フランスに起こり世界中に広がる黄色いベスト運動リポート

R.I.C.(市民発動の国民投票)は黄色いベストの要求書の中で太陽のように輝く!

B05F0602-8F9F-460C-B0D5-85A0109E199B
                           フランスの市民発動の国民投票(リック:R.I.C)は黄色いベストの要求の中心 




        市民発動の国民投票
(リック)は陳情書の中で太陽のように輝く

 

 

黄色いベストの陳情書はとても良く書かれているが、これらは全部
立法レベルである。


と言うことは、これらが実現されるためには


彼らの御主人
(議員)これらを許可して、

これらに該当する
法律を制定するということになる。



普遍の問題は、我々の御主人は
全てを与えたくないということだ。


今までフランス人
に与えることを嫌がっていた人々が、

最初のデモで折れるはずが
ない。


 
彼らはフランス人につかつの要求を満足させるだろう。


絶対
40ほどのリスト全体ではないだろう。 


 

陳情書のリストの中に挿入された

市民率先の国民投票を
現憲法内に挿入する要求は

前代未聞で歴史的である重要なポイントである。



これは
陳情書のリストが全て立法であるのに反して

憲法制定
であるのでとても貴重である。


これは「この法律が欲しい」ではなく

我々自身でこの憲法を書きたい】である。



これは現政権や
寡頭政治に関して非常に破壊的である。

これが制定されると


止めることができず、

普遍的な、

根本的な民主主義
になるのだ。 


 

これは黄色いベストの陳情書のリストで一番重要

今までのものとは完全に違っていた。


もし、これを獲得するなら、

他の全てを得ることができる。


さらに、もっと多くを。


永続して。



我々は重要な法律を、憲法を、協定を
、我々自身で決定できるのだ。

これは
最優先される価値ある。 


 

40の要請リストでは、

黄色いベストがいくら多数であっても、

陳情書
の行使の力は弱まる。



また、考えられることは、議員がフランス人を追い払うために


2、3の要求を許すだけで
、彼らは全てを失い家に帰るしかなかった
であろう。


 

 

黄色いベストは最終的に40のリストの代わりに要求を2つだけにした

 

 

一つは市民発動の国民投票であり、

もう一つは
金融問題に焦点を当て(最も貧しい者が苦しみ続けるのを
止めさせる。
)である。 

 

 

もっと良く説明すると、

これら40ほどの陳情書のリストは


全てが
行政的問題市民発動の国民投票で得ることが出きる。


そして、それ以上
にもっと得ることができる。


【執行義務】
のある国民投票で、それら全ての要求を順番に
国民投票で得られる。

 

 

それで彼らは【2つの要求】に集中した。


 

【1つは差し迫った問題】として寒い冬の中、

黄色いベストは
道路の円状交差点でほんの僅かな物で生きている。


この凄く厳しい生活状態が彼らをこの寒い冬に外に
出さ辛抱強く
そこにいる理由である。

彼らの差し迫る問題を解決する方策・・・・、

最初に給料をあげる
ことを人々は考えたが、

それでは多くの企業が苦しくなり死ぬであろう。

そこで彼らは
単な方策を考えている。


「全ての生活必需品に消費税ゼロ」である。
 


 

食料、水、電気、ガスetc等リストを作成、政府に強制する
無交渉、を考えた。

もし政府の予算に穴が開くなら、贅沢品、ヨット、豪華車などの
100%または200%
の消費税を課す。

これ
の政策は人々にとって物凄い酸素になる。 


 

【2つ目】は市民発動の国民投票(リック)である。

  


9562B298-FA9E-4B41-BB9A-2EAE420FACA5
                     フランス人に民主主義がは必要だ!R.I.C.(市民発動の国民投票)を要求しょう!


 

  

黄色いベスト運動のリック(市民発動の国民投票)は原爆になる

 

 

まず、国民投票とは、国民が直接的な投票により、国家的、地域的主題を

所属する市町村
国家的議案意思決定する制度であり直接民主の制度の

一つ
で、国民が直接決定する制度である 


 

 

黄色いベスト運動にとって国民投票を大統領や政府、国会の

議長管轄
ではなく全ての国民が国民投票を発動できることが目標



0D232FB9-1C38-418F-8CE9-8CDCEC1BC89C
                              
                         古代ギリシャのアテネのアゴラ(市民議会、集会所)

   


そして、市民発動の国民投票を交渉するときは彼ら議員や政府に書かせない。

 

市民が高速道路の集金所や円状交差点で一緒に書く。


市民は
1つ1つの条項、2つか3つの項目を市民のやり方で書く。


市民自身で、禁止条項
(イタリアでは税金に関して

スイスでは免職などの投票禁止
)を書く。

ほんの少ししか無いだろう。


どのようにするかという
形式(モダリティ)

フランス中の円状交差点と高速道路の黄色いベストが色々な提案をする
だろうが、同じような条項はまとめて1つにする。


 

もし、20か30になったら回目の投票、

その後
10になったら、また投票して1つにする。


市民が望む形になるまで幾度か投票
を続ける。

そのようにしてできた草案を提出する。
 



 

故に、もし沢山の要求書を差し出すだけなら、

政府は3、4
だけを承諾し、残りの全ては失われたであろう。



勿論、「市民発動の国民投票」は
承諾しなかったであろう。


黄色いベストはそれ
を知っている。 


 

 

何故なら、「市民発動の国民投票」は彼らにとって原爆だからだ。

彼ら金融グローバルの寡頭独裁政治の終焉になり「資本主義」を

木っ端微塵に破壊するからだ!


