ー <健康><学校><子供><瞑想>にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村



子どもたちが感情を管理することを教えるための学校での瞑想クラス。これがラロシェル市が一般化したものです。 


B60F24EF-46CC-4697-88B6-6B3FA37FB14D



誰もが小さな天気の感情を作り、呼吸すると空気が流れるのを感じます。 


ラロシェルでは、毎週、生徒がマインドフルネス瞑想を実践しています。このクラスでは、瞑想は想像上のキャラクター、猫のヴォルテールによってビデオで案内されます。 


ヴォルテール、彼は私たちが強い感情になった時、簡単に通り抜けられないときに助けてくれます。私たちは自分に焦点を合わせ、呼吸に注意を払い、感情を放ちます」と生徒は言います。 


別の人は、テニスの試合前に猫のヴォルテールのことを考えたことを打ち明けます。負けるのが怖かったので、落ち着いた」と彼は言う。



D1EED2BF-C5C6-409F-BA68-49FC0C1E3999


規律の一般化に向けて?

ラ・ロシェルは、2019学年度の開始以来、学校に通う5,000人の子供全員に瞑想プログラム導し、提供する最初のヨーロッパの都市です。


 瞑想を専門とする神経科学者のガエル・シャツラ(GaëlleChetelat)は、瞑想が「感情の意図的および調節能力を改善することを想起します。後者は、彼女が毎日学校で体系的に教えられることが有益だと言っています。「多分授業を始める前の朝かもしれない」と彼女は提案する。


動画:https://m.youtube.com/watch?v=sE7T4088E38

ただし、練習の質を無視してはなりません。したがって、教師のトレーニングは非常に真剣に受け止めなければなりません。瞑想はメンタルトレーニングであり、練習中にこれらの子供たちの脳で何が起こっているのかを知ることはできません」とガエル・シャツラは説明している。



<健康><子供>


https://www.francetvinfo.fr/sante/enfant-ado/video-a-la-rochelle-on-fait-de-la-meditation-a-l-ecole-pour-apprendre-aux-enfants-a-gerer-leurs-emotions_3620163.html