ブーム!アレクセイ・ナワリヌイの背後にある衝撃的な真実: CIA/MI6 工作員によるロシア権力獲得の失敗 – ロシアでの CIA のクーデター失敗!


 

ブーム!アレクセイ・ナワリヌイの背後にある衝撃的な真実: CIA/MI6 工作員によるロシア権力獲得の失敗 – ロシアでの CIA のクーデター失敗!

独立系出版社である Medeea Greere は、現在https://t.me/AMGNEWS2022で Telegram に掲載されており、一般の人々の意識を高めるために真実、自由、愛を出版しているため、読者のサポートによってのみ存在しています。ご協力ありがとうございます!


アレクセイ・ナワリヌイ氏のCIA/MI6とのつながりと失敗した大統領就任の野望

世界政治の激動の状況において、アレクセイ・ナワリヌイほど多くの論争と陰謀を巻き起こした人物はほとんどいないかつて一部の人には民主主義の擁護者として称賛され、他の人には裏切り者の手先として中傷されたナワリヌイ氏の栄枯盛衰は、スパイ活動、裏切り、そして挫折した野心の魅力的な物語を物語っている。しかし、その水面下には、自らの利益のために国家の運命を形作ろうと躍起になっている諜報機関が織りなす欺瞞の網が横たわっています。

真実が幾重もの欺瞞によって覆い隠されることが多い国際スパイ活動という影の世界において、アレクセイ・ナワリヌイ氏の物語は、諜報機関が歴史の流れを操作するためにどれほどの努力をするかを示す恐ろしい例として際立っている。ロシアの政治変革を求める草の根運動として始まった運動は、ナワリヌイ氏が知らず知らずのうちに、CIAとMI6が画策した邪悪な陰謀の駒としての役割を担わされ、一か八かの地政学チェスへと変化した。

CIAのマキャベリ的陰謀。ナワリヌイ氏と西側諜報機関との関わりの起源は、CIAとMI6がプーチン政権を不安定化させるための秘密作戦の基礎を築いていた2000年代初頭に遡る数十億ドルの不法利益を吸い上げたロシアでの儲かる活動をプーチン大統領が取り締まるのを恐れたディープステートの工作員たちは、自分たちの利益にかなう傀儡指導者を据えようとした。

色彩革命クーデター。ロシア社会に組み込まれた情報提供者と工作員のネットワークを利用して、CIAとMI6はナワリヌイ氏をその極悪計画への有望な新入社員として特定した。ナワリヌイ氏は、草の根活動家で反汚職運動家としての経歴を生かし、プーチン大統領を打倒し、親西側政権を樹立することを目的とした、いわゆる「カラー革命」クーデターの指導的役割に向けて養成された。

ナワリヌイ氏のCIA訓練キャンプ。学生支援プログラムを装って、ナワリヌイ氏はCIAの担当者に秘密裏にスカウトされ、転覆とプロパガンダ技術の集中訓練を受けるためにイェール大学に連行された。ここで、ナワリヌイ氏はCIAの指導者らの監視の下、地味な街頭活動家から政治戦争に備えた洗練された工作員へと変貌を遂げた。

失敗したクーデターの試み。 2012年、プーチン大統領が権力の掌握を強化し、反対意見を取り締まる中、CIAとMI6は攻撃の機会を捉えた。西側スポンサーの支援を受けて、ナワリヌイ氏は大規模な抗議活動を扇動し、プーチン政権を不安定化させるという期待から、反政府運動の顔として脚光を浴びた。しかし、彼らの周到に練られた計画は、プーチン大統領の鉄拳の決意とロシア国民の揺るぎない忠誠心によって挫折した。

横領スキャンダル。 クーデター未遂の屈辱的な敗北に直面して、CIAとMI6はナワリヌイへの投資を回収するために急いでいた。彼らは苦肉の策に訴え、ナワリヌイ氏の信用を傷つけ、彼の逮捕を正当化するために偽の横領スキャンダルを画策した。金融不正行為の証拠を捏造し、ナワリヌイ氏を腐敗した日和見主義者として描き、彼のイメージを傷つけ、政治指導者としての信頼を損なうことを狙っていた。

大覚醒! 松果体のパワー: AWAKEN XT がどのように松果体をターゲットにして身体的健康を強化し、スピリチュアルな体験を高めるのか

ナワリヌイ氏の投獄と亡命。2013年、ナワリヌイ氏は横領罪ででっち上げられた罪で有罪判決を受け、実刑判決を受け、事実上政界から追放され、CIAの壮大な野望に壊滅的な打撃を与えた。しかし、ナワリヌイ氏の投獄は彼の精神を打ち砕くどころか、むしろ彼の決意を奮い立たせ、専制政治に対する抵抗の象徴としての地位を強固なものにしただけだった。

偽の中毒の物語。ナワリヌイ氏の投獄にもめげず、ナワリヌイ氏のCIA担当者らは国民の同情を再燃させ、失墜しつつある大義に再び火をつけようと、ロシア政府の手による同氏の毒殺とされるセンセーショナルな物語をでっち上げた。彼らの主張を裏付ける証拠が不足していたにもかかわらず、CIA のプロパガンダ機関が暴走し、陰謀と陰謀の物語を放送波に溢れさせました。