 

彼らは絶対受け入れないであろう。


しかし、彼らが
この2つの要求 「消費力と国民投票」だけだったら

彼らはそれを受け入れるしかない。


市民はこれらを強く要求している。

もし、彼らが受けい
ない場合は「暴動」になるだろう。

 

我々がこの二つに努力を集中するなら、

通常では屑しか得られないものが、

人民主権に完全にアクセスできる
もっと力強い力を得ることになる
だろう。


 

そして、まもなく黄色いベストではない人々も一緒になり

決定的な要請を押し、貧困と貧しさから解放され、

本当の
リックで人民的な権力になり支配システムに穴を開けるのだ。


彼らがそれまでに至ったということは実に壮観的である。


黄色いベストは今
リックに集中している。


彼らは大速度でこの考えを理解し
、これは大速度で広まっている。 
 

 

また、黄色いベストは彼らの憲法アトリエ(勉強会)である。 

C9EDA782-B881-4082-BCD2-14C95D1CE2B5

                         フランスじゅうにある市民の憲法教室(アトリエ)


 

すでにそこに集まった彼らは

本当の市民発動の国民投票の規定を書いている。


この憲法制定過程の準備は
歴史的な二番目の重要なポイントである。


 

 

インターネットで繋ぎあって

黄色いベスト憲法制定」の考えを交換し合っている。

 

 

彼らが望む市民発動の国民投票は

全ての事項で、枠なし、禁止事項なし、限界なし」である。


 

 

この本当の市民発動の国民投票で

国民は法律を作ったり、

廃止でき


政治役者
 - どのような政治家でも

選ばれた司法官、政府
高官を免職できる。


さらに、
憲法を変更、修正できるのである。


これこそ
人民の主権である。


 

 

また、市民から選ばれない憲法評議会が

国民主権の前に立ちはだかることを決して許してはならない。



この市民のコントロールから外されている
機関は

骨の髄まで腐っ
た年配の金持ちの傀儡として活動した年配の

寡頭制時の仲間たちで構成され
ている。


彼らは多国籍企業と内緒で会っている



彼らは多国籍企業連合
の利益に反する公共の法律を全て阻止している。


 

どのような人間が構成する憲法評議会であれ国民主権を妨げてはならない。



これには何の合法性もない。
 


 

 

黄色いベストの要求書と代表者の任命方法


 
B05F0602-8F9F-460C-B0D5-85A0109E199B



                  黄色いベスト
の代表者の任命方法 

 

 

そのようにして、黄色いベストは道路の円状交差点や高速道路の

ペアージュで
会合、説明会、集会を展開し、話し合い、情報を交換し
討論している。


黄色いベストの胸に
リック(R・I・C(Referendum Initiative Citoyenne 
市民発動の国民投票)と書かれている。

 

また、黄色いベストは彼らの中に右翼と左翼の人々がいることを
知っている。

彼らは
それに関して、いかなる者でも右翼や左翼の旗や紋章を出さない
よう
とても注意を払つている。


彼らは所属に関して無言であるように
言われている。

これは歴史的であり、決定的
である。歴史的な最初の点は
単一された運動である。

人民が
社会闘争で勝利するのを妨げるのは常に内部の不和である。

本質的に闘争的である立法主題で口論する
は正当であり正常である。

現在まで、
市民には何の決定権もなかったにもかかわらず

いつも
これらの主題に関して議論をすることだけ許さてきた。

彼らが決定するのではなく
常に議員が決定してきたからだ

だから
人民今まで常に無駄な議論をしてきたのだった。

そのようなわけで
黄色いベストは「不和で仲間割れをしないで一緒に
統一しよう」であった。

 

さらに、全く前代未聞なことに、彼らの運動の代表者を指名する前に

【代理の規則を考え直し
ている。

彼らは
政治家の何十年も渡る嘘に嫌気がさし、

彼らが「左派」「右派」または「中央」であろうと


政治家たちに完全に吐き気を感じている。

彼らは代表政治家を望まない。

「政治」という言葉
さえも聞きたくない思いで円状交差点に来る。

故に、彼らは
代表者を指名する前の「代表者の規則」について考え直している。 

 

彼らは全ての人々が政治的成人として考えねばならない

代理人について考えている。
 

 

・どのような代理人(代表者)を選ぶのか。

彼らの使用人か。または御主人か。

 

・これらをコントロールするか。しないか。
 

・どのような任務か。
 

・再任があるのか。ないのか。
 

・いつでも罷免できるのか。


 

 

 彼ら黄色いベストのスポークスマンの指名に関して提案の一例。(抽選)
 

 

これは円状交差点、または地域を代表する大小のグループの話し合いの結果で
次の提案が出されていた。
 

 

第1条  「代表者」と呼ばれるスポークスマンは自分の名前(または立候補者か

否かにかかわらず
他の者も)を帽子の中に入れる候補者の中から自由に選ばれる。

帽子から抽選で選ばれる。

 

 

第2条  代理される者達(市民)は、代表の委任を代表者またはその代わり

説明と準備の会議後
日間代表委任を託す。

それを経て、彼らは使命を託され
我々の投票を準備するか、または

我々に代わって
投票する、それから逸れることはできない(不可欠な使命) 

 

 

第3条   委任者またはその代わり、全ての方法を駆使して彼らの代表場面を
映像で録音し
ライブで中継する。 
 

 

第4条   代理人とこの代わりはリックの現場で代理されている者たちの要請で
随時にそして即刻に解任されることができる。
 
 

 

第5条   使命終了後、代表者は代理されている者たち(市民)の前に報告する。
市民はその後賛成するか否か決める

 

 

 

    黄色いベストの陳情書(要求書)

 

