簡素な生き方が幸福を与える : ピエール・ラビ

ピエール・ラビはフランスの随筆家、思想家、農業従事者、『ハチドリ運動』の創始者です。彼の簡素な『生きる歓び』を生活の基盤とする人生観はフランス人に共感を与えています。内面的にとても豊かな人です。

 

F54FA887-B260-484A-83D6-E010763F8091

 


                         ピエール・ラビ    :    簡素な生き方が幸福を与える



我々がここに来て住んだとき簡素な生活を選びました。 


幸福な簡素で満足しています。


ということは簡素は幸福の要因なのです。



何故なら、私が、全然満足することなしに、

常にもっと多くを望むことから開放されます。



質問:どのようにするのですか?


私の家には価値のある物は何もありませんので、泥棒が
絶望するでしょう。


テレビしかありません。


絵画も何もありません。


私の部屋の壁に掛かっているのは単に「インディアンの酋長の
演説」です。


彼が言ったことは崇高です。


学校で教えられるべきです。


現在の金銭社会に対して、簡素と節度の強力な調整です。




7F70C46C-B79F-4779-A636-660522C8565A




お金で幸福は買えません。


私にはもちろん無かった時もあります。


お金が無いと便利ではありませんし、快適ではありません。


本当に心地よくありません。


苦しい時もありました。



しかし我々が、食べる、着る、住む、治療など欠かすことの

できない
4つの要素である真実の必要を総決算するなら、


我々は軽い気持ちで楽しむことができます。


もちろん節度の形状でです。


私は、輝く石でしかないダイヤモンドに

何故そのような価値を与えるのか分かりません。


狂気の沙汰です。


私には何の価値もありません。


それは自然の中で奇跡的に輝く物で、終止符です。


また美術に関しての全ての投機、絵画、etc、は全然興味が
ありません。




質問:どのような助言がありますか?
 


節度を社会の基盤とする基本的な社会とは残念ながら、


多国籍企業や会社などは心配するでしょう。


何故なら我々は皆この矛盾の中にいます。


私はこの金儲け達の独裁に全然同意しません。



FDA2D1AE-3FBD-4430-A6F3-CADB8B46E759




私は毎日車で出かけて貧困者に小銭をあげています。


我々は常にもっと多くを欲しがり、全然満足することはありま
せん。


我々はその矛盾の中にいて、今日の大きな問題はどのようにして


このような矛盾を減少し、それからから脱出するかです。



私はテクノロジーに関して、それが本当に人間の状態を改善

するなら
反対ではありませんが、しかし、

テクノロジーが不誠実で独占的な
利益の対象になるのなら、

その時には最終的には人間の

ネガティヴな欲望でしかありません。




今日、問題はどのようにして人間にポジティブな脈動を与えるか
です。


ポジティブが開花する道具となることです。



全ての問題性はそこにあり、


節度という根本的な選択から出ることはできません。




質問:どのような確認をしましたか?
 


億万長者である者が本当に不幸であるにもかかわらず、


自家用飛行機などが買えたり、去勢をはったりできますが、


買えないたった一つのことは『生きる歓び』です。



生きる歓びはお金以外にあります。



この生きる歓びは、私はアフリカに行く機会がありますが、


明日食べる物が無いのに、彼らは幸せです。



私は有り余る世界から来ていて、


そこには抗不安薬を消費する者達が沢山ますので、考えされられ
ます。


この惑星では幸せに生きることに意味があり、


牢獄で苦しむことではなく、


時には、完全なる恐ろしさがあるこの世界で


この課題は時間をかけて深く考えなければ、


我々は、一種の内的貧困がもっと難しくなり、


人びとは死こそが生きることより最も容易なことであると思います。


何故なら死ぬことが生きることより易しいと考えます。


854DA846-7E39-4BFF-83BE-0946C7B798D3





サイアン:フランスの参加する直接民主主義の村

フランス南東部、ローヌ・アルプス地域圏にある小さな村、サイアン(Saillans)では住民のグループが自分達で行動しようと、参加合議制のリストを市議会選挙に提出して当選した。考えは「各々が管理問題を自分のものにし、発言権を取り戻し行動する市民による直接民主主義を行う。結果として、市民の行動力が蘇ったようになった。強い社会的絆を作り、それが可能であり機能することを示すことができた。『政治事は外にあるのではなく、我々の中にあり、毎日行われている』





