この度、CDCは新型コロナウイルスの真の死亡率は単に0.6%ったと白状しました。さらに、インフォームド・コンセントの医師(PIC)がCOVID-19を以前の季節性およびパンデミック・インフルエンザの期間と比較する」というタイトルのレポートを公開しました。彼らによれば、COVID-19の感染/死亡率は0.26です。スタンフォード大学の医学と疫学の教授であるジョンPAイオアニディス氏は、45歳未満の人の感染による死亡率は0%に近いと述べています。

これは科学界における一般的なコンセンサスのようです。これにより、感染の死亡率は上記の数値よりもさらに低くなります。

これは、世界中の非常に多くの医師や科学者が当初から封じ込め措置、さらには完全に不必要で有害であり、実際には意味がないことを強調してきた多くの理由の1つです(コロナウイルス封鎖中には良識のあるこれらの医者の意見は全く主流メディアでは出ませんでした。)(Kaikaku 33)



アメリカ疫病管理予防センター(CDC)は、「COVID-19による死亡」の94%に他の原因/状態があったことを認めています。


2020831

9A6C5F0A-33E3-4C24-8677-B1BDBB31B41E


簡単に

  • 事実:CDCによると、新型コロナウイルス(COVID-19)に起因する死亡の6%について、COVID-19が言及された唯一の原因でした。COVID-19に加えて状態または原因を伴う他のすべての死亡については、平均して、死亡ごとに2.6の追加の状態または原因がありました。
  • 反省:死亡率は上昇したか?Covid-19について、相反する情報がたくさんあるのはなぜですか?これは透明性の欠如によるものですか?科学の政治化はそれと何か関係がありますか?なぜ唯一の解決策はワクチンなのですか?

何が 起こったのか  Centers for Disease ControlCDCよると、これまでに米国でCOVID-19の死亡と表示されている死亡のうち、6%が「COVID-19が言及された唯一の原因」 」と死の94%には、COVID-19に加えて他の原因と条件がありました。CDCは、「COVID-19に加えて状態または原因による死亡の場合、平均して、死亡ごとに2.6の追加の状態または原因があった」と述べています。

これは何を意味するのでしょうか?これは、COVID-19に起因するとされている大多数の死について、新しいウイルスが死の原因ではなかった可能性がある、おそらくそれが死に寄与した可能性がある、または少なくともそうした疑いがあるが、記載されていないため、これは不明確なままです。これは、それらの94%がcovidで死亡しなかった、またはcovidが彼らの死に貢献しなかったことを意味しません。併存症のある人ははるかに影響を受けやすく、CDCからのこれらの統計はその点をさらに超えていることが十分に文書化されています。


自動車事故やその他の原因で亡くなった人が陽性と判定された場合、Covid死としてマークされているとインターネット上で多くの主張もありましたが、私はその情報を実証できませんでした、

これはパンデミックの早い段階で見られました。たとえば、イタリアで発表された研究では、研究の時点でCOVID 19からこれまでに死亡した人々の99%が既存の病状を患っていたために、より死亡しやすくなっています。あなたはそれにアクセスして、それについてここでもっと読むことができます  

これは新しいことであることに注意することが重要です。たとえば、心臓発作で亡くなった人がインフルエンザにかかっているかどうかをテストされた人は見られません。ここで起こっていることは、誰かが心臓発作で亡くなったが、COVID-19の検査で陽性であった場合、それはまたcovidの死としてマークされているということです。covidがこれらの死に貢献したかどうかは、やはり不明確です。

世界中の保健当局からいくつかの目を見張るような声明があり、明らかに患者の死は、covidの結果ではなく、何か他の原因によるものであり、患者が陽性であった。これはパンデミック全体で共通のテーマでした。

たとえば、イリノイ州公衆衛生局長のNgozi Ezike博士は最近、別の原因で1人が死亡したことが明らかになったとしても、COVID死としてマークされると述べています。

「あなたが終末期治療所(ホスピス)にいて、すでに数週間の生活が与えられていて、COVIDを持っていることが判明した場合、COVID死亡としてカウントされますが、明確な代替原因  で死亡した場合  でも、COVID死亡としてリストされます。したがって、COVID死としてリストされているすべての人は、それが死の原因であったことを意味していませんが、死の時点でCOVIDを持っていました。(ソース)」

詳細については、こちら  ご覧ください

別の例は、カナダのオンタリオ州トロントから来ています。トロント公衆衛生局は6月下旬にツイートしました。「COVID-19の結果ではなく、COVID-19で死亡した個人は、トロントでのCOVID-19死亡の症例数に含まれています。」(ソース)このストーリーについて詳しくは、  こちらをご覧ください

コロラド州公衆衛生環境省は、数値を膨らませるという苦情の中で、コロナウイルスによる死亡者数の集計方法に変更を発表しました。マーク・ベイズリー下院議員   は、コロラド州公衆衛生環境省(CDPHE)がセンテニアル・シニア・リビング施設でのいくつかの死を本当にコロナウイルスによる死と分類したことによって法律を破ったかどうかを調査するよう依頼されました。コロナウイルスの結果、その死亡の分類方法が変更されました。その話の詳細については、  こちらをご覧ください