黄色いベスト運動が始まって、彼らは僅か1週間ほどで政府宛の陳情書
リストを作成した。

まず最初に
住居不定者(家を失った人々)が完全になくなる、

社会福祉システムを全ての者に、最低給料を1300ユーロに
あげるetc・・・


「陳情」とは、御主人様
への請願であり、

最終的には立場の低い者が
上位の者へする請願書である。


上流の人間が議員で、下流の者が
有権者である。


世界中の人民がそうであるように、彼らが窮乏して反乱を起こす時は


議員へ
の服従に慣れている有権者は、常に立法レベル(憲法制定レベルと

区別することが重要)の決定を要求する。
 


 

それは「税金を下げて欲しい、もっと給料を上げて欲しい。

政府の浪費をやめて欲しい。議員の特権を減らして欲しい。

社会福祉システムの改善
。公共のサービスの破壊をストップして欲しい。

・・・etc。



 

 

黄色いベストの陳情書リスト

 

ゼロSDF(住所無保持者) 緊急
 

もっと累進課税を所得税に適応させる。
 

スミック、(SMIC最低給料)を1300ユーロに

 

・村と町の中心小売店の優遇(小さな商店を潰す大商センターを

郊外に建築するのを止める)
、それに加えて町の中心街でのパーキング無料。

 

エコロジーのためと家計節約のためにレール材料を利用して住宅を

寒さから守る
政策を作る。

 

・税金大企業(マクド、ゴーグル、アマゾン、カルフール・・・)から

大きく取り、小
(職人、中小企業から)小さく取る。

 

・皆が同じ社会保障システム

 

連帯退職システムの継続。ポイント退職を止める。

 

燃料税に終止符を打つ。

 

・1200ユーロ以下の退職金の禁止

 

・全ての選ばれた代理人は人民の中央値の給料を支払われる

交通費は監視され正当な交通費だけが支払われる


食堂券と
休暇小切手の権利がある。

 

・全てのフランス人の給料、退職金、割り当て金はインフレ指数で。

 

・フランス産業の保護、外国への移動禁止。
我々の産業保護は
我々特有の技術と雇用の保護になる。

 

・派遣労働の禁止。フランス領土で働く者が同じ給料と権利の恩恵を
得ないのは異常である。

フランス領土で働く全ての者は
フランス人と同等の権利があらねばならず、

その雇用者は
フランス人と同等割り当て金を払わなければならない。

 

・雇用の安全のために限定期間仕事契約を減らし、

不定期間仕事契約を
もっと増加させる。

 

CICEの終了。この資金をフランスの自動車産業の水素自動車の研究費用に

利用(電気自動車に反して
真にエコロジー的)。

 

・厳格政治の終了。正当ではないとされた利子負債の返済の停止。

貧者やもっ
とも貧しい人々から金を取り上げるのではなく、

80
億ユーロの税金詐欺者から回収し負債の支払いを始める。

 

・亡命要請者の優遇。我々は彼らに住宅、安全、食品

そして未成年者に教育の義務がある。
亡命要請の結果を待つ間に、

国連と提唱し世界中
の多くの国に駐留地を設定。

 

・亡命を拒否された者たちを出身に連行。

 

フランスに溶け込むことを優遇する本当の政治の設置。

フランスに住むということは
フランス人になるということ

(フラン
、歴史、道徳などの教室で学び卒業証書が必要。)

 

・最高給料を15000ユーロに決定。

 

・失業者に雇用を提供する。

 

・障害者割り当て金の増加。

 

・賃貸価格の限度節度のある賃貸価格設定(主に学生や貧窮労働者のために)。

 

ランスの資産売却の禁止(空港、ダム・・・・)

 

・警察、司法、機動隊に十分な手段を与える。

警察の時間外
手当ての支払(未払いを回収)。

 

高速道路の料金所で稼いだ全額はフランスの道路と高速道路の維持と

交通安全のために使用。


 

・民営化後価格増加された水道と電気は国有化され、価格が十分に減少される。

 

・鉄道の小ラインと郵便局、幼稚園と学校の閉鎖の即時停止。

 

我々の高齢者にもっと福祉を。高齢者目当ての金儲けの禁止。

 

・幼稚園から高校までクラス人数を最大25人に。

 

・精神病院にもっと手段を与える。

 

国民投票を憲法に制定する。人々が法律を提案できる独立し

コントロール
された、読みやすく効果的な組織であるインターネット

サイトの
創設。

もし、法律の提案が7000
00人の署名を獲得すると

この提案は国会で
討論、修正、完成され、フランス人全体に出され

投票されねばならない
(700000人の署名を獲得した丁度一年後)

 

フランス大統領の委任期間を7年に戻す。

大統領
選挙後年後にある議員選挙は彼の政治に関して正否の合図を送れる。

これが人民の
声を聞く機会になる。

 

・退職を60歳に。

困難な仕事に
従事していた全ての者はは退職を55歳にする
(例としてレンガ工など)

 

・10歳未満の子供保護する仕事の継続(6歳の子供を一人で放置しないため)

 

・鉄道による商品の搬送を優先する。

 

・給料支払い時での課税禁止。

 

・大統領の終身歳費の終了。

 

・客が支払いカード使用の際に商人に課する税金の禁止

 

・船舶燃料と灯油に課税を。

 

(http://www.gaucherepublicaine.org/respublica/les-revendication -des-gilet sur-jauness-un-vrai-cahier-de-doléances/7402768)

 


 

グローバリスト-フリーメーソン全権政治に反乱を起こした黄色いベスト運動

55F2507B-22CF-4CCB-9EB0-7ED1DAB8367B
             


           黄色いベスト運動
が起こったフランス社会の分析

 

なぜ、75%以上のフランス人に支持された黄色いベスト運動が
起こり
長く続いたのか。

 

