2021年9月25日(土)作成者:イーサン·ハフ 
image

(自然ニュース)11月から「完全予防接種」を受けていないドイツ人が強制隔離状態で政府から補償金を剥奪される。

ジェンズ·スパーン保健相は9月22日、米国の16の連邦州と会談した後、ワクチン接種を受けていない人々が新型コロナ強制収容所に住んでいる間、生活に必要なお金を補償しないことに決定したと発表した。

さらに、予防接種を受けていないドイツ人は、武漢コロナウイルス(Covid-19)の検査を無料で受けることができなくなる。 その代わり、彼らはこの「特権」のためにポケットからお金を払わなければならないだろう。

この変化は、より多くの人に緊急使用許可(EUA)によって現在入手可能なフォーチのインフルエンザの注射のうちの1つで接種されるよう説得するためのものです。 予防接種を受けていない人々の生活をますます困難にすることで、政府は彼らを壊し、強制的に服従させることを望んでいる。

しかし、スパーンは、予防接種を受けることは依然として「個人的な決断」だと言います。 唯一の違いは、この個人的な決断は、ますます人生と生活に大きな犠牲を払うことになるということです。

「予防接種を受けていない人への圧力だと言う人もいるだろう。 私たちはそれを逆に見なければならないと思う。それは公正性の問題でもある」と述べ、予防接種を受けていないことを選択することは、まもなく「財政的結果をもたらす責任」を伴うだろうと付け加えた。

「予防接種で自分や他人を守る人は、なぜ危険地域で休暇を過ごした後、隔離された人に支払わなければならないのか、正しい質問をすることができます」

予防接種を受けていないドイツ人は、どこかに入りたいたびにすぐにテスト料を払う必要があるだろう

予防接種を受けていない人の新しい検査料は、イスラエルと同様に、ドイツも現在、レストランや劇場などの屋内に入ることを許可される前に、住民や訪問者に注射の証明や陰性検査を義務付けているため、かなり大きな問題です。

10月11日から医学的な理由でジャブを拒否したことを証明できない予防接種を受けていないドイツ人は、どこかに入るたびに検査料を払わなければならない。

これらの費用は時間が経つにつれて確実に加算され、ドイツで予防接種を受けていない人になることは法外に高くつくだろう。 言い換えれば、ドイツはイスラエルのように二層アパルトヘイト国家になりつつある。

報道によると、この新しい規則は、英国、トルコ、フランスの一部地域など「危険性の高い」国から帰国した後、中国細菌検査で陽性反応を示す旅行者に影響を与えるという。

「予防接種を受けていない国々からの旅行者は、少なくとも5日間は検疫を受けなければならない」とエポック·タイムズ紙は報じている。 「予防接種を受けた人や最近回復した人は、予防接種を受ける必要はありません」

それほど遠くない過去、ドイツは強制接種が国民の信頼を傷つけるとして反対した。 しかし、イスラエルが主導して以来、何かが変わり、ドイツもそれに追随している。

ドイツ当局はまた、雇用主が従業員の個人予防接種記録にアクセスできるようにする新しい規則の提案にも反対している。

クリスティン·ランブレヒト法務·消費者保護長官は「職員の健康情報は特に敏感で、コロナウイルス予防接種問題もその一環」と述べた。

この論文の時点で、ドイツは武漢コロナウイルス(Covid-19)ワクチンの適合率が約63.5%である。 保健機関のロバート·コッホ研究所(RKI)は、12~59歳のドイツ人のうち85%の予防接種率を達成するのが目標だと明らかにした。 60歳以上の人々の目標は90%の遵守率だ。

中国のウイルス圧制が伝染病のように広がっている。 それに関する最新ニュースの多くはファシズムニュースで見ることができる。

この記事の出典は次のとおりです。

TheEpochTimes.com

NaturalNews.com

https://www.naturalnews.com/2021-09-25-covid-quarantine-camps-germany-strips-prisoners-compensation.html