黄色いベスト運動フランス

フランスのトラック運転手がマクロンのコロナウイルス対策をめぐってストライキ中

2021年8月25日(水)
imagel

作戦開示|デイビッド·リフシュルツ著,寄稿作家

2021年8月24日に提出

フランスのトラック運転手がマクロンコロナ対策でストライキをする

1899年に設立されたリフシュルツ組織の賛辞

彼らはすでにフランスで活動している。パリ周辺の周辺幹線道路の大規模な封鎖は、その週の早い時期に起こった。 18日にパリを通り過ぎたとき、私は警告を受け、逸脱せざるを得なかった。 オーストラリアでも同様の行動をとると脅しているトラック運転手。 これは欧米の他の地域にも広まるかもしれない。

あるトラック運転手:「エマニュエル·マクロンが予防接種を受けていないからといって店に入れたくないのなら、店には何も配達しませんよ!!」

デビッド·リフシュルツ
LIFSHULTZ組織
DAVID@LIFSHULTZ組織.COM
https://operationdisclosureofficial.com/2021/08/25/french-truckers-are-striking-over-marcons-coronavirus-measures/

フランス革命2.0はありますか?

フランス革命2.0はありますか?

2021715日木曜日

5D616437-7782-4FD0-BB47-F51BCC029B62O
開示作戦(Operation Disclosure)|寄稿者デービット・リフシュルツ (David Lifschultz)

2021715日に提出

フランス革命2はありますか?

1899年に設立されたリフシュルツ組織の賛辞

フランス軍の情報筋は、ロスチャイルド・マクロンの強制ワクチン接種の提案に非常に不満を持っています。米軍にも不安があります。デビッド・マーティン博士は、コロナウイルスを防ぐために開発された主要な予防接種を次の危険な詐欺と宣言します。 Reiner Fuellimichによってこれを大きく開く大規模な訴訟が来ています。大手製薬会社による詐欺の場合、マーティン博士がコロナウイルスのデマを証明しているように、数が飛躍的に増加するにつれて、裁判所はワクチン接種によって死に、傷ついた人々に対する免疫を支持しないと言えます。ビッグファーマによる利益の動機によって設計され、彼の製薬ソースを引用しています。マーティン博士は、一流のウォールストリート企業で、製薬業界の公的評価における不正を発見するために働いています。また、特許の分野での彼の膨大な医学的知識と専門知識を使用して製薬会社に保険をかけ、クライアントを保護している保険会社もいます。詐欺。彼は、このワクチン接種詐欺に対処するのに適した医療機関です。

製造された幻想。デイビッド・マーティン博士とライナー・フューエルミッチ9/7/21

A manufactured illusion. Dr David Martin with Reiner Fuellmich 9/7/21

私のヨーロッパ特派員から:

フランス全土で不安があります。

(7308) #FRANCE BURNING: People chanting “Liberté” in Paris as they protest against mandatory vaccinations ! – YouTube(7308#FRANCE BURNING(燃え上がるフランス:強制的な予防接種に抗議するパリで「リベルテ(自由)」を唱える人々! – YouTube)


フランスでは歴史が繰り返されています。


起きて、祖国の子供たち

私たちの栄光の日が到来しました

私たちに対して専制政治の血まみれの旗

発生します。 血まみれの旗が掲げられます。

田舎で聞こえますか

それらの凶暴な兵士の轟音?

彼らはあなたの腕の中にやって来ています

あなたの息子、あなたの仲間の喉を切るために!

武器に、市民!

大隊を編成する

行進しましょう、行進しましょう

彼らの不純な血

私たちの畑に水をやる必要があります。


ラ・マルセイエーズ(フランス国歌)を歌うミレイユ・マチュー(歌詞付き)

Mireille Mathieu singing La Marseillaise (with lyrics)



フランスの黄色いベスト運動(#GiletsJaunes)は、すべてのフランス国民に#COVID19ワクチンを義務付けるというマクロン大統領の計画に抗議して、714日に街頭に出ると発表しました。


デビッド・リフシュルツ

LIFSCHULTZ組織

DAVID@LIFSCHULTZORGANIZATION.COM


https://operationdisclosureofficial.com/2021/07/15/will-there-be-a-french-revolution-2-0/ 

フランスでの必須ワクチンに対する大規模な抗議(ビデオ)