現在、世界や日本がそうであるように、

 
フランスはうまくいっていない。

人々はもはや今では給料や生活水準の上昇のために
闘争している
のではなく【国の機関の変化】を要求している。


何が起こったのか。

 

まず最初に、コントロールされた野党である「組合」から無視された

人々が、百姓一揆のような怒りに入り
、最初のうちは自信満々で

高飛車な政府が色々な政策を出すが、

それらはさらに税制
 – 間接税を重くするだけであった。 

 

また、2つのカテゴリー、

過去に稀に連合した
2つの社会クラスである窮乏所得者・・・

プロレタリアとでも言おう、

そして
、小ブルジョワである小企業家の怒りが爆発した。


 

過去、

全ての政党は常にこれらの2つのの
社会クラスが連合することを
邪魔してきた。

何故なら、

これら2つの社会クラスが共同すると

【革命タイプの質のある飛躍
の方向】に向かっていく。

故に、今起こっていることは
凄く興味のある深いものであり

【低額有給者と小企業家が連帯して
完全に不正な超税制

に対して立ち上がり、

それに対して
嘘の戯言であるエコロジーをでっち上げて
政府は対抗しようとした。

 

この怒りは鉄道職員のストライクを壊したと思った政権は、

当選後にフランスをイギリスのようにタッチャー化しようと目論ん
でいた。

さらに現大統領当選後に、

フランス人は
彼がフランス人の望む全ての反対の政策を取っている

最低の大統領
であると知ったことなどが政権にとって逆風になった。


その前に、

同じような現象がイタリアの「五星運動」、

米国の予想されていなかったトランプ当選、

同じく
イギリスのブレキシート、

トルコのエルドガン
政策の「反米国」「反イスラエル」化があった。 


 

フランスは最後に目覚めたが、

時には
このフランスが最も遠くに行く国である。

 

政府が予期していなかった暴動で

「コントロールされている組合」と

「党のコントロール」を失い
政府はコントロールを失った。


一月に
予定されていた「燃料税」は貧し家庭にとって

ますます耐えられないものであり、

さらに
ゲイ、移民、フェミニズム、気象問題などのマイノリティーや

他の偽要求
などを常に最優先する政策がばれて

社会的経済的苦痛とともに


その偽イデオロギーの2つは爆発的になった。
 


 

政府が実行した

「社会的問題詐欺」で


1983年頃から


社会的政策に限られた政治を行ってきた。


それは「資本
と労働」に関しての問題から国民の目を逸らすことだった。


これは意図的に「マイノリティー
」と呼ばれる者たちの
体系的な防衛に国民の目を逸らすためだった。
 

 

女、移民、若い世代などの社会的問題は

実は「扇動す
るマイノリティー (ユダヤ人)である者たちをモデルにし

「マイノリティー
被害者(ユダヤ人)」を掲げ、

そして行動する者たちが

「支配システム
(ユダヤ人であるが、フランス人は反ユダヤ法

で命名できなかった)を築いた。


フラン
人はそれを影で「被害者妄想コミュニティー」と呼んでいる。


フラン
のポピュラー的言葉で

「泣き言で儲けるコミュニティー」である。
 

 

だから、フランス人は突然にして、

このような全ての嘘に固められたシステムから出ている最中である。


社会的困窮と嘘のイデオロギー。


これらの2つは爆発的である。

 

黄色いベスト運動はこれらに関する怒りを具現化している。

労働者と小経営者。

そして、地方と田舎


パリだけではないのだ。

 

フランスは何らかの前暴動期にいる。



この黄色いベスト運動がもっと続くと、

給料の要求とテロの脅威
のもとに結合するというような

スローガン
に集まっていた弱い人々は去り、

運動の
固い中心部はますます強靭になり、

給料の増加以上のことを
ことを要求し、


「直接民主主義」を

詐欺である「代表民主主義」に変わって要求
するだろう。 

 

【市民発動の国民投票】はエチエンヌ・シュアールが数年来全ての仕事
をしてきた。

 

今日、政府はこれらの重問題を前にして、

彼らの全ての
右翼左翼の家族政党に、右翼組合、左翼組合に

皆一緒に団結することを
要求している。 

 

 

これは前代未聞の危機である。

何故なら彼ら全てが一緒に危険に瀕している。

そして選挙を急いでいる。


そして、
いつものように解決法は対話にある投票箱にあると言っている。


 

黄色いベスト運動は選挙に全く興味がない。


そして、黄色いベスト運動で分かることは「怒りのガリア人


がフランスにまだいる、力強い男たちがいることだ



 

黄色いベスト運動でフランス人はフランス人の特徴である

「政治
の最前線である「人民の春」に再びいる。


世界中がフランスを見ている。

世界中がフランス人の「政治的勇敢さ」
拍手している 

 

 

そして、フランスにはどのような現実的な解決策があるのであろうか。

 

 

解決策として、 

黄色いベスト運動は
欧州連合からの脱退

国民投票、

全ての
メディアや政治などの寄生虫クラスの排除を要求している。


また、

国民の困窮の本当の責任
者達である金融資本家

寄生虫であるグローバリスト、

黄色いベスト
はこれらを世界的寡頭政治家の群れと呼んでいる

の無い金融家
1930年代の香りがする超富豪家達の排除を呼びかけている。

 

1983年代のミテラン時代からの

「本当の問題を話すことを妨害してきた右翼
・左翼の交代」時代には
もういない。


もはや企業対労働者の時代ではない。

今日、多くの小企業
経営者は時には労働者以上に働いている時代である。

 

