理解に特に関連しています。 


Tony CartalucciLand Destroyer Report2014101 


いわゆる「アラブの春」が数年前に暴徒指導者と重武装テロリストの両方に十分な資金を提供し、訓練し、装備したという混乱を中東に広め始めた直後に米国が認めたように、今や米国は認められています国務省は、無数の組織とNGOを通じて、香港でのいわゆる「占領中枢」抗議の背後にいます。 


ワシントン・ポストは、「中国が市民社会へのねじを締めても香港は噴火する」と題する記事をリポートするでしょう。 


今年のどこかで抗議運動から気力を奪われた中国の指導者たちは、外国勢力の仕事を遂行している疑いのある本土の市民組織に対する統制を着実に強化している。 


キャンペーンは、中国を民主主義や表現の自由などの破壊的な西洋の考えから、そして特にここでそれらの価値を促進しようとしている米国グループの影響から隔離することを目的としている、と専門家は言う。このキャンペーンは長年にわたって行われていますが、特に西側が明示的に支持しているとキエフでの数ヶ月にわたる街頭デモの後、ウクライナのヴィクトル・ヤヌコビッチ大統領が転覆した後、習近平国家主席の下で新たな勢力で起訴されました。


(以下省略)


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2019/08/us-admits-to-funding-occupy-central-in.html

アルジェリアの黄色いベスト運動第18回目(金曜日)

アルジェリア人も黄色いベスト運動フランスと同じように、毎週金曜日(イスラム教ではモスクに行って祈る日)に国中でデモがあります。今回は古くから北アフリカ人の文明とアイデンティティの象徴であるアマジグ旗を政府の禁止にも拘らず、誇り高く掲げる日でもあったようです。


21E31C15-C942-4020-BB35-261907212BBF



アルジェリアの黄色いベスト運動第18回目(金曜日)



アルジェリア(21062019):いつもとは違った金曜日。
 


18回目の金曜日のアルジェリア人の人民抵抗デモは、

団結と自分との和解の金曜日でもあった。
 


いつものように、アルジェリア人は国中で沢山集まった。
 


更に強く団結し、

6月19日のガイッド・サラの演説で、
 
公共の場で、国旗以外の全ての紋章を、amazigh(アマジグ)
旗を
禁止する司令が保安警備隊に与えられていたことにも
動じなかった。

 


この決定は多くの憤慨を醸し出したが、アマジグ旗は
誇り高く翻った。


3D1192C6-6F13-49CC-AF7E-775A3CFACD07
                    アマジグ旗

 



:アマジグ(古くからあるアフリカ北部に住み、独自の文化、

言語を持つ、ベルベル人)
 



この主題に関して強調しなければならないことは、

この旗は北アフリカのベルベル地域とディアスポラが共有
する
シンボルです。

 


単なるきらめく一片の布ではなく、この旗を掲げる人々に
とって
沢山の意味があるのです。

 


それは再征服しなければならないアィデンティティー、
 


守らなければならない大地、
 


価値ある言語なのです。
 


それは、自然と文化に心地よく座っている人間、
 


根源に愛着を抱きながらも遠くを見ている人間なのです。

 



とにかく、時間と空間の逆鏡において、人間社会には
このタイプの
シンボルが必要である。

 


故に、自分の存在を要求するために選択したこの旗の影に

安らぎを感じる者を妨害することはできない。
 


自分の心に感じるシンボルの利用は各自の自由である。
 


理性がある全ての人は無限の可能性の中から自分の道を
選択する。



(中略)



とは言え、アルジェリア人は見事に何回目かの試練に成功した。
 


この第18回目の金曜日は各々が持つ深い本能の信頼性と

インテリジェンスに行動するというテストであった。
 


最終的に全ては素晴らしく機能している。
 


とても良い!
 



注:金曜日はイスラム教の祈りの日。

アルジェリアの黄色いベストは「仮の暫定評議会」を要請。市民による

フランスよりはるかに多い黄色いベストがアルジェリアの通りに出ている。長年の独裁政権に疲弊しながらも希望を失わなかった、ひざまずかなかった「大民族」。政治家に押し付けられた金持ちのための憲法を拒否し、全国中に#憲法教室を設置し市民自ら憲法を制定する強い意志で、大統領選挙より、市民による【仮の移行暫定評議会】設置を要求する!







7月4日のアルジェリア大統領選挙は危うくなった?

RTフランス番組で、フランス-アルジェリア人のジャ
ーナリストナディア・ベイが述べた。


彼女によると、74日のアルジェリアの大統領選挙は
国民の目からすでに、無効になった。何故なら、国民は
「以前から選挙違反を行ってきた者たちが組織する
#選挙を望まない」


・まず、著名な人権活動家ジェマルデイン・フアフアール
がアルジェリアの牢獄で亡くなった。
彼はハンガーストライキで亡くなった。彼の弁護士は
「計画された暗殺」だと言っている。


・アルジェリア人は灼熱の下で、ハマダン(イスラム教の
1日に一回しか食べない)の最中であるにもかかわらず、
前代未聞であり、巨大な決心と勇敢さでデモ行進を続け
ている。


政府の虐待と挑発に答えないで、決してひざまずかずに
人間の尊厳を失わかったアルジェリア人民に敬意を示し
たい。



・毎週金曜日にデモ行進し、金曜日ごとに沢山の逮捕者
が出ています。


74日の大統領選挙は人民に側からはすでに無効です。


-最少限度の条件を満たさないで大統領選挙を組織できない。


-参謀長はこの度始めて「国民と政府間の話し合い」と
言いましたが、人民
(アルジェリア全体で)は政権を独占
しているギャング達と「対話」はしたく
ない。
デモのスローガンもそうです。



RTフランス質問:79日に「代行臨時期間」は終了します
ので、誰が政権を運営するのか?



-憲法上の問題で、我々が現在国民が望んでいるいる
新憲法制定プロセスで、【現在の憲法は廃止】
されねばならない。



-参謀長が言うように、危機下にある我が国は
「革命プロセス」にいる。


アルジェリア人にとって【現行の憲法は「国民が書いた」
ものではない】。


数回にわたってでっちあげられてきた。



-事実上、アルジェリアには憲法はないと国民は
思っています。


-74日の選挙は取り消しになるでしょう。


-それに関しては、アルジェリア中の巨大なデモで、
通りに出た国民の意志は明確です。


【現在まで常に不正選挙を組織してきた政権】が行う
大統領選挙を断然望まない。



RTフランス:では、この次の段階は?



-私は今、RTフランスで話しています。


先づ最初に、【公共のメディア】を解放することです。


市民社会の代表者がこれらのメデイアに簡単に利用
することが出来ること。


政府は、これら市民社会の代表者を無視しながら
「対話」を話しています。



-私は公共のアルジェリアメディアに働いていましたが、
メディアはブロックされています。


-アルジェリア市民はインターネットの市民メディアの
おかげで、黄色いベスト運動を広めることができています。


-今回は参謀長からジャーナリストへの暴力的恐喝があり
ました。


-我々は政権とは最早対話の段階ではなく,「交渉」の
段階にいます。


なぜなら、通りにいるアルジェリア人は勝利したからだ。


-もし、対話があるとしたら、「移行評議会の設定」
を設置することです。


複雑なことではない。


国民の望まない選挙を組織して無駄に時間を費やすより、
「移行評議会」を
設置することです。我々は市民社会の
テクノクラートを委任することができます。


しかし、政府は「自閉症」のまねをしています。


 


ギャラリー
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
カテゴリー
  • ライブドアブログ