ビクター·M 2021年9月15日
image

日本のファイザー社のCOVID-19ワクチンの未使用瓶5本と大阪府の瓶1本から異物が検出されたと、関係者が火曜日に明らかにした。

共同通信によると、白い浮遊物が入った瓶は同じファイザーワクチンロットに属すると相模原市、鎌倉市、酒井市などが伝えた。 彼らはファイザーに瓶の中の物質を検討するよう要請した.
関係者らは今週、相模原市内のいくつかの場所、鎌倉市内の1つ、堺市内の1つで汚染物質が発見されたと共同通信社に伝えた。 ファイザーのロット番号はFF5357と確認された。

彼らは異物を含むファイザーの服用量は使用されなかったと言った.

ファイザーの日本側関係者は水曜日の記者会見で、この問題が完全に解決されていない可能性が高いと毎日新聞が報じた。 それはワクチンの品質や安全性に影響を及ぼさなかったと会社は言った。エポック·タイムズはその会社に意見を求めた.
数週間前、日本の厚生省は汚染のため、モデルナ(Moderna)のCOVID-19ワクチン163万本の投与を停止した。 数週間後の9月初め、政府関係者らはファイザーと類似のmRNA技術を使用するモデラナワクチンの注射を受け、3人が死亡したことを確認した。

その後、調査の結果、ステンレス鋼粒子がModerna線量を汚染したことが明らかになった。 両社はそれをスペインの生産地までさかのぼった.

「ステンレス鋼は心臓弁膜、関節置換術、金属縫合糸やステープルに日常的に使われています。 このため、日本国内でこれらのロットで確認された粒子を注入することで、医療リスクが増大するとは予想されていない」と述べた。

これはエポックタイムズからの抜粋です。

https://resistthemainstream.org/white-floating-contaminants-found-in-covid-19-vaccine-in-several-japanese-cities/?utm_source=nyc