これらがもっと深刻で重要になってきているのが分かる。

それが政治階級とメディア階級
を恐怖させ、

さらにグローバリズムの恩恵者であった扇動するコミュニティー(ユダヤ人)
などが
怖がり出した。


黄色いベスト運動は
巨大なリトマス試験紙である


全ての政党は非合
法であり、

何年も前からの
組合の行動はフランスのタッチャー化だった。


また、寡頭政治家がマクロン大統領の到来で遂に
フランス社会政治の

特異性とフランス的なビジョンである「福祉国家」の清算ができたと考えた。


しかし、
フランス人にはイギリス人のように扱われたくないという
「根本的な概念」があ
る。


 

また、フランスには フランスのグラン・オリオン(ユダヤ

・フリーメーソン
支部)の支配、シークレット・ソサエティーと

抑圧グループである
メディアの存在がある。


 

ここに「直接民主主義」と「代表民主主義」の全てのニュアンスがある。


違う社会カテゴリーを代表
する人々

人民を
騙すためにいて寡頭政治に属する。


金融階級、シークレット・ソサエティーと言われる

右翼左翼
のフリーメーソン、フランス人から完全に切断された

これらの
代表エリートは実際には彼らの利益だけを代表している。



これらの人々は皆、

国際大資本家である大銀行家、右派
、左派のフリーメーソン網の前に

ひれ伏しているのが見える



これらは今起きていることから、陰謀論とも言えるが、

グローバリスト
フリーメーソン全権政治とも言える。


 

 

        2018年秋に黄色いベスト運動は始まった

 

2018年11月に運動は始まった。

その時
フランス人の多くの人々の絶望は

「黄色いベスト」と共に希望へと変わった。


彼らは長い間
革命的、平和で統一した人民の反乱を待っていた。


黄色いベストは
抑圧された人間としてしなければならないことを
全ての面で模範的にしている。 


 

彼らは社会をやり直すために家から出て、

フランス中の
円状交差点や高速道路の料金(ペアージュ)に集まった

彼らは勇敢に冬の寒さ
、雨、そして夜に立ち向かった。

24
/24時間人々は交代でその場にいた。

彼らは理想の彼らの望む社会を作るために集まった。

彼らはそこで
同じ困窮者が多いことに気づき恥ずかしさは
怒りに変わっていった。
 

 

彼らは、その場に集まり、共に食事をつくり、小屋を作り祭りをした。


彼らは円状交差点ごとに
集まり新しい家族に会うことに幸せを感じた。 


 

彼らは一緒に市民の学校を作り話し合った。


彼らは団結し、

硬い決心であり、平和主義者であった。

より良い世界を想像し希望
する新しい社会を作り始めた。 

 

この、に戻るという精神は異例であった。

人々は
村々を管理することを再び学ばねばならないと思った。 

 

彼らは全ての人々がそうしなければならないように

彼らは家から出て公共の場に
皆と一緒になり、冬の寒さにも、

雨にも
風にも負けずに我慢強くそこにいることは完全に前代未聞であった。 


 

フランスではすでに1968年の春に大規模な学生デモがあったが、

それらは
主にパリで起こっていた。

雨の日にはデモ行進はなかった。

フランスは伝統的に毎年のように春になり暖かくなると

デモ行進が行われるが、雨が降ると共に人々は家に帰る。
 

 

黄色いベストのお陰で、デモがある高速道路の料金所では無料になった。

これはシンボル的であった
 

 

高速道路の料金はもう何十年も前に高速道路を作り始めた頃、


フランス中の高速道路を
作るという名目で資金集めのために始まった。

しかし、その後工事が終わっても
維持費としての名目で料金徴収は続いていた。

フランス人は
過去幾度も料金無料を政府に求めたが政府は常に無視してきた。

その後政府は
彼らの金持ちの友達に高速道路を「民営化」という理由で

金持ちの安い価格で売り、
その後料金は上がる一方であった。

 

これは明らかに、

日本の場合と同じように
国民からの強奪である。

これは暴力団の
ゆすりに似ている

国民が国内を自由に流通できない


金に余裕の無い市民は
遠くまで無料で行けない、ということである。

これほど不条理な
人間の行き来の自由束縛の規制があるだろうか。


個人の自由を奪う全体主義-共産主義的規則である。


自由であるべき「行き来」の自由を奪うヤクザ、マフイア顔負けの
強奪である。


黄色いベストにとって高速道路
が無料なのは

国民の当然の権利であると言っている。


さらに、

彼らは
駐車場、バス料金の無料も当然の権利として要求している。


 

 

黄色いベスト運動の到来は資本主義と選挙ー代表制(議員)システムの弔鐘か?

9562B298-FA9E-4B41-BB9A-2EAE420FACA5市民発動の国民投票(R.I.C)
77B6CA89-C955-49A5-99E2-620E74C9CCE4憲法教室(アトリエ)
         





黄色いベスト運動の到来は資本主義と選挙―代表制システムの弔鐘か?

 

 

目標は黄色いベスト運動で市民発議の国民投票

現憲法に「挿入」することである
 

 

クリスマス前に始まった黄色いベスト運動は多くのフランス人に
とって
クリスマス・プレゼントのようだった。


もう十四年以上も前からこの日のために
「憲法教室」を準備していた人々は、
多分まだ十年はかかるだろうと言っていた。
 

 

だが、黄色いベスト運動による 

フラン
の円状交差点や

高速道路料金所で増えている

憲法制定アトリエ(勉強会)


フランス人はチューニジア革命やエジプト革命
時と違い

準備されてきた
のだ。


 

彼らは憲法制定者になるための練習をして来た。


これはフランス人が政治的に
成人になったことを意味する。

彼らは言った。


「我々は我々より上に位置する議員と彼らより劣る我々は、

全てのことに関して依存することを拒否する」。
 

 

「我々は意見を言えない?

決定できない?