7911589D-2627-42E2-894D-1B4AEC5C7412






           我々は住民の意見を取り入れながら我々の市町村を管理することに決めた。





2年前にサイアンの住民は市の選挙に参加合議制のリストを
提出することに決めた。 

そして、このリストが勝ちました。


この参加合議制リストが今日我々の村の事業を管理しています。


参加型リストとは、我々の考えが下から登ってくる。

市役所にいるのは我々ですから、住民ということです。


それで、我々サイアンの住民は、1250人の小さな村です。


我々は参加することに決め、皆の言葉を解放し、各々に話す可能性
を与え、
全ての言葉が考慮されるようにしました。



全ての人々の意見には従えませんが、実践的な方法で人々に会い聞き、

それらが討議の基盤になり、村と社会的生活に各々の住民が重要な
役割
があります。


我々は何か素晴らしいことや革命的なことをしているのではなく、

違った方法でしています。そして仕方も、していることと同じように

重要です。


50回ほどの会合があり、合議的、参加的な方法で決定がなされ、

一緒に言葉を回しあいながら皆が最大限の努力をしています。


それは絆を作ります。



A694BFA8-B6AE-476E-9E20-BD60E6BB1FEB



社会的場所における全ての世代と人々の間に絆が生まれた。


全ての委員会の決定機関、選挙の準備などで、とても興味深く快い

社会的文化的混合があり、お互いがよく理解できたことはきわめて

重要であった。



時には驚くべき集団的知能の時があります。


お祖母さんと、村に来たばかりの人が、同じテーブルに座って

いないにもかかわらず、課題について話し合い、最初の提案が

改良されて最終的に最適な考えになり適応できることです。


集合的知性という言葉が好きですが、これはそこにあります。



私は十分に懐疑的な性格ですが、多分、私の科学者としての反面
から
くるのでしょう。

経験に関して証明を期待していますが、我々は成功したと思います。


去年、賢者協議会のレベルで大規模なアンケートがあり、社会学者と

共に住民に質問をしました。

それで分かったことは市議会で何かが変わりました。




2196EFDF-A6E6-429C-87D9-76CBB4FE1691



それで、我々に分かったことは、村の相互扶助に関しては社会的
使命
から出て、今はひとりでに機能しています。

さらに地元の必要な避難所、交換、自主管理など。


以前と違った精神状態の市議会を独立して創造する雰囲気があり、

幾人かの人々はアソシエーションを作っています。



質問他の人々にどのような助言をしますか?


このようなイニチアチブには、時間的要因、参加、などの

根本的な要因があり、民主主義とは時間がかかります。


そして、皆は民主主義に嘆いていますが、時間を十分に与えて
いません。


もし、皆さんがこれを皆さんの村や市町村で実現させたいのなら、

もっと時間を与えてください。
 


質問:締めくくりの言葉として?


6年後に、この市議会は分解しているのだろうか?サイアン

にはもうそれは起こりました。市長が辞任しました。


我々はまだいて、松明を他のサイアン人に渡し、

彼らは今度は私たちの番だと言い、彼らには経験が無いが

新しい専門知識を作り、ええ、やって見たいというでしょう。





9F551D81-776C-4D52-8DA1-41E316D81E07



**実際決めた事


-自主管理された集合肥料の設置


-市の照明を夜に消灯


-ドローム河の保護への関心を呼び起こす


-街のインテリアと花壇の再整備


-街の中心部の交通と観光表示、駐車の再組織


-公会堂敷地の選択と計画の見積もり


-学校のリズムの改正を設置


-1週間の地元経済の組織


-経済活動のネット年鑑を作成


-住民の健康やサービス、etcに関する必要のアンケートを実行


-住民間の相互援助を設置


-地元の街計画の参加型修正(2017年に開始)





(情報筋:参加に関する観察所)


参加観察員になった、賢者協議会のメンバーであるパトリックと

エマニュエルによると、このイニチアチブはとても重要であり、

「政治事は外にあるのではなく、我々の中にあり、毎日行われている」

ので広く発展する必要がある。



https://onpassealacte.fr/initiative.on-a-decide-de-gouverner-notre-commune-en-prenant-en-compte-l-avis-des-habitants-avant.95730588096.html

国民投票が無い日本と現憲法に「市民発動の国民投票」を挿入する提案

60207738-47E5-4DBF-B08F-3A89C71623C2







                            外国の国民投票と日本の場合 

 

 

