2019年05月

衝撃のドキュメンタリー:黄色いベスト、国家の抑圧


streetpress.com

 衝撃のドキュメンタリー:黄色いベスト、国家の抑圧
streetpress.com

StreetPressは黄色いベスト運動のデモで、警察の暴力に関する衝撃のドキュメンタリーを出した。ついに、黄色いベストに加えられた暴虐が明らかに。警察の保安維持の武器がますます殺人的になる状態を表し、それらは今後、戦争武器に比べられ、死亡率は政治家の秘密になっている。「黄色いベスト運動は最初から、最も抑圧された社会運動である」とジャーナリストセシル・アマールは言う。必見!



(このドキュメンタリーのイメージはシュックを与える
可能性があります。重要な点だけ抜粋。)


・最初の場面で一人のデモ行進者が腕を警察から爆破される。
手首を失う。このイメージは警察保安維持隊がデモ行進者を
怖がらせて再びデモに来る事を断念させるため。


・(1:15)11月24日には政権は権力が倒れると本当に思った。

・(1:30)カスタネル内務大臣が「私は警官に攻撃されている
黄色いベストを見たことがない」というが、このシーンでは
地面に倒れている人を数人の警官が撲滅している。


.(1:34)問題は 良い、悪い警官ではなく、警察はシステムだと
言う事です。


・黄色いベスト運動は歴史的に燃料価格の上昇により燃え上
がった。仕事をしている人々が仕事で食べて行けなくなった
事が、11月17日にフランス中の円状交差点で、
抗議のために集まろうとして始まった。


11月24日は権力の場所であるパリで、世界からはフランス
のシンボルであるシャンゼリゼ通りでデモがあった。
この2回目の運動から警察の暴力はすでに暴力は始まった。
その後、全てのデモには暴力があった。
この黄色いベスト運動は社会運動の中で最も抑圧を受けた
運動です。






【秩序維持のための新しい戦略が12月から始まった。】

・(4:34)12月1日、内務大臣はその日「我々は敗北した」
と言った。
警察は保安維持に失敗したことを認めた。
マクロン大統領はアルジェンチンに行っていた。
翌日帰国した時に、飛行機を降りて車に乗ると、
彼の内閣官房長がいて

「昨日、権力は倒れそうになりました。」
と言った。


・(6:46)マリオン・ゲマ(ACAT):12月1日と8日の間に政府
は保安維持の教義を変えた。
内務大臣は今後警察が黄色いベストにもっと攻撃的になる
ことに決定。


・(7:14)エドワール・フイリップ首相「我々はさらなる警察
を動員し、パリで8千人、フランス全体で8万9千人です」


【貧民街の反犯罪捜査介入部隊が警察側に組み入れられる】


・警察側は、今まで保安維持に関係していなかった他の部隊
をますます動員していった。
反犯罪捜査介入部隊は保安維持は彼らの仕事ではなかった。


・(13:05)バック(BAC)と呼ばれる反犯罪捜査介入部隊は
植民地時代に生また。


・以前は放水砲や催涙ガスなどを主に使用していたが、
今後人々に傷害を与える目的の武器を使う。


【武器-戦争化する保安維持】


・(15:20)保安維持のために使う武器にはショックです。

物凄いフラッシュボールの発射があります。

すごい量です。もの凄い数の包囲榴弾が投げられています。



・警察の装甲車が出現していることは警察の軍隊化です。
さらに軍隊の歩哨(見張り番)を呼んだと言うことはとても
気がかりです。


・警察の保安維持の軍隊化を話す時には、
急激に今までの警察の保安維持と戦争行為との境が薄れて
いくという事です。


中央アフリカで住民に対して使われた装甲車とゴム弾射撃、
米国のバルチモアの反乱で使われたゴム弾と警察の軍隊式の
オペレーション、そして同じことがフランスの郊外
で起こっています。


ですから、警察の保安維持と戦争的オペレーションの間の
境がなくなってきています。これは世界的な傾向です。


17:00(警察保安維持隊はデモ隊の顔を目がけて
直接に撃っている)

・催涙ガスを投げる行為から一転して、デモ隊を目がけて撃つ、

直接に傷つけるために撃つ。

これはクロード・ゲアンが1995年に最初のフラッシュ
ボールをバックBACに与えた時から始まる。


・(17:59)貧民街ではフラッシュボールで数百人以上の
負傷者がでた。人々は恐怖していた。
フラッシュボールを見たら人々は直ぐに逃げた。
警察は背中から撃っていた。沢山の人びとが背中に傷を受けた。


・2002年から、パリ郊外の貧民街でのこれらの武器の実験は
明らかに成功した。
ニコラ・サルコジはこのフラッシュボールを全ての警察に
配備することに決めた。サルコジは「警察がフラッシュボール
を持っていると不良少年は近づかない」と言ったことは興味深い。
と言うことは、この武器は保安維持である前に政治的武器で
あると言うことです。


