フランスTVインフォ
 

E7B74961-56CD-4533-B651-D1BEF42AF32C

フィンランドの子どもたちは、家事に直面して平等を毎日学びます 国内のすべての学校で実施されるコースは必須です... 20191117日(日)雑誌「NouslesEuropéens」からの抜粋。


雑誌「我々、ヨーロッパ人(Wethe Europeans)」(リプレイ)はフィンランドの学校に行き、そこで午前中に家庭科の授業が行われました。 女の子と男の子は一緒に家事を処理する方法を学びます。 しわが寄らないように、2人の小学生が仲間とシートを折り畳みます。


このコースは、料理やアイロンなど、国内のすべての学校で義務付けられています 「それはあなたがよく知っていることですか?」 先生は生徒にアイロンをかけて尋ねます。 これらのことを自分で行うことが、男性と女性の平等のために働く最良の方法です。
 

046CF155-DFBE-4AFF-96EC-938DC4BA8A0C

本当の人生の学校


「私はただ一部の人々が家ですべてをし、他が何もしないとは正しいとは思わない、誰もが自分の役割を果たさなければならない」と彼のアイロン台をうまく使いこなす若い男の子は言う。 「数学よりも簡単です...」と目利きの別の生徒が言います。


真の人生の学校、それは若いフィンランド人の学校での結果が世界で5つの最高の1つであるというだけではありません。 15歳のときに小さなフィンランド人はフランス人の少年より2000時間も授業が短く、12歳までは成績がありません。


20191117日(日)にフランスの午前345分に放送された雑誌「NouslesEuropéens」からの抜粋。


https://mobile.francetvinfo.fr/societe/droits-des-femmes/video-finlande-cuisine-repassage-pliage-de-draps-des-cours-d-economie-domestique-pour-filles-et-garcons-a-l-ecole_3692835.html#xtor=EPR-2-[newsletterquotidienne]-20191117-[lesimages/image4&xtref=acc_dir