外国の国民

 
フランス

・スイス 

・オーストリア 

・ロシア 

・韓国 

・英国 

・カナダ 

・イタリア 

・スウェーデン 

・ベネズエラ 

・台湾 

 


 

このようにして、世界でも僅か少数の国々が国民投票制を持つが、

フランスの場合は『
大統領と国会発議』だけで市民発動の国民投票は
ない。


スイスとイタリアの場合は国民発議
の国民投票はあるが全ての事項

ではなく限られ、イタリアの場合は
税制などの禁止事項がある。

スイスの場合は
議員などの罷免などの禁止事項があるので完璧ではない。

 

オーストリアの場合は、市民発議で署名を十分に集めて国会に提出

して許可を得らねばならず、もし、国会が否認すると、国民投票はない。
 

 


 

 

 

      エピローグ(終章)   「市民発動の国民投票」の現日本国憲法への

     挿入の場合、現政治体制=偽の民主主義を破壊する「原爆」になり、

      全く新しい日本と
真の民主体制へのトリガー(引き金)になる

 

 

 

 

<>日本の場合
 

 

日本の場合 現憲法に国民投票はない。
 

 

もし、日本に国民投票を制定する場合は、まず、現憲法の前文の一部

改正し、その後、憲法内
に市民発動の国民投票の条項を付け加えねばならない。

 

 

 

 

<>先づ現日本国憲法前文 
 

 

日本国民は、正当に選挙された国会における【代表者を通じて行動し】、

・・・・・・・・【
その権力は国民の代表者がこれを行使し、】

その福利は国民がこれを享受する。

【これは人類
普遍の原理であり(凄い、この憲法は最初から

前文で嘘から始まるイカサマ憲法
)・・・


 

 

この日本国憲法の前文から日本国民の隷属を直に強いながら始まる

テキスト
の何処にも日本人民の至上の権利は存在しない。


あるのは
、日本国民は子供であるから、自分達では統治できない、

だから
国民に代わって1%から資金が調達されている彼らの候補者から

代理人を
選ぶ権利があるだけ。 


さらに
、これらの権利は代理人が行使する、とある。


さらに「これは人類の
普遍的原理であり」は真っ赤な子供騙しの
嘘である。

人類の普遍的な原理ではなく、世界を制覇するグローバル

資本主義国際金融家の群れが発明し、真理であるかのように世界中の

国々の『選挙』というシステムを操作しながら、彼らが資本を提供する

「代表制=議員」によって各国の憲法を制定してきた。


日本も例外では無い。




35E50392-8387-43F6-A51A-5401960B422E





 さらに、日本国民は正当に選挙された国会における「代表者」・・・
も嘘である。


何故なら、

 

選挙の時点で、普通の日本人は候補者になれない「制限」が課されている。

資産のない
普通の市民は候補者になれないようになっている。


候補者は法務局に供託金を預ける(300万円から600万円)

という規則で
、資金のない市民は(大多数)はこの供託金が無いと

立候補できなく、さらに、選挙で規定の数に達しなかった場合


供託金を納めた後に立候補を取りやめた場合は「
没収」される。


規定の票を取ればお金は戻ってくる。


こんな不公平な非民主主義的な規制
ない。

これが、1%の資金的支持を受け彼らの所有するマスメディア


出演を許される候補者の選挙を完全に100%保証する




このような
不平等で非民主主義的前文は修正されねばならない。

 

 

 

           現日本国憲法前文の一部改正の提案

 
 

 

『国家主権は日本人に属し、それはこれらの代表者と市民発動の国民投票によって行使される。憲法制定も含めての全て事項、条約の批准、そしてこの条項は国民投票だけによって修正できる。

 

 

*しかし、その前に、これらの憲法、法律を絶対代表者に書かせては

ならない
、市民自身が書くために以下のことが必要になる。

 

 

    先づ、日本人を長期的にこれらの変化に備えるために、市町村に

「憲法
教室」を立ち上げる。


真の民主
主義、市民発動の国民投票は何かを 説明会、ブログ事、

テレビなどで説明、討論がなされる。
人々が集まるための「市民の家」
を作る。

 

 

