子供にタブレットを渡すという考えはとても魅力的です。費用がかからず、時間を節約でき、時には食べやすくなります。これだけで罠にはまります。スクリーンの前で子供が時間を費やすほどにその悪影響が強まります:相互作用の欠如、機嫌の悪さ、忍耐の欠如

逆に、スクリーンを放棄することで、子どもは自分の感覚を再発見し、本物にしがみつき、笑顔を見つけることができます。さらに、それは彼を退屈からリハビリさせます。それは彼の想像力を発達させるための必須条件です。また、ステーブ・ジョブス(Apple)のようなタブレット・クリエーターは自分達の子供に使用を避けています。以下の記事で科学アカデミーと科学者達の見解が相反しています。







EAAF30E8-14D4-4B7F-B9B1-27413E230148


20131月、科学アカデミーは、そのレポート「子供とスクリーン」で、幼児によるタブレットの使用に関する好ましい意見を表明しました。60人以上の研究者が強く反応しました。

彼らの抗議にもかかわらず、慎重に研究するに値するこの課題は、私立であれ公立(幼稚園、保育園)であれ、幼児の手の中にますます頻繁に発見されることは明らかです。


 「タブレットで遊ぶことは赤ちゃんにとって良いことです」と教育心理学の研究者であるオリビエ・ウーデ教授は言います。

今日、私たち心理学者、言語療法士、精神科医、小児科医、教師、図書館員、学校の看護師、研究者、両親は、テレビと同じ確認をしています。タブレットはそれが主な刺激ツールになると、子供に深刻な障害を引き起こします。


E487798E-BED0-4FF3-A0EA-54E43BECC13F
 


タブレットの集中的な使用:

1-注意障害を増加させます。

2-言語の出現を遅らせる。

3-時間の最初の概念と因果関係の原則との構築を妨げる。

4-細かい運動能力と総合運動能力の発達を損なう。

5-適応社会化へ害。


私たちは、他のタブレットの影響の少ない多くの子どもたちと比較したり、タブレットの使用量が減少した子どもたちを研究したりして、これらの確認を行ってきました。



5F755832-A37C-4A11-9CBC-DC051EDBFCCC

タブレットによる注意への影響は タブレットは不随意の注意を強く捉えます。視覚的に魅力的で、素早く変化し、音を伴う画像が子供を魅了します。タブレットは興奮の源です。マシンは、暴力的な行為を含む、疑似成功を常に促します。子供の注意を引くことにより、タブレットは豊かな言語、社交性、調和のとれた運動能力などの重要な技術の出現を遅らせます。開発に必要な活動の時間を奪います。


言語への影響:言語の遅れについて医者に相談する子供が増えています。その中の多くがタブレット・スクリーンを刺激の主な源として持っています。これは親にある程度の安心をもたらしますが、言葉による相互作用を犠牲にします。これは、この生活の期間の言語習得に不可欠です。「インタラクティブ」と言われるプログラムは、人間のコミュニケーションに適した交換を許しません。どのような機械も視覚的な接触や子供に宛てられた言語を許可しません。しかし、子供が自分が誰かであることを発見できるようにするのは、彼に与えられた注意です。「私は『あなた』と言われたので『私』と言うことを学んだ」。

DC83E2B3-D461-4F51-9231-93295FEE79E6
 


時間と因果関係の概念の構成への影響:子どもは、実際のオブジェクトに対する繰り返しのアクションを通じて、因果関係の概念の統合に不可欠な物理法則を抽出します。ボールを蹴ると、ボールが転がります。この実験はスクリーンでは不可能であり、回り道になっています:正方形は転がり、卵は壊れずに落下します… 実際の物体を観察することで、子供は一時性の概念を発見します。秋に木の葉は黄色になります。投げられたおもちゃは壊れて、それは自動に修理しません、人は死にます。

 仮想スクリーンは、この重要な発見を妨げます。最後に、タブレットは、それが提供する即座の満足感の幻想によって、重要な精神的制約の経験を取り除きます。タブレットによって提供される答えの即時性は、計画、戦略、迂回、つまり瞬間的な欲求不満、快感の遅れを受け入れることを必要とする学習に害を及ぼします。


細かい運動能力とグローバルな運動能力への影響継続的な使用のタブレットに直面して、赤ちゃんは全体的な運動能力を発達させることができません。一方では、彼は自分の環境を探索することができずに座ったままです。一方、全ての平らな面に対して、タブレットの前でタブレットのキーを叩いている幻想になります。「本当の」物体の前では、彼はしばしば無知で、限定的で、驚くほどぎこちなくなります。


最後に、学校はグラフィックデザインの難しさ:をますます強く訴えています。精神運動クリニックは常に忙しいです。ペンとタブレットの間で、ためらいはありません。子供は輝くもの、きらめくもの、動くものを選択します!ただし、タブレットのグラフィックアクティビティは、紙と鉛筆のワークアウトの代わりにはなりません。鉛筆のメンテナンスに必要な姿勢調整で紙からあふれさせないで強い線で書けること、描画の強さを適応させること...などはタブレットの構造的制約には存在しないすべてです。




B60FE755-2762-451F-B445-ED8CD4397E3E

私たちは、患者、学生、自分の子供たちのもとでこれらの観察をしています。現状の日々の観察からこれらの結論を引き出します。

主な観察は、タブレットは、他のスクリーンと同様に、子供の注意を引くことで子供の支配的影響の現象を作り出すということです。その後、子供は自分の周りの世界を理解するために不可欠な感覚的経験から切り離され、自分自身と他の人との間の必要な距離から切断され、想像力の発達、一人でいる能力と自己認識に役立つオブジェクト、話すことや自分自身のために考えることにとって重要な言語関係から切り離されます。


デジタルオブジェクトの危険性、スティーブジョブズのようなクリエイターは明確な良心を持っていました。Appleのボスは、自分の子供たちに大きな制限を課していることを認識しており、他の多くのデジタルジャイアントは、子孫のためにこれらから切り離された学校を選択しています。

すべての子供に同じ制限の推奨事項を採用するのにどれくらい時間がかかるでしょうか?






Sabine Duflo 、小児および青年向けの医療心理学センター(CMP)の心理学者。Jacques Brodeur 、教師、Edupaxの創設者。ジャニーヌ・ブッソン、教師、Enfance-télé:危険の創設者、フランスでのスクリーンのない週のイニシエーター。Emmanuelle Deschamps CMPの子供の言語療法士。ブルーノ・ハーレ、小児精神科医。エリック・オシカ、小児科医、「私は私の子供を育てます」の言及者、ローレンス・ペルヌー。

http://www.lemonde.fr/sciences/article/2015/09/14/tablets-to-children-children_4756882_1650684.html#6EIMDPfDYM7XgPxF.99


http://www.alertecran.org/2017/05/09/sciences-les-tablettes-a-eloigner-des-enfants/