・フラッシュボールの目的はデモ行進者を恐怖させ、
デモを諦めさせることです。


・2007年には次の段階にたどり着いた。

サルコジは大統領になり、郊外でいくつかの反乱が起こった。


そこで政府はまず最初に秘密に【LBD40】の実験をした。

【LBD40】:カテゴリーA2の武器。160ジュール力。

40ミリ。爆薬は60グラム、速力は時速300キロメートル。

射撃距離は50〜30メートル。



・メディアパールのジャーナリストによると職業倫理に
欠けた警察暴力は788に登る。

その中でも292はLBD40による。



・この武器は第1世代のフラッシュボールよりもっと正確で
強力であり、40メートルより遠くから撃つことができる。

ピストルではなく拳銃のように撃たれ、あまり音がしない。

軍的照準が備わり、標的を正確に撃てる。


・(22:13)ゆえにLBD40の実験は2007年に行われ、
2007年の11月の高校生のデモに私は参加していましたが、
警官がその武器の実験をしていて、
私の頭を撃った(ピエール・ドウイアール)。


平均年齢が16歳の高校生のデモに黒い覆面の警官がいて
拳銃を持っていたが、誰もそれがなんであるか知らなかった。

調査後、それが改良されたフラッシュボールであり

LBD40であることが分かった。

今日、それは一般化されています。


・なぜフランスでそのような事になったか?

フランスには過去、今より激しいデモは沢山あった。
フランスはいつも激しいデモの国であったが、以前は
LBD40を使用しなくても間に合っていた。

世界中ではこのような武器はデモの時には使われていない。

何故なら、この武器は危険すぎると判断されているからです。


・ロボコップは同時に警官と裁判官のようなものです。

と言うことは、警察は好きなように公的な場所に出現し、

直ぐに人々を撃つことができます。

もし、貧民街で、誰かが、若者、通行人、家庭の母、

が警官の気にくわないことを言うと、警官はすぐに
撃つことができます。重症を負わせることもできる。


・2014年にダムの建築に反対するデモでレミー・フレイが
憲兵隊から投げられた攻撃榴弾で殺された。


・(26:31)国会で、エコロジーの議員がこの殺された男性の冥福
のために1分間の沈黙を願う演説をするが、国会の議長に拒否
される。
伝統(?)として亡くなった者が警官側なら1分間の沈黙を許されるが、
デモで亡くなった者には権利は無いと言う。(これ社会党所属の
議長なんだけど?!ビックリ!)


・レミー・フレイの死亡後、政府は一時的に攻撃榴弾OFF
(TNTと同等のものが含まれている)を中断すると言った。

しかし、これも特別に皮肉な煙幕であり、実際には、

瞬間榴弾GL I-F4は爆発榴弾であり、

中にある弾丸が飛び出るようになっている。

これもTNT、25グラムの爆薬(爆発音は
5メートルで165デシベル)を含んでいる。



・職業倫理に欠けた警察の暴力による788の場合、

32は榴弾GLI-F4によるものである。


・この榴弾はデモ行進者の片手をもぎ取った。
だからこの榴弾は特別に危険である。


・黄色いベスト運動が始まり、すぐに多くの弁護士がデモに
参加した榴弾GLI-F4の犠牲者から弁護を依頼される。

彼ら弁護士は内務大臣、首相達に、この榴弾の使用を禁じる
よう手紙を書くが政府からの返答はなかった。


・この榴弾GLI-F4は戦争武器に部類するので、デモ行進に
使用されてないならない。

国家、政府、首相、大臣はこの武器が特別に危険で死に
至ることを知っている。


ハファエル・ケンプ弁護士:「私は疑問に思います。我々は、
政府、軍、警察が死の危険があるという武器を国民に対して
使う国に生きている。

黄色いベスト運動はシンプルな人びとが政府の政策に関して
怒りを表明しているだけなのに、このような暴力で返答すると
いうことはとても案じられます。」



【負傷者:国家が市民を標的にして撃つとき】


・(39:52)フエイスブックでライブ撮影中にジェローム・
ホドリゲスが榴弾を片目に受け失明する場面。


・ますます、ソーシャルメディア、噂で「国家の抑圧が会話の
主題になる。なぜなら犠牲者がますます出てきている。」


・国連はフランス政府の暴力的な抑圧にアンケートを求めた。

・内務省による負傷者の数は
-2200人のデモ参加者が負傷
-1630人の警官が負傷

・メディアパールによる負傷者見積り
-284人が頭に負傷(24人が失明)
-69人が 上半身に負傷
-26人が背中に負傷
-5人が生殖器に負傷
-120人が下半身に負傷
-15人が腕に負傷(5人の手首がもぎ取られた)

・第5回目のデモでバネサ・ランガールはLBD-40に顔を
撃たれる。


・警察側にはますます「暴力を犯しても罰せられない」
気持ちになり、軌道を逸した行動や犯罪行為である暴力は続く。


・警察、司法、などのシステムが国体の暴力を罰さないために
一緒に起動し始める。


・カスタネル内務大臣が「警察の暴力を見なかった」
と信じられないことを言うが、何かレベルがとても落ちたようで
トルコのエルドガンのレベルのようだ。


【検閲、逮捕、黄色いベストの有罪判決、司法権力の介入による保安維持】



・これは保安維持が裁判所でさらに続くことを意味する。

・(42:22)ついに、政府は黄色いベストがデモに行く前に

予防政策としてどのような場所でも、なんの理由もなしに、

警察は人々を点検でき、逮捕できるようにした。


2018年末に黄色いベストに対抗するために作られた

「行政通達」(第78-2条と78-2-2の刑法手順)によって。



・この予防ロジックは直接に2年間の戒厳令から出たものです。

《戒厳令の政策》
-人と車の流通の制限
-(法律)居所指定

戒厳令は、ある者に何も非難することは無いが、
少し疑いがある、と言う人間を制限する。
このような予防政策を少しずつ普通法に記載していくことは、
とても危険です。(アムネスティー・インターナシオナル)