いや。

我々は来るべき反乱のために


いつの日か分からないが、

人間は常に反乱を起こしてきた


我々はその日のために憲法制定を練習する。


その時に、

その機会に、

次の憲法制定議会が議員ではなく、

我々自身で制定するための練習をしている。

何故なら、

プロの政治家が
彼ら自身の規則を書くことを我々はもう望まない。



何故なら、

人民の
無力で終わるからだ

。もう十分だ。」
 

 

 

練習しながら憲法を読むのが上手くなる。

やかましくなる。

 

 

色々なアトリエから分かることは、

人々は全体的に
同じようなこと、

実際的には委任の規則を書き


人々はあまり法律を書くことを好まない。


憲法制定アトリエでは
代表者の原則を書き本当のコントロールを
書いている。

中には字を読めない人もいるが決定に加わり彼の意見を言う。

 

今すごいスピードで変わってい

未来がどのようになるかわか
らない

しかし、数ヶ月前ではこのようではなかった。

まだ10年はかかるであろうと言っていた。


黄色いベストは我々がしなければならないことをしている。


違う立法を考えることができ


憲法制定レベルがあることを示し、


我々に欠ける人民の強さを制定している。
 

 

 

さらに立法レベルに降り書き始た。

彼らは立法的な要求に固執するより、

市民発動の国民投票の憲法制定の要請を最優先する

ことにし、それを書いている最中
だ。 

 

 

彼らはそれらをしている最中だ


実に模範的である。


彼らは我々皆がしなければならないことをしているのだ。


フランス人の80%
は30年前から意見調査によると、

リックを望んでい
故に、フランス人民はそれを熱望している。

そして、黄色いベスト運動は、それが我々の
最優先であり、

我々自身で書きたいと言っている。
 

 

市民発動の国民投票に関する国民の熱望と黄色いベストの

革命の高揚の連結は
妨害されなければ、暴力がなければ

さらに運動内の
仲間割れがなければと言う条件で

盛り上がっていくなら全ては変わるで
あろう。 


 

市民発動の国民投票は代表民主政の否定ではなく

反対に根本的な改善である




一世代は次世代に足枷をかけてはならない。



これはトーマス・ジェファーソンが米国憲法の編集の際に言ったことで


憲法、法律や政治法則の大原理であり、

実際に各世代は規則を再検討する
権利がある。 

 

 

黄色いベストは憲法アトリエを至る所に設置していて、


プラットフォームの功績を設けてい



各々のグループが
良い市民発動の国民投票を編集したと思う時は
そこに公表する。

ヶ月かヶ月後に投票できる。

投票によ
最も良い市民発動の国民投票が出てくるだろう。

 

この知的プラットフォームの功績で


黄色いベスト
と他の人々に圧倒的多数で選出されたのは

つの市民発動の国民投票だった。


200
から300の提案があったが、皆同じようなものだった。 

 

 

望むことは、誰か大統領に値する人が選ばれ、

公共の、一般の利益の概念のある


我々の考えを本当に代表してくれる人が現れて欲しい
と、

夢みたがもちろん無理だろう。


 

しかし、善意の意図を抱き、職権を持つ人が

さぁ、6ヶ月の考慮の後に
黄色いベストと他の人々が加わり

市民が3つのリックを選択した、とても興味深いので
国民投票にかけ、

これら3つのリックから最も
大多数を受けたリックを選択しよう。

これはユートピアではない。

ただ、それに相当する大統領が必要だ。


その
代表者は現在の議員ではない。 

 

 

通りにデモに出る人々は代表者を望まない。

人々はもう何十年も代表者に裏切られ続けていると感じている。


しかし、
我々我々の真の奉仕者になる代表者を選び、

我々の望むリックを制定して
憲法に挿入させることに

全力を尽くす
つもりである。 

 

 

市民発動の国民投票の挿入は


現憲法を不均衡に
するので

多くの手続き
も変えなければならない。


それは、憲法全体の組み直しになる。

 

 

憲法の改正はブロックごとではなく、

条項ごとの改正
する。

ブロックごとに改正すると中に
受け入れられないような条項もあり、

嫌々ながら
投票することになる。



例えば、1995年の
欧州連合の憲法の投票時には

人々は提出された憲法の中に
受け入れられない条項もあったが、

それは否定するほどの大きなことではな
かったので「はい」投票になった。


その時は条項ごとへの投票では
なく、

ブロック全体への「はい」「いいえ」
の選択をせねばならなかった。

 

事実、我々の腕を常に捻り上げ



憲法全体の企画に、

ブロックごとに「はい」「いいえ」と答えねばならな
く、

ニュアンスを禁じるのは屈辱的である。

 

また、特別な題名ごとの投票ではなく、それは憲法制定者が決めることだ。


寡頭政治家
ではなく人民が決めなければならない。


憲法制定者がそれがブロック
条項か決める。


問題を感じると
討論し妥協する。

憲法アトリエではそれらを沢山している。
 

 

多くの場合、憲法アトリエでは国会のように口喧嘩などしない

事実上
、憲法制定を書く時にはもっと合意的である

しかし、時には不合意の時もある。


我々は憲法アトリエで不合意を構成することも学んでいる。

と言うことは、

合意に達しない時は


2つの選択を書く。


選ばなければならない一連の2つ
の条項と、


憲法制定者がブロックの条項を決める。
 


 

市民による憲法制定過程と市民の憲法教室

C9EDA782-B881-4082-BCD2-14C95D1CE2B5
フランスの黄色いベスト運動の憲法教室



                  
市民による憲法制定過程と市民の憲法教室

 

 

誰が今日の本当の代表者であるか。

 

