コロナウイルス事件で、世界中の目に、中国は毛沢東の赤軍時代にすでにシオニスト、米国、英国デープステーツなどに密かに占領されていて、共産主義はこれらの侵入者の新世界秩序と世界的な人口削減のための実験の場だったことが明らかになってきました。毛沢東時代には数千万の中国人の人口削減-ホロコーストがすでにあり(日本の広島、長崎、福島と同じように)、今は破産に瀕したこれらのグローバリストが彼らの凶暴な計画を露わにしました。信じられないような夢を見ているような不条理なことが人類の目前で起こっていますー(日本もこれらのデープステーツが明治維新に日本を占領し、日本人に分からないように影で操っています)



爆弾:中国政府は武漢でコロナウイルスの訓練を行いました実際の発生が始まったまさにその場所で!


2020229

8E1F44B6-D641-44E0-A506-31BE9D020EBD

これは偶然の領域をはるかに超えています!


中国政府は、武漢で2019918日に訓練または演習を実施し、そこで新しいコロナウイルス株に対する反応をシミュレートしました!


中国当局が何千もの病原体や疾患を実践できたとして、自国へのコロナウイルスの侵入をランダムに選択する可能性は何ですか?


このドリルは、20191018日の基準日のちょうど30日前に開催されました。武漢軍事ゲームが始まった同じ日であり、イベント201(ビッグファーマ、ビルゲイツ、中国の疫病管理予防センター(CDC)、アメリカ疫病管理予防センター(CDC)など) )はコロナウイルスの流行を処理する方法の「架空の」シナリオをシミュレートしていた米国でも開催されました。

2DE1639E-B978-415D-94D9-C3037AF76AAF

中国政府の予知? 中国当局は、武漢軍事ゲームが始まる30日前に、新しいコロナウイルスの訓練を実施しました。 ジェニファー・ゼン からのメモ:元のレポートには写真のキャプションはありません。 プレゼンテーションをする人の可能性があります。


偶然の領域を超えた中国政府の予知


この情報は、中国市民ジャーナリストのジェニファー・ゼン(およびビデオインタビューのスピロ・スコラス)の勇敢な報告のおかげで可能になりました。


ゼンは彼女のサイトで、中国の記事「武漢税関が軍事ゲームへの30日間のカウントダウンとポートでの緊急対応訓練」の英語訳を投稿しました。 後から現実になる攻撃や出来事の予知や「偶然の」訓練など、操作の証拠となる兆候です。


最初の3つの段落は次のとおりです


午後(918日)、未知の国からの復路便が武漢天河国際空港に到着しました。突然、ポータルの核放射線監視システムは警戒しました。武漢税関の部下である武漢天河国際空港税関は、警報を発した乗客と荷物をすぐに管理し、再調査しました。乗客が標準的な放射線レベルを著しく超えた「ミャンマー鉱石」のボトルを運んでいたことがわかります。


一方、ある航空会社は、「到着便の乗客が不快に感じ、呼吸困難になり、不安定な生命兆候を示した」と報告しました。空港税関はすぐに緊急時対応計画を開始し、すぐに患者の移送、航空機の清掃、さらに乗客と直接および間接的に接触した人の調査を開始しました。

2時間後、武漢救急センターは、患者が新規コロナウイルス感染症と臨床的に診断されたと報告した。


この写真は、2019年武漢税関軍事競技大会への30日間のカウントダウンに対応して、日中に武漢空港で港湾緊急対応訓練が開催されたシーンを示しています。


30日以内に軍事ゲームが開始されたため、武漢税関軍事ゲーム委員会の共同執行委員会は、「税関の保護と軍事ゲームの安全の確保」をテーマに、武漢天河空港でこの緊急対応訓練を開催しました。


この訓練の目的は、港でのリスク防止を強化し、ポータル検査の有効性を高め、特に公衆衛生の分野での緊急事態に対応する武漢税関の能力をさらに強化することでした


参照される画像は、以下の画像または上記の画像のいずれかです。


ジェニファー・ゼンからのメモ:元のレポートには写真のキャプションはありません。 ドリルに参加している人かもしれません。

EE91E53E-24FC-4637-9385-65499647D619

知ってますか? コロナウイルスと5Gの間にはつながりがあります


意味

ゼンが言うように、中国の平均的な人はウイルスのソース、流行の背景、そして今中国政府の予知に関するこの新しい情報について全く知らない。 そこに住む大多数の人々は、WeChatWeiboなどの中国のソーシャルメディアプラットフォームを介して情報を取得しています。これらは厳重に監視され検閲されています。


実際、中国ではたった今、厳しい噂が広まり、うわさの広がり」で15年の投獄、「意図的に(コロナウイルス)病を広める」と死刑判決を受けるという厳しい法律が制定されました。それで、これの意味は何なのか?


第一に、中国政府は、欧米の主要企業であるUSGCDC、ビッグファーマ、ビルゲーツなどと同様に、中国政府がそれに参加していることを示しています。


第二に、これは人種ベースの生物兵器であるという理論を潜在的に弱める。中国人がこれが来ることを知っていてそれを許可した場合(少なくとも)、または故意に作成し、それを解放した場合(最悪の場合)、彼らは自分たちの足で撃ちます。彼らが自分の領土でそれを放出しようとした場合、彼らは非人種ベースの生物兵器を作成する可能性がはるかに高いです。


生物兵器法の作成者は言う:コロナウイルスは生物兵器である


報告によると、死はイランで増加し、世界中で蓄積し始めているので陪審はこの問題についてまだ出ていません。確かに、USGには自国民に対する実験の長い歴史があります[たとえば、シースプレーの作戦(1950)、ノーフォーク海軍補給センターの実験(1951)、ビッグイッチ作戦(1954)、プロジェクト1121962)など]。なぜ中国政府のほうがましだと思いますか?


中国政府は過疎化アジェンダに署名していますか?


このコロナウイルスの流行に関する回答よりも多くの質問がまだありますが、中国政府の予知は非常に興味深いパズルのピースです。最後に、ゼンのウェブサイトにある別の記事「拷問の状態」にリンクします。この記事では、1999年に法輪功学習者に反対し、投獄し、拷問し、殺害し、さらには彼らの臓器収穫さえする中国の残忍な政権の手による彼女の極度の苦しみについて詳述しています。


法輪功(または法輪大法)は、瞑想と運動を、真実、思いやり、寛容の3つの資質に関する道徳重視の哲学と組み合わせた現代の中国の精神的な実践です。気功学校とは異なり、料金や正式な会員資格がなく、儀式がありません。それは完全に非政治的です!


心身の健康を大いに改善することが何度も示されてきました。ある時点で、12人に1人の中国人がそれを実践していました。中国政府を脅かすことは決してありませんでしたが、役人は数が多く、彼らの権力が脅かされていると感じたため、野蛮で不快な形で破壊しました。これは、残念ながら、中国政府に関して私たちが対処しているような闇です。


2020227日マキア・フリーマン、ゲストライター、HumansAreFree.com


http://tapnewswire.com/2020/02/bombshell-chinese-government-ran-a-coronavirus-drill-in-wuhan-exactly-where-the-actual-outbreak-started/


ソース:https://humansarefree.com/2020/02/chinese-government-also-ran-coronavirus-drill-in-wuhan.html

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村