投稿者:ジョージ・イートン

日付:2021715日木曜日01:23:05

www.rumormill.news / 176918


フランスの市民は、発行された強制予防接種に抗議して、714日水曜日に1つとして団結します。

ビデオキング-フランス全土のいくつかの抗議グループが、月曜日にエマニュエル・マクロン大統領によって行われたCOVID-19制限と強制予防接種に関するスピーチに続いて、714日水曜日にパリ祭の抗議のために街頭に出ると発表しました。


マクロンはスピーチの中で、ヘルスケアやリタイヤメント(老人)・ホームの労働者に強制的なcovid-19ワクチン接種を発行し、フランスでレストラン、カフェ、ショッピングセンター、病院に入る、または長距離列車に乗る人は誰でも特別なCovidの健康状態を示さなければならないと述べました。8月から通過します。

https://youtu.be/K0m2XWWcKmI


YouTubeからのランダムなコメント:

私たちを完全に支配したい世界中のオリガルヒとの本当の戦いが今始まります。声を上げて、立ち止まらないでください。この悪に対して容赦なく闘いは今です!


ビィブ・ラ・フランス(Vive laFrance)-新しい世界秩序の暴君に対抗する道を切り開いてください。軍が国民を政府から守る時が来ました。


ソースでの大衆抗議ビデオ:

https://twitter.com/theragex/status/1415395761152569350


これらの議事録のパリ警察は、催涙ガスと放水砲を積極的に使用して、COVID-19に対する強制的な予防接種に対する大規模な抗議を分散させています。


首都の別の場所のどこかで、国民の祝日であるパリ祭が美しく祝われました。


https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?noframes;read=176918

[偽の普通選挙権 : 選ぶことは投票ではない]黄色いベスト、市民主導の国民投票(RIC、リック)、シュアール(Chouard)...そして便利な「赤茶色」の中傷侮辱の口かせ。

坂本花子

929 

この週末には英国で、英政府による強行的な新型コロナウイルスデマ対策が、イギリス人の目を開きました。強制的対策であるロックダウンとマスク使用で、市民の自由がグローバリストによりさらに強奪され、ロックダウンは市民を自宅の牢獄に監禁していることに気づき、全体主義とナチス政権による新世界秩序の危険に対して、ますます多くのイギリス人が立ち上がり、「ノン」と言い、ロンドンでは巨大な市民集会とデモ抗議がありました。

これは、ドイツ、フランスetcに続く運動です。

以下の記事のように、コロナウイルス隔離以前に、一年以上も毎週週末にフランスの各地で幅広く続いた「黄色いベスト」運動の延長でしかありません。「黄色いベスト運動」はフランス南部の一教師であるエチエンヌ・シュアールの草の根運動から始まり、徐々にフランス人に受け入れられ、黄色いベストの思想的な基盤になり、ヨーロッパ、世界中に広がりました。選ばれた嘘つき&腐敗政治家/グローバリストの代表政治家でこれらの権利を国民から守るためだけに選ばれる偽の選挙システムを拒否し、市民主導の市民による市民のための本当の政治を目指す運動です。

しかし、日本の場合はカバル主導のマスメディアの不正的な隠蔽操作により、この「黄色いベスト」の真の意味が日本人に伝わっていないようです。「kaikaku33」の「黄色いベストと日本、世界改革」のTwitterも、これらフランスと世界の黄色いベストの情報に関するTwitterがすぐに検閲により停止されていました。GogglesYouTubeTwitterなどによる世界的検閲はますます激しくなっています。日本のハザール/グローバリスト・コミュニティはこのフランスの黄色いベスト運動の考え「市民率先の国民投票」が日本に広がり、彼らの排除に繋がることを恐れているようです。

テレビや主流メディアは黄色いベストのデモ行進の物理的な反面が強調され暴力的なただのデモであるように見せかけていたようです。

黄色いベストの真の中心的な思想は日本ではどれだけの人々が理解したでしょうか?さらに記者もフランス人とフランス語をよく理解できないと正しい報道は出来ません。

今トランプ政権とホワイトハット主導の「世界解放運動」が世界の背後で起こり、間も無く現実になっていくであろう。「カバル/ディープステート/フエニキア悪魔の13家族の崩壊」の後では、世界の市民による新しい政治体制は「黄色いベスト運動の思想」から多くのインスピレーション を受けるでしょう。特に、黄色いベスト運動の思想の元になったエチエンヌ・シュアールの考えを良く理解することが重要であると思われます。これからも、このブログでは定期的にフランス(またはヨーロッパ、世界)で起こっている政治運動、市民運動、黄色いベスト、国民投票、新憲法制定、エチエンヌ・シュアールに関する記事を提示していくつもりです。

