台風19号は人工台風?グローバリストによる日本と世界人口削減計画進行中


この度の台風19号「ハギビス」で氾濫、浸水、冠水などによる多くの被害、複数の死者や行方不明者、負傷者を出したが、直感的に「人工台風」ではないかと考える人も増えているかもしれない。

日本を初め、米国や世界中で不自然な自然災害が多発している。その頻度がますます多くなっている。ケムトレイルは世界中の空で見られ、この度、ロシアのプーチン大統領もケムトレイルを散布する西洋の政府を非難している。ケムトレイル(天気が良くなるとすぐに始まる)の数時間後にはどんなに美しく晴れていた空でも雨雲に覆われ雨が降る。

以下の気象兵器の定義からすると、どうもグローバリスト・カバルと呼ばれ、世界の富を独占するこれら1%の超金持ちと我々99%の地球人はこれらの気象変動を装った災害(今回は台風という水攻め、ヨーロッパやアメリカでは不自然に多発する山火事で火攻め)で弱体化し、中間層がなくなり、貧困層に変化している最中。西洋に出回っている記事によれば、グローバリストは99%無駄食いの口と言い、このような攻撃で人類を弱体化させ、10%だけを彼らの奴隷として残し、残りの世界人口を削減にかかっているとのことである。1977年に環境改変兵器禁止条約まであるが、明かに無視している。

36EFA92A-2A05-46BD-92CB-1DF36468242B




気象兵器の定義

気象兵器とは人為的に気象を操作することにより敵対する国家や地域に損害を与えることを目的とした兵器の一種。環境改変技術の一つでもある。1977年の環境改変兵器禁止条約においては環境改変技術(Environnement al Modification Technique)と表現され、「自の作用を意図的に操作することにより地球(生物相、岩石圏、水圏及び気圏を含む。)または宇宙空間の構造、組成又は運動に変更を加える技術」と定義されている。


以下は2017年のニール・キーナンの気象兵器の記事である。


ハリケーン イルマは気象兵器 :ハープ・気象戦争-ニールキーナンアップデート



ニール・キーナンの更新| ハリケーン イルマの武器化:ハープ気象戦争露出された方法論 


2017
96キーナンチーム| GROUPK 


ウィスコンシン州のクラムレイク海軍施設でのハープ(HAARP)設置の管理者は責任を負います。 


これらの陰謀団の工作員は、ハリケーンハーベイやイルマなどの最近の気象イベントを指揮し、集中させてきました。 そして、イルマを今すぐ停止するか、イルマを継続させることができます。これが彼らの使命です。



F08B0253-0F0E-428B-99E7-55D39DC7E196

言うまでもなく、陰謀団はこの状況で多くの命を救うか破壊する力と場所を持っています。 


この気象兵器は、彼らが残した最後のツールの1つであり、機能的で自由に使用できます。 


HAARP施設
が何百万ワットのエルフ(超低周波)伝送を生成できることは今ではよく理解されています。 



1F3BF4CE-D0ED-47C6-A4CB-C579204269A3


関連: アラスカ大学フェアバンクス地球物理学研究所:HAARP 


これらの送信は、ハリケーンの産卵と誘導を含む天気を操作したりハリケーン風の激化のために使用されます。 


同じハープ(HAARP)気象兵器トランスミッションは、現在、クラムレイク施設によって分極化されています。 


ハープ・アラスカ施設は、クラムレイク・ハープ施設のより新しいバージョンですが、どちらも同じ原理を利用しています。 2つの施設のアンテナ構成を観察すると、類似点がわかります。 


87CC9571-EEFC-4FF7-9C27-F4364E36E701

関連: 超低周波送信機サイト:ウィスコンシン州クラムレイク 


古いクラムレイクの施設では、カバル(陰謀団)が密かに気象戦争制御の送信をその場所から指示しているという適切な情報源からのアドバイスです:現在、ハリケーン・イルマ、そして最近のハリケーン・ハーベイです。


繰り返しますが、私たちの意図は、これらの悪質な活動を公開することによってそれらを停止することです。 


お気に入りの検索エンジンを使用して「ELF Wave Polarisation」を研究することにより、HAARPの詳細をご覧ください。 


ニール・キーナン&グループ


Copyright©2017GROUP KLtd. 


出典: ニール・キーナン

にほんブログ村 ニュースブログへ



にほんブログ村