   その後、市民が地元の市町村に集会。

説明
、討論、議論がなされ憲法教室は市民議会になる。


さらに
各市町村に憲法制定議会が設置され、そこで全ての法律、憲法、

条約、などを草案
、検討、提案、討論などがなされる。


地元に必要な政治は「直接
民主政」で採択。


さらに、「
市町村連盟」で繋がり、病院などの大規模は計画はそのレベル
で決める。

故に市町村レベルでできることは全て地元か市町村
連盟で決める。

そこでできないことは上方である、県レベル、または国レベルで決め、

全ての代表者は抽選か回転式で任命され、任命前、任命中、任命後


コントロールされ、常時罷免できる。


【代表者は何も決めない。】


【決めるのは市民である。】



【代表者は市民が決めたことを執行するだけ。】


もし、彼らが何らかの事を決める事が委任されたなら、

彼らは常にコントロールされ
、不正の場合は市民裁判にかけられる。


 

今までのように国会が国の全てを決めるのではない。

市町村が
逆さピラミッドの頂点になり、そこで大半が決められる。 


 

 

3. 市町村ごとに「国民投票院」の設置。

このようにして市町村
議会で書かれた最初の憲法修正案が出され、

「市民発動の国民投票
」が国会に提出される。


そこから、全てが始まる。



【全ての事項の法律、憲法、条約を変更できる。
天皇制までも。】

 

日本は完全に変われる。


そのような真の民主政には、金持ち資本家による独裁寡頭政権は
もはや存在できない。

 
 

4.    日本銀行の国有化で、日本人の主権である【貨幣創造権】を取り戻す。


公共的役割を担う
全ての企業を【国有化】する

 

 

 

5.   国の全てのメディア(新聞、ラジオ、テレビ、通信社、世論調査、

統計研究所
)の所有者は【無料】で雇用者たちにそれらを譲渡する。


【何者も個人または
法人はメディアを買うことはできない。】

 



67CC41E3-6699-46F8-B5D7-0E07D311396D



 

 

最期に、現憲法は終戦後数人のアメリカ人により書かれた憲法である。


【新憲法を
議員や専門家に書かせないために】、


【日本人の一人一人を憲法制定者にするために憲法教室で教える
。】


国民の意見を照らすために
テレビ、市町村議会で討論、説明など

充分な期間に
行われ、その後国民投票で決める。

 

その後天皇制に関しても日本人は国民投票で決めなければならない
かもしれない。


何故なら、現天皇は明治維新に英国を始めとす
外国政権が日本人に

対して
内密にクーデターを起こし、傀儡政治家をを通して秘密に 

彼らの仕組んだ傀儡天皇を日本のシンボルに仕立て上げた疑いがあるからだ。

それらの調査
して、

日本人に説明し


新しい日本に適した新政治制度を立ち上げるには幾年も要するであろう。


 

また、天皇制シンボルとしての形でも新の民主主義には適していない。


政治代表者(議員)と同じ意味で、天皇制とは


「日本人は独立した市民ではない、子供である。後見者が必要。」


と言う意味がある。

 

我々日本人には天皇制は必要ない。


「伝統」という言葉を他の角度から見ると、「伝」は伝える。

「統」は「統治」とも取れる。



昔、人民を統治していた者達の都合で、人民を「統治」するために

発明された言葉かもしれない。



彼ら日本の1%の「統治」を可能にするために

「過去に縛り付ける」思想的操作

であったかもしれない。


ともあれ、日本人は過去の人々が創った法則、

慣習に縛り付けられることはなく、

現世代は自由に現世代にあった法律、生活様式で生きる権利がある。



過去の世代は彼らの法則や習慣で、現世代を縛る権利は無いのだ。



66F55A43-720A-4C99-8A28-A0CE6F39A8F5






日本人よ!

真の意識改革をしよう!

真の新しい世代にあった日本の基盤である「新憲法」

を日本市民自身で作ろうではないか!




市民を教育する「憲法教室」を各市町村に制定し、

ボロンティアが教える運動を広めていこう!

各々がボロンティアになるのだ!




kaikaku33.blog.jp






 

ギャラリー
  • (Q)ストームライダーCH12–第12章– 2021年4月18日
  • (Q)ストームライダーCH12–第12章– 2021年4月18日
  • (Q)ストームライダーCH12–第12章– 2021年4月18日
  • (Q)ストームライダーCH12–第12章– 2021年4月18日
  • (Q)ストームライダーCH12–第12章– 2021年4月18日
  • (Q)ストームライダーCH12–第12章– 2021年4月18日
  • ウクライナは核の脅威を作る
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
  • 絶対者(神)のマトリックス–新しい銀河作戦パート9-1
カテゴリー
  • ライブドアブログ