黄色いベスト運動フランス

[偽の普通選挙権 : 選ぶことは投票ではない]黄色いベスト、市民主導の国民投票(RIC、リック)、シュアール(Chouard)...そして便利な「赤茶色」の中傷侮辱の口かせ。

坂本花子

929 

この週末には英国で、英政府による強行的な新型コロナウイルスデマ対策が、イギリス人の目を開きました。強制的対策であるロックダウンとマスク使用で、市民の自由がグローバリストによりさらに強奪され、ロックダウンは市民を自宅の牢獄に監禁していることに気づき、全体主義とナチス政権による新世界秩序の危険に対して、ますます多くのイギリス人が立ち上がり、「ノン」と言い、ロンドンでは巨大な市民集会とデモ抗議がありました。

これは、ドイツ、フランスetcに続く運動です。

以下の記事のように、コロナウイルス隔離以前に、一年以上も毎週週末にフランスの各地で幅広く続いた「黄色いベスト」運動の延長でしかありません。「黄色いベスト運動」はフランス南部の一教師であるエチエンヌ・シュアールの草の根運動から始まり、徐々にフランス人に受け入れられ、黄色いベストの思想的な基盤になり、ヨーロッパ、世界中に広がりました。選ばれた嘘つき&腐敗政治家/グローバリストの代表政治家でこれらの権利を国民から守るためだけに選ばれる偽の選挙システムを拒否し、市民主導の市民による市民のための本当の政治を目指す運動です。

しかし、日本の場合はカバル主導のマスメディアの不正的な隠蔽操作により、この「黄色いベスト」の真の意味が日本人に伝わっていないようです。「kaikaku33」の「黄色いベストと日本、世界改革」のTwitterも、これらフランスと世界の黄色いベストの情報に関するTwitterがすぐに検閲により停止されていました。GogglesYouTubeTwitterなどによる世界的検閲はますます激しくなっています。日本のハザール/グローバリスト・コミュニティはこのフランスの黄色いベスト運動の考え「市民率先の国民投票」が日本に広がり、彼らの排除に繋がることを恐れているようです。

テレビや主流メディアは黄色いベストのデモ行進の物理的な反面が強調され暴力的なただのデモであるように見せかけていたようです。

黄色いベストの真の中心的な思想は日本ではどれだけの人々が理解したでしょうか?さらに記者もフランス人とフランス語をよく理解できないと正しい報道は出来ません。

今トランプ政権とホワイトハット主導の「世界解放運動」が世界の背後で起こり、間も無く現実になっていくであろう。「カバル/ディープステート/フエニキア悪魔の13家族の崩壊」の後では、世界の市民による新しい政治体制は「黄色いベスト運動の思想」から多くのインスピレーション を受けるでしょう。特に、黄色いベスト運動の思想の元になったエチエンヌ・シュアールの考えを良く理解することが重要であると思われます。これからも、このブログでは定期的にフランス(またはヨーロッパ、世界)で起こっている政治運動、市民運動、黄色いベスト、国民投票、新憲法制定、エチエンヌ・シュアールに関する記事を提示していくつもりです。

フランスはフランス革命の地です。以下にエチエンヌ・シュアール先生の「Chouard.org」での短い記事を紹介します。


[偽の普通選挙権 : 選ぶことは投票ではない]黄色いベスト、市民主導の国民投票(RIC、リック)、シュアール(Chouard)...そして便利な「赤茶色」の中傷侮辱の口かせ。

5C01A310-F8EC-47F4-B494-188256971D87
 
エチエンヌ・シュアール
 

2020729

覚えておいてください:私は、本当の政治反対者が決して正々堂々と話すことができずに、主流のメディアで非難されている(そして最終的には口を閉ざされている)国に住んでいます。



ここで、2019118日のC dans l'air(セ・ダン・レール)のこの放送では、コメンテーターは間違っています。黄色のベストとシュアール(Chouard)は、「代表者によるあらゆる形式の表現」に異議を唱えません。」、これはまったく異なります。権力にある者達が権力の規則(憲法)を書くことはありません。代表者が代表の規則(憲法)を書くことはありません。選出された役人が憲法を書いたり変更したりすることはできません。


代表されている者達だけが(市民)、憲法を書き、修正することができ、合法である唯一の者です。


「選出された者」が誤って「普遍的な選挙」と呼ぶのは偽物です。選出することは投票することではありません。選ぶことは投票の反対でさえあります:選ぶことは投票をあきらめることです。