・この予防政策はいったいどこまで行くか、と言うことです。
個人の自由に反しています。

・(48:00)今後、県知事は「予防的にデモを禁止」できる。

幾人かの議員が国会で、この政策は第二次世界時のフランス
のビッシー政権(ナチス)に価すると告発。



ジネブ・ホドアン、80歳は2018年12月にマルセイユの
コンセプシオン病院で亡くなった。

彼女は4階の窓の扉を閉めようとした時に、彼女の顔に
催涙榴弾が当たった。電話で話していた娘の証言では
「警察が私に向かって撃った」と彼女の母は言ったと
いうことだ。


2010年と2013年の間に、ヨーロッパの国々はGODIACの
研究プログラムに参加した。

目的は、暴力がもっと少ない保安維持を考えることであった。

欧州連合から支持されていた交換にフランスは参加しなかった。












いつから日本とフランスが借金大国になったのか?(1)

885F7985-B402-49AF-808A-06373B426003

写真筋:merci Sud Radio Jeudi Chouard / Blog du Plan C





いつから日本やフランスが借金大国になったのか?



「フランスの場合。

 

フランスの国債が膨張しだしたのは、ロスチャイルド銀行出身の
ジョルジュ・ポンピドー大統領が1973年に「ポンピドー➖
ディスカール・デスタン法」を制定したことから始まった。

それはその後、欧州連合のマストリヒト条約
(第104条)とリスボン条約
(第123条)になったことからさらに膨張する。
 

簡単に説明すると、この法律により、フランス中央銀行は今後フランス
国家に金を
貸すことを禁止され、今までそうであったように、
国は無利子でフランス中央銀行から借りることができずに、
利子を払わなければならない私立銀行から借りなければならなくなった。

 

この1973年にフランス国家が貨幣を創造することを放棄した時
ら、国が必要な
資金を金融市場から調達することを自ら義務付けた時から
負債
年々増加の一途をたどった。

以前は、国債は
無いか、微小でしか無かった。

米国と同じく、フランスの
赤字は国の負債合計と同じだ。

フランスの【負債合計】は
所得税と同じ額である。


だが、
国が自ら貨幣を創造する時には、それは必要ではない 

 
 

このようにして、フランスでは1980年と2008年の間に
1088000000000
ユーロの負債が増加し続け、
1036000000000ユーロ
の利子を支払った。

しかし、「私立銀行
バンクスターに支払った正当な利子が無かったら、
2008年末には、
1327、1000000000ユーロの代わりに、
単に
21、1000000000ユーロだった。(Mai68.org)

 

どのような詐欺者がこのような戦利品を手に入れることができるのか?

そして、誰もこの絶対的なスキャンダルを告発しない。
 


 

 

貨幣創造の真実に関するメディアの沈黙

 

黄色いベスト運動でこのフランス国家の負債と貨幣創造権の問題が浮き
彫りにな
話題になっているが、一般には、メディアは根本的な段階
であ
った1973年のポンピドゥーディスカール・ディスタン法を無視
て自由主義的論議だけをしている。


国民
が完全な犠牲になっている。

この法が通って以来
、金融とほんの少しの寡頭主義者(少数で政治を

する
)たちは、指数スパイラル的な格差社会を増長させ、

国民を奴隷にするための完全な措置が与えられたと言うことになる。
 


 

国家が国民一般の利益を守らなくなり、

権力は
今後「民間債権者」の手中にある。


語源的に、
人民の権力であると言う民主主義は死んだ。


我々はそれらをギリシャ、スペイン、イタリア、アイルランド、に見た。

いや、それらは全て、世界中に数年の差はあるが
殆ど同時進行的に
起こされている。

世界規模で、富が
99%から吸い上げられ1%の手中に強制的に集中
されている。
 

 

西欧の場合は、欧州連合、国際通貨基金、欧州中央銀行、これら
「トロイカ」と呼ばれる
ものを誰が統制しているのか?