問題はこの憲法に我々は代表されていない。


銀行家は代表されている。



金持ちは
この最上の憲法のテキスト

彼らが
すでに選定した候補者の中から選ばれる選挙の手順を設置
しているので
代表されている。

彼らが候補者に資金援助
できることで、

これらはどのような選挙でも常に勝てる。

 

我々は政治的牢獄にいる。

 

皆が無視して、

普段なら考えても
みない憲法のテキストも黄色いベスト運動で
変わって来ている。

時は来た。

我々を牢獄に繋ぐものが
現在の憲法のテキストの中にある、

我々の政治的無力さがこのテキストに書かれてあることを識別

しなければ、
これら自称国民の代表者が日夜、

我々を裏切る行為に抵抗できな
い。


問題を根から扱わねばならない。

 

 



                            市民の
憲法アトリエ(勉強会)
 

 

黄色いベストは今のところ憲法全体をを問題視してはいない。

しかし、
憲法アトリエ(勉強会)では憲法全体を書き換えている。





<> 市民による憲法制定過程と市民の憲法教室

 

 
A4A4C858-AEF3-4EB3-AB43-5E220E805F4D
エチエンヌ・シュアール

 

 

憲法アトリエとはエチエンヌ・シュアールがここ十年以来

フランス中を講演して回った時に、それらの
地域に設置した

市民
憲法勉強会である。


今では、黄色いベスト運動の機会に、

フランス中の円状交差点、高速道路のペアージュに

憲法アトリエが設置された




そこに市民が参加して
憲法、政治などを勉強し、検討、

決定
する場所になっている。 

 

 

最初のアトリエでは先づ第1に憲法のテキストを検討する

読書のアトリエ
で点から点まで、、線と線の間を読むことを学ぶ。


例を言うと、

フランス共和国
憲法第三条は

【国家主権は国民に属する


(うわー、素晴らしい。そして
誰が行使するのか?)

人民はそれを代表者を通じて
・・・

(
あれっ代表者が?変だぞ)と考える。

そしてそれは
詐欺だと気づく。


何故なら、もし我々が
【代表者】から行使されるなら、


我々人民は行使しないからだ!



 

 

このように書くことを練習している。

本当に驚きだ。

憲法の
どのような条項を取ってみても反憲法だ。

これを憲法と呼んではならない。

これは国民の保護ではなく牢獄である。
 


 

どのような条項でも偶然に取ってみることだ。

そこには
国民の権利の没収がある。

それは
欠陥であるから見えない。



だから塾考することだ。


人民と
その権利はどこにも書いてない。


我々のマスター(議員)が
後見人である。


しかし、条項を読み
よく吟味すると欠けていることが見える。


我々が何処にもいないことが見える。

 

 

故に、憲法制定者の最初の活動は

これらのテキスト
どのようにして我々の政治的権力を

剥奪しているかに気付きこれらを読むことにある。

 

 

そして、黄色いベスト運動は現憲法三条を、

憲法アトリエでこのように修正している。

 

 

「主権は国民に属し、

それは全ての題目
の、

憲法と協定も含めて市民発動の国民投票
と代表者により行使され、

条項は国民投票でしか修正できない」


 

 

 


    <>  国民投票の発議が大統領や
国会議長や政府にある危険性

 

 

また、大統領や国会議長、政府の発議で始まる国民投票は
とても危険である。

何故なら帝国主義であるからだ。
 
 

 

一例を取ると、

人間の歴史で皇帝主義
とは広い意味で君主でいられる。


大統領
発議の国民投票で単純な大統領の質問が

90から95%の「はい」


圧倒的多数で選出される
国民投票、

これはナポレオン三世が利用した。

 
彼らはその後

自由を抹殺する政治を運営するのに正当であると感じるからだ。


 

 

故に、何か危険なものがある。


執行権
はすでに多種の法外な権力がある。


これらに
国民投票を与えると、

全ての
権力に反目して全てを通すことができる。

議論の余地がある。

 

 

 <>発動に必要な署名数と市民発議案の手順

 

 

我々が数百人、数千人、数万人になれたら議会も国家評議会(

日本の場合最高裁判所
)も誰も我々を遮ることはできない。


我々は正当な質問ができる。
 

 

我々が十分に多数なら

どのような機関も我々の前に立ちはだかることはできない。


国民に質問がなされ


もし国民が確認するなら、

どのような機関にも遮られないで決定され



 

一人の男性や女性がもちろん見事なアイデアがあるがカリスマ的

でないので、政治集会で
10万人の署名を集めることができない
場合もある。
 

 

抽選で選ばれた『国民投票院』を設置することにし、ごとに設置され、

仕事は1時間
ほど「市民発議案」を聞くことだ。


国民投票院は市民と
1時間の会見をしなければならない。 

 

この時間内で市民は自分の考えを提示でき、院は聞き、確認し、

もしこの考えが良いのであれば


さらに1時間必要であれば2時間の延長を
要求できる。 

 

さらにこの考えが良いのか

または国民投票にかける価値があるかないか
分かるために投票をする。


これは寡頭フイルターではない。


何故なら、これらは抽選者であるから。


故に
普通の人々が参加する。

 

 

そして、国民投票院がこの質問と個人発議案が有益であると

決定するなら
これを予定表に登記する。


スイスでは
年に4回国民投票する。

 

 

故に年に4回の国民投票が行われる。

ヶ月ごとに国民投票がある時には祭日(休日)で働かない有給日にする。


また、発議案がフイルターを通った後は
国民投票院は

この質問が難しいかどうか決め、

院は討論を組織して国民の意見を照らす。

 

 

一見3ヶ月ごととは多過ぎそうに見えるが、

スイスではそのように機能していて、

彼らはとても満足してい



10の発議案のうち8は
風変りに見えが、その場合は控え

しかし2は重要である。

彼らは国民投票を本当に重宝がっている。

 

