25318B4F-BA87-4145-8FE4-4A5D0DB46095

202037

作成者:イーサン・ハフ/ナチュラル・ニュース


日本を襲った深刻な気象現象により、最近、中国本土の武漢コロナウイルス(CoVid-19)の犠牲者の火葬による有毒な放射性降下物であると考えられる謎の黒い雨が発生しました。


現在、東京で記録されている最も激しい雷雨の1つとしてメディアの報道が説明している次の日、ソーシャルメディア・ユーザーは、対応する雨がなぜ黒いのか、場合によってはにじみ出るのかと疑問を呈しました。


「彼らはひそかにコロナウイルスの犠牲者の体を燃やしていますか?」 あるソーシャルメディアユーザーは、建物や車から滴り落ちる雨の奇妙な色と一貫性に注目して尋ねました。


奇妙な出来事を目撃した多くの日本人高齢者は、1945年に広島と長崎で起こった恐ろしい原子爆風に続く日で、同様に奇妙な現象を思い出すと言います。


彼らの一部はソーシャルメディアで、2020年に同じタイプのことが再び起こるのを見るのは「少し怖すぎる」と言っています。


デイリースターによると、黒い雨は埼玉県北部の蓮田にあるプラスチック工場からの灰である可能性があります。灰は雨と混ざって黒く落ちたほど十分に高い灰の粒子を空に送り込んだ可能性があります。 しかし、誰もがこの説明に関して確信しているわけではありません。


「北朝鮮はその日にミサイルを発射しなかったのですか?」 注目のソーシャルメディアユーザーに尋ねて、陰謀に付け加えた。


「それは放射性降下物ではないかもしれませんが、おそらく危険なので、そこに注意してください」と別の言葉を付け加えました。


健康レンジャーのマイク・アダムスが、米国ではほとんど誰も武漢コロナウイルス(CoVid-19)の検査を受けていないという事実について議論しているので、以下を聞いてください。


https://www.brighteon.com/7e336364-e260-4d73-9bb6-a93b84f7eca4


謎の血色の物質も2001年にインドに降った

この黒い灰の雨の残留物は、すでに放射能のテストが行われたと報告されており、マイナスになりました。そのため、調査の内容と発生元を特定するための調査が進行中であると 言われています。


奇妙な色の雨が東に降り注いだのはこれが初めてではありません。注意することが重要です。 2001年、インドのケララ州をはじめ、黒、緑、黄色、さらには赤の雨が降ってきたようです。


追跡調査の結果、ケララ州では11万ポンドもの不思議な赤い物質が雨と混ざり合い、地元の人々やその土地に降り注いでいました。


この赤い物質が実際に何であるかを完全に決定することは決してできませんでしたが、専門家は、この物質が地球上でばらばらになり、地球外起源の有機物質を降らせた彗星の破片に関連していると仮定しました


1876年にケンタッキー州バース郡にあるオリンピアスプリングスの入植地近くの未加工の肉が農地に降り始めたときに、さらに奇妙な事件が発生しました。当局は、その時に何が起こったかを完全に説明することもできませんでした。


私たちが最近報告したように、日本の黒雨に関する火葬の仮説は、中国が「動物の死体」を燃やすためだと主張する焼却炉を積極的に持ち込んでいるように見えるため、決して大げさではありません。武漢コロナウイルス(CoVid-19)の危機と一致します。


「情報の分散がかつてないほど重要になったとき、彼らが自分たちの都市での巨大な火災に気づいていないか、オンラインの人々が火葬と北朝鮮のミサイルに関して、推測している間に言及する必要があると感じなかったことは非常に不安です。 」とSoraNews24の状況について記者が書いた。


武漢コロナウイルス(CoVid-19)に関する最新のニュースを入手するには、Pandemic.newsをチェックしてください。


この記事のソースは次のとおりです。


DailyStar.co.uk


NaturalNews.com


TheSun.co.uk


https://www.naturalnews.com/2020-03-06-black-rain-japan-fallout-mass-cremation-coronavirus-victims-wuhan.html


https://beforeitsnews.com/v3/r2/?url=https://www.thesun.co.uk/news/11107857/black-rain-japan-conspiracy-cremated-coronavirus-bodies/

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村