これらの
新自由主義グローバリズムの世界規模のコーポラテイズムは、
常に人民がみな
窒息まで彼らのグリップを締めるのを止めないだろう。 

 

さらに、終わることなしに、テレビ、ラジオ、メディアで、

「耐えられない国債の総額」、「フランスの破産」、「必要な犠牲」、

「我々はこれ以上贅沢に生きることはできない」、

そして
、「フランス人はもう理解している」とオウムのように繰り返し続ける。

これは、メディアの定番で日本でも同じである。
 

 

リベラル保守派の疲れなきプロパガンダ

正義と
知性に反して、見かけ上の偏った証拠でやむ負えない緊縮政策を
世論に強制する。


ギリシャの
場合には2年間の緊縮政策には何の成果もなかったにもかかわらずに。

 

そして、正当化するために常に同じような単純な質問を出す。

「しかし、借金返済には
、国の赤字を減らさずどうできるのか?」


 

答えは単純である。難しい事ではない。国が必要な支出の資金を、

利子の高い私立銀行から借りて負債を作るより、国が昔
そうしていたように、

国立銀行から
無利子で金を借りることだ




だから、今起こっていることは、純粋
に、単に国に
国民に
対する暴力である

国民が政治家
(国民の代表者と呼ばれる)とメディアの協力を得
私立銀行の前に完全に
無力で膝付いているのだ。

 

政治家の中でもこれら告発する少数がいるが、極右と極左であるが、
彼らも日和見主義でやっているだけだ。

これらは常にリベラル資本主義の肩を担ぐ者たちであり、彼らも帝国に
疑問を
投げかけることは絶対しないだろう。

これはマフィアの「
の掟」の沈黙に似ている。

これらはメディアの使命を裏切っているのだ。


 

黄色いベストは暫定政府を準備し憲法教室をフランス中に開く

93D0EC5B-3287-42F5-8BC8-07D0B557927C
写真筋:Sud Radio.    Jeudi Chouard: L’heure des citoyens 
constituants#9

パリでフランス政権による黄色いベスト運動の激しい弾圧の背後に、黄色いベストはフランス全国規模で会合、討論、討議を進め、憲法教室で市民がアマチュア政治と新憲法制定手順を学んでいる。現政権が突然崩壊する時のために、「市民主導の移行のための暫定政府」と「市民主導の暫定憲法制定議会」を設置するために全国的に、討論、決定が行われている最中。これは、数年前のチューニジア革命やエジプト革命の失敗から学び、市民が反乱を起こした時に準備が万端に整っているためにである。以下はシュッド・ラジオ(Sud Radio)で木曜日ごとに『木曜日のシュアール』という番組で、黄色いベスト運動を放送しています。以下重要部分だけ抜粋。






#市民憲法制定者の時間



質問:我々には移行暫定憲法制定議会が必要なのだろうか?

エマニュエル・バレット:
私が定義したいことは、暫定政府の使命と、暫定政府の
任務とは何か?です。


その役目は憲法の枠内で行われ、時事管理、憲法制定
プロセスを組織する任務です。


暫定政府は 憲法制定議会を任命しない。これに関しては
憲法に明記される。


暫定政府の仕事は主に日常の時事的なことを運営する
執行政権
です。

我々の移行暫定憲法の第4条では、暫定政府タイプの執行
政権を定義している。それによると、


・主に 執行の権力があり、政権的に中立であらねばならず、
法律の発議(イニチアチブ)と政治、経済、社会,国際問題の
方向付けに関しては議会の決定に任せる。


・予防の原則において、この暫定政府は危険な後戻りが
不可能になる 紛争的な主題に関しては決定を棄権する。


原子力発電所の起動、自然環境に影響を与える大産業計画、
市場に出す前に確認および認証済みの遺伝子組み換え作物の
許可など、これらは議会が決定する。


・執行政権は非人格化される。

最初に30人の執行理事会と、120人のプロジェクトの管理
経験と超国家的専門知識により採用された幹部で構成される。


これらの人々は執行に必要な専門知識のために採用された
人々で、決定はしない。議会が決めたことを執行するだけ。


・執行理事会の決定は緊急対策だけである。(憲法にすでに
定義されている)


-予防措置対策

-追加として、第一必需品の緊急対策

-生活必需品の消費税をゼロ%に。

政治囚の恩赦(逮捕された黄色いベストなど)、年金
スライド制に関して。


・これら以外は全て議会が決定する。

・この憲法はとても合意的であらねばならないこと。

・すぐに欧州連合を脱退することでもない。これは
国民投票により決める。



質問:この議会はどのようにして?

エマニュエル・バレット:
それは第5条の定義目的に、議会と行政権力の公的活動は
民主的正当性と経験を組み合わせなければならない、
とあります。


二つの議院で構成されます。

国会と上院です。

各々が社会的な、かつ集団的知性である代表制を組み入れた
形態の 400人の議員で構成されます。


国会は、210人の抽選された市民と、

110人の抽選された旧市長で構成される。

何故なら専門能力が必要です。

そこは討論の余地があります。

移行時期には市民と能力を組み合わせる方法が
あらねばならない。


参加者: それらに関して、我々は法律を書く必要はない。
移行のために十分な法律はある。


エチエンヌ・シュアール:
我々は移行時期にはいかなる法律も制定しないと
すでに決めている。


エマニュエル・バレット:
しかし、退職問題に関して、人々は1年も待てない。

参加者:政令で実行してはどうだろう?

エチエンヌ・シュアール :
この問題に関して討論する必要がある。

ソフイ:
暫定憲法の条項には、一例を取ると、国は国民に
まともな生活を保障する、とあります。


ですから、必然的に暫定政府は貧困を根絶するための
対策を取らなければならない。


エマニュエル・バレット:
しかし、どのような資金で?

