#SquatForChange運動:オムツ交換台を男性トイレにも!

トイレの床で赤ちゃんのオムツを交換し続けて疲れたパパたちはこれらのイメージで物事が変わることを望んでいる。


20A91CE5-45A7-4663-B4F8-A0A48441D39B
368AA03A-DAA7-49CD-94D8-93BED8DC29A9



性差別は至る所にある。
 
同じく全く思っても見なかった所にある。

例?公衆トイレである。
 
多分皆さんはすでに気付いていたでしょうが、女性用トイレにだ

赤ちゃんのオムツ交換台が整備されています。

単純な話になりますが、しかし、これはパパではなく、母親だけが

子供達を育てるという、古い時代から直に出たメッセージです!




04DEF775-BB8A-463F-97D5-01FA5E7BF5A7




同じく、これらが変わるように、さらにパパたちの責任が
認められる
ために、彼らははハッシュタグ付きの
写真#SquatForChange
.送ることにした。

説明しましょう。

スクアット・フォー・チエンジは「オムツを替えるのにうずくま
ろう」
という意味です。

 

FF20F3BB-A9FE-4CF4-BD04-8B1B6AB06FF1

 

この表現は、パパたちが公衆トイレで不快で不均衡な体の

位置状態で彼らの赤ちゃんのオムツ交換をしなければならない

ことを示しています。(男性トイレでは絶対と言っていいほどに

赤ちゃんのオムツ交換台がありません)





BEC73341-8AF6-4EBD-B6F8-0F432F9BAA04




カリフォルニアのパパから出されたこのハッシュタグのアイデア
とは?
 

シーシャルネットワークに性差別の異常さを示すこれらの写真を

満載しそれに終止符を打つことです。




Axel Leclercq 


https://positivr.fr/squatforchange-tables-a-langer-toilettes-publiques-hommes-papas/

この自然な農薬はベナン(アフリカ西岸の共和国)の農民の健康と土壌を保護する

ベナンの農学者から発明され、この種から作られた有機製品は、これを取り入れた農民の生活を変えるでしょう。説明。




D6B7A083-A85F-40C5-95A6-C18D7FA09773

D6B7A083-A85F-40C5-95A6-C18D7FA09773




これらベナンの農民は化学農薬から、昔の時代に使用され

ていた地元の新しい有機製品に取り替えた。
 

その時から、彼らの生産は増加し、収入が上がり彼らの土地

と健康を保護している。
 

 奇跡を起こした種子にクローズアップ!


農学者、ジルダス・ゾドメはセンダンの木を彼の両親が蚊を

遠ざけるのに使用していたことを思い出した。


それで殺虫剤を作ろうとしたそしてそれはうまくいった!

 


この素晴らしいフランステレビジョン2での報道






ビデオ抜粋:
 