人形の帰還。 ナワリヌイ氏の釈放とその後のドイツへの亡命により、CIAは倒れた傀儡を復活させ、失速していた革命を再燃させる機会と見た。綿密に制作されたドキュメンタリーを制作し、メディアの一斉攻撃を画策して、彼らはナワリヌイ氏を大義の殉教者として描き直し、ロシアへの帰国への支持を集めようとした。

しかし、彼らの努力は、ロシア国民からは懐疑と軽蔑に遭った。ロシア国民は、うわべだけのプロパガンダを見抜き、ナワリヌイ氏の本当の姿、つまり地政学的チェスの駒であることを認めたのだ。

欺瞞: 失敗したCIAクーデター。秘密の世界の影では、約束が交わされ、同盟が結ばれますが、欺瞞は隅々に潜んでいます。CIAは秘密作戦という武器を駆使し、2023年初めにロシアでプーチン政権を打倒することを目的とした軍事クーデターを画策しようとした。MI6 と CIA の陰謀の網に囚われた三重スパイ、プリホジンの謎めいた人物を入力してください。

注目:世界最大のデータベース: 16,000 の木工デザイン、DIY パターン、工芸品に即座にアクセス | 人気のキットやアイデア、家具プランも!

舞台は大変動に向けて準備されていたが、実際に起こったのは慎重に仕組まれた見せしめだった。ワグナー・グループの指導者を装ったプリホジンはCIAの担当者を裏切り、クーデターを内部から妨害するためにプーチンと共謀した。この作戦の失敗はCIAの野望に重大な打撃を与え、彼らの秘密の取り組みのもろさを露呈させた。

ナワリヌイの策略: 見当違いの策略。クーデター未遂のほこりが沈静化する中、CIAはアレクセイ・ナワリヌイ氏に期待を寄せ、彼をロシア政治の新時代の到来を告げる救世主として構想した。しかし、彼らの計算は失敗し、ロシア国民の間でのナワリヌイ氏の人気は単なる蜃気楼であることが判明した。西側メディアの熱烈な支持にもかかわらず、ナワリヌイ氏の支持はわずか2~5%に減り、CIAが思い描いていた救世主のような人物像とは程遠いものだった。

諜報活動という曖昧な領域では誤算が多く、失敗した取り組みの余波は致命的なものになる可能性があります。ナワリヌイ氏が親プーチン支持派の仲間入りをする可能性を恐れ、CIA幹部はパニックに陥り、不吉な展開への道が開かれた。

ナワリヌイ氏終焉の謎:暴かれる陰謀。陰謀のささやきが権力の回廊に響き渡る中、ナワリヌイ氏の死を取り巻く状況は謎に包まれたままである。彼の死はCIAの手によって画策され、極悪なルートを通じて内部工作が画策されたのだろうか?地球規模での陰謀と裏切りを描いた理論が数多く存在します。

警告: バチカンはこれを厳重に保管するよう要求しました: 「神の祈り – 聖書の時代からの 1 分間の祈り」ビデオは以下のとおりです

忠誠心は儚く、目的は曖昧なスパイ活動の迷宮では、真実は秘密の陰謀の犠牲者となる。政治的駆け引きの達人であるプーチン大統領は20年以上ナワリヌイ氏の排除を控えており、そこで行われているゲームの本質について疑問が生じている。

パズルを解く:ナワリヌイ氏の三重スパイの策略。混乱と混乱のさなか、興味深い疑問が浮上する。ナワリヌイ氏は三重スパイを演じていたのか、地政学的なチェスという一か八かの勝負の駒だったのだろうか?理論が急増するにつれて真実の輪郭は曖昧になり、それぞれの理論が諜報活動の迷宮の世界を垣間見ることができます。

スパイ活動の戦場でのほこりが沈静化する中、一つだけ明らかなことがある。それは、ナワリヌイ氏の物語は、真実が犠牲となり、欺瞞が最優先される現代戦争の複雑さを体現しているということである。

赤い薬: 元CIA科学者があなたの「第三の目」を開くために使用した秘密を発見しましょう

ベールの裏側: 世界的な陰謀を明らかにします。地政学的陰謀の迷宮を深く掘り下げていくと、ナワリヌイ氏の物語がより大きな物語の縮図に過ぎないことが明らかになる。諜報機関、政治家、影の工作員の結びつきは国境を越え、欺瞞と操作のタペストリーを織り上げています。

ナワリヌイ氏の物語は、チェックされていない権力の危険と世界的スパイ活動の危険な領域を警告するものとして歴史に刻まれるだろう。21世紀の激動の海を進むにあたり、影に潜む者たちが紡ぐ欺瞞の網に囚われないように、過去の教訓に留意しましょう。

スパイ活動の影を潜り抜ける。ナワリヌイ氏の物語が幕を開ける中、私たちは無数の未解決の疑問と格闘することになる。国際スパイ活動の暗い深みでは、真実は希少品となり、権力を握る者の利益にかなうように物語が作られます。