ソフイ:
暫定政府には公務員が働いていることを忘れない
でください。彼らは資金調達方法と手順をよく知っています。


レジス:
これは特別な技術的、法的な問題です。難しいですね。

今朝、エチエンヌが私に憲法テキストを差し出したのですが、
議論したい沢山のことがありすぎだと感じました。

私は同意しますが、この移行に関してもっとシンプル
にできないものでしょうか?


エチエンヌ・シュアール:
そうですね。もっとシンプルにすることに同意です。

エマニュエル・バレット:
複雑であるということに関して私が言いたいことは、
憲法自体、我々は複雑化から解放されることはできない。


メディア権力や金融権力に対抗するには予測しなければ
ならないことがある。


もちろん、市民に要求を納得させるためには
単純化しなければならない。


要約するために先づ4ページにテキストを要約し、
その後1ページに。
それはこれを深めたい人々が見つけることができる。

最終的に、とてもシンプルなテキストになるようにする。

しかし、このシンプルなテキストの後ろには集合的
インテリジェンスが働く。


レジス:複雑化を恐れてはいけない。

何故なら、民主主義は独裁よりいつも複雑です。
私は同意です。


エチエンヌ:
今聞いている人々が暫定政府に関してよく考えるために
私が思うには、


我々は一緒にシンプルに憲法を書くことです。

闘うに価するどんな重要なことを暫定憲法に入れるかです。

私はノートを取りました。

このテキストを読む前に、私が望んでいた一部を
その中に見つけました。


しかし、暫定憲法には、まず最初にスキャンダル
なくらい強力な権力を持った政治的役者を
除外しなければならない。


第5共和国憲法が彼らに与えた強力な不処罰の権力は
全くのスキャンダルです。


我々が政治権力に無力で何もできないことは、
彼らが我々の暫定憲法のプロセスに邪魔することを許します。

我々は暫定憲法でそれを遮らねばならない。

故に、憲法を書くには幾つかの方法があるが私の意見では、

暫定憲法を書く人々は先づ最初に政治的役者から
彼らの強力な権力や妄想的な利益、


不処罰を取り除く事を良く考えねばならない。

彼らの不処罰は多分、

重罪裁判所などの人民裁判所が罷免でき、

反逆者として罰することができる。


我々は裏切られた。

それには幾つかのレベルの裁判管轄、防御権、

しかし、我々はこれらの責任者を有罪にかけることが
できなければならない。


レジス:いいえ。特別人民裁判で。

エチエンヌ:
現在の裁判管轄、それはシンプルな市民による重罪裁判所、

それのために訓練された市民で構成され法律の
プロフェッショナルから囲まれ、弁護士でも良い。


いずれにせよ、この暫定憲法で、政治的役者の強力な権力と
不処罰、そして、彼らの4RBDで我々を撃ち、
催眠ガスで攻撃するのをやめさせることです。


法律を適応しなければならない者がしない、我々はこれら
を排
除し潔白な人々と替えなければならない。

彼らは規則を適応するでしょう。


それで、私は重罪裁判所で市民の陪審員による裁判と
言っていますが、もっと良い考えがあるでしょうか?


規則はすでに存在しているので新しい法律を作る必要はなく、

人々の目を撃ってメクラにしたり、手を撃ち落としたり
する卑劣な犯罪を起こす者達を有罪にできる。


質問:この暫定憲法にはどのような機関を設置するべきか?

ソフイ:誰も 任命されないこと。抽選で出された人々だけで。


エチエンヌ:国務院と違憲立法審査院に替わるものを
考慮しなければならない。


参加者:移行期間の暫定憲法のうちに、我々には
違憲立法審査院は必要ないのでは?
しかし、移行協議会の役目では?



エチエンヌ:
もし、憲法を制定し、制裁を制定しなければ、

適応のための機関を前もって設置しなければ、

憲法を書いたことは無駄になる。


事実、市民がイニチアチブや、憲法制定議会の規則を

書く時ごとに、
これらの規則が適応されない場合は、

どのような機関が、
どのような制裁があるのか、

市民はその規則の適応を考えることを学ばねばならない。


違憲立法審査院は必要です。

何故ならこの機関が暫定憲法の適応を確定できるからです。


しかし、これを違う名前で呼んでもいいです。

エマニュエル:
裁判と有罪判決に関して、権力を悪用する人々で、
反乱者の勝利を望み、命令に従わない保安機動隊(CRS )
かもしれませんし、犯罪を犯し裁判にかけられなければ
ならない人々もいます。


また、暫定憲法に関しては、その役目は統合で
なければならないと思います。


さらに付け加えたいことは、執行政権と司法権の間の
全ての階級組織の繋がりを切断せねばならない。


司法省、検察などを起訴院と取り替え、

院が追訴するか、追訴しないかを決める。

また、訴えるか、訴えないかを追訴院が決める。


この追訴院は定期的に更新され、抽選された市民に構成される。

また、最初は権力に賛同していた裁判官も、
彼らの階級組織のために怖かったが、
その後風向きの変わりを感じて、市民のために
良い裁判を提供するようになるかも知れない。


