60207738-47E5-4DBF-B08F-3A89C71623C2







                            外国の国民投票と日本の場合 

 

 

外国の国民

 
フランス

・スイス 

・オーストリア 

・ロシア 

・韓国 

・英国 

・カナダ 

・イタリア 

・スウェーデン 

・ベネズエラ 

・台湾 

 


 

このようにして、世界でも僅か少数の国々が国民投票制を持つが、

フランスの場合は『
大統領と国会発議』だけで市民発動の国民投票は
ない。


スイスとイタリアの場合は国民発議
の国民投票はあるが全ての事項

ではなく限られ、イタリアの場合は
税制などの禁止事項がある。

スイスの場合は
議員などの罷免などの禁止事項があるので完璧ではない。

 

オーストリアの場合は、市民発議で署名を十分に集めて国会に提出

して許可を得らねばならず、もし、国会が否認すると、国民投票はない。
 

 


 

 

 

      エピローグ(終章)   「市民発動の国民投票」の現日本国憲法への

     挿入の場合、現政治体制=偽の民主主義を破壊する「原爆」になり、

      全く新しい日本と
真の民主体制へのトリガー(引き金)になる

 

 

 

 

<>日本の場合
 

 

日本の場合 現憲法に国民投票はない。
 

 

もし、日本に国民投票を制定する場合は、まず、現憲法の前文の一部

改正し、その後、憲法内
に市民発動の国民投票の条項を付け加えねばならない。

 

 

 

 

<>先づ現日本国憲法前文 
 

 

日本国民は、正当に選挙された国会における【代表者を通じて行動し】、

・・・・・・・・【
その権力は国民の代表者がこれを行使し、】

その福利は国民がこれを享受する。

【これは人類
普遍の原理であり(凄い、この憲法は最初から

前文で嘘から始まるイカサマ憲法
)・・・


 

 

この日本国憲法の前文から日本国民の隷属を直に強いながら始まる

テキスト
の何処にも日本人民の至上の権利は存在しない。


あるのは
、日本国民は子供であるから、自分達では統治できない、

だから
国民に代わって1%から資金が調達されている彼らの候補者から

代理人を
選ぶ権利があるだけ。 


さらに
、これらの権利は代理人が行使する、とある。


さらに「これは人類の
普遍的原理であり」は真っ赤な子供騙しの
嘘である。

人類の普遍的な原理ではなく、世界を制覇するグローバル

資本主義国際金融家の群れが発明し、真理であるかのように世界中の

国々の『選挙』というシステムを操作しながら、彼らが資本を提供する

「代表制=議員」によって各国の憲法を制定してきた。


日本も例外では無い。




35E50392-8387-43F6-A51A-5401960B422E





 さらに、日本国民は正当に選挙された国会における「代表者」・・・
も嘘である。


何故なら、

 

選挙の時点で、普通の日本人は候補者になれない「制限」が課されている。

資産のない
普通の市民は候補者になれないようになっている。


候補者は法務局に供託金を預ける(300万円から600万円)

という規則で
、資金のない市民は(大多数)はこの供託金が無いと

立候補できなく、さらに、選挙で規定の数に達しなかった場合


供託金を納めた後に立候補を取りやめた場合は「
没収」される。


規定の票を取ればお金は戻ってくる。


こんな不公平な非民主主義的な規制
ない。

これが、1%の資金的支持を受け彼らの所有するマスメディア


出演を許される候補者の選挙を完全に100%保証する




このような
不平等で非民主主義的前文は修正されねばならない。

 

 

 

           現日本国憲法前文の一部改正の提案

 
 

 

『国家主権は日本人に属し、それはこれらの代表者と市民発動の国民投票によって行使される。憲法制定も含めての全て事項、条約の批准、そしてこの条項は国民投票だけによって修正できる。

 

 

*しかし、その前に、これらの憲法、法律を絶対代表者に書かせては

ならない
、市民自身が書くために以下のことが必要になる。

 

 

    先づ、日本人を長期的にこれらの変化に備えるために、市町村に

「憲法
教室」を立ち上げる。


真の民主
主義、市民発動の国民投票は何かを 説明会、ブログ事、

テレビなどで説明、討論がなされる。
人々が集まるための「市民の家」
を作る。

 