「選出された者」が誤って「民主主義」と呼ぶのは偽物です。真の民主主義では、マスターを任命するのではなく、法律に投票するために一人の男=一人の声です。


選出された役人によって設立された代表的な政府は(最初から)議会支配のシステムであり、それはまさに民主主義の否定です:議会共和国は非民主的であり、1789年に民主主義に対する防波堤としてその起源から考えられそして望まれていました。 


選挙プロセスは、深く、オントロジー的に(それ自体が)非民主的です。


真に民主的な手順は、くじ引きだけです。


民主主義において受け入れられる唯一の選挙は、有権者自身によって望まれ、開始された選挙です(そして明らかに、選ばれた人によって望まれ、開始された選挙は決してありません)。


憲法は選出された役人の雇用契約です。選出された役人が自分で雇用契約を書いて修正することは明らかにありません


メディア(すべて金持ちに売られている)は、支配のシステムが恐れることが何もないために、制御された反対者(©1984、オーウェル)にのみ声を出させます 「億万長者のプラウダ」(国内で最も裕福な9人が購入したすべてのメディア)は、実際の政敵の発言を否定します。


私は対戦相手との公正な(民主的な、)議論を要求します(しかし詐欺師は私を拒否します)。


しかし、リュディ・ハイシュタット(Rudy Reichstadt)、ダニエル・シュナイダーマン(Daniel Schneidermann)、ジャン・ミッシェル・アパティ(Jean-Michel Aphatie)、アリ・バドウ(Ali Baddou)、ローホン・ジョフラン(Laurent Jauffrin)、または他の話す権利の泥棒のような人々がそのような議論をする能力がある(または勇気がない)とは思えません。どうやら、私が離れている間、または縛られて猿轡かませている間に、一緒に背中を叩くことは可能です自慢することは何もありません。


しかし、私たちは決して何も手放しません。 シュアールが死んでいるか生きているかにかかわらず、黄色いベストの憲法制定者達は勝ちます🙂


エティエンヌ。

8744F4B4-074A-4739-BD9F-F8B70EF0ED1E


http://chouard.org/blog/2020/07/29/fake-suffrage-universel-elire-nest-pas-voter-les-gilets-jaunes-le-ric-et-chouard-et-la-museliere-de-la-calomnie-commode-rouge-brun/

黄色いベストは全国的にロックダウン後のカムバックをなす


916

全国民がマスクとテレビベッタリで、それでもグローバリスト傀儡政治家、専門家、テレビ評論家を、国民のためにもっと良い政治をしないかと、決して飽きないで絶望的な辛抱強さでテレビの前で見物しながら待っている;仕事があると言って重要な生活に関する決定を他人にポイ投げし委ねる;従順な諦めて服従した国民と、フランスのような全国民と言っていいほどが自分の頭で考え、自分の意見を持っていて、テレビの前で決して来ない政治解決を従順に服従して待っていなく、自分で行動して生活と権利をまもる決心でデモ行進する民族偉大です。今こそ、コロナウイルス危機で各国の国民性の正体とレベルが見えています。人間は時には自分を尊重するべきです。自由のためには国民が連帯して戦う。特に人類の95%を虐殺する秘密の戦争を人類に仕掛けていることは明白な状態においては

コロナウイルス後のフランス人黄色いベストは最初のカムバックですが、これは最初のエピソードでしかありません。時が来たら以前以上の勢力を取り戻すでしょう。(kaikaku33)


黄色いベストは全国的にロックダウン後のカムバックをなす


2020913

C0582864-37B3-4A9B-AD78-972BFB954465

パム・バーカー| TLBヨーロッパ・リローデッド・プロジェクト・ディレクター


私たちは、RT Franceレポート/ Sputnikビデオ編集を行っています。フランスの黄色いベストについてレポートすることができる数少ないアウトレットです。まず、はじめに。


トム・ルオンゴ(Tom Luongo)のような一部の賢い政治評論家は、ウイルス問題がフランスの急成長している黄色いベスト運動、英国のブレグジツト(Brexit)、そしてイタリアのポピュリストの不満に対する一種の権力者の解毒剤的方法であったと気づきました。


私たちは最近何を目撃しましたか?


