スイス人のリック(市民率先の国民投票)はスイスに集中している多国籍企業の税制特権を廃止できる。 これが現在、フランス人の黄色いベスト運動の主要目的であるリック(市民発動の国民投票)が、フランス国内の多国籍企業の税制特権の廃止を可能にする。



 

スイス人のリック(市民率先の国民投票)
は 多国籍企業の特権を廃止できる



この19日のスイス人の国民投票はオフショア特権の終焉
の始まりになる。

この度、5月19日の日曜日の国民投票でスイス人は二つの
テキスト、一つは特定の銃器へのアクセス(欧州連合の指
令)を強化した。

同じく、スイス人の労働に関する税制を変更しながら、
多国籍企業オフショアの税制特権を廃止できる
税制改革に投票し、スイス人が賛同した。



スイスには今まで国際的な問題になっていた特別の税制
があった。


「郵便箱」と呼ばれる多国籍企業のホールディングで
ある国際金融企業の部門など、明らかにこれら全ての
企業の 活動はスイス以外にある。

 
スイスには2万4千の「郵便箱」があり、

今までこれら企業の「箱」が存在する地域、
カントン(州、小郡)で税金を支払っていた。

税率は2%から12%までで、これらは本当に少ない。
 


スイスの税制は連邦レベルと州(カントン、小郡)/市町村
レベルの二段階になっている。


 これら多国籍企業にはさらに免税が追加され、

国際的にはこのような完全な税制特権はよく
思われていなかった。 

スイスは欧州連合とほんの少し前から経済協力開発機構
にも加入していた。 


スイスはこれらの課題に関して、欧州連合から、
「協力しない国」として灰色のリストから、さらに
ブラック・リストに加えられるという圧力を受けていた。 

罰則として、「経済的にヨーロッパの市場からの除外」
などの本当の制裁付きである。


 スイス人にはカントンごとにこの税制を適応する自由が
ある。 


以下は今回の国民投票でスイス人が同意し、政府が譲渡。 

・企業の利益に関する税を減少し
・株主の配当に関する税を増加する 
・同じく原泉所得税を増加する
・スイス人は彼らの税の0.15%の増加に同意した。
・さらに、政府は退職年金の借り換えに同意した。