(ブログ編集者):以下の記事を偶然に発見しました! 貼り付けておきます。

____________________________
日本で新型コロナウイルス感染症のワクチンで死亡した場合、政府はあなたの家族に4400万円以上を支給します
2021年2月23日午前6時JST
78
Sora News24による
東京
日本が新型コロナウイルス感染症のワクチンを2月17日から配布し始めた。 他の先進国より少し遅れている一方で、できるだけ組織的なやり方で、医療スタッフ、高齢者、健康状態の人、そしてその順番にみんなが驚くような予防接種をしようとしているようです。

しかし、その課題がないわけではなく、ワクチンに関しては、日本人の一般的なスキタイが残っている。 マスクをして滑る準備が整っている国では意外に見えるかもしれないが、副作用への恐怖と「多分私には起こらないだろう」という一般的な態度は、日本では2018年のインフルエンザ死亡者数が2020年の新型コロナウイルス感染症の死亡者数とほぼ同じであるにもかかわらず、インフルエンザの予防接種率を毎年50%台に据え置いている。.

しかし、新型コロナウイルス感染症のワクチンで死亡した人の遺族に4420万円の一時金を支給し、葬儀費まで20万9000円まで負担するという最近の報道に、防疫がさらに悪化するのではないかと懸念する一部の人々が動揺する可能性もある。

医療スタッフやワクチン生産者側の過失があったとしても構いません。 つまり、紐がついていないということです。

これは事実上、新型コロナウイルス感染症だけでなく、あらゆる種類の予防接種を包括する省庁の長年の政策だ。 しかし、最近、田村憲久保健相が予算会議でそれを取り上げ、ニュースになりました。

コメントから判断すると、これまで多くの人がこの政策を知らなかった。

「それはニュースだ! 早く死のう!」

「すごい!ワクチンで重度の障害があると、年間500万円もらえるとも書いてありますよ。 私はそういう可能性が好きです」

「これは、より多くの人が注射を受けるのに役立つかもしれません」

「死のゲームを始めよう!」

「簡単そうに見えますが、実際に死亡原因がワクチンだったことを証明するのは難しくないですか?」

最後のコメントは有効な懸念事項ですが、実際にはその反対の方がより大きな問題であるように思われます。 ダイヤモンドオンラインの報告書によると、ワクチンの副作用の曖昧さは法廷で被害者に有利に働く傾向がある。 その結果、近年、日本の製薬会社はワクチンの生産に消極的になっています。なぜなら、財政上のリスクがメリットを上回っているからです。

これは、国民の多くがこの政策に気付いてもいないことと相まって、恐らく日本企業の責任を軽減することによって、自国のワクチンを生産するように日本企業を説得することの方が意図的であることを示唆しているだろう。 しかし、ダイヤモンド·オンラインは、政府の金を受け取っても被害者は法廷で企業を追跡する権利があると指摘する。

大量接種のピーク期に日本製のワクチンがなかったことからも分かるように、これは私たちを原点に戻します。 それでも、一つのコメントが示唆するように、この政策の新しいことは、政府が彼らの資金を投入するのに十分な安全性を信じていることを示すことで、少なくともより多くの人々を予防接種のテーブルに連れてくるのに役立つでしょう。

もしそうなら、最終的には数百万円をはるかに超える価値があるだろう。

資料:共同、厚生労働省、日本医学ジャーナル、生命のためのクリニック、ダイヤモンドオンライン、マイゲームニュースフラッシュ

SoraNews24の記事をもっと読んで。

-- コロナウイルスワクチン、日本国内のすべての国民が政府の法案で無料になると内部者は言う

-- 新型コロナウイルス感染症、日本はインフルエンザを抑えつつあるようで、患者数は減少·減少

-- 日本の人口高齢化、

 https://japantoday.com/category/features/health/If-you-die-from-the-COVID-19-vaccine-in-Japan-the-government-will-give-your-family-over-%C2%A544-mil