  •  これらおよび他の国々の議会を閉鎖し、公的および私的の両方での集まりを含む、おそらく自由な人々の自由な移動に対する緊急の「規制」を通過させます(誤って「法律」に違反し、警察により厳しく適用されました);
  • 圧倒的な恐怖キャンペーンを、非常に低い死亡率を備えたコロナウイルスを、あたかも腺ペストと同等であるかのように、政府はマスコミ報道を狙っていました。
  •  現在では、実際に病気の人がいない、または非常に少ない偽の「事件」が発生している間に、マスクの委任と公開集会に対する新たな恣意的なルールとさらなる封鎖のヒントが増えています。


そして、フランスでは800,000人を超える雇用が失われているため、破壊的な経済的停止はまったく必要ありませんでした(おそらく控えめな見積もりです)。 言い換えれば、黄色いベストの存在そのものの理由が大幅に増えたのです。 いいえ、主要メディア(MSM)の継続的な餌付けとバッジの取得にもかかわらず、抗議に存在する数字、悪名高く操作されている数字だけで成功を判断することを好むにもかかわらず、彼らは消えません。 以下で使用しているRTフランスのレポートは、この種の悪質で単純な判断にも陥っています。


ローレンツ・マシアスによるこのツイートをお勧めします。:


「すべての人へのちょっとしたメッセージ、正直に言えば、最近の新型コロナウイルス(COVID)FDOの新しい教義(FDO-法執行機関のすべてのエージェント)について言われていることは、素晴らしいことです。ロックダウン以来の最初のイベントの成功!!


彼のパリでの抗議者の短いビデオクリップは、かなり密集した群衆の形成を示しています。

05B63C16-2AB5-42E4-BBE0-AE2D0A8B51F2

Sputnik News  が発表した2本の長い動画は  以下にあります。

 以下のRTレポートで  言及されている都市は、  フランスのほぼすべての地域で何らかの黄色いベストの抗議行動があったことを示しています。

*******

912日の黄色いベストの新学期を振り返ってください RTFRANCE


彼らの新学期のイベント  ERRTはこれよりも上手くできなかったのでしょうか?)について  は、黄色いベストはロックダウン前に到達した数とはかけ離れています。 ER:ほら!)  パリでは、県は集会の数を制限するための措置を講じていました。抗議者の動員は他のフランスの都市でも行われました。


パリ警察本部を訪れていたジェラルド・ダルマナン内務大臣によると、912日にパリには2,500人を含む8,500人のデモ参加者が集まりました  。「これらのデモは、共和党の秩序を維持することを可能にする穏やかな場所で行うことができた」と彼は言った。黄色いベストのいくつかの行列が行進しました。首都の北西部、ワグラム広場の近くで、デモ参加者と警察の間で午後に衝突が起こりました。 ER:このレポート全体で引用されているすべての公式の数字は、政府または主要メディア(MSM)から疑われている可能性があります。初日から20181117日まで、公式の抗議者数は桁違いに減少しています。)

4F091E70-BC38-4C2F-96F7-BC71F5F456BF

ゴミ箱が燃やされ、通りの他の物体が覆され、2台の車が燃やされた。警視庁は、県が許可したルートを離れたデモ参加者を解散させるために催涙ガスを発射した。午後8時までに、287人(首都の275人を含む)が逮捕され、パリの検察庁によると、147人が警察に拘留されました。


動画: Mobilisation émaillée de heurts à Paris pour la rentrée des Gilets jaunes

A4D7C41D-6704-4887-BD77-DBCD9C5B8586

https://youtu.be/48J8QXYFWio


「あなたの冷蔵庫を尊厳あるものに満たすことができるように」、「明日は空が黄色くなる」、第二の行列の兆候が宣言されました。デモ参加者(数百人)は、ブルス広場(パリ証券取引所)から静かに出発し、シャンペレ門(パリの西側の入り口)に到着しました。ユーモリストのジャン=マリー・ビガール  がデモ参加者のブーイングの下で 逃げる前に午前10時頃に集結しようとしたのはこの行列でした。今週、黄色いベストのメディア・サポートは、警察を「ナチスの一団」にたとえた運動の人物の一人、  ジェローム・ロドリゲスとの関係を断ち切りました。


コメディアンは彼の到着を嫌悪され、侮辱され、広場のレストランに一瞬避難しました。冷静に迎えられた後、ジャン・マリー・ビガールは「黄色ベストの連帯」を維持したが、ジェローム・ロドリゲスの言葉から離れたと語った。「この作品の大部分はジェローム・ロドリゲスのおかげです」,彼が「黄色いベストの最大の擁護者」であると確信していると付け加えた。


ER:これは残念な出来事です  。ジャン・マリー・ビガール(Jean-Marie Bigard  )(下の写真はロドリゲスの写真)は率直なコメディアンで、この国では珍しい鳥である普通のフランス人の味方であるようで、喜んで彼らを紹介します。彼は大統領に立候補することを考えていました、そして、彼の現実 的で、非グローバル主義で、非流行的見解のために、他の高齢のフランスのプレゼンター・セレブのように、主流のフランスのテレビから退けられました、多様性志向のマクロン派がTVネットワークで採用されています。  知名度の高い黄色いベストGiのジェローム・ロドリゲスは、ゴム製の弾丸の武器を含む無謀な警察の行動で目を失ったことで有名です。多くの市民抗議者は、警察による暴力の真の犠牲者となっています 、それで、ロドリゲスがナチのレトリックを上回ってしまうのは当然のことです。しかし、ビガードは彼の発言ではるかに慎重でなければなりません。悲しいことに、公の分裂が起こりました。)

