2024年5月18日(土)9時54分

 

米国は前例のない突然かつ予期せぬ方法で数千人の空挺部隊を配備したが、その配備には眉をひそめた。ロシアによる隣国ウクライナへの地上侵攻の懸念がヨーロッパ大陸に迫る中、米国とNATOの同盟国は数千人の空挺部隊を派遣している。東ヨーロッパへの軍隊派遣は、ウクライナ国境付近でのロシアの軍事行動に脅威を感じているNATO同盟国への支援の一形態である。

NATO空挺部隊はバルト三国からバルカン半島に至るヨーロッパ全土で危機に共に対応する能力を磨き、17か国から1万3000人の兵士が派遣に参加した。ロシアによる隣国ウクライナへの地上侵攻の懸念がヨーロッパ大陸に迫る中、米国とNATOの同盟国は数千人の空挺部隊を派遣している。この配備は、相互運用可能な多国籍チームとして危機に迅速かつ効果的に対応する連合軍空挺部隊の能力に焦点を当てています。

https://beforeitsnews.com/military/2024/05/thousands-off-us-paratroopers-nato-allies-jump-one-by-one-near-ukraine-border-military-foundation-2492693.html