2021年9月19日
ニュース編集者 
image

(自然ニュース)Covid-19予防接種プログラムが大きな失敗であることを証明するさらなる証拠が発表され、8月中、Covid-19で死亡したとされる人々の80%がこの病気に対する予防接種を受けていたことが確認されました。

(TheExposureから再発行された記事。uk)

私たちは奇妙な時代に生きています。もし、テレビ当局があなたにそう言っているので、Covid-19予防接種プログラムが機能していると信じるなら、イギリスが真夏に第三波の真っただ中にいるのは非常に奇妙だと感じるに違いありませんか? 特に2020年夏にCovid-19の注射が入手できなかったにもかかわらずCovid-19の死者はゼロに平たく並んだことを考えると。
image

しかし、奇妙さはそこで終わるのではなく、2021年9月8日に公衆衛生スコットランド(PHS)が発表した最新のCovid-19統計報告書を見てください。

報告書は、検査、検疫、予防接種、症例、入院、死亡に関するデータの配列を提供していますが、週別のCOVID-19陽性症例数と予防接種状況を扱う表15を読むまで、それほど興味を持ちません。

興味深いのは、確認された症例の大多数が現在予防接種を受けていることを示しているからです。 2021年8月28日から9月3日までの直近1週間の報告書によると、ワクチン接種を受けていない単純な理由で検査を受ける可能性が高い未接続人口は2万7444人である。

しかし、一部接種を受けた人のうち5,508人が確認され、完全接種を受けた人のうち1万6810人がワクチン接種を受ける可能性が最も低い2人であることが分かった。

これは8月28日から9月3日の間に予防接種を受けた人口のうち22,318人が予防接種を受けていない人口よりほぼ2,000人多いことを意味する。
image

予防接種を受けていない人は1万5647人、予防接種を受けた人は2万2234人で、8月21日から8月27日までの週にも同じことが言える。

実際の資料によると、2021年8月7日から9月3日の間に未ワクチン接種人口は47,580人、一部予防接種人口は2万1,020人、完全予防接種人口は4万1,748人だった。 つまり、予防接種を受けた人の中で15,188人がもっと多かったということです。

実験的なCovid-19注射が明らかに感染やCovid-19の拡散を防げないことが明らかになったので、当局の主張のように入院を防いでいるかどうか調べてみよう。

2021年8月28日から9月3日までの報告書の表16によると、60人以上の予防接種を受けていない人々のうち、Covid-19関連の病院への入院は36件であり、一方、部分的に予防接種を受けた人々の入院は7件であった。

しかし、60人以上の完全予防接種を受けた人々の間で299人の入場者があり、2021年8月7日までの数週間、同じパターンが見られる。
image

2021年8月28日から9月3日までの1週間にわたって、予防接種を受けていない全人口で271件の入院があったが、予防接種を受けていない全人口で423件の入院があった。 過去数週間の症例確認後に発生したこれらの入院を基にすれば、症例入院率を計算することができる。

8月21日から始まる週に未発菌者の中で15,647人の確定者が出た。 したがって、8月28日から始まる1週間の未ワクチン入院率は271人で、症例入院率は1.7%である。 しかし、完全予防接種を受けた集団入院(423)と症例(14,519)について同じ計算を行うと、症例入院率は2.9%であることが分かる。

したがって、これはワクチン製造会社と当局が主張する95%のリスクを減らす代わりに、Covid-19に露出した場合の入院リスクを70%増加させていることを示している。

ですから、Covid-19注射は入院のリスクを減らすのではなく、入院のリスクを高めるのです。当局の主張のように、Covid-19注射が死亡を防ぐかどうか調べてみましょう。

スコットランド公衆衛生報告書の表17は予防接種を通じて発生した死亡者数を示している。 しかし、PHSは死亡者数を示す方法において非常に賢い。 なぜなら、症例数や入院数のように週単位で提示するのではなく、12月29日までずっと死者が出ているからです。

これは、人口の9%だけが1回の接種を受け、全人口の0.1%だけが完全予防接種を受けたCovid-19の第2波の全盛期による死亡者を含むことを意味しています。 したがって、PHSは予防接種を受けていない人々の間でCovid-19の死者の大多数が発生しているという印象を与えることができる。
image

上記の表は2021年8月18日に公衆衛生スコットランドが発表した報告書から抜粋され、2020年12月29日から2021年8月5日までの予防接種状況によるCovid-19による死亡を示している。 報告書を読んでいる人なら誰でも分かるように、ワクチンはCovid-19による死亡防止に素晴らしい仕事をしているという印象を受けるだろう。

しかし、最新の報告書を見てみると、表17によると、2021年12月29日から8月26日の間に、予防接種を受けていない人口では3102人、部分的に予防接種を受けた人口では279人、完全に予防接種を受けた人口では298人が死亡している。
image

したがって、2021年8月5日から2021年8月26日までのワクチン接種状況別死亡者数は以下の通りである。

* 予防接種を受けていない人口-25人が死亡
* ワクチン接種人口-6人死亡
* 完全ワクチン接種人口-92人死亡
これは、予防接種を受けていない人口が8月中ずっとCOVID-19死亡の20%しか占めていないのに対し、完全予防接種を受けた人口は75%を占めていることを意味しています。 しかし、部分的に予防接種を受けた死者と完全に予防接種を受けた死者を合わせると、8月中、死者の80%が予防接種を受けた人々の間で発生したことがわかります。

しかし、これは症例死亡率を算出するのが難しいので、そのためには、過去数週間の報告書で何人の死者が出たかを調べる必要があります。 8月19日現在、ワクチン接種を受けていない人の死亡者は3096人、一部接種を受けた人の死亡者は277人、完全接種を受けた人の死亡者は264人だった。
image


したがって、2021年8月19日から2021年8月26日までのワクチン接種状況別死亡者数は以下の通りである。

* 予防接種を受けていない人口-6人死亡
* 一部予防接種を受けた人口-2人死亡
* 完全ワクチン接種人口-34人死亡
これらの死亡者数を確定患者数から2週間後に発生したことを根拠にすれば、死亡率を算出することができる。

8月7日から始まる週に、予防接種を受けていない人の間で3788人の確定患者が出た。 したがって、8月19日から始まる週の予防接種を受けていない死亡者数は6人で、死亡率は0.15%である。 しかし、完全予防接種を受けた集団入院(34)と症例(3,490)について同じ計算を行うと、症例入院率は1%であることが分かる。

したがって、これはワクチン製造会社と当局が主張する95%のリスクを減らす代わりに、Covid-19に露出した場合の死亡リスクが566%も大きく増加していることを示している。

さらに心配なのは、最近1週間、完全予防接種を受けた人口のうち、確定患者数が4週間前に比べて大幅に増えたことだ。 したがって、今後数週間以内に発生する可能性のある入院と死亡の数は、当局がさらなる封鎖を正当化するのに十分であるかもしれない。

接種(ジャブ)が感染を予防していないことが明らかであり、ジャブがリスクを減らすよりも入院や死亡のリスクを高めていることが明らかだ。

詳細は次のURLを参照してください。 ザ·エクスポージャー。ウック


https://www.naturalnews.com/2021-09-19-80-of-covid-19-deaths-vaccinated-people.html