73921512-F6A2-4D90-9068-EE4CF1434B34

CB23F942-986F-4792-B40A-AB81C79790DB

午前中、約30人の黄色いベストがパリのBFM TV本社の駐車場とロビー(ER:フランスのCNN相当、信頼されていません)に短時間入り、  ジャーナリストの任務について話し警備員を押し込みました。チャンネルの管理者が苦情を申し立てた。

A520D9E5-8982-4215-BA37-E7CA20247186

警察庁は、ほぼ100人をパリの通りで、黄色いベスト運動の一部であると主張するすべての行列を禁止することを目的とした命令を出すことによって、動員を制限する手段を講じていました。


フランスの地域で多数の集会


トゥールーズの中心部で  は、健康上の理由によるデモの禁止にもかかわらず、数百の黄色いベストがデモをしていました。 AFPの報告によると、警察はデモが禁止されたリヨンでは催涙ガスを使用した  。でコルマールでは100150人の黄色いベストは、梯子の助けを借りて、リバティ、街の入り口のトラフィック・サークルにインストールされているレプリカの銅像の顔に大きな黄色のマスクを置きます。

43CD2612-30FC-4DC1-BE0E-C4872495B000


AFPによれば、ボルドーでは、デモは穏やかな雰囲気の中で500人を集めました。「社会的な怒りが存在する限り、人々の生活がますます不安定である限り、社会的な怒りは絶えません」と彼のマスクを覆った 鼻、アントワーヌ・ブディネット、デモの端にある催涙ガス手榴弾で以前に手を引き裂かれた地元の運動の人物は言った。


ナンシーではデモが宣言され、ムルト=エ=モゼル県は350人と推定し、「重大な事件は報告されず」、1人が「法執行官を侮辱した」として逮捕された。

B32409F5-14DD-49C5-B610-C4F9A8C5E8BE

  モンペリエでは  フランス・ブルー・エロー県  ミディ・リーブルは  「ボトルや催涙ガスの発射」で、コメディ広場でデモ参加者と警察の間にいくつかの衝突を指摘しました。地方日刊紙は200人の黄色のジャケットを数えました。

63398569-EFA1-4736-87D9-856233EA9C89

フランス・ブルー(France bleu)によると  、いくつかの集会がドルドーニュで、数十がペリグーで、そしてブラントームの交通サークルで「一握り」が組織されました。

ほぼ2年前の20181117日に生まれた、財政的および社会的正義のために戦っている黄色いベスト市民運動は、第二の風を求めていました。毎週土曜日に交通輪の占領とデモの間で、時には衝突を伴い、フランスを揺るがす最初の年を管理しました。


「彼らは恐れているので、ほとんどの人はもう来ません。」


ラ・フランス・アンスーミズ(La France insoumise) ER:左端の政党)の近くで、LCITV)編集者の  ジェラール・ミラー  は、「黄色いベストは、彼らに対して、権力、警察、金銭権力、そしてほとんどすべての報道があります」と述べています。「しかし、2年後、彼らはまだそこにいて、「行進の共和国」(ERMacron's party)よりもはるかに多くの人々を集めることができ ます。悪くないですよね?」彼はツイッターで続け  ます。

黄色いベストの  フランソワ・ブロー ER:彼は弁護士です)  は、「912日の日は、私たちの国でデモをする自由があったことをもう1つ証明した」と考えました。「彼らは恐れているので、ほとんどの人々はもう来ません。最も勇気があり、平和でさえ、実際に残忍な弾圧を受けています。心配しています」と彼はソーシャル・ネットワーク(ツイート)で主張した  


一方、  選出された   パリ7区の共和党員(ER:中央右派の設立党、普通のフランス人の友人ではない)の  ラシイダ・ダチ(Rachida Dati   、「反乱の叫びが響いたところでは、延滞および不当な暴力はない」、州またはパリ市を「不在の加入者であり、そして保護、集まり、希望を与えることができない」と非難する。 


ジェルスの「ラ・レピュブリック・オン・マルシユ」(ER:マクロンのパーティー)の国会議員であるジャン・ルネ・カズヌーブは、「今日、ジェルスに黄色いベストはほとんどない」と述べ、ジェルスの人々に感謝の意を表しました。 優先事項は、危機からの脱却、集合的な努力、回復計画の実施です。」


************

動画Yellow Vests Protests Hit Paris Amid Mandatory Masks Wearing [2/2]