この木はアフリカ中にあり、南米、インドなどにもある。
 

フランスではマルゴジエー(margosier)と呼んでいる。
 

この木は多分多くの農業従業者の生活を変えるかもしれない。
 

数年前から幾つかのグループの女性達がこれら種を拾い

集めだした。

木から落ちた種である。
 

彼女達は1キロ20サンチームで売ることができる。
 

家庭にとって少しの補足です。
 

「これらの種に価値があるとは知りませんでしたが、

今、それを知り、拾いだしました」とある村の女性は

言った。


8EF85C3F-7FEF-45E2-8B3A-0673B19A6E3C

                                       センダンの木
 

この種を買っているのはジルダ・ゾドメである。
 

職業は農学者です。
 

「これはセンダンの種です」

彼は子供の時に彼の母がすでにこれらの種を拾い

家の中で使用していたことを思い出した。
 

これらの習慣は今まで忘れられていた。
 

「両親はこれで蚊や他のものを遠ざけるのに使用

していた。それで、私はこの中に防虫剤としての

活動的原理がある、と思いました」
 

実際に、これらの種には蚊に対して強力な防虫効果がある。
 

ジルダはこのようにして化学殺虫剤の交替を発見した。
 

彼は、農業従業者にこの製品を使うことを勧めた。
 

そして、その効果は農業従業者にとって明確になった。
 


0E159A86-07B4-48C7-B412-D058F191F965



1:38:その中の一人、バルナベは彼のレタス畑で

想像してもいなかった。
 

「私が化学殺虫剤を畑に撒いていた時には、腰が痛くなり
 

腹が痛くなった。私はまだか若いのにこれらが原因で死ぬの
 

だろうかと思いました。本当に問題です。それが怖いです。」
 

これらの農民の不安を終わらせるためにジルダスは自分の
考えを実行しようと
決心した。
 

今年、彼の小さな工場では、すでに600トンの種を買った。
 

3年間のテストの後、この種を元に彼は殺虫効果のある有機
農薬を作った。




E154663F-BBB6-4217-9AFB-F365EE5CABDF


 

2:16:『「この器械は種から油を取り出す器械です。

この油で農薬を作ります。』
 

注文はベナンから、さらに近隣の国々から、コートイボワール、

ガーナなどから来る。
 

ジルダスの小さな工場はその注文リズムに追いつけなく
なっています。
 

2:35:ベナンでは、この工場は有機の保証付きの農薬を製造

するたった1つ工場です。
 

既存の化学農薬に比べて25%安い。
 

「私たちの製品は世界中に有効です。」
 

ジルダスは大望を抱いています。

彼はこの農薬は最良の製品だと確信しています。
 

2:58:この証拠に、ベナンの三分の一の野菜栽培者はすでに

この製品を使用している。
 

農民は最初に疑っていたが使用後に確信した。
 

308   野菜栽培者:「まず、最初に私は信じなかったが、

使用後は、化学農薬に比べると収穫高は最高です。」
 

「これはパセリですが、私の売れる量が以前より

上がりました。これは皆を納得させた。

みな、利益を考えている」と他の野菜栽培者は言った。



お金を稼ぎながら、健康を維持できると言うことは
この有機
農薬はますます多くの農業従業者を魅了する
でしょう。



先祖の知識から刺激されて、ジルダス・ゾドメは
近代化の
脱線を修正することができた。

 

この根本的に機敏な反応が土地を守ると同時に地元の
経済を
活性化させた。






Axel Leclercq 

https://positivr.fr/benin-pesticide-naturel-graine/

ドイツは鉄道の小さな線を再開した。結果:車が少なくなった

これらの多く安い汽車が至る所に通るので、村々の住民はますます車を断念している。



8DE1AE16-AEC4-4F9E-8DEB-0BE208DD2DE3



フランス国有鉄道は地方の小さい鉄道線を削減し続け
ているが、
ドイツではその正反対をしているところです。


政府は田舎の汽車に全てを賭けている。


何故、そしてどのような結果か?


答えはこの夢のような


フランステレビジョン2の報道にある。

(残念ですがビデオが見れないようです)



77AB9824-CDC4-448E-8031-FB5983644D8D




これらの安い汽車は多く至る所を通る。


住民が車を運転することを思い止まらせている。


この大望はさらに欠陥の無い政治的意志と金融手段が

なければならない。


関係する田舎では、そこで、燃料税が上がるかもしれない。


しかし、住民は車だけに頼るのではないので、悲劇ではない。


エコロジー移行に関して、この例はとても興味深いものです。



 


9F344258-69EB-43FF-9C62-D4270A1CD340




Axel Leclercq 


https://positivr.fr/train-allemagne-petites-lignes-campagne/

ギャラリー
  • 米海軍E6B原子力司令部上へ!コールサイン「SCROW17」
  • GCRによる共和国の復元特別リポート
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
  • フルフォードのフル(全文)ニュースレター920:「聖書の洪水か世界平和か。どちらになるのか。」
カテゴリー
  • ライブドアブログ