エマニュエル:
追訴院に関してもう一つ言えることは、
追訴院は起訴するかしないか、未解決事件、
裁判の再審、検事を割り当てたり取り止めるかをを決める。


ゆえに、追訴は普通の市民の一団である組織が決める。

エチエンヌ:
我々の憲法制定プロセスが強力で不処罰の政治政権から
邪魔されないように彼らを除外することを注記しました。



同じく暫定憲法の中で、とても重要ですが、
この憲法は実行のモダリティを組織しなければならない
と思いました。


ゆえに、常にどのような憲法制定過程に
観察される利益相反なしにです。



今日、どのような国でも、どのような時代でも、憲法を恐れな

ければならない者たちが、我々が政治家とよぶ職業政治家、議

員が憲法を書いてきました。


ゆえに、暫定憲法の考えとして、

正確には、市民の会合、話し合い、情報の交換、討論、

地元のアゴラ(古代ギリシア語、集会所)の組織である

憲法制定過程から政治家を遠ざけることです。



また、時事管理に関しては、

大臣でもなく、国務長官でもない、

多分、通常の公務員が管理することになるでしょう。


軍や警官などの全ての公務員が参照できるテキストなし、
法的な枠組みなしにならないように組織しなければならない。


ソフイ:汚職が確信されている者達以外で。


エチエンヌ:
私は先日、領土担当公務員の一人と話しましたが、
こう言われました。



「貴方にお知らせしますが、

領土レベルで我々は地方分散化ができます。

我々は税金を集金でき、共和国に関する全てのことができます。

地元レベルではなんでもできます。

もし制度が変わり、時事管理を執行するなら、

我々にはそれを良くやれる用意があります。」


ソフイ:
我々が聴衆の方々に明確に言えることは、

今から、皆さん全員、我々全員が、

一般の利益になる使命を実行できる、

委任者になる、憲法制定者になるということです。

とても重要です。

それは我々全員に関係します。

単に専門家に関係があることではありません。



参加者:全てのボロンティアは憲法制定プロセスに参加し、
代表代理人になり、法律を提案することに招待されています。


ソフイ:
私は全ての抽選された委任者や選ばれた者(
これらは決められなければならない)は、


フランスにはおける中間の給料が支払われることを
提案します。


調査などで旅行する時の使命の経費、枠内の経費は
証明されねばならない。


エマニュエル:
憲法制定市民はこの5月19日にポフト・ド・イブリィ(パリ)
で憲法・アトリエ(憲法教室)を開きます。


ateliersconstituants.orgでアドレス登録ができます。

同じくフエイスブックでも用紙があります。


エチエンヌ:
来週の課題で強調したいことがあります。

我々はアルジェリア人を受け入れます。

彼らは黄色いベストで通りに出ています。

ただ、彼らは我々よりもとても多いです。

彼らは数千万です。

アルジェリアの通りには選挙民以上の人々が出ています。

彼らは憲法制定者になろうとしています。

来週彼らは我々に逢いにきます。

本当に、拳法教室がいたるところにあります。

先生があちこちで憲法教室を開いています。

とても興味深くなっています。


ソフイ:
フランスでも、パリと地方で憲法教室が至る所であります。

ネットにアドレスがあります。

黄色いベストにも会いに行ってください。

皆さんは大歓迎されます。この素晴らしい冒険に皆 参加しましょう。



https://m.youtube.com/watch?v=Q8NJ9MhxZS0




米国の連邦準備制度は世界中のカネを印刷できる私立銀行!

777DC36D-71BD-4A20-89FC-A6F31D21E98C
写真筋:la depeche .fr      Place Saint-Georges à Toulouse
 
1913年のクリスマス休暇に、アメリカ人には内緒で作られた連邦準備制度は偽の中央銀行である。リーマンショック時に世界中の私立銀行に無利子でカネを提供できることが判明した。この背後にいる国際金融テロリスト集団は、世界中の議員に選挙資金を調達しながら、彼らが各国に所有する中央銀行を通して負債を強制し、税金という形で99%は恐喝されるシステム。黄色いベスト運動はそれらに反抗するために立ち上がった!




 人類に隠蔽された私立銀行の【貨幣創造権】が偽の民主主義を可能にする

 

 

米国の連邦準備制度は世界中の紙幣を印刷できる 

 

今日、米国の連邦準備制度を理解することはそれの創設によ米国
に何が発生したか、さらに世界にどのような結果をもたらしたかを知る
ことは最も重要なことである。

 

1913年に創設された連邦準備制度の陰謀は巨大で恐ろしいもの
った。人類全てにとって測り知れない
悲劇的な陰謀である。

 

リーマンショックの金融危機の際に行われた米国議会による連邦準備
制度の会計調査で分かったことは、連邦準備制度は国の中の国であり、
考えられないほどの
驚異的なパワーと汚職があることが判明した。