63E5691A-1F63-4BF8-B61E-6459118C9626

https://youtu.be/pPKOoJbyWl8


EuropeReloaded.comからThe Liberty Beaconに公開され  ました

https://www.thelibertybeacon.com/yellow-vests-make-a-post-lockdown-comeback-nationwide-video/



出典:http : //tapnewswire.com/2020/09/yellow-vests-make-a-post-lockdown-comeback-nationwide-video/


https://beforeitsnews.com/eu/2020/09/yellow-vests-make-a-post-lockdown-comeback-nationwide-video-2661228.html

エマニュエル・マクロン:劇場での混乱した夜とエルサレムの出来事

フランスではマクロン政権の終焉が近づいていることが以下の二つの記事で分かります。以下の記事の動画では、マクロンはパリ北部である10区のポピュラー街の劇場に行った時に、デモ隊に気付かれ、デモ隊は皆「マクロン、辞職!」と叫んでいます。201811月から始まった黄色いベスト運動は毎週土曜日に途切れることなく、パリを始め全国至る所で燃え続けています。ロスチャイルド傀儡政府がフランス国民から長い社会闘争で勝ち取った人民の当然の権利を、この度の大々的なストライキに繋がった「退職改悪」が象徴するように、毎日のように剥ぎ取られ、奴隷生活を強制的に課されるのをフランス人は全力で拒否しています。今週土曜日の黄色いベストのデモは「第63回目(Act 63)」になります。パリでのデモ行進はフェデルブ・シャリニーから出発します。また、イスラエルでのマクロンが起こした出来事は、シラク前大統領とマクロン大統領もロスチャイルド傀儡政権ですが、イスラエルを建国したと言われるロスチャイルドの地で起こった「挑発?」事件は裏事情があるのでは。


42C5A6D4-A3C5-4165-9462-A9491237F4E3


エマニュエル・マクロン:劇場での混乱した夜
 



117日金曜日、エマニュエル・マクロンと妻が公演に参加しているところ、数十人のデモ参加者がパリのブッフデュノール劇場の敷地内に入ろうとした。


部屋の内側からソーシャルネットワークでブロードキャストされた2つのツイートが、この集まりの発信元になります。 117日金曜日、パリのブッフドュノール(Bouffes du Nord)劇場のホールに約30人のデモ参加者が駆けつけたのは、午後9時過ぎです。 警察は最初は圧倒されたように見えたが、最終的に侵入者を撃退した。


エマニュエル・マクロンと彼の妻は安全下に置かれた。


2つのツイートは、活動家に劇場内に共和国大統領と彼の妻がいることを警告した。 1つ目は、「パリ12区のストライク委員会」と呼ばれるグループです。 次に、ジャーナリストのTaha Bouhafs2枚目を執筆しました。Taha Bouhafsは大統領のビデオを公開し、住所を教えた。 「何かが起ころうとしている夕方は波乱に満ちる可能性が高い」とジャーナリストのツイートに読まれた。予防措置として、エマニュエル・マクロンと彼の妻はデモ隊の行動中に安全下に置かれました。


https://mobile.francetvinfo.fr/culture/spectacles/theatre/emmanuel-macron-une-soiree-au-theatre-perturbee_3790599.html#xtref=acc_dir



イスラエルでの出来事


エマニュエル・マクロンは、エルサレムのイスラエルの治安に対する怒りの爆発でジャック・シラクを「若返らせた」と非難された


ヘンリー・サミュエル、パリ

2020122




エマニュエル・マクロンは、エルサレムのイスラエルの治安に対して猛烈に言った、「誰も挑発する必要はない」と続けて、25年前に亡くなったジャック・シラクがアラブ世界で賞賛を勝ち取った1人であることを不思議に連想させます。


フランス大統領は、イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相とパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス大統領との2日間の訪問の一部としてエルサレムにいます。 


東エルサレムの散歩中、42歳のマクロン氏は、1856年にオスマン帝国がナポレオン3世に与えたため、フランスに留まった聖アン教会に象徴的な立ち寄りをしました。


厳密にはフランスの土地で教会に入ろうとすると、彼の前に入ろうとしたイスラエルの警察は、大統領のボディーガードに引き返されるだけでした。マクロン氏は突然、イスラエルの警察に冷静さを失いました。


伝えられるところによると、お互いが襟をつかんだので、マクロン氏は怒って介入しました。

30291704-C66B-4A57-8B71-9D79C804FD37

「誰もがルールを知っています。あなたが私の前でしたことは好きではありません」と、彼は流暢な英語を話すリーダーにしては驚くほど濃厚なフランス語のアクセントで叫びました。