フランスはフランス革命の地です。以下にエチエンヌ・シュアール先生の「Chouard.org」での短い記事を紹介します。


[偽の普通選挙権 : 選ぶことは投票ではない]黄色いベスト、市民主導の国民投票(RIC、リック)、シュアール(Chouard)...そして便利な「赤茶色」の中傷侮辱の口かせ。

5C01A310-F8EC-47F4-B494-188256971D87
 
エチエンヌ・シュアール
 

2020729

覚えておいてください:私は、本当の政治反対者が決して正々堂々と話すことができずに、主流のメディアで非難されている(そして最終的には口を閉ざされている)国に住んでいます。



ここで、2019118日のC dans l'air(セ・ダン・レール)のこの放送では、コメンテーターは間違っています。黄色のベストとシュアール(Chouard)は、「代表者によるあらゆる形式の表現」に異議を唱えません。」、これはまったく異なります。権力にある者達が権力の規則(憲法)を書くことはありません。代表者が代表の規則(憲法)を書くことはありません。選出された役人が憲法を書いたり変更したりすることはできません。


代表されている者達だけが(市民)、憲法を書き、修正することができ、合法である唯一の者です。


「選出された者」が誤って「普遍的な選挙」と呼ぶのは偽物です。選出することは投票することではありません。選ぶことは投票の反対でさえあります:選ぶことは投票をあきらめることです。


「選出された者」が誤って「民主主義」と呼ぶのは偽物です。真の民主主義では、マスターを任命するのではなく、法律に投票するために一人の男=一人の声です。


選出された役人によって設立された代表的な政府は(最初から)議会支配のシステムであり、それはまさに民主主義の否定です:議会共和国は非民主的であり、1789年に民主主義に対する防波堤としてその起源から考えられそして望まれていました。 


選挙プロセスは、深く、オントロジー的に(それ自体が)非民主的です。


真に民主的な手順は、くじ引きだけです。


民主主義において受け入れられる唯一の選挙は、有権者自身によって望まれ、開始された選挙です(そして明らかに、選ばれた人によって望まれ、開始された選挙は決してありません)。


憲法は選出された役人の雇用契約です。選出された役人が自分で雇用契約を書いて修正することは明らかにありません


メディア(すべて金持ちに売られている)は、支配のシステムが恐れることが何もないために、制御された反対者(©1984、オーウェル)にのみ声を出させます 「億万長者のプラウダ」(国内で最も裕福な9人が購入したすべてのメディア)は、実際の政敵の発言を否定します。


私は対戦相手との公正な(民主的な、)議論を要求します(しかし詐欺師は私を拒否します)。


しかし、リュディ・ハイシュタット(Rudy Reichstadt)、ダニエル・シュナイダーマン(Daniel Schneidermann)、ジャン・ミッシェル・アパティ(Jean-Michel Aphatie)、アリ・バドウ(Ali Baddou)、ローホン・ジョフラン(Laurent Jauffrin)、または他の話す権利の泥棒のような人々がそのような議論をする能力がある(または勇気がない)とは思えません。どうやら、私が離れている間、または縛られて猿轡かませている間に、一緒に背中を叩くことは可能です自慢することは何もありません。


しかし、私たちは決して何も手放しません。 シュアールが死んでいるか生きているかにかかわらず、黄色いベストの憲法制定者達は勝ちます🙂


エティエンヌ。

8744F4B4-074A-4739-BD9F-F8B70EF0ED1E


http://chouard.org/blog/2020/07/29/fake-suffrage-universel-elire-nest-pas-voter-les-gilets-jaunes-le-ric-et-chouard-et-la-museliere-de-la-calomnie-commode-rouge-brun/