 

   その後、市民が地元の市町村に集会。

説明
、討論、議論がなされ憲法教室は市民議会になる。


さらに
各市町村に憲法制定議会が設置され、そこで全ての法律、憲法、

条約、などを草案
、検討、提案、討論などがなされる。


地元に必要な政治は「直接
民主政」で採択。


さらに、「
市町村連盟」で繋がり、病院などの大規模は計画はそのレベル
で決める。

故に市町村レベルでできることは全て地元か市町村
連盟で決める。

そこでできないことは上方である、県レベル、または国レベルで決め、

全ての代表者は抽選か回転式で任命され、任命前、任命中、任命後


コントロールされ、常時罷免できる。


【代表者は何も決めない。】


【決めるのは市民である。】



【代表者は市民が決めたことを執行するだけ。】


もし、彼らが何らかの事を決める事が委任されたなら、

彼らは常にコントロールされ
、不正の場合は市民裁判にかけられる。


 

今までのように国会が国の全てを決めるのではない。

市町村が
逆さピラミッドの頂点になり、そこで大半が決められる。 


 

 

3. 市町村ごとに「国民投票院」の設置。

このようにして市町村
議会で書かれた最初の憲法修正案が出され、

「市民発動の国民投票
」が国会に提出される。


そこから、全てが始まる。



【全ての事項の法律、憲法、条約を変更できる。
天皇制までも。】

 

日本は完全に変われる。


そのような真の民主政には、金持ち資本家による独裁寡頭政権は
もはや存在できない。

 
 

4.    日本銀行の国有化で、日本人の主権である【貨幣創造権】を取り戻す。


公共的役割を担う
全ての企業を【国有化】する

 

 

 

5.   国の全てのメディア(新聞、ラジオ、テレビ、通信社、世論調査、

統計研究所
)の所有者は【無料】で雇用者たちにそれらを譲渡する。


【何者も個人または
法人はメディアを買うことはできない。】

 



67CC41E3-6699-46F8-B5D7-0E07D311396D



 

 

最期に、現憲法は終戦後数人のアメリカ人により書かれた憲法である。


【新憲法を
議員や専門家に書かせないために】、


【日本人の一人一人を憲法制定者にするために憲法教室で教える
。】


国民の意見を照らすために
テレビ、市町村議会で討論、説明など

充分な期間に
行われ、その後国民投票で決める。

 

その後天皇制に関しても日本人は国民投票で決めなければならない
かもしれない。


何故なら、現天皇は明治維新に英国を始めとす
外国政権が日本人に

対して
内密にクーデターを起こし、傀儡政治家をを通して秘密に 

彼らの仕組んだ傀儡天皇を日本のシンボルに仕立て上げた疑いがあるからだ。

それらの調査
して、

日本人に説明し


新しい日本に適した新政治制度を立ち上げるには幾年も要するであろう。


 

また、天皇制シンボルとしての形でも新の民主主義には適していない。


政治代表者(議員)と同じ意味で、天皇制とは


「日本人は独立した市民ではない、子供である。後見者が必要。」


と言う意味がある。

 

我々日本人には天皇制は必要ない。


「伝統」という言葉を他の角度から見ると、「伝」は伝える。

「統」は「統治」とも取れる。



昔、人民を統治していた者達の都合で、人民を「統治」するために

発明された言葉かもしれない。



彼ら日本の1%の「統治」を可能にするために

「過去に縛り付ける」思想的操作

であったかもしれない。


ともあれ、日本人は過去の人々が創った法則、

慣習に縛り付けられることはなく、

現世代は自由に現世代にあった法律、生活様式で生きる権利がある。



過去の世代は彼らの法則や習慣で、現世代を縛る権利は無いのだ。



66F55A43-720A-4C99-8A28-A0CE6F39A8F5






日本人よ!

真の意識改革をしよう!

真の新しい世代にあった日本の基盤である「新憲法」

を日本市民自身で作ろうではないか!




市民を教育する「憲法教室」を各市町村に制定し、

ボロンティアが教える運動を広めていこう!

各々がボロンティアになるのだ!




kaikaku33.blog.jp