「誰も挑発する必要はありません。大丈夫ですか?」と彼は続けました。「私たちは落ち着いています。素晴らしい散歩をしました。」とイスラエルの役人に言った。


「何世紀にもわたってのルールを尊重してください。それは私とも変わらない。ですから誰もがルールを尊重しましょう」と彼は先に進む前に結論を出しました。


コメンテーターは、爆発は1996年にイスラエルの治安で非常に悪い英語で雷を鳴らしたことで有名なシラク氏の爆発を奇妙に反映していると即座に述べました。「貴方は何を望んでいるんですかー貴方は私が飛行機に乗って フランスに戻れと言うのか?それはあなたが望むものですか?これは挑発です!これは方法ではありません! "


シラク氏はその後、武装したイスラエル兵が聖地を去る前に、聖アンに入ることを拒否しました。 ネタニヤフ氏は、今の首相だったが、後に熱心な警察は単に「とても親しい友人」を守りたかったと言って謝罪した。


一部の解説者は、マクロン氏の同様の爆発が少し劇的に見えたのかと疑問を呈しました。


IRISのパリにある国際戦略問題研究所のKarim Emile Bitarはツイートしました。 古い俳優のジャック・シラクは背が高く、はるかに威勢がいい。


「この若い新しい俳優はクラシックを知っており、十分に準備ができているようで、フォーミュラはまだ機能していますが、ハンフリーボガートをマット・デイモンに置き換えるようなものです。」


https://www.telegraph.co.uk/news/2020/01/22/emmanuel-macron-accused-aping-jacques-chirac-angry-outburst/


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

フランスの黄色い革命

一年前から始まった黄色いベスト運動は、度重なるマクロン政権の弾圧を受けながら、今のところ勢いこそ緩いでいるが、このフランス国鉄の従業員が退職問題をマクロンが改悪しようとしていることに断固と反対し、12月5日から全国的なストライキを始めた機会に盛り上がるかもしれない。このストライキはフランス人の大半の支持を受けている。1995年にフランスが大規模なストライキで3週間国の機能を麻痺させたことを思い出させる。国鉄の従業員の中では12月31日までストライキを継続させたいと願っている者たちもいる。

フランスの全国的な木曜日
125日のストライキは年末まで続くのであろうか?



事実:2019125日木曜日に、年金改革に対する専門家間のストがフランスに影響を与えました。内務省によると80万人以上、CGTによると150万人が実証されました。 今週の金曜日、公共交通機関(RATPSNCF、エールフランス)は再び非常に混乱します。


ギヨーム・フルニエ、20195121948

90A8862E-9107-4DEF-846F-14AB05A344D9

動員は大規模でした 多くの組合は、115日木曜日に年金改革に抗議するストライキを求めた。 

____________________________________________________________


125日、警察は年金を心配


パリでは、木曜日(125日)に14区で数十人の警察官が警察署への入場をブロックしました。 彼らの年金計画を擁護し、「認識不足」を非難する。

ジャンヌ・ファーニー、05/12/2019 17:46

D3A5ADFD-289C-4FE5-B5D9-360E3A859449

____________________________________________________________


ストライク:ラ・デファンス駅で、「誰もいません、クレイジーです!"


レポート:125日の朝、専門職間ストの日、ラ・デファンス駅とパリ近郊のナンテール大学はほとんど空でした。


リチャード・フルリン、20195121723

4FB355D1-E9E4-4588-BAC0-CB9155936B0B

空、またはほとんど。 これは、125日のこの寒い朝に、輸送ラ・デフェフアンス(La Defense)の少数のユーザーを共有した結論です。 「クレージーだわ! 誰もいない」友人と話していた長い黒いコートを着た女性は驚いた。 彼はうなずき、目を広げ、驚きを分かち合った。 駅の巨大なホールを見渡すレストランの管理者は、完全に空の状態で、木曜日にラ・デファンスが「日曜日の朝のように見える」という見方を打ち明けた。

____________________________________________________________


125日のストライキ:組合と並んでモンペリエの黄色いベスト


報告モンペリエの黄色いベストは、2019125日木曜日の年金改革に対する抗議中に組合との収束を試みた。


イシス・パーク(モンペリエの地域特派員)

8C7CC780-407A-4217-9143-C7C84C681DCB

早朝、黄色のベスト・モンペリエ人運動の象徴的な場所である還元不可能なラウンドアバウトプレスダレーヌは、125日木曜日に街の中心近くで会合をしました。 「仕事、生活賃金」、「犠牲になった学校、病院」というバナーを掲げ、「どこでも警察、どこでも正義はない」というスローガンを唱えてイベントの出発点に参加しました。