黄色いベストは全国的にロックダウン後のカムバックをなす


916

全国民がマスクとテレビベッタリで、それでもグローバリスト傀儡政治家、専門家、テレビ評論家を、国民のためにもっと良い政治をしないかと、決して飽きないで絶望的な辛抱強さでテレビの前で見物しながら待っている;仕事があると言って重要な生活に関する決定を他人にポイ投げし委ねる;従順な諦めて服従した国民と、フランスのような全国民と言っていいほどが自分の頭で考え、自分の意見を持っていて、テレビの前で決して来ない政治解決を従順に服従して待っていなく、自分で行動して生活と権利をまもる決心でデモ行進する民族偉大です。今こそ、コロナウイルス危機で各国の国民性の正体とレベルが見えています。人間は時には自分を尊重するべきです。自由のためには国民が連帯して戦う。特に人類の95%を虐殺する秘密の戦争を人類に仕掛けていることは明白な状態においては

コロナウイルス後のフランス人黄色いベストは最初のカムバックですが、これは最初のエピソードでしかありません。時が来たら以前以上の勢力を取り戻すでしょう。(kaikaku33)


黄色いベストは全国的にロックダウン後のカムバックをなす


2020913

C0582864-37B3-4A9B-AD78-972BFB954465

パム・バーカー| TLBヨーロッパ・リローデッド・プロジェクト・ディレクター


私たちは、RT Franceレポート/ Sputnikビデオ編集を行っています。フランスの黄色いベストについてレポートすることができる数少ないアウトレットです。まず、はじめに。


トム・ルオンゴ(Tom Luongo)のような一部の賢い政治評論家は、ウイルス問題がフランスの急成長している黄色いベスト運動、英国のブレグジツト(Brexit)、そしてイタリアのポピュリストの不満に対する一種の権力者の解毒剤的方法であったと気づきました。


私たちは最近何を目撃しましたか?


  •  これらおよび他の国々の議会を閉鎖し、公的および私的の両方での集まりを含む、おそらく自由な人々の自由な移動に対する緊急の「規制」を通過させます(誤って「法律」に違反し、警察により厳しく適用されました);
  • 圧倒的な恐怖キャンペーンを、非常に低い死亡率を備えたコロナウイルスを、あたかも腺ペストと同等であるかのように、政府はマスコミ報道を狙っていました。
  •  現在では、実際に病気の人がいない、または非常に少ない偽の「事件」が発生している間に、マスクの委任と公開集会に対する新たな恣意的なルールとさらなる封鎖のヒントが増えています。


そして、フランスでは800,000人を超える雇用が失われているため、破壊的な経済的停止はまったく必要ありませんでした(おそらく控えめな見積もりです)。 言い換えれば、黄色いベストの存在そのものの理由が大幅に増えたのです。 いいえ、主要メディア(MSM)の継続的な餌付けとバッジの取得にもかかわらず、抗議に存在する数字、悪名高く操作されている数字だけで成功を判断することを好むにもかかわらず、彼らは消えません。 以下で使用しているRTフランスのレポートは、この種の悪質で単純な判断にも陥っています。


ローレンツ・マシアスによるこのツイートをお勧めします。:


「すべての人へのちょっとしたメッセージ、正直に言えば、最近の新型コロナウイルス(COVID)FDOの新しい教義(FDO-法執行機関のすべてのエージェント)について言われていることは、素晴らしいことです。ロックダウン以来の最初のイベントの成功!!


彼のパリでの抗議者の短いビデオクリップは、かなり密集した群衆の形成を示しています。

05B63C16-2AB5-42E4-BBE0-AE2D0A8B51F2

Sputnik News  が発表した2本の長い動画は  以下にあります。

 以下のRTレポートで  言及されている都市は、  フランスのほぼすべての地域で何らかの黄色いベストの抗議行動があったことを示しています。

*******

912日の黄色いベストの新学期を振り返ってください RTFRANCE


彼らの新学期のイベント  ERRTはこれよりも上手くできなかったのでしょうか?)について  は、黄色いベストはロックダウン前に到達した数とはかけ離れています。 ER:ほら!)  パリでは、県は集会の数を制限するための措置を講じていました。抗議者の動員は他のフランスの都市でも行われました。


パリ警察本部を訪れていたジェラルド・ダルマナン内務大臣によると、912日にパリには2,500人を含む8,500人のデモ参加者が集まりました  。「これらのデモは、共和党の秩序を維持することを可能にする穏やかな場所で行うことができた」と彼は言った。黄色いベストのいくつかの行列が行進しました。首都の北西部、ワグラム広場の近くで、デモ参加者と警察の間で午後に衝突が起こりました。 ER:このレポート全体で引用されているすべての公式の数字は、政府または主要メディア(MSM)から疑われている可能性があります。初日から20181117日まで、公式の抗議者数は桁違いに減少しています。)

