世界一幸せな国の秘密は学校教育にあった。色彩に溢れた明るい家々の並ぶデンマークでは子供達をますますスピリチュアルに育てています。まだ競争と分離の世界に生きている世界の多くの国々とは違います。世界の目はここに向いています。
 


3282DA91-9C8A-4E19-91DB-0DAAE75CC2E2



Wikipedia によると、「共感(きょうかん)、エンパシーempathy)は、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。例えば友人がつらい表情をしている時、相手が「つらい思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである。通常は、人間に本能的に備わっているものである。しかし、例えば反社会性パーソナリティ障害サイコパスの人物では、“共感の欠如”が、見られる」



ECCE4925-3827-4F8E-9A69-480F6A929B75
 


言い換えれば、共感とは、他人の話を聞き、自分の気持ちを理解するすべての人の能力を指します。


デンマークが世界で最も幸せな国の第1位にある場合、それは偶然ではありません。何故なら、デンマークでは、1993年以来、学校で「共感の授業」が行われているからです。


6歳から16歳まで、デンマーク人は1週間に1時間の強制的な共感レッスンを受けています。この1週間の間に、生徒は問題の解決策をまとめて見つけなければなりません。たとえば、残忍な生徒、意見の相違etc などです。デンマークは、学校で共感クラスを実施した世界で唯一の国です。


92559EAC-9873-44D7-B602-C8679725B97E


幸福とは子供が学校で知識を習得するための良い出発点です。デンマークの学校では教師には1つの目標があります。毎朝到着した子供たちを幸せにすることです。


共感クラスではすべての側面と視点を尊重し、解決策を見つけようとします。子どもたちの問題はコミュニティによって認識され、聞かれ、認識されると誰かになります。


C9D339E5-0621-4FBC-B528-0E1941ED2E7D
 


子供たちが学校に行きたいように全てが行われています。毎日が歌と彼の感情の表現の時間から始まります。 


「この学校の主な目標の1つは、子どもたちが朝に来て、幸せになりたいということです。私たちは、幸福が彼らに知識を得るための良い出発点を与えると単に考えています」

「慈悲と共感、それは他と同じくらい重要です」

新世代は自己中心的で個人主義的であるため、共感を欠いています。怠感、うつ病、さらには自殺未遂の根源です。

共感クラスでは、生徒は教師の監督の下で書き取りを一緒に修正します。このクラスのもう1つの特徴は、いつでも生徒が立ち上がり、教壇上で自分の感情を表現できることです。 


「自分の感情を公に表現するこの方法は、子供たちにとって非常に良いことです。ここでは、競合を解決するために、足蹴りはありません。最初に自分自身について説明し、次に自分自身を許し、お互いを良い友達とします。」


2B363C2A-7F50-4931-B586-9F2B57D6CF94
 


デンマークの子どもたちの特徴は、落ち着いていて、順応性が高く、弾力性があり、回復力があるということです。彼らは思いやりがあり、共感的であり、しばしば彼らの年齢以上に非常に成熟しています。本当に子供でありながら。デンマークでは、子供たちがどなることはほとんどありません。信頼と尊敬があります。大人達もインスピレーションを受けたいほどです。

 

3DC3003C-8ACE-4B1C-8686-30F2F352E7BB