動物の幸福(満足のいく状態)を改善するための資金出費のために、グリーン議員は肉類に付加税をかけたい。食習慣を変える法案である。


金(カネ)は戦争の神経組織である。ドイツの議員は肉類の付加税をもっと上げたいと提案している。目的:動物の幸福改良と気候変動のためである。この意外な提案に光を当ててみました。


D94A3BB7-3949-48BE-94A6-98DE4D8CF157





肉が高くなるほど、消費は少なくなります。そのためにグリーンの議員は付加価値税(TVA)が7%(割引率)から19%になることを望んでいる。

ドイツ国庫に金を入れるために、納税者を出血させる新しい方法なのだろうか?先験的に、そうではないようだ。BFMTVテレビが言うように、この提案の創案者である議員達は« 動物の幸福の改善のための補足収入は飼育に当てがわれる。»と予告している。


フレデリッヒ・オステンドルフ、ドイツのグリーン党のスポークスマンはBFMTV : にこう語っている。

«私は補足収入が動物の幸福のためになるなら割引率を削除することに賛成です。 »





926A407C-CDDC-4414-AF54-742CB9DF4B9E

提案を支持して擁護するために、フレデリッヒ・オステンドルフは肉に反して、オート麦乳は19%…の課税であることを思い出して欲しいと言った。

あとは、グリーン・ドイツ議員の視点を他の議員達がどう思うかを知るだけですが、しかし、それはかなり良さそうだ。アイデアは社会民主党とキリスト教民主党に支持され、議決される強いチャンスがある。

もし、これが確認されると、温室効果ガスの減少になるだろうとこの提案の創案者達は賭けをしていますドイツ農業は66.3トンの二酸化炭素を放出しています。

この数字は全ての解決方法、肉類のさらなる重税も含めてを検討したくなります



アクセル・ルクレール



https://positivr.fr/taxe-viande-allemagne/