____________________________________________________________


125日のストライキ:ボルドーで、列車とユーザーがいない駅


レポート:いくつかの高速列車(TGV)パリ・ボルドーを除いて、今週125日木曜日にニュー・アキテーヌ地域で列車は走っていませんでした。 


シモン・バルテミー(ボルドーの地域特派員)、05/12/2019

4003A6AA-F603-4E20-A4D5-8D4A41A62500

さびれた岸壁、移動中の少数の旅行者を待つホール:火が消えたような、サン・ジャン駅、この125日の朝のストライキ。 「この全国的な動きはかなり前に発表され、メディアは仕事を終え、人々は警告を受けている」とフランス国鉄(SNCF)の受付代理人は要約する。 TERIntercitésも循環せず、TGVのみがパリから少し早く到着し、午後の終わりまでに他の列車はありません。

____________________________________________________________


マルセイユ病院でのうんざりと連帯のストライキ


レポート:ティモーネ病院は、ストライキ当日、125日木曜日に最小に機能しています。 従業員は、年金改革に反対し、公立病院の資源のために、二重に動員されていると感じています。


マルセイユの地域特派員からのコラリー・ボンネフォイ、2019512


798AA80D-286F-4DE9-98CA-B083CA4394A6

患者の列も救急車の交通渋滞もありません。 マルセイユとプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域で最大の病院であるティモーネ病院での専門家の動員の日、この125日は雰囲気が穏やかです。 「良い兆候だ」と、総合労働組合(CGT)でデモンストレーションする直前の54歳の病院心理学者であるソフィー・プサルティは笑う。

____________________________________________________________


ストライク:この地域の都市交通も影響を受ける


イル・ド・フランス(パリ地方)の交通機関の閉塞に注目すると、フランス全体で多くの都市ネットワークが影響を受けます。 特別な年金制度を持たないほとんどすべてのエージェントが一般的な制度を擁護しています。


ミシェル・ワイントロップ、20195121511

D42C8E82-C03E-4E60-BFB0-CA08AADFD0CD

125日、マスコミの注目は、混乱の激しさとストライキの影響を受けた旅行者の数のために、パリ地域の輸送ストライキに焦点を当てた。 SNCFの地域鉄道網(列車およびRER)で毎日平均300万回以上の旅が行われています。つまり、フランスの1日の総鉄道交通量の70%で、鉄道網では1,200万回以上です。 RATP


それにもかかわらず、社会運動は、さまざまな程度で、フランス全土の多くの都市公共交通網に関連しています。 


https://www.la-croix.com/Economie/Social/greve-manifestation-sociale-france
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
 

フランス:12月5日の国有鉄道の大規模な連続ストライキ


フランス国有鉄道(SNCF)での125日のストライキはクリスマスまで続くのだろうか?


政府の方針を変えさせるためのストライキ続行は、一般的な支持を失う危険がある。 労働組合にとって、「黒い12月」のジレンマが提起されています。


ルーシー・オリオール

B8C11A62-7CEF-449F-A58A-148F21810D66

交通輸送-それはもう決まっている、その日は黒い1日になるだろう。125日木曜日は、輸送が非常に複雑になります。 この日付は、1995年の特別な年金制度を一般制度と整合させることはすでに問題であったジュッペ改革に反対する大きな動きの24年後の日であるため、労働組合はランダムに選択しなかった 当時、強力な動員は3週間続きました 現在の構成ではこのようなシナリオは可能だろうか? クリスマスに電車の切符を取りたいユーザーにとっては、心配が起こり始めています...


フランス労働総同盟(CGT)、全国独立系組合連合(UNSA)、南のレール連邦(Sud-Rail)は、単一のコミュニケで24時間ごとに通知を更新できることを発表しました。これは、総会の組織が運動の継続を毎日決定することを前提としています。ある程度事前に組織化することができた2018年春のいわゆるビードストライクとは異なり、24時間の再生可能時間は、ユーザーの予測マージンが少なくなります。


ハフィントン・ポスト(HuffPost)から連絡を受けたSNCFは、視認性が低下していると説明しています。「123日に輸送計画を伝えることができます。動員のビジョンを明確にすることができます」。ただし、鉄道会社はすべてのシナリオの準備方法を説明しています。この点で、早ければ火曜日に商業措置が可能になります。 「列車がキャンセルまたは削除される人は、明らかに以前に電子メールまたはSMSで連絡されます」とSNCFも提供しています。


次の2日間の混乱については、毎日午後5時にポイントが設定されます。


不便を避けるため、鉄道会社は今週、はい・SNCFプラットフォームでの高速列車(TGV)、地域圏急行輸送(TER)、アンテルシテ(Intercités)チケットの販売をブロックすることも選択しました。 そしてこれは数日間にわたって。 目的は、流通しない列車のチケットをすでに購入した人が、交通が確保されている列車に簡単にアクセスできるようにすること。 150,000人の旅行者がすでに警告されています。


揺るぎない組合...


