アトランティスレポート

20191126日初演


ドイツ銀行だけではない-ドイツ経済全体が不況に陥った-経済崩壊-株式市場の暴落


ドイツ連邦統計局は最近、ドイツのGDP4月から6月にかけて四半期ごとに0.1%縮小したことを発表しました。


これにより、同国が不況に向かう可能性があるという懸念が高まっています


エコノミストは、不況を四半期ごとに2回連続して縮小すると定義しています


ドイツ経済は、景気後退と小さな成長の間のきわどい状態にあります。 日本と同様にドイツは自動車を製造し、経済全体の大部分を占めることで有名です。そのため、自動車の需要が大幅に低下すると、ドイツ経済全体が失われます。


無人および電気自動車がドイツ経済に何をするか想像してみてください。 その上、ドイツの自動車は今、彼らの良い評判を失いました。 それらは修理に費用がかかり、過剰に設計されており、多くは数年で壊れるプラスチック部品を持っています。


英国と米国の関税が発効すると、ドイツの自動車産業は機能不全に陥り、それ自体を修理できなくなります。


これは、製造業者が提出した偽の排出物と自動テストに続き、多くの人が刑務所に入れられます。


別の側面から、人口動態の縮小はドイツ経済に大きな財政的および人的資源の負担をかけ、毎日少しずつ悪化しています。 これに加えて、200万人の移民とカウントが貢献せずに多くのリソースを使用しています。


アトランティスレポートへようこそ。


製造業の弱体化によりヨーロッパ最大の経済が不況に陥ったため、ユーロはほぼ7年間で最も弱いレベルまで下落しました。


この悪いニュースに加えて、欧州連合はついに英国との正念場に向かっているようです。


ボリス・ジョンソンは、英国が組合を脱退するか、取り引きするか取り引きしないかの立場を取っている。明らかに、低金利と簡単なお金はヨーロッパの問題を解決しておらず、この地域は反EU感情の高まりに直面し続けています。


今年の初めか今年の終わりに、それは起こります。


ドイツの企業は、経済見通しについてますます悲観的になっています。


Ifoの責任者であるClemens Fuest教授は、ドイツのGDPがこの四半期に縮小すると予測しており、過去3か月ですでに0.1%縮小しています。 これにより、2013年以来初めて経済が景気後退に陥ります。


「現時点で私たちが目にしていることはすべて、ドイツの景気後退の兆候が増え続けていることを意味し、マイナス成長の4分の2を意味します」とCNBCに語った。


ドイツの産業部門は、米中貿易戦争により深刻な被害を受けており、輸出は前四半期に減少しました。 工場は受注の減少に見舞われているため、製造業の生産量は縮小しています。


減速は現在、ドイツのサービス部門に広がっています。 業界の企業は、ビジネス環境の悪化を報告しており、成長の見通しについて懐疑的になっています。


https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2019/11/the-atlantis-report-whole-german.html
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村