イタリアの政治家でストリ市長   ヴィットリオ・スガルビは、424日の公聴会で感情的なスピーチを行い、イタリアでのCOVID-19による死亡者数は完全に偽であり、人々は嘘をついていると強調しました。彼は、政府が人口をより制御するためにこれを行っているという彼の信念を述べました。この感情は、 たとえばロンポール博士NSA内部告発者のエドワードスノーデンなど、  多くの著名な人々の考えを反映してい  ます。


また、COVID-19の致死率は重度のインフルエンザと非常に似ていることを強調している多くの医療専門家の研究と意見に言及することも重要です。たとえば、カナダのオンタリオにあるウォータールー大学のロナルドB.ブラウン博士は、彼の研究に基づいて、私たちが与えられた/与えられたコロナウイルスの致死率は「人類史における最悪の誤算」であると述べています。その話の詳細については、  こちらをご覧ください

ブラウン博士は、CDCと世界保健機関(WHO)の文書はインフルエンザの致死率はコロナウイルスと類似しており、封鎖が無意味だったことを示唆していると付け加えました。彼の論文は、なぜ米国の2017-2018インフルエンザシーズンが「COVID-19と同じ集中的なメディア報道を受けなかったのか」と疑問を投げかけています。

インフォームド・コンセントの医師(PIC)は最近、「インフォームド・コンセントの医師(PIC)がCOVID-19を以前の季節性およびパンデミック・インフルエンザの期間と比較する」というタイトルのレポートを公開しました。彼らによれば、COVID-19の感染/死亡率は0.26%です。詳細については、こちら  ご覧ください

スタンフォード大学の医学と疫学の教授であるジョンPAイオアニディス氏は、45歳未満の人の感染による死亡率は0%に近いと述べており、他のほとんどの呼吸器系ウイルスと同様に、高齢者にとってその数がどのように大幅に増加するかを説明します。詳細については、こちら  ご覧ください

実際、スタンフォード大学医学部の数人の学者が発表した研究は、COVID-19が季節性インフルエンザと同様の感染致死率を持っていることを示唆しているのは少し前のことです。詳細については、  こちらをご覧ください

COVID-19に起因するものであり、COVID-19の結果ではないもののすべてがこれらの計算に含まれている場合、および感染率が数値よりもはるかに高い場合、これは科学界における一般的なコンセンサスのようです。これにより、感染の死亡率は上記の数値よりもさらに低くなります。

これは、世界中の非常に多くの医師や科学者が当初から封じ込め措置、さらには完全に不必要で有害であり、実際には意味がないことを強調してきた多くの理由の1つです。たとえば、これを行うために、500人を超えるドイツの医師と科学者が、「コロナ議会外調査委員会」と呼ばれる組織の代表として署名しました。その話の詳細については、  こちらをご覧ください

微生物学のスペシャリストであり、ドイツの歴史で最も引用されている研究科学者の1人であるスチャリットバクディ博士も、上記のコロナ議会外調査委員会の一部であり、パンデミックの早い段階で何度も同じことを表明しています今日まで。

根本的な権利を非常に制限している現在の厳格な措置の実施は、本当に非常に危険なウイルスが私たちを脅かしていると恐れる理由がある場合にのみ正当化できます。COVID-19のこの競合をサポートするための科学的に適切なデータはありますか?私は答えは単にノーだと断言します。バクディ。彼の詳細については、  こちらをご覧ください

なぜこれが重要なのか: このタイプの情報は、それだけの情報なので重要です。さらに重要なのは、世界保健機関(WHO)などの組織から与えられたものと矛盾するように思われる意見、研究、データを共有している世界中の何千人もの科学者や医師が、検閲され、場合によっては嘲笑された。

この記事で紹介する情報の多くは、主流メディアによって実際に提供されることはありません。その結果、大衆は通常、一方的な認識で発せられますが、これらの同じネットワークは、物語を脅かすあらゆる反対の情報を単に嘲笑し、 「陰謀論」ラベルを付けます。 

COVID-19に関しては多くの情報があり、混乱を招き、矛盾しているように思われる情報がたくさんあります。正確に何が起こっているのかを知ることは難しい場合がありますが、1つは確かに、政府の健康規制機関や大手医療機関とは別の信頼できる情報源からの情報は、検閲や嘲笑するのではなく、オープンかつ透過的に議論して共有する必要があります。



私たちは大きな関心が政治と科学を支配しているように見える世界に住んでいます。これは議論が本当に検閲されるべきではないもう一つの大きな理由です。


テイクアウエイ: 

私たちの世界の舞台裏で起こっていることに目覚めるこの公衆は、人類の意識の全体的な進化における強力で主要なプロセスです。私たちは、分離、対立、自我に基づいて構築された世界をさらけ出し、排除していくと、一体感、つながり、そしてすべての生命が繁栄できる世界を作りたいという意識に目覚めます。

ここで何が起こっているのかを理解すること、または少なくとも批判的思考と質問のプロセスを通じて試みることは、すべてプロセスの一部です。理想的な世界では、すべての問題の完全な透明性がありますが、今日私たちはデジタル権威主義の「ファクトチェッカー」を使用して、インターネットを巡回し、人々が自分で作ることを許可する代わりに、何があるか、何でないかを伝えているようです。あなたは愚かではなく、自分で考える能力を持っています!それを忘れないでください。


https://www.collective-evolution.com/2020/08/30/cdc-admits-that-94-percent-of-covid-19-deaths-had-other-causes-conditions/


https://beforeitsnews.com/eu/2020/08/cdc-admits-that-94-percent-of-covid-19-deaths-had-other-causesconditions-2660678.html