組合側では、125日に関しての収束が軍隊の士気を強化したことは確かです。 そして、彼らが強く望んでいる数日間の動員は、明らかに弱点を示してはならない。 「ストライキを続けるのは失敗であり、私たちの遺伝子ではない。しかし、選択の余地はありません。4回の集会を行いましたが、何のためにもならなかった。鉄道の改革は5年間立て続けに行われていますが、この改革を手放せばあまりにも多くの低下です。 私たちは、決心しており、持続可能な運動の条件が満たされている」ハフポストから連絡を受けた鉄道UNSA事務局長のディディエ・マティスは言った。


しかし、後者はクリスマスまで続けることを拒否しています。フィリップ・マルティネスが1113日にシュッド・ラディオ(Sud Radio)にインタビューしたのと同じように、「私たちは、可能な限り、 ストライキを更新しますが、その後は常に従業員が決定します。 労働総同盟鉄道員(FO Cheminots)と彼の事務総長も注意を払っています。 エクスプレスでは、フィリップ・ハーベックは、政府が放棄するために、5日目とそれに続く日にかなり迅速に大規模な動きを期待している。 「目標はクリスマスまで行くことではない」と彼は言う。


「黒い12月」


Sud-Railのベルサウンドは少し異なります。12月の「黒い」月について話すことをためらわない人もいます。 「非常によい参加と、非常に強い社会運動は、6か月も続きません。 我々の組合は「黒い12月」について話し始めている。1231日まで続くかもしれませんが、3週間を超えると継続するのは難しいことは事実です」と、年金改革を見たら「家庭から火花が出るだろう」と南のレール連邦の秘書ブルーノ・ポンセは分析している 

A0AC19F0-0C1D-47C1-B030-E1BFB71653ED

組合活動家によると、永続的な動きを避けるために、ユーザーも動員しなければなりません。 「私たちは自分自身のためだけでなく、すべての人々のために、より良い富の分配のために戦っている。 普遍的な引退、普遍的な戦いのために」と彼は付け加え、以前動員しなかった従業員が今すぐストライキの準備ができていることを保証する。


ブルーノ・ポンセはまた、世論に期待している。1114日に発行されたラ・トリビューン(La Tribune)、オランジュ(Orange)、およびエールテーエール(RTL)のべベア(BVA)調査では、フランス人の60%が12月のストを支持していることが示されています。 彼らはまた、動員が長期的であるべきだと考える70%です。


政府は予測している


連絡を受けたすべての組合の意見では、動員を停止する唯一の方法は、政府が改革を後退させることです これが議題にあるかどうかはわかりません。 「私はこの改革を完成させたいと思う[...]たぶんそれは私を不人気にするだろう、多分人々は「それは耐えられない、すべてのために」と言うだろう。 閉鎖がないように全力を尽くし、ブロックされている同胞を支援するために全力を尽くしますが、弱点や自己満足の形はありません」 RTLで数週間にエマニュエル・マクロンは言った。


しかし、政府は少なくとも数日間のストライキに備えています。 「もちろん、フランスの輸送を促進するために、5日、6日、7日、8日、要するに、ストライキの可能な日のための輸送計画を準備しています。そして、私たちは公共秩序の側面に非常に警戒します。 」とジャン=バプティスト・ジェバリ運輸国務長官はBFMTVで、この「計画」を詳述せずに答えた。


したがって、クリスマス期間中のストライキの予想が組合側でかなり野心的である場合、ユーザーにとっては、最後の1週間、つまり1215日までの混乱がありそうです。 12101215日のためにジャン-ポール・デレボエが組合とともに会合を部門ごとに開催した。


その間、ユーザーはすでに準備していると、ル・パリジィアン新聞からの連絡にフリックスビュス(Flixbus)1年前の同時期に比べて需要が70%増加したと述べた。


HuffPostもご覧ください。



https://www.huffingtonpost.fr/entry/la-greve-du-5-decembre-a-la-sncf-peut-elle-durer-jusqua-noel_fr_5ddd2bfee4b0913e6f73fc6a


関連記事

http://kaikaku33.blog.jp/archives/20296080.html

黄色いベスト運動からフランス全体が3週間麻痺した1995年の様な大規模ストライク危機に?

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
 

ギャラリー
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
  • 花子の今日のミニ・ニュース&ビック情報(74)
カテゴリー
  • ライブドアブログ