坂本花子

2020 66

8C472EA3-7011-483D-9F8B-AF51ED95C538

数週間前にゼータトークの記事を読んでいると、タタリア、タタリー、またはタタールの短い記事があり、今では歴史に完全に隠蔽された、ソ連連邦よりも大きい帝国だったと言うことでした。以下の記事の幾つかの地図は19世紀末に見られたようですが、歴史から完全に消されているようで、人々はその存在さえも知りません。1世紀半ほど前にそのような広大な帝国が存在していたようなのに、誰も知りません。このような巨大な大陸の大部分が?ソ連よりも大きいのに?不思議に思い少しネットで探して見ました。タルタリーに関する資料、記事は微小でした。全く無いと言えます。すると以下の「https://www.stolenhistory.org/threads/tartary-an-empire-hidden-in-history-it-was-bigger-than-russia-once.40/(盗まれた歴史.ORG) に辿り着きました。少しの古い画像、地図を除いて全てが消されたようになって隠蔽されているようです。

日本で言うと日本人が日本の歴史が消されているのを知らないで生きていると言う感じです。

下の方の古い絵図に「関連スレッド:16世紀のタルタリアンの王が、タータラックスが北米でキビラレグナムを統治」とあり、さらなる深い疑問が湧きました。もし、これが本当なら、世界の歴史は完全に嘘だと言うことです。

余り遠くない昔に(1世紀半)にこのように勝者が完全に歴史を隠蔽、消滅させることができた。もしかしたら、日本の歴史も世界の歴史も完全に嘘だったとしたら?


タータリー(Tartary)-歴史に隠された帝国。 かつてロシアより大きかった...


タータリー

「北部と西部でシベリアに囲まれたアジア北部の広大な国であるタルタリー。これはグレートタルタリーと呼ばれます。マスコビーとシベリアの南にあるタルターは、北に位置するアストラカン、サーカシア、ダギスタンのものです。 -カスピ海の西、シベリアとカスピ海の間にあるカルムックのタルタル、ペルシャとインドの北にあるウスベックのタルタルとモーグル、最後に中国の北西にあるチベットのタルタルとモーグル  -百科事典ブリタニカ、VolIII、エジンバラ、1771年、p 887

1B33A936-FCCE-48DA-84C1-A80C98475FED
 

ウィキペディアの説明と比較すると、「タルタリー(ラテン語:タルタリア)またはグレートタルタリー(ラテン語:タルタリアマグナ)は、中世から20世紀まで、北アジアと中央アジアの広大な地域を表すために使用された名前でした。 カスピ海とウラル山脈から太平洋にかけて、モンゴルの侵略とその後のトルコ人の移住の後に、主にトゥルコモンゴル民族が定住した。」

タルターリーはトラクトではなかった。 それは国でした。


また、信頼性を高める(または一部を取り除く)ために、1998年に機密解除され、1957年に作成されたCIAドキュメントからの抜粋を以下に示します。

611AE5AE-1191-43A2-BE64-E992FA8D7767

CIAウェブサイトのドキュメントへのリンク:共産主義下の国家文化開発


今日、私たちは特定の外見に関連したステレオタイプを持っています。 私たちは非常に離れていると思います。 タルタリー(Tartary)は多宗教で多文化だったようです。 私がそう思う理由の1つは、現代のアーティストにとって、ジンギスカン、バトゥカーン、ティムール、つまりタメルレーンのようなリーダーが、今日の彼らに起因する外観とどのように見えたのかが非常に異なることです。

5672F952-20B5-4D71-9293-FE772947F9C4

15-18世紀の本がこれらの3つをどのように見たか


ジンギスカン

ここで妻と

D4574EF2-BF12-4DC0-9715-393076982E23

D4B56E21-A65F-47D3-A0F6-034AE5AE36E0

関連スレッド:16世紀のタルタリアン・キング、タータラックスが北米でキビラレグナムを統治


隠蔽

公式の歴史は、19世紀まで存在していた主要な世界の力を隠しています。 タータリーは、独自の旗、独自の政府、独自の地図上の場所を持つ国でした。 その領土は広大でしたが、どういうわけか静かにロシアや他の国々に組み込まれました。 この国は、19世紀後半にさかのぼる地図で見つけることができます。

タータリーには独自の言語、旗、紋章、独自の皇帝、そしてもちろん独自の人々がいた。


タタリーを示すいくつかのマップ
D4B56E21-A65F-47D3-A0F6-034AE5AE36E0
 

3309E92C-6CEA-4043-B6CA-7D1057353109
CA66B3C9-6D25-481D-9F68-82A5320D1DD4
9625FC0D-2A93-4250-A406-691A18FB89F3
F81B5AA8-EA44-40AC-A2FB-2B135B4457CD

タータリーの旗と紋章には、フクロウが描かれていました。 皇帝の旗には黄色の背景にグリフィンが含まれていました

DA71C8B8-A980-4F76-B075-B4472F0E2B67
6DE3B21D-7C01-4B3E-A2EF-BA0319D19958

https://www.stolenhistory.org/threads/tartary-an-empire-hidden-in-history-it-was-bigger-than-russia-once.40/


http://hanakosakamoto33.blog.jp/archives/6198222.html