 

国レベルの国民投票だけでなく、

他にも市の国民投票、

県の国民、

地域の国民投票
もある。 

 

 

一例をあげると、

市レベルの国民投票では


今起きている「市の強制的合併を直ぐに辞めさせる
」ことである

数年前の市の機能に戻すということ


強制的合併で
小さな村の首を絞めている。

我々が市の合併を
許す時は、あらかじめ、

関係する地元の間で国民投票があった時にだけ
である。

これらが義務付けされねばならない。

 

 

さらに、我々が貨幣の創造をコントロールできるなら、

国民投票院の人々に
支払え

 

 

このように

我々は
議員に何もお願いしないで我々自身で憲法制定過程を

制定できるなら、新憲法を制定するのに議員は要らない。



議員は憲法制定過程で
正当ではない。

彼らは同時に
判事と裁かれる者であり、

議員は憲法制定過程から出
て行き

憲法制定過程の中にいてはならない。


 

望むことは

日本も他の国々
も、

人民が憲法制定者になることで一緒に独立し、

金融グローバリストから


国の牢獄から同時に解放さ
れることだ。



何故なら1つの国が
民主主義になっても帝国の軍隊はそれを
打ち壊し
無にするだろう。


 

 

我々が「選挙」から抜け出て、

憲法制定者になることができるなら


我々は市民発動の国民投票を制定でき、


数多くの日本人の望まない国際協定、

例え
TPP条約などを国民投票で告発し脱退できる。


契約を告発すればいいのだ。

 

TPPの場合は、

それに加入し続けるなら、

数週間後、数年後、我々は退職の攻撃、

労働法の破壊、

会社の税を下げて

国民の税金を上げ

公共のサービス
の削減や民営化、

これら全てはこの協定から強制される。
 


 

 

 <>代表者(議員)という存在自体が問題なのか

 

 

代表者(議員)に問題があるのは確実であるが、我々が多いということで

代表は必要である。


憲法上の
代表制の存在に関して我々が討論するのは基本的である。


何故なら、

憲法とは
代表の規則である。


憲法は代表者を制定し、


その権力と反権力



代表者に関する代表される者たち
の役割を制定しなければならない。 


 

 

しかし、

この日本国憲法は、

世界中の全ての憲法のように代表者から作られている。


しかし、

憲法制定過程では、

憲法とは代表する者と代表される者たち
との社会契約である。


この社会契約を交渉している間はまだ代表者は存在しない。


契約が制定された後にこの代表は浮き上がり、


代表者はこの社会契約を作る者ではない
ということだ



代表者は日本国憲法を書いてはならないのだ。


彼らは利害の衝突関係にいる。


 

 

代表者が、政治プロが憲法を書くとき、

彼らには一般の利益に反することと反対の個人的利益がある。

子供でも
分かる。

世界中に起こっているように

彼らには彼らの権力と人民の無力を制定する利益があるの


憲法には

このようにはっきり書かれていないが

人民の権力はどこにも書かれていない



人民の権力は憲法にはない。

不在である。

 

憲法に人民を探すけどいない。

我々は隅に押しやられている。


我々はどこにもいない。


もし、憲法内に人民がいないのは


憲法を書いた人が適当な人ではなかったからだ。
 

 

 

代表者は必要であるが、

憲法のテキストは代表者を制定し
なければならない。

権力を制限しなければならない。

 

 

故に、

明らかに代表者は憲法を書いてはいけない。


彼らは
偽のコントロールを書く


それが世界中に起こっている。


議員にとって我々は政治的に
子供であり、彼らから子供扱いされ、

この憲法内に我々は
何も決めてはいけないようになっている。 

 

有権者は憲法制定者に変化しなければならない。


フランスでは#黄色いベスト運動


有権者は憲法制定者に変化している
最中である。

彼らは
代表者の規則を最良の形にするために彼ら自身で憲法を書く
市民に変化した。


【これこそが市民発議の国民投票である。
 】

 

 

憲法は牢獄である。

我々の牢獄に関してよく考えてみることがとても重要だ。


しかし、このテキストを我々自身で
書き始めるとこれは保護に変わる。


こうあらねばならなかったのだ。


憲法制定過程での我々の
辞職を止めなければならない。 

 

 

また、憲法制定議会立法議会から区別される。

重要な点である。

憲法制定議会は
仕事を完成した後解散される。


そして、
立法議会制定のための選挙を始める。

 

 

今日のレベルは上がり、

多くの人々が立法者でなくとも憲法制定者になれる。

専門家は必要ない。


(フランスでの
14年間の憲法アトリエで、

人々はとても良く書くことで証明されている)

 

根本的な問題は、

人民は憲法
制定議会にどのような者でも指名する権利がある。 

 





 


 


 


 


 

  

 


 

 

 


 


 

 

 


 


 

 


 

 


 


 


 

 


  

 


 


 


 


 

ギャラリー
  • 抑圧された治癒技術が月面で大量生産され、公開されているのだろうか。
  • 抑圧された治癒技術が月面で大量生産され、公開されているのだろうか。
  • 抑圧された治癒技術が月面で大量生産され、公開されているのだろうか。
  • 抑圧された治癒技術が月面で大量生産され、公開されているのだろうか。
  • 抑圧された治癒技術が月面で大量生産され、公開されているのだろうか。
  • 抑圧された治癒技術が月面で大量生産され、公開されているのだろうか。
  • 最後のウエイクアップ・コール:私たちの未来が明らかになる
  • 最後のウエイクアップ・コール:私たちの未来が明らかになる
  • 我々の再起動–3Dから4Dおよび5D 第23–Lev
カテゴリー
  • ライブドアブログ