4F091E70-BC38-4C2F-96F7-BC71F5F456BF

ゴミ箱が燃やされ、通りの他の物体が覆され、2台の車が燃やされた。警視庁は、県が許可したルートを離れたデモ参加者を解散させるために催涙ガスを発射した。午後8時までに、287人(首都の275人を含む)が逮捕され、パリの検察庁によると、147人が警察に拘留されました。


動画: Mobilisation émaillée de heurts à Paris pour la rentrée des Gilets jaunes

A4D7C41D-6704-4887-BD77-DBCD9C5B8586

https://youtu.be/48J8QXYFWio


「あなたの冷蔵庫を尊厳あるものに満たすことができるように」、「明日は空が黄色くなる」、第二の行列の兆候が宣言されました。デモ参加者(数百人)は、ブルス広場(パリ証券取引所)から静かに出発し、シャンペレ門(パリの西側の入り口)に到着しました。ユーモリストのジャン=マリー・ビガール  がデモ参加者のブーイングの下で 逃げる前に午前10時頃に集結しようとしたのはこの行列でした。今週、黄色いベストのメディア・サポートは、警察を「ナチスの一団」にたとえた運動の人物の一人、  ジェローム・ロドリゲスとの関係を断ち切りました。


コメディアンは彼の到着を嫌悪され、侮辱され、広場のレストランに一瞬避難しました。冷静に迎えられた後、ジャン・マリー・ビガールは「黄色ベストの連帯」を維持したが、ジェローム・ロドリゲスの言葉から離れたと語った。「この作品の大部分はジェローム・ロドリゲスのおかげです」,彼が「黄色いベストの最大の擁護者」であると確信していると付け加えた。


ER:これは残念な出来事です  。ジャン・マリー・ビガール(Jean-Marie Bigard  )(下の写真はロドリゲスの写真)は率直なコメディアンで、この国では珍しい鳥である普通のフランス人の味方であるようで、喜んで彼らを紹介します。彼は大統領に立候補することを考えていました、そして、彼の現実 的で、非グローバル主義で、非流行的見解のために、他の高齢のフランスのプレゼンター・セレブのように、主流のフランスのテレビから退けられました、多様性志向のマクロン派がTVネットワークで採用されています。  知名度の高い黄色いベストGiのジェローム・ロドリゲスは、ゴム製の弾丸の武器を含む無謀な警察の行動で目を失ったことで有名です。多くの市民抗議者は、警察による暴力の真の犠牲者となっています 、それで、ロドリゲスがナチのレトリックを上回ってしまうのは当然のことです。しかし、ビガードは彼の発言ではるかに慎重でなければなりません。悲しいことに、公の分裂が起こりました。)

73921512-F6A2-4D90-9068-EE4CF1434B34

CB23F942-986F-4792-B40A-AB81C79790DB

午前中、約30人の黄色いベストがパリのBFM TV本社の駐車場とロビー(ER:フランスのCNN相当、信頼されていません)に短時間入り、  ジャーナリストの任務について話し警備員を押し込みました。チャンネルの管理者が苦情を申し立てた。

A520D9E5-8982-4215-BA37-E7CA20247186

警察庁は、ほぼ100人をパリの通りで、黄色いベスト運動の一部であると主張するすべての行列を禁止することを目的とした命令を出すことによって、動員を制限する手段を講じていました。


フランスの地域で多数の集会


トゥールーズの中心部で  は、健康上の理由によるデモの禁止にもかかわらず、数百の黄色いベストがデモをしていました。 AFPの報告によると、警察はデモが禁止されたリヨンでは催涙ガスを使用した  。でコルマールでは100150人の黄色いベストは、梯子の助けを借りて、リバティ、街の入り口のトラフィック・サークルにインストールされているレプリカの銅像の顔に大きな黄色のマスクを置きます。

43CD2612-30FC-4DC1-BE0E-C4872495B000


AFPによれば、ボルドーでは、デモは穏やかな雰囲気の中で500人を集めました。「社会的な怒りが存在する限り、人々の生活がますます不安定である限り、社会的な怒りは絶えません」と彼のマスクを覆った 鼻、アントワーヌ・ブディネット、デモの端にある催涙ガス手榴弾で以前に手を引き裂かれた地元の運動の人物は言った。