連邦準備制度はお金を印刷でき
。世界中のお金をだ。
 

連邦準備制度は世界中の銀行に無利子で金を作っていた。
 

さらに,米国の国会の会計調査も無力であることが判明した。
 

連邦準備制度の権力は本当に途方のないものであり全くコントロール
外である。

200
年にネット上に現れた米国議会による連邦準備制度の会計調査
に関してのビデオで、連銀のトップが国会議員の質問を受けて、一人の
議員が
「9000000000000ドルが連邦準備基金の会計から
消えましたが
、何処にありますか?」
 

「探してください」

と彼は答えた。
 

全く法外であり、それらの金が何処に行ったのか、議員には知る方法
はなかった。
 

コントロールの任命を受けている者たちは完全に無力だった。連邦
準備制度に対して我々は無力である。国の中の国だ。
 

そのようにして、なんとか会計調査が行われ分かったことは、
2008年と2009年
の2年間に、
連邦準備基金
は16000000000000ドルを世界中の銀行に
利子ゼロで金を作っていたことが判明した。

 

と言うことは、彼ら銀行が破産しないように、世界中のならず者
たちの束である
者たちに、銀行カルテルに、ただで金を浴びせていたのだ。

この出来事
政府が我々に本当のことを説明しないで「国には金はない」
と言う。
 

「お金を作ったら?」

と我々が言うと
 

「貴方は道理をわきまえていない。無責任です。インフレになって
いいんですか?」
 

と、政府が答えるときには、連邦準備基金が利子ゼロで世界中の銀行を
うるわしたエピソードを思い出してください。

 

 

  嘘を並べる世界中の政府は私立銀行から指示を受けている 

 

その間中、政府はメディアを使って退職金を下げろ、公共のサービスを

減少しろ、福祉補助金を下げろ、廃止しろ、社会保険料の割り当てを

下げろ、
民営化しなければならない、売れ、全てを売れ、

国の全ての財産を、
と喚(わめ)く

 

これら数十億を節約するために政府が我々に言っている間に、強盗破産
を起こしたので
牢獄に行かなければならないはずの銀行は
彼らの間で貨幣印刷を
フル活動させている。

16000000000000ドルと言う凄さだ。

非人間的
な数字である。

これが、リーマンショック後
の2年の間世界中の銀行が破産しないために

利子ゼロで貸されていたのだ。


我々99%は無力である。全てはロックされている。

 

 

私立銀行によ貨幣創造独占と税金という大詐欺 

 

そのようにして、今日の連邦準備制度(FED)は実は【私立中央銀行】
なのだ。

何故そのように名付けられたかと言うと
、国立銀行ではなく、

私立銀行であることをアメリカ
から隠すためである。

何故なら、アメリカ人は中央銀行を望まなかった。


ウオール街の支配下に置かれたくなかったからだ。

危険を感じていた。

そこで、彼らは狡猾
なトリックを使い、その中央銀行を連邦準備基金
言う名で呼んだ。


彼らは人々がクリスマス休暇中
に急いで議会で採択させた。
 

米国にお金が必要な時に問題はない!

我々私立銀行がお金を提供する!


それも6%の利子で!

と言うことを彼らは言った。

こんなうまい話
はない。信じられない


銀行家による世紀の
ホールドアップである。

 

連邦準備制度が創設された時代には、国の借金はなかった。

米国国家に負債は存在しなかった。

しかし、米国政府が
お金を必要とした時ごとに、私有銀行からお金を
借り出した時から米国の借金は
大きくなるばかりであった。

そして、米国議員
、上院議員がこのように沢山のお金を作る危険性を感
じ、債務上限を設置しようとした。

しかし、この上限は
この時代から頻繁に変わり、上限は常に引き上げ
られてきた。

毎日のように登っていた時もある。


1500
万などの巨大な金額になった時はもう返還は不可能であった。

 

今ではアメリカ人は【利子だけを返済】できる状態なのだ。

 
 

そして、この負債の返済する利子と所得税の額は同じである。

 

 

【所得税】はこのFEDと同じ年に創設された。


 

これが、国の借金を私有銀行に支払うために作られたのか知る由はない
が、現実はそのよ
うに見える。
 

所得税は、最初は憲法違反だったが、それでも彼らは設置した。

最初は小さい額だったが
次第に重要になっていった。

最初には負債はない。しかし、それは徐々に上がって行った

 

 

税金という形で私立銀行は人類から金を巻き上げている 

 

 

アメリカ人はこうして騙された。

そして、その時から
アメリカの借金は登り続けている。

 

このようにして同じ年に所得税が発明されたそれらは同じ
ウイルソン大統領が設置した。

所得税?偶然に作られたのだろうか?

それとも。やはり、故意的に作られたとしか思えない。


その後、日本、フランス・・・・いや、世界中の国がそうなっている。

 

 

簡単に要約するとこうなる。

 

先ず、私、銀行家は国に借金をさせる。国は私にお金を返さねば
ならない


国が私に返済できるには資金が必要だ。

それで国に新しい税金を
作らせる。最終的に、アメリカ人(日本人)を
私のために働かせる。

私は、
高級車フェラリーを買う以外は何もしないで生き続けられる。

 

本当に物凄い陰謀としか言いようがない。

最終的には、彼らは米国
財務省から所得税の全額を取っている
(日本でもそうであろう)。

 

と言うことは、米国の全マネーサプライ(貨幣供給)は負債】である。

国の負債である。

 

我々が支払っている税金は、100%の金額は病院、学校、公共の
福祉の機能のためではないのだ。

全く、全然違う!
 