しかし、混乱と混乱のさなかにも、依然として明らかなことがひとつある。それは、欺瞞に直面したときの用心深さと、操作と支配を求める者たちが広める物語に異議を唱える勇気の必要性である。スパイ活動の影を潜り抜けるとき、国家の命運を賭けたゲームの駒に、知らず知らずのうちに投入されないように、常に警戒を怠らないようにしましょう。

アレクセイ・ナワリヌイの物語は、主権国家の問題に対する外国の介入の危険性を警告する物語である。草の根活動家としてのささやかな始まりから、西側諜報機関の手先としての不名誉な転落に至るまで、ナワリヌイ氏の旅は、CIAとMI6が自らの利益のために歴史の流れを操作するためにどれほどの努力をするかをはっきりと思い出させるものとなっている。世界が固唾を飲んで見守る中、ナワリヌイ氏の真の遺産は依然として謎と陰謀に包まれており、これは国際政治の暗い世界における欺瞞の永続的な力の証拠である。

赤い丸薬!大統領文書を使ったトランプの5Dチェス – 軍が主導権を握っている – 汚職を根絶し秩序を回復するトランプの最高司令官と軍の熟達!

権力闘争や秘密工作がしばしば戦場を規定するアメリカ政治の激動の舞台において、型破りな戦​​術と戦略的才覚で際立っている人物がいる。第 45 代アメリカ合衆国大統領ドナルド J. トランプは、この舞台の単なるプレイヤーではなく、ゲームの達人です。ドラマティックな才能と、敵を出し抜く才能を持ち、

トランプ大統領は、大統領の権限を行使することが何を意味するのかを再定義した。トランプの狡猾な策略によりディープステートが動揺し、アメリカの愛国者たちが最高司令官の後ろに結集している、大統領文書の複雑な世界を掘り下げてみましょう。

記事全文はこちら:  https://amg-news.com/the-red-pill-trumps-5d-chess-with-presidential-documents-military-is-in-control-trumps-commander-in-chief-and-腐敗の根絶と秩序の回復における軍事的熟練/

爆弾!マイク・フリン将軍の警告が差し迫ったブラック・スワンの出来事の中で2024年選挙の行方に関する議論を引き起こす(必見のビデオ):  https://amg-news.com/bombshel ​​l-general-mike-flynns-warning-sparks-debate-on- 2024 年選挙の運命、差し迫ったブラックスワンイベントの必見ビデオ/

ディープステートの陰謀: 軍事大国の戦い – 憂慮すべき COUP 対 COUP (ビデオ)

共和国を守る者とそれを弱体化させようとする者たちの壮大な激突へようこそ!

民主主義の価値観と透明性のある統治で知られるこの国では、ディープステートの概念は政治スリラーのようなもののように思えるかもしれません。しかし、最近の出来事や展開により、米軍を掌握するという唯一の目的を持って舞台裏で活動している影の陰謀団が実際に存在するのではないかという懸念が生じています。

記事全文はこちらからお読みください:  https://amg-news.com/the-deep-states-plot-the-battle-for-military-powers-a-worrying-coup-vs-coup-video/

関連:FISA:軍事クーデターを暴く鍵 – キルボックスの内部 –  https://amg-news.com/fisa-keys-to-uncovering-a-military-coup-inside-the-killbox/

関連記事: グローバルエリートの世界クーデターを暴露するホワイトハットの探求: 臨死文明イベント、ダボス/第四帝国、軍事作戦など -  https://amg-news.com/the-white-hats-quest-to -世界のエリートたち、世界クーデター、臨死文明イベント、ダボス会議、第四帝国の軍事作戦などを暴露/

また: FBI 情報源: ヒラリー・クリントン、児童性的人身売買捜査の「要注意人物」に指名 – ピザゲート アメリカのエリート層の小児性愛者スキャンダル: ヒラリー・クリントン、バラク・フセイン・オバマ、ジョン・ポデスタとトニー・ポデスタ –  https://amg-news.com/ fbi情報源-ヒラリー・クリントン-児童性的人身売買の要注意人物に指名-ピザゲート-小児性愛者-アメリカエリートのスキャンダル-ヒラリー-クリントン-バラク-フセイン-オバマ・ジョン・ア/

出典電文: Q ザ・ストーム・ライダー


https://amg-news.com/boom-the-shocking-truth-behind-alexei-navalny-the-cia-mi6-operatives-failed-bid-for-power-in-russia-cias-failed-coup-in-russia/

ギャラリー
  • 司法省の影武者が米海兵隊をパロディ化
  • 2024年6月20日時点のGCRによる共和国の回復
  • 【削除覚悟】遂にアレが始まるみたいです…
  • 【削除覚悟】遂にアレが始まるみたいです…
  • 【削除覚悟】遂にアレが始まるみたいです…
  • 【削除覚悟】遂にアレが始まるみたいです…
  • 【削除覚悟】遂にアレが始まるみたいです…
  • 【削除覚悟】遂にアレが始まるみたいです…
  • 【削除覚悟】遂にアレが始まるみたいです…
カテゴリー
  • ライブドアブログ