ナンシーではデモが宣言され、ムルト=エ=モゼル県は350人と推定し、「重大な事件は報告されず」、1人が「法執行官を侮辱した」として逮捕された。

B32409F5-14DD-49C5-B610-C4F9A8C5E8BE

  モンペリエでは  フランス・ブルー・エロー県  ミディ・リーブルは  「ボトルや催涙ガスの発射」で、コメディ広場でデモ参加者と警察の間にいくつかの衝突を指摘しました。地方日刊紙は200人の黄色のジャケットを数えました。

63398569-EFA1-4736-87D9-856233EA9C89

フランス・ブルー(France bleu)によると  、いくつかの集会がドルドーニュで、数十がペリグーで、そしてブラントームの交通サークルで「一握り」が組織されました。

ほぼ2年前の20181117日に生まれた、財政的および社会的正義のために戦っている黄色いベスト市民運動は、第二の風を求めていました。毎週土曜日に交通輪の占領とデモの間で、時には衝突を伴い、フランスを揺るがす最初の年を管理しました。


「彼らは恐れているので、ほとんどの人はもう来ません。」


ラ・フランス・アンスーミズ(La France insoumise) ER:左端の政党)の近くで、LCITV)編集者の  ジェラール・ミラー  は、「黄色いベストは、彼らに対して、権力、警察、金銭権力、そしてほとんどすべての報道があります」と述べています。「しかし、2年後、彼らはまだそこにいて、「行進の共和国」(ERMacron's party)よりもはるかに多くの人々を集めることができ ます。悪くないですよね?」彼はツイッターで続け  ます。

黄色いベストの  フランソワ・ブロー ER:彼は弁護士です)  は、「912日の日は、私たちの国でデモをする自由があったことをもう1つ証明した」と考えました。「彼らは恐れているので、ほとんどの人々はもう来ません。最も勇気があり、平和でさえ、実際に残忍な弾圧を受けています。心配しています」と彼はソーシャル・ネットワーク(ツイート)で主張した  


一方、  選出された   パリ7区の共和党員(ER:中央右派の設立党、普通のフランス人の友人ではない)の  ラシイダ・ダチ(Rachida Dati   、「反乱の叫びが響いたところでは、延滞および不当な暴力はない」、州またはパリ市を「不在の加入者であり、そして保護、集まり、希望を与えることができない」と非難する。 


ジェルスの「ラ・レピュブリック・オン・マルシユ」(ER:マクロンのパーティー)の国会議員であるジャン・ルネ・カズヌーブは、「今日、ジェルスに黄色いベストはほとんどない」と述べ、ジェルスの人々に感謝の意を表しました。 優先事項は、危機からの脱却、集合的な努力、回復計画の実施です。」


************

動画Yellow Vests Protests Hit Paris Amid Mandatory Masks Wearing [2/2]

63E5691A-1F63-4BF8-B61E-6459118C9626

https://youtu.be/pPKOoJbyWl8


EuropeReloaded.comからThe Liberty Beaconに公開され  ました

https://www.thelibertybeacon.com/yellow-vests-make-a-post-lockdown-comeback-nationwide-video/



出典:http : //tapnewswire.com/2020/09/yellow-vests-make-a-post-lockdown-comeback-nationwide-video/


https://beforeitsnews.com/eu/2020/09/yellow-vests-make-a-post-lockdown-comeback-nationwide-video-2661228.html

ギャラリー
  • ジョージ·ウレ:2022年9月に日本でM9+大地震が発生し、太平洋全域で津波警報が発令されるという独自の報告があります。
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • カナリア島火山噴火の生中継(ビデオ)
  • オーストラリア強制ジャブ命令に関する状況アップデート報告書-公衆抗議
  • オーストラリア強制ジャブ命令に関する状況アップデート報告書-公衆抗議
  • ギャリー·D·バーネット:「インフレ、貧困、飢餓、経済崩壊、ファシズム、マルクス主義、共産主義、殺人: ニューノーマル?」
  • ギャリー·D·バーネット--新型コロナ(コビド)ワクチンは国家政府の認可を受けた殺人に等しい
カテゴリー
  • ライブドアブログ