それらは負債会計に入る。
 

 

国は自ら貨幣創造を放棄した】のだ。

 

 

と言うことは、国に金を貸した金持ちたちのポケットにそっくり
そのまま入るの


何故なら、国は国が必要とする金を
自ら創造する機能を放棄したからだ。

 

国家!、国家こそが、国民の代理人である議員たちこそが【犯罪者】
であり国賊なのだ。


彼らが、国が私立銀行から高利で
借りることを強制しているからだ。

我々国民を
借金させながら利子を払っているの


日本の
場合は2008年頃には50兆円の税収入に対して、負債が

隠し負債も含めて1000兆円
らしいので、まぁ税収入の全額が負債の

利子に回っている可能性がある。同じシステム、カラクリである。

 

フランスの場合1973年から負債は大きくなった
毎年、国が支払う
借金負債同じ額である。
と言うことは、借金がなかったら
、国の予算は毎年、だいたい均衡
が取れているのだ。

実際、均衡とは負債の形成と
負債課(会計)のことである

返済のことではない。
 

借金は大金過ぎて到底返済し難いの


負債とは単なる利息である


国は国民から所得税として金を取り上げ、金持ちに献上
しているに過ぎないのだ。

 

なんと言うことだろうか。

なんで、我々はこんなシステムを容認しているのか。信じられない。


 

我々をここまで、最終レベルまで裏切ることのできる者たちを

【代表者、
議員】と呼んでいる事が信じられない。



これら私立銀行の者たちに
何万兆を支払った後、我々の社会福祉に、
退職金に、電気
、ガスのお金がない? 

 

よく見ることだ。
 

我々には全てある。
 

足りている
 

不足していない。
 

国が借金しなくてもいい


 

 

スイスのタックス・ヘイブン(税天国)終焉の始まり

スイス人のリック(市民率先の国民投票)はスイスに集中している多国籍企業の税制特権を廃止できる。 これが現在、フランス人の黄色いベスト運動の主要目的であるリック(市民発動の国民投票)が、フランス国内の多国籍企業の税制特権の廃止を可能にする。



 

スイス人のリック(市民率先の国民投票)
は 多国籍企業の特権を廃止できる



この19日のスイス人の国民投票はオフショア特権の終焉
の始まりになる。

この度、5月19日の日曜日の国民投票でスイス人は二つの
テキスト、一つは特定の銃器へのアクセス(欧州連合の指
令)を強化した。

同じく、スイス人の労働に関する税制を変更しながら、
多国籍企業オフショアの税制特権を廃止できる
税制改革に投票し、スイス人が賛同した。



スイスには今まで国際的な問題になっていた特別の税制
があった。


「郵便箱」と呼ばれる多国籍企業のホールディングで
ある国際金融企業の部門など、明らかにこれら全ての
企業の 活動はスイス以外にある。

 
スイスには2万4千の「郵便箱」があり、

今までこれら企業の「箱」が存在する地域、
カントン(州、小郡)で税金を支払っていた。

税率は2%から12%までで、これらは本当に少ない。
 


スイスの税制は連邦レベルと州(カントン、小郡)/市町村
レベルの二段階になっている。


 これら多国籍企業にはさらに免税が追加され、

国際的にはこのような完全な税制特権はよく
思われていなかった。 

スイスは欧州連合とほんの少し前から経済協力開発機構
にも加入していた。 


スイスはこれらの課題に関して、欧州連合から、
「協力しない国」として灰色のリストから、さらに
ブラック・リストに加えられるという圧力を受けていた。 

罰則として、「経済的にヨーロッパの市場からの除外」
などの本当の制裁付きである。


 スイス人にはカントンごとにこの税制を適応する自由が
ある。 


以下は今回の国民投票でスイス人が同意し、政府が譲渡。 

・企業の利益に関する税を減少し
・株主の配当に関する税を増加する 
・同じく原泉所得税を増加する
・スイス人は彼らの税の0.15%の増加に同意した。
・さらに、政府は退職年金の借り換えに同意した。 






ギャラリー
  • 速報:CDC、FDAは、一般的な風邪ウイルスフラグメントと混合されたヒト細胞を使用して「covid」テストプロトコルを偽造しました…PCRテストは単に一般的な風邪を検出しているだけです
  • アイコンの国際社会の電報更新:提督リチャード・バードとフロイド・ベネット
  • グローバル通貨リセット(GCR)による復元された共和国
  • 瞑想ライブラリー(16): 聖父との再会
  • (読者:リバティ)森に火をつけるヘリコプター?
  • ヨーロッパの洪水の間に浮上する拷問された人間の死体
  • ヨーロッパの洪水の間に浮上する拷問された人間の死体
  • 瞑想ライブラリー(15): クイックステップPDD
  • 元ファイザーの従業員が、致命的なCOVID ワクチン「生物兵器」について語ります:「彼らは、死ぬ前にどれだけ人々に感染できるかを見ているだけです。」-
カテゴリー
  • ライブドアブログ