リスニング、共感、教育は学校いじめに対するフィンランド方法の三つの柱である。これは2009年から始まり、大きな効果があった。



E0F88B76-09FF-4E7F-B9FC-3AD799DB2221



わずか10年以内で、フィンランドは85%の学校いじめを解決しました。どうやって?大胆で自発的、創意に富んだ活動を設置したのです。我が国でこの惨劇がますます大きくなっているこの時期に、これらの方法に視線を当てた方が良いのでは



キバ(Kiva)と呼ばれるこのプログラムは2009年に始まり、根本的な3軸に基ずく。役割演技で、生徒たちは次々と、いじめる者、いじめられる者と目撃者になるのである:大人の目前で、攻撃者と犠牲者の会話の時間;各生徒に学校いじめが何かということを理解させる映画や動画のの上映。




Brutはこれらを省略するために小さなビデオを作成しました。ご覧ください。これらは常識でしかないのです。明らかに効果的です!





https://m.youtube.com/watch?v=e4aasgo6OBo



以下はビデオ翻訳:



学校のいじめに対して、フィンランドには効果的な方法があります。

2009年に始まったKIVA プログラムは

3つの根本的なキーに基ずきます。


1)役割の演劇

幼稚園から、生徒は「犠牲者」の肌に入らなければならない。

目的:共感を育てるため


生徒は「攻撃者」の肌に入らなければならければならない。

目的:『責任の転嫁』を学ぶ。


生徒は『目撃者』の肌に入らなければならない。

目的:生徒が先生に話すことを『勇気』づける。


攻撃者を「ストップ」するために。



E3BE7315-72B8-40A2-A1EE-D8D3C1DD1DD6





2)対決


「いじめ」がある時、


「犠牲者」が聞かれるために


先生は「犠牲者」と「攻撃者」との間で「対話」

を行う。


そして、攻撃者が大人の言葉に「直面」する。





21EBC65E-DA4F-4472-8CC1-C8AF95A60A66



3)映画とビデオゲーム


多数のゲーム活動形式が設置される。

-『脅し』を想起させる。

-多数のタイプの『嫌がらせ』を想起させる。

-『言葉による攻撃』を想起させる。

-『身体への攻撃』を想起させる。

-同じく、ネットのいじめ。


生徒は短い映画を見、ビデオゲームをする。



プログラムKIVA2009年にヨーロッパ犯罪予防賞を

受賞した。


この方法で『85%』のいじめは解決された。



いじめはやめましょう!






A482959A-EE15-42C6-A445-0DA56891A856





子供達の共感を発育させ、話すことを勧め、大人の世界は彼らを観察し共にいるということを理解させる。特にこの方法が生んだ進歩を見るとこのような解決法を熟慮することに価値がある。




AF9E834C-E4A9-4743-BEC9-7C9972E010A0




Axel Leclercq (アクセル・ルクレール)



https://positivr.fr/